ちゃっきーの小さな家wo建てよう!

家が建つまで頑張って更新する予定です。ただし三日坊主に注意・・・

全体表示

[ リスト ]

トミカのおっちゃんから「ブログ見ましたよ」と言われました。
一条工務店のネット監視部隊はさすがですね。
前にトミカのおっちゃんから一条工務店ではブログチェック部隊がいて、随時ブログ主を特定してチェックしてますよと聞かされていました。
それを承知の上でこのブログを始めたので、バレたらバレたで構わないんですけどね(笑)

一度はバブルに沸いた太陽光発電の売電契約も、今年度でほぼ収束しそうなほど尻すぼみになってきましたね。
 
太陽光発電バブルが発生したのは、長期間にわたり自家発電した電力を電力会社が普段使用している電力の価格より大幅に高く買い取ってくれる制度ができたからです。
そして、太陽光発電に個人や事業者が一斉に駆け込んだために、電力会社の買取のキャパがなくなって買い取り制限が発生したことに加え、買い取り価格のプレミアム期間が終了したことでバブルがはじけたのでした。
 
幸いにもちゃっきーは、プレミアム買取価格の間に売電契約を済ませていたので、平成25年度価格36円+税/kWh(20年固定)という、好条件で太陽光パネルを載せることが出来ました。
 
一条工務店では「夢発電システム」という仕組みを採用しており、簡単に言うと「太陽光パネルの搭載費用を売電費用で返済し、返済後は自分の収入にする」という仕組みです。
売電価格が下がった今では、太陽光発電はセールストークにできなくなったとトミカのおっちゃんが言っていましたが、当時はどの住宅メーカーでも口を揃えて太陽光発電をアピールしていました。
 
そんな夢発電システムのローン契約がありました。
ちなみにちゃっきー家の搭載パネルは南向き1.5寸で10kWhです。
 
ローン契約にあたりトミカのおっちゃんから発電シュミレーションをもらいました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
シュミレーション結果では、年間発電量は10,703kWhで当初10年間の平均予想収益は386,872円とのことです。
 
ちなみに2014年2月にも同じ条件でシュミレーションをもらいましたが、このときは・・・
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
年間発電量は10,191kWhで当初10年間の平均予想収益は368,342円でした。
この当時は厳しめのシュミレーションだったので、これ以前に建てた家では大幅なシュミレーション超えの報告が多々ありました。
 
そして、もう少し現実的なシュミレーション値に変更したようで、5%(512kWh)も発電量を上げた数値が算出されてました。
 
シュミレーション値が緩くなった情報は仕入れていたのですが、今回の契約に際し、腑に落ちない点が3点ほどありましたので書いてみました。

1つめは・・・金消契約の当日に渡された返済計画が当初の計画よりも、月々の返済額UP&返済期間短縮になっていたこと
 
<今回のシュミレーション>
 
イメージ 5
 
返済額 32,239円/月
返済期間 9年3ヶ月
 
 
<前回のシュミレーション>
 
イメージ 6
 
 
返済額 30,695円/月
返済期間 9年9ヶ月
 
返済額が月1,544円UP、返済期間が6ヶ月短縮という返済計画になってました。
 
まあ、以前の基準では発電量の見込みが低めに設定されていたので、見込みより収入が増えているでしょうとのことから返済プランを厳しくしたのかもしれませんが、別に月々の返済額を上げる必要まではないんじゃないの?っていうことです。
返済期間が短くなる分利息の負担は減りますが、金利は1%なので大した額ではないし、サインの当日になって出てきた返済計画が以前と違っているというのは如何なものかと思います。契約書にもすでに収入印紙が貼られていたし・・・
 
2つ目は・・・今回のシュミレーション値が適正なのか?ってこと
 
ちゃっきーの家は以前記事にしたように、すぐ南側に電柱が立っていて屋根に影がかかるため、少なからず発電量に影響します。
 
イメージ 7
今回もらったシュミレーション値は
  11月 632kWh
  12月 583kWh 
   1月 631kWh
   2月 671kWh  でした。
 
そして、先日カーテン取り付けのときに発電モニターを触ってみたところ、
 
イメージ 8
 
イメージ 9
イメージ 10
 
 
 11月 102kWh (11月27日発電開始)
 12月 550kWh
  1月 598kWh
  2月 157kWh (2月7日13時現在) でした。
 
開始月の11月と当月の2月は参考にならないとしても、
12月はシュミレーション値の94.3%
1月はシュミレーション値の94.8%というどちらもシュミレーション値を下回る結果でした。
 
天候に左右されるものなので、絶対という言葉は当てはまりませんが、5%も甘く設定したシュミレーション値は妥当な値だったのでしょうか?
ちなみに前のシュミレーション値では12月が99.0%、1月が99.5%でした。
 
そして最後の3つ目は・・・シュミレーションの売電金額が37.8円/kWhで計算されていること
 
イメージ 11
 
ちゃっきーの売電契約は、10KWh搭載なので、20年固定価格で(36円+税)/kWhとなります。
今は消費税率8%なので、36円+税2.88円=38.88円ですね。
37.8円という金額は消費税5%のときの金額です。
これは気付いていたのですが、低い金額なのであえて突っ込みませんでした(笑)
 

シュミレーション値が緩くなった情報は事前に仕入れていたし、返済額が大きく変わらなかったので、契約時には強く言いませんでしたが、こんなにシュミレーションが適当で本当に大丈夫なんだろうか?というのが本音です。

引渡し日が2日早まって明日になったので、その前に愚痴を書いておきました。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事