あとり&るりちゃんのおへや+仁くん・・あとはチャミもね

小鳥&吾郎ちゃん&東方神起チャミン&中国史(楚漢、三国志、曹操軍(曹仁・夏侯惇・淵・張遼・楽進)、趙雲)が大好きです^^。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 今日も寒いですね^(≧▲≦)^。。。

熱が下がって。。ホッとしていましたが。。

異変を感じて、仁くんのケージをみると。。

止まり木が。。。ゲゲゲゲッゲ。。

イメージ 1
 
  寝込んでいて、放鳥をお休みしていたので、ストレスがたまったんでしょうね。

止まり木をカジカジして、折っていました(はしっこが鉛筆みたいになり、ぽとんと落ちていました。)。

チャミは、添い寝だけで、問題なかったようですが。。仁くんは添い寝だけでは、ダメでした。

昨日は、一日一緒に遊んだんですけれど。。(おいでくださった方のブログにコメントを残せずすみません)

今日も、いっぱいいっぱい、遊ぼうと思っています。

簡単更新で失礼します。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

曹 月 オ カ メ: 『ねえねえ、^(・▽・)^うちのごっつい征南将軍※1)さん♪。
            とにかく頑張ってね。。』

曹 仁※2)オカメ: 『^(▽Д▽)^げっ、ひぃめぇーーーー。。』

イメージ 2
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『悪党といわれてきた者は本当に悪党なのだろうか 善玉と呼ばれてきた者は本当に善玉なのだろうか

歴史は善と悪だけでわりきれるものではない。』


『蒼天航路』冒頭より

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 にほんブログ村ランキングに参加しています。

お手数ですが、アイコンではなく、その下の文字部分をポチッ♪とクリックお願いいたします。




最近、バタバタしており、戴いたコメントにお返事ができていません。

ごめんなさい。。

誠に勝手ながら、当面の間、ブログをお持ちでない方以外、個々のリコメについては、しばらくお休みさ

せていただきます。(ブログの方にお邪魔します。^^;)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※1)征南将軍(せいなんしょうぐん):四征将軍の一つ。官品二品、俸給は万石。軍隊司令権と都督号をもって該当地域の全面的な権力を有する方面軍司令官。征将軍が方面攻撃軍司令官である一方、鎮将軍が方面防衛司令官となる。征南将軍は新野に駐屯し、荊、豫二州の刺史を統べる。

※2)曹仁(そうじん 168−223年):字は子孝。
沛国譙県の人。曹騰(曹操の祖父)の兄の曹褒の孫、曹純(そう じゅん 174−210年)の兄。
魏武曹操(そう そう 155−220年)の従弟(再従弟)。曹泰・曹偕・曹範らの父。曹初の祖父。
乱暴者であったため廃嫡されたが、曹操にならって更生?した異色の武将。
史実上の曹仁は、精鋭の騎兵隊(のちの虎豹騎)の指揮官の職を曹純にひき継いだ後は、曹操軍の全軍の
指揮をする主将となり、文武両道の名将とよばれた。
荊州南郡攻防戦(208年冬−209年)の折には、直属の勇士数10騎を率い、自ら敵陣に突入!数騎
を失いつつ、周瑜(しゅう ゆ 175-210年)軍先鋒6000騎に包囲された武将牛金を救出した。
しかし、赤壁の戦い(208年)での被害があまりにも大きかったためか、曹操が、劉備(りゅう び 1
61−223年)・周瑜らの荊州攻めに全く効果的な手を打てず、援軍もなかったため、曹仁は江陵を捨
て撤退した。
その後、曹魏の最古参武将の一人として各地を転戦し、晩年は大将軍・大司馬にまで昇った。
223年(黄初4年)3月19日、56歳で死去。諡号は忠侯。

イメージ 3

魏武の覇業をたすけた曹仁。宗室の重鎮です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

開く コメント(15)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事