全体表示

[ リスト ]

オレキシン (orexin) は1998年に発見された神経ペプチド[1]。オレキシンAとオレキシンBがある。
視床下部外側野に存在する神経細胞がオレキシンを産生している。
ヒポクレチン(hypocretin)と呼ばれることがある。
オレキシンは、食欲や報酬系に関わるほか、睡眠や覚醒を制御することが知られている。
オレキシンをつくる神経細胞が消滅するとナルコレプシーという睡眠障害になる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/オレキシン

http://www.cell.com/retrieve/pii/S0092867400809496

Snorting a Brain Chemical Could Replace Sleep
http://www.wired.com/science/discoveries/news/2007/12/sleep_deprivation


DARPAの研究の中に、メタボリック・ドミナンスと呼ばれる「兵士が最高レベルの体調を持続しながら作戦遂行する」ためのプロジェクトがあり、この中でオレキシンをスプレー化したものを吸入することで睡眠の代わりとして使用する研究が行われている[2]。オレキシンの作用を阻害する薬物(オレキシン受容体拮抗薬)が開発されており、睡眠導入薬として期待されている。

DARPAはトンデモプロジェクトの宝庫

2010年05月19日(水) トラックバック:0
 米国防総省「DARPA」の歴代“トンデモ研究”とは? 2010年05月10日 R25.jp 村木哲郎を読んで、DARPAという組織に興味を持ちました。

http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-465.html

閉じる コメント(3)

顔アイコン

電磁波等による犯罪について <1>
space.geocities.jp/cosmos22_apollon/denjiha1.htm - キャッシュ
代謝優勢(メタボリック・ドミナンス)」というプロジェクトがあって、「栄養補助食品」の開発を目指している。栄養価が高く、兵士の耐久性を大幅に向上させるピルをつくろうとしているのだ。”(本文より). ※12.<2008年4月8日(火)>. 月刊誌『選択』4月号に ...

2012/11/8(木) 午前 2:11 [ ATS ]

顔アイコン

吸い込むだけで睡眠の代わりになる薬を開発中:だった
alfalfa.livedoor.biz/archives/51672466.html - キャッシュ
2010年12月11日 – このDARPAプロジェクトは、『メタボリック・ドミナンス』、あるいは「最高度の兵士能力」 プロジェクトと呼ばれている。米国防総省では、人間なら通常持つはずの身体的要求をほとんど持たずにすむ戦闘員を生み出すために、将来を見据えた広範 ...

2012/11/8(木) 午前 2:11 [ ATS ]

顔アイコン

操作される脳|つれづれに…
ameblo.jp/atticfaith/entry-10215114524.html - キャッシュ
2009年2月26日 – 本書でも紹介され、以前「Wired」の記事(http://wiredvision.jp/archives/200402/ 2004022002 )でも話題になった「メタボリック・ドミナンス(代謝優勢)」では、なんと兵士に耐久性を大幅に向上させるピルを投与することで、不眠・不休・絶食の ...

2012/11/8(木) 午前 2:12 [ ATS ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事