全体表示

[ リスト ]

タイトルと裏腹に、心配はないのは「たちまち」の話で、将来のことはわかりませんよ、ということを警告する記事を紹介します。
 
食物連鎖の過程で、有害物が濃縮される(生物濃縮)というのは、わたしは常識だと思っていたのですが、日本政府のお偉いさん方や専門家といわれる人たちには常識ではないのでしょうか??
 
原発事故の問題は、環境問題なのです。国は、水俣病やイタイイタイ病から何も学んでないのでしょうか??
 
「過度の心配は不要」 専門家
 
2011年3月22日東京新聞 夕刊
 福島第一原発付近の海水からの放射性物質発見は、原乳やホウレンソウといった農畜産物以外に、魚介類が汚染される可能性があることを意味する。
 
 最も警戒されるのは「生物濃縮」だ。
 
 これまでの国際原子力機関(IAEA)などの研究によると、魚肉はヨウ素の場合、海水の十倍から二十倍、セシウムで三十倍から百倍に濃縮される。
 
 だが、甲斐倫明・大分県立看護科学大教授(環境保健学)は「生物濃縮は、海水を取り込んだプランクトンを魚介類が食べることによる。すぐに濃縮されるわけではない」と指摘。「現状で食物について過度に心配することはない」と話す。
 
 海水は拡散するので原発近くで高い放射能値が観測されても、すぐに濃度は薄まる。現場海域は、既に漁業権が放棄されており、とれた海産物が市場に流通することはない。
 
 一方、小出裕章・京都大原子炉実験所助教は「海にも影響が出るとは思っていたが、値の高さに驚いた。ワカメなど、海藻を早く調べるべきだ」と話す。「魚に影響が出るのは海藻より遅い。放射能が外界に出たチェルノブイリなどは内陸なので、あまり参考になる過去の事例はない」と懸念を示す。
 
 海産物の中には特定の部位に濃縮が集中するものもある。調査を継続し、数値を注視する必要はありそうだ。
 

以下のリンクも見てみてください。
 
Wikipedia:生物濃縮
 
国立水俣病総合研究所HP
 
Wikipedia:イタイイタイ病

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事