ちゃっきーの小さな家wo建てよう!

家が建つまで頑張って更新する予定です。ただし三日坊主に注意・・・

全体表示

[ リスト ]

10月25日(土)
 
先週は工事が休みだったので2週間ぶりの現場確認です。
とは言っても、棟梁からしばらく他の現場に出かけるということも聞いていたので、内部が激変するほど工事は進んでいないでしょう。
 
ただ、棟梁から一条ブロガーではお馴染みの「銀世界」工事が始まると聞いていたので、噂の「銀世界」を見るのを楽しみにしています。
 
12時過ぎに現場に行ってみると誰もいません。
 
イメージ 1

昼休憩のようですね。
また足場にネットが張られ、垂れ幕も下がって外観が分からないようになっていました。
 
だいぶ廃材も出ているみたいです。
 
イメージ 2
 
ふと横を見ると、缶コーヒーが3本あります。
 
イメージ 3
 
今日は棟梁の他にも作業員がいるのでしょうか?
 
時間を改め、14時頃に現場に戻ってみるといつものように棟梁が中を案内してくれました。
今日は外壁のタイル屋さんも作業をしているようです。
 
1階のリビングにも壁に石膏ボードが貼り付けられている途中でした。
 
イメージ 4
 
外ではタイル屋さんが外壁のパネルの継ぎ目部分にタイルを貼っています。
 
そして2階へ・・・
 
すると、そこは噂の床一面「銀世界」状態でした。
 
イメージ 5
 
一条工務店が売りにしている「全館床暖房標準装備」の床暖房温水パネルです。
このパネルに温水が流れて部屋を温めるので、ランニングコストを抑えることができます。
 
この床一面銀世界は、床板を貼ってしまうと見えなくなってしまうので、期間限定のシャッターチャンスでした。
 
イメージ 6
 
全館床暖房と呼んでいるだけあって、1階、2階とも廊下はもちろん、ウォークインクローゼット内部(息子がいる辺り)にも温水パネルが張り巡らされてています。
 
もちろんトイレの中にも床暖房が標準装備。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
さらに、目新しいものとしては、室内物干し(ホスクリーン)が取り付けられていました。
ちゃっきー家が選んだ数少ないオプションのひとつです。
ちなみに、このぶら下がっている棒は着脱可能です。
 
イメージ 9
 
そして、この家を建てる上で一番気になっていた箇所を棟梁に見てもらいました。
 
それは・・・・これ ↓ ↓ ↓
 
イメージ 10
 
 
南側から見た家の外観です。
 
 
分かりましたか?
 
 
これ ↓ です。
 
イメージ 11
 
家の南西角にある電柱です。
家から2.5m程離れているので、通常の家だったら気にならないのですが、ちゃっきー’sハウスは10kWの太陽光パネルを屋根全面に載せています。
 
太陽光発電にとって、最大の敵は曇天と影なのです。
そして、家より高い電柱は必ず影の発生する時間帯ができてしまいます。
 
全量買取制度適用なので、発電してナンボの太陽光パネルということもあり、屋根にどのように影がかかっているのか気になります。
そして影を確認できるのは足場がある今この時期を逃して他にありません!
と、いうことで棟梁に無理言って影の様子を教えてもらいました。
 
夏場は太陽の高度からもほとんど影響はないだろうと考えていますが、今の時期は夕刻に影が伸びるので、少なからず屋根に影がかかっているはずです。
 
そして15時前の電柱の影の様子。
 
イメージ 12
 
冬至ではありませんので参考程度です。
この時間帯だと影がもっと長く伸びてパネルの大部分が機能していないんじゃないかと心配していたのですが、予想していたよりも電柱の影のダメージは少なかったです。
それでも横2列(設定は横配列だったはず・・・)のダメージは免れそうにありません。
 
冬場のロスは、夏場で頑張ってカバーしてもらいたいところです。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

トイレには床暖よりもクーラーが欲しいのだ。

2014/11/9(日) 午後 10:56 papa

顔アイコン

papaさん

わかるわかる〜
でもトイレにエアコン付けれるほど金はありません。

2014/11/12(水) 午後 11:14 [ ちゃっきー ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事