狐日和の今日と明日(きつねびよりのきょうとあす)

欠伸を一つ。夕焼け空に雲一つ。お昼寝しながら夢一つ。

全体表示

[ リスト ]

背中越しの怯え

夕方、帰りの坂道を登っていると、
 向かい側から高校生か大学生ぐらいの男の子が2人連れでやってきた。
 左の人は藍色のTシャツにカーキのズボン。右の人は白のTシャツにジーンズ。
 相手の音がうるさいのか1m位の間隔を空けながら、
 2人して外側の手に携帯を持って話している。

 ぼんやりとすれ違う際、右の男の子の会話が聞こえた。
 「実はさ、すっごい良いバイトがあるんだよ。日給3万!凄くね?」
 と、彼が言う。
 
 日給3万・・・随分利率の良いバイト。
 つい耳をそばだてた。
 そして、耳を疑った。
 「嘘じゃないって、ドラッグの運び屋。大丈夫だって、その日だけちょっと学校サボってさぁ・・・」
 
 3万円で人生棒に振りますか・・・・?
 何がどう、大丈夫だというのでしょう。
 日給としては高くても、一生の値段としては安すぎる。

 振り返ると、彼らはもう随分先に行っていた。
 右の少年はまだ電話で話している。
 私は「やめなさい」と言う事も、すぐ側の交番に行くことも出来ず
 じっと彼らが坂を下っていくのを見つめていた。

 私が高校生だったころ。
 渋谷の駅の山手線の改札辺りに公衆電話が7つほど並んでいた。
 携帯やポケベルを持たない高校生だった私は、
 友人と連絡を取るためにそこを使うことがあった。
 何故かいつも中東系の顔をした人が何人もいて、
 「電話をかけるわけでもないのになんでいるのだろう?」などと思っていた。

 ある日、友人と電話をしていると、
 後ろからにゅっと浅黒い手が出てきて、
 受話器を持っている私をよそに電話機の下から小さな白い袋のものを取り出した。
 浅黒い手の持ち主は、にやっと笑って自分の唇の前で指を一本立てると、
 そのまま背後の集団に戻っていった。

 私は友人との電話を終えるとすぐ、近くの交番へ行った。
 お巡りさんは「わかった」とだけ言った。

 私は二度とその公衆電話を使わなかったけれど、
 それから何度かその公衆電話の前を通った。
 そして、中東系の人達がそこでお金と何かを替えている姿を見かけた。
 それが何だったのか私には分からないけれど、
 既に警官につたえたことのある私は見ていただけだった。
 何年かたって公衆電話も中東系の人々もそこから消えた。

 なにか言葉にならない怖さがあった。

 数日前
 日経新聞に坂東眞砂子さんという作家さんのエッセイが載っていた。
 彼女は、
 自分が飼っている猫が子供を産むと子猫を自宅前の谷に投げ落とし命を絶っていると書いていた。
 何故子猫を殺すのかという理由は、
 生き物が子を産む喜びを持たずに生きるのはおかしく、
 人間の勝手な都合で去勢などの操作をするのはおかしい。
 人が猫たちの産む喜びを奪うのは間違っている。
 だが、生まれた子猫は血統書つきではなく引き取ってもらえない。
 野良猫になれば迷惑だ。
 去勢は人間の自己満足によるもので、猫を殺す辛さから逃れる選択だ・・・
 だが自分はその殺す辛さも引き受けるのだ。
 
 と、そのようなことが書いてあった。
 初めて読んだ時、何が書いてあるのか分からなかった。
 2度、3度読んでも・・・
 自分の思いが固まらずに疑問符を作る。
 何度か、ここに書こうと思ったけれど書けなかった。
 怒りとも、困惑ともつかないのだ。
 
 小さい頃、「スーホーの白い馬」という話を聞いた。
 「スーホーという歌の上手い少年が白馬を拾い、育て、
 王様が競馬大会で優勝したものに娘をやると宣言。
 スーホーが優勝したものの、
 王様は宣言を裏切り白馬を取り上げてスーホーと遠くへと追いやる。
 スーホーは追放されても取り上げられた白馬のことばかり考えていた。
 そんなある日、彼のゲル(テント)の外に王様の元から息も絶え絶えに逃げ出してきた白馬が・・・。 白馬は死んでからもスーホーとともにあることを望み、
 スーホーは白馬を馬頭琴という楽器に仕上げた。」そんな話だ。

 このスーホーの話のように、愛していたものと一生共にありたい。
 死んだものでも、楽器にさせてもいて欲しい。
 という気持ちは、分からなくはない。
 遺体の冒涜と思う方もいるかもしれないが、やはり心情的にはわからなくもない。
 だが、坂東さんのやっていらっしゃることはどうも違う気がする。
 
 実のところ私は歌舞伎を観に行くのが好きで、三味線の音が好きだ。
 けれど三味線は、猫の皮を使って出来ている。
 猫は大好きだけれど、
 三味線の音が好きだということはその過程で猫が殺されていることも確か。
 だから坂東さんが「猫を殺しているということ」にはなんとも言うことが出来ない。
 けれど、三味線を作る人は作る人なりに猫の命を奪うことへの後ろめたさを持っていると思うし、
 作るためでなければ殺すことはしないだろう。
 猫の命を奪うこと自体が良い行為とはとても言えないが、
 彼らは猫を殺し、伝統のために猫を活かすのだ。
 
 「もったいない」という言葉がある。
 最近あちこちで言われすぎて、随分本来の意味よりも軽くなっているような気がするけれど
 命を頂く時もそうだ。
 野菜でも、お肉でも、お魚でも、
 きちんと最後の最後まで活かして美味しく頂くことが
 食べ物になってくれた命への礼儀なのだと思う。
 亡くなってくれたのだ。無駄にしては失礼だ。
 命はやはり重いのだ。
  
 だが、坂東さんは常に家の中での猫の数を一定で留めるために子猫を殺すのだ。
 文の内容から察するに、
 彼女は殺したそれぞれの子猫たちを記憶するでもなく、
 ただ「子猫たちをまた殺した」と思うのではないだろうか。
 そうして「ただ殺された」子猫達の骸は、埋められもせずに谷底に散乱しているのだろうか。
 
 もしも自分がその子猫だったら・・・
 お母さんのミルクのひと舐めさえ出来ず、
 目も開かない状態なので光さえ知らず、
 産まれて初めて知るのは全身打撲と死への恐怖なのだとしたら・・・。
 彼らの死が数量あわせ以外何の為でもないのだとしたら・・・。 

 あんまりにも辛い。
 
 彼女が生き物を飼っていることも論外だけれども、
 私は命を奪うに至る彼女の考え方が、行動が、理解が出来ずに
 怖ろしい

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

僕も坂東さんの言葉には理解不能です。何度も読み返してみましたが、理解不能です。『生き物が子を産む喜びを持たずに生きるのはおかしく』はて?坂東さんは生き物というものがどういうものであるのか理解していないのではないのだろうか?それとも、こういう人があふれる世の中になりつつあるという事か・・・・。殺すのが辛いなら飼わなければいいだけの事。それをしないのは、坂東さんという方はもはや、殺す事が趣味になっているのかもしれません

2006/8/24(木) 午前 5:02 クラウン・コマ 返信する

顔アイコン

動物好きの僕も坂東さんの言葉は理解できません。雄猫を飼えば子猫を投げ捨てずによくなるでしょうが、こんな人に飼って欲しくないです。スーホーの白い馬は好きでした。悲しいけれど本当に素敵なお話でした。ドラッグの高校生の話も何だか・・・。日本も東南アジア諸国並にドラッグに関して極刑にしておいたほうが「人生の重さ」を若者たちも感じるかもしれませんね。。

2006/8/24(木) 午前 10:07 [ - ] 返信する

顔アイコン

殺すのが趣味とまではいいませんが、非常に不可解な理由なんですよね。なんだか命を奪うことさえも何かの過程であるみたいな・・・・そこで終わってしまうものがあるのだというのが理解されてないような・・・。コマさん、変な言い方ですけど、彼女の言い方にゲーム的な生命観も感じてしまうんです。殺しても殺しても「蘇ってくる=産まれる」みたいな・・・。穿ちすぎですかねぇ・・・

2006/8/24(木) 午後 9:40 [ atoshiranami ] 返信する

顔アイコン

「雄猫は何故かいつかない」って書かれていましたよ。子孫が生まれる度にいなくなるのだからなんてことも思いますけど・・・。こういう人にこそ、子供を生まないAIBOがいいと思うんですけどね〜。アルバイト勧誘学生にも本当に驚かされました。ACEさん、なんであんなに人生や命が軽く、先のない考え方をしてしまうのでしょうかね。

2006/8/24(木) 午後 9:46 [ atoshiranami ] 返信する

顔アイコン

そうなんですよね、書こうと思ってかけないでいるうちにいつの間にかネットで大騒ぎ。大好きな日経があんなエッセイを載せてしまうから・・・多くの人の目に触れる公共のメディアだという自覚を新聞社は勿論、メディアに携わる全ての方には持っていただきたいですね。Mさん。私が目撃した学生たちは、ちょっと遊んでる風ではありましたけど、至って普通の学生のようでした。

2006/8/24(木) 午後 10:05 [ atoshiranami ] 返信する

顔アイコン

毎日「刺された」「目を突かれた」など信じられないニュースが当たり前のように飛び込んできますよね・・・。どうもおかしいです。。彼らは大好きだった家族・親戚・友人のお通夜・お葬式で涙を流して最後のお別れをした経験がないのじゃないでしょうか。。子供の頃から親が強制してでも連れて行く場所だと僕は思っています。火葬場まで行ってたくさん泣くべきだと思います。人が生きる、人生を終えるということを目と心に焼き付けて欲しいです。

2006/8/24(木) 午後 11:02 [ - ] 返信する

顔アイコン

世の中には色々な人がいますね。これがバランスなんでしょうか。…犬の言葉がわかる『バウリンガル』という商品がありましたが、猫の言葉も聞いてみたいものです。ニャアリンガル 削除

2006/8/25(金) 午前 9:03 [ ] 返信する

顔アイコン

はい、特に目を突かれたというのには驚きました。事件の記事に淡々と書かれた「眼球破裂」という文字を見る度に全身にざぁっと鳥肌が立ちます。何故そんなところを攻撃するようなことが出来るのでしょう。どんな荒ぶる動物だって、わざと眼球を攻撃するようなことは(獲物を捕らえる以外)本能的にやらないのではないでしょうか。ACEさん、前にある友人がお葬式に行ったことがない。身内の不幸にまだあったことがないと語っていたことがあります。大人になってから人を亡くすことを知った人の悲嘆はどれほどのものになるでしょうね。

2006/8/25(金) 午後 0:14 [ atoshiranami ] 返信する

顔アイコン

私が人を亡くすとはどんなことかと実感したのは亡くなった祖母の顔に触れた時でした。怖いというのは祖母に失礼だったと思いますが、祖母の顔が冷たくて、表情がまったく変わることもなくて・・・怖くて怖くて仕方がなかったことをおぼえています。私にとって「死」というものを初めて感じ「生」を考えるようになった大きな出来事でした。けれど、ACEさん、そんな体験がなければ、「生」の大切さ「死」との乖離と恐ろしさを思えないのでしょうかね。

2006/8/25(金) 午後 0:19 [ atoshiranami ] 返信する

顔アイコン

・・・嫌なバランスですね、桃さん。もう少し安全度の高い方へ全体的に底上げされるといいのですが・・・。私が思うに、猫はきっと言いたいことがあっても言えず「ニャア」とだけ鳴くのかもしれません。

2006/8/25(金) 午後 0:28 [ atoshiranami ] 返信する

下のTB先で全文見てきました。坂東さんしてることって、避妊しないで出来ちゃったから産んで、捨てたり、殺したりしてる人間と同じですよね。猫も産むことに喜びを感じるんじゃなくて、産んだ子猫が育つことに喜びを感じるんだと思いますけど、私は。それに書いてある通りことを思っているなら飼うこと自体が間違いですよね。

2006/8/25(金) 午後 6:50 [ - ] 返信する

公衆電話も怖いですね。最近、携帯忘れたとき見つからなくて大変なんですよね。世の中、恐ろしいことが多いですね。

2006/8/25(金) 午後 7:29 [ - ] 返信する

顔アイコン

「本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか」子供を産むのが本質的な生というのであれば、ただ生きるということすら奪われる子猫の生はどうなるのか?など、どうも釈然としないことはありますが、人間がペットとして生き物を飼うということについて色々考えさせる記事でもありますね。

2006/8/26(土) 午前 0:26 oh_contami 返信する

顔アイコン

う〜ん、この方の場合、それは子供をもつ当事者ではないから、ちょっと違うと思います。この方の場合、生むつらさは自分で体験されていませんからね。ん〜風さんが言った例の方に保護者がいるとして、子供が生まれるまでは放任しておいて・・・っていう方が正しいと思います。それも、家の中に「子供は何人で充分よ、周りに迷惑かけるから」みたいな感じでしょうか。理解ができません。

2006/8/26(土) 午後 6:07 [ atoshiranami ] 返信する

顔アイコン

確かに、公衆電話みつかりませんね〜。あちらも商売なので無くなってしまう仕方なさも分かるのですが、税金を使ってもいいから災害時用には残して欲しいですね。

2006/8/26(土) 午後 6:09 [ atoshiranami ] 返信する

顔アイコン

そうなんですよね。理解しがたい所は多々ありますが、contamiさんの仰るとおり「そも、ペットとはなんぞや?」「ペットに対する人の責任とは?」といったあまり語られてきていないことへの大きな問題提起となるエッセーではあります。新聞に掲載するものかどうかは別として・・・

2006/8/26(土) 午後 6:12 [ atoshiranami ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事