ちゃっきーの小さな家wo建てよう!

家が建つまで頑張って更新する予定です。ただし三日坊主に注意・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

地鎮祭後の配置確認

8月2日に地鎮祭がありました。
 
イメージ 1
 
前日にはちゃっきーの家の外枠となる部分に地縄(白い糸)を張っていたようです。
 
イメージ 2
 
狭っ・・・って言わないように(笑)
 
こっちが玄関側になります。
 
イメージ 3
 
赤いペイントがポーチ部分です。
 
テントの右隣の土地が当初購入予定だった候補A区画です。
前回の記事に書いたように、ちゃっきー母の横槍が入って放棄したわけですが、いまだにヘー〇ルハウスさんは着工の様子がありません。
ちゃっきーの着工も遅い方だと思うのですが、隣はもっと時間がかかるのかな?
 
地鎮祭の後は、初めてお目にかかる工事担当の方から家の配置について説明がありました。
 
イメージ 4
 
黄色の糸が隣との境界で、白い糸がちゃっきーの家の壁になります。
 
地縄を見ると家が狭く見えるってみんな言ってるので、心構えした上でMy土地を見てみましたが、やっぱり狭く見えます。
いやいや、狭く見える・・・んじゃなくって実際に狭いんですけどね(笑)
一応この辺りでは標準的な建坪なんですけど、家が建つまではこんな広さで本当に暮らしていけるのか不安になってしまいます

地鎮祭の日に「工程表」をもらいました。
イメージ 5
家ができるまでのスケジュールが書かれたものですが、最後に一条工務店の工事担当者のプロフィールが載っていました。
 
イメージ 6
2Pにわたって紹介されていました。
 
現場の親方とはまた違いますが、しっかりと瑕疵のない家造りお願いします。
ようやく長かった土地決定までの前フリが終わりました(笑)
 
土地契約の土壇場で候補区画をA→Bに変更するなど、ドタバタ劇もあったのですがこれで住む場所が決まりました。
契約後の話はまた後で書くとして、土地が決まったところで本題の工事進捗状況を書いていきたいと思います。
 
とりあえずスケジュール的なもの
 
<平成25年>
 8月 一条工務店と仮契約
 11月 土地契約&一条工務店と本契約
 12月 地盤調査
<平成26年>
 4月 間取り決定&着手承諾
 8月2日 地鎮祭&配置確認
 8月21日 基礎工事着工
 9月中旬 基礎工事完了
 9月30日 上棟
 11月上旬 内部工事完了
 11月下旬 竣工検査
<平成27年>
 2月上旬 引渡し
 
となってます。
引渡しはまだまだ先の話ですが、基礎工事が始まりましたので、これからは本題の近況報告を中心に記事をUPして、合間に前フリ予定だった打ち合わせ等の記事をUPしていく予定です。

予想外の出来事

そろそろ一条工務店の情報部隊に身元を特定されてチェックされている頃でしょうか(笑)
なかなか記事が進まないので、リアルタイムに追いつけません・・・orz


某政令指定都市の土地Kでの土地購入を決意し、その中の候補A区画の買付証明を出してもらったとこまでが前回までの話でしたね。
 
ちゃっきーは土地なし状態から始まったので、一条工務店との契約も含めいろいろな手続きが必要になります。
ロ−ンも含めた当面の土地購入手続きの流れをメモっておくと、
 
一条工務店で仮契約(仮契約金100万円支払い)
   ↓
土地探し開始
   ↓
土地決定&土地買付証明書提出  ← いまここ
   ↓
売主の承諾
   ↓
不動産屋から土地の重要事項説明
   ↓
土地売買契約&土地手付金支払い
   ↓
一条工務店本契約(建築工事請負契約)
   ↓
住宅ローン仮審査
   ↓
住宅ローン本審査
   ↓
住宅ローン決定
   ↓
所有権移転登記&抵当権設定登記
   ↓
MY 土地へ


と、なるわけですが、さらに家の間取りの打ち合わせなども残っており、まだまだ先は長いです。
キャッシュでポンって買えないちゃっきーは、少なくともローンが通らないと全てが白紙に戻ってしまいます。
 
まぁ、ローンに通るか通らないかという不安は現時点では置いといて、土地の買付証明を出してすぐ、トミカのおっちゃんから連絡があり、どうやら買い付け証明の審査には通ったとのこと。
約1週間後に土地の契約を行うので、いろいろ証明書類を用意して欲しいと言われました。
 
ヨメに書類を準備してもらって、いよいよ明日が土地契約の日って日にハプニングが起こりました。
 
それは・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャーン!
 
イメージ 1
 
通勤中に不注意による自転車の落車!
そして左上腕骨骨折っていう情けない出来事でした
要入院手術という状況で明日土地契約なんて考えられる状況ではありませんでした。
左腕は全く動かせず三角巾で吊ったまま、しかも痛みで体を横にすることすらできません。
 
当然土地契約はキャンセル。
全ては白紙に戻ってしまいました・・・
 
 
 
 
 
 
 
・・・となるところでしたが、実は手術日の空きがなく入院が当分先になるということで、しばらく自宅待機が続く見込みになりました。
明日はちゃっきーの両親(父は関東に単身赴任中ですが夜中には大阪に帰ってくる予定)も同席することになっていて、いまさら予定も変えられません。
骨が折れたままの状態なので痛みで寝ることすらできませんが、利き手は右だし、左腕を吊ったままでも名前を書くことくらいはできるでしょう。
 
そんなわけで前日はドタバタ状態で、翌日の契約には満身創痍のまま臨むことになったのでした。

決断

さて、一条工務店で条件に合う土地探しが一段落したところで、今後どう行動していくか方向性を決めなければいけません。
 
現在大阪市から受けている家賃補助が平成27年夏頃には終了してしまうことと、息子の幼稚園の転入のタイミングから平成27年3月までには引越しを完了することが条件なので、100%条件に合う土地を求めて悠長に探し続けている余裕はありません。
 
今回の土地&家探しを行う中で、度重なる紆余曲折の末、「マンションに住む」「家を買わない」「岸和田に住む」という選択肢はなくなりました。(「岸和田」VS「某政令指定都市」の闘いはちゃっきーの勝利です(^_^)v)
すなわち「某政令指定都市で土地を見つけ一戸建てを買う」の方向性に決まったわけです。
 
そして残った選択肢は3つ。
 ①一条工務店と土地Kで契約して家を建てる。
 ②創建の分譲地に決める。
 ③振り出しで建売orローコスト住宅を探す。

それぞれのメリット、デメリットを考えてみると、
一条工務店&土地K
 【メリット(家)】
  ・高性能でコストパフォーマンスが高い(実際に家を建てた人の評価も高い)
  ・省エネ仕様なので年間電気代が抑えられる
  ・耐震性・耐久性に優れる
  ・間取りが自由に設計できる
  ・今なら太陽光発電を平成25年度固定買取価格で設置できる
  ・長期優良住宅なので税金、ローン、火災保険などで優遇がある
  ・倒産リスクが少ない
 【メリット(土地)】
  ・自転車通勤圏内
  ・閑静な住宅地
  ・日当たり良好
  ・車が2台置ける
  ・小さいながらも庭スペースあり
  ・新興住宅地が多いので息子の同世代が多そう
  ・車でのアクセスは悪くない
 【デメリット】
  ・トータルコストが最も高い
  ・太陽光発電の買い取り価格を確定させるためには土地K以外の選択が難しい
  ・利便性がやや落ちる(駅・スーパーまでママチャリで7〜10分かかる)
  ・小学校まで少し距離がある
  ・市街化調整区域のため売却しにくい 
創建
 【メリット】
  ・駅・スーパーが近い(一条工務店の土地Kより全てにおいて500m位アクセスがよい)
  ・予算オーバーだけど一条工務店よりは安い
  ・10年or15年後に無料リフォームサービスがある(1部屋のみフローリングとクロス交換)
  ・3階建てが可能
  ・近くに大きな公園がある
 【デメリット】
  ・ローコスト仕様のため断熱性・気密性が劣る
  ・土地が狭い
  ・耐震性・耐久性に不安がある(定期的な外壁補修などは必須か?)
  ・長期優良住宅ではない?
  ・分譲地の外は車通りが多い
建売orローコスト
 【メリット】
  ・予算内で家を建てれるのでローンの負担も抑えれる
  ・もっと利便性のいい土地が見つかるかもしれない
 【デメリット】
  ・今のところ良物件に出会えてないし、手詰まり感がある
  ・物件探しが長引けば岸和田の話が復活するかもしれない
  ・将来のリフォームや建て直しのコスト
  ・アフターサービスの不安 
  ・倒産リスク

③建売は今のところ条件に合う物件が見当たらないし、今後見つかるかもわからないので諦めました。それに土地探しが長引けば再びヨメが岸和田に住むと言い出してもおかしくありません。
①一条工務店&土地Kと②創建の分譲地で比較したところ、エリアは違いますが②の土地の方が便利です。
しかし、一条工務店が見つけてくれた土地Kも、駅やスーパーが自転車で3〜5分程度遠くなるだけで、大きな負担になるほど僻地というわけではありません。
 
そして最終的に下した決断は「一条工務店&土地Kで決定〜!」でした。
 
将来的なコスト(補修、光熱費)や太陽光発電のメリットを考えれば、一条工務店の方がコストパフォーマンスで軍配が上がると判断したからでした。
過去2回で最もポイントが高かったのは某政令指定都市の分譲地であった土地Kです。
ちゃっきーの希望エリアでは現時点で出尽くした感があり、これ以上好感触の土地は見つからないような気がします。次でいい土地が見つからなければ、一条工務店との仮契約を継続するのか考えなければいけません。
 
第3回目の土地探しは、第2回目から3週後の平成25年11月某日のことでした。
 
①土地M(某政令指定都市)
値段が安く、大きな駅の近くなのでトミカのおっちゃんは好物件だと気に入った様子でしたが、希望エリアから外れており、小学校・中学校も遠くて未就学児の息子を抱えるちゃっきーの心には響かない土地でした。
 坪数  ★★★★★(5)
 価格  ★★★☆☆(3)
 交通  ★★★★☆(3)
 環境  ★★★☆☆(3)
 印象  ★★☆☆☆(4)  総合評価 【2.5】
 
②土地N(某政令指定都市)
土地Eの新規分譲地です。やはり駅まで遠いというマイナス面が大きすぎます。
 坪数  ★★★★☆(4)
 価格  ★★★☆☆(3)
 交通  ★☆☆☆☆(1)
 環境  ★★☆☆☆(2)
 印象  ★★★☆☆(3)  総合評価 【2.5】
 

これ以上いい条件の土地と出会えそうにありません。
一番好感触だった土地Kで決めるか、一条工務店との仮契約を解約して予算に見合った会社と土地を見つけるか、難しい決断の時期が来ました。
 
ちなみに、土地Kでの候補区画は同日にへーベルハウスの人も見に来ており、狙っている様子とのこと。
 
う〜ん、どうするか・・・
 
一条工務店の高性能&太陽光発電の家は捨て難いが、このままでは明らかに予算オーバーです。
ここで頭をよぎったのが、以前訪れた株式会社創建の分譲地。
一条工務店が紹介した土地より遥かに好条件の土地でした。
あの立地では予算的にローコスト住宅しか建てられませんが、ヨメも渋々受け容れそうな雰囲気がありました。
家の性能を採るのか?立地と価格を採るのか?
 
ちゃっきーの頭の中ではこの2つの選択肢が大きくせめぎあっているのでした。

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事