全体表示

[ リスト ]

CX712便でバンコク・スワンナプーム国際空港に降り立った自分。

さて、一般客と一緒に到着動線に沿って歩いていきますが、乗り継ぎか入国か果たしてどちらでしょうか・・・

イメージ 1


と言うわけで、入国審査場まで来ました。

今回はCXの本拠地香港には向かわないので、自分の人生で初めてタイに入国します。
こちらが入国審査場ですので、通常はこちらで入国審査を受けますが・・・

イメージ 2
入国審査場

それともう一つ、バンコク・スワンナプーム国際空港には、FAST TRACKと呼ばれる優先レーンがあります。

ファーストクラスの乗客とCIPが利用できる場所のようですが・・・

イメージ 3
バンコク・スワンナプーム国際空港 FAST TRACK

自分はシンガポールでのチェックイン時にFAST TRACKを利用できるチケットを貰っていたので、こちらを利用できます。CXではCクラス以上利用時は、FAST TRACKを利用できるチケットをもらえますが、JLではCクラス以上でも貰えないようです。

こちらは誰も並んでおらず、すぐに入国審査は終了。

イメージ 4
FAST TRACK チケット

バケージクレームまでやってくるが、今回は荷物を預けてなかったので、こちらはスルー。

イメージ 5
バケージクレームにて

タイに滞在するに当たって必要なのは現地のお金。空港内の両替所にて20,000円をタイバーツに両替。

6,998バーツにを手にしましたが、タイ初渡航で現地の物価事情を全く知らなかった当時は、後にこれが大失敗だと後悔する羽目に。

イメージ 6
この日の換算レート

と言う感じで、タイ初入国です!

約2年前にスワンナプーム空港自体は訪れたことはあるが、入国せずに乗り継ぎのみだったので。

イメージ 7
到着ロビーにて

では、市内へと向かうことにしましょう。

このようなくねくねしたエスカレーターを地下へと降りていき、その先にあるのが・・・

イメージ 8


エアポート・レール・リンクの駅です!

以前は、バスかタクシーしか交通手段がなかったスワンナプーム空港でしたが、2010年8月にエアポート・レール・リンクが正式開業し、鉄道で市内に移動できるようになって大変便利になりました。

イメージ 9
スワンナプーム駅

駅に向かう前に、すぐそばにあるセブンイレブンでちょっと買い物した後に・・・

イメージ 10
空港内のセブンイレブン

きっぷうりばへと向かいました。

イメージ 11
改札口&きっぷうりば

チケットは自動券売機で購入です。

タイ語は全く理解できないが、路線図で表示されているし、英語表示に切り替えることは出来るので、難しくはないです。

イメージ 12
自動券売機の画面

運賃表を見ると、SA ExpressとSA City Lineの2種類の列車があり、SA Expressは、空港駅と市内のマッカサン駅を最速で結ぶ速達列車で運賃は150B、City Lineは空港駅からマッカサン駅を経由し、パヤータイ駅までを約30分で結ぶ各駅停車で、始発から終点まで乗ると45Bとなっています。

イメージ 13
運賃表

ですが、開業後しばらくはCityLineは区間に関わらず15B均一運賃。

日本円でたったの42円、正規運賃の45Bでも日本円で126円、超安いです。

イメージ 14


と言うわけで、ホームへと降りてみましょう。まだ新しいのでとても綺麗なホームでホームドア付です。

イメージ 15
ホームへ

列車がやってきたので、乗車します。

イメージ 16
乗車

空港から約30分ほどで終点のパヤータイ駅に到着。

イメージ 17
パヤータイ駅に到着

この先は、行き止まりですが、延伸は容易に出来そうな構造かなと。

イメージ 18
行き止まり

エアポート・レール・リンクのパヤータイ駅は、BTSスクムウィット線と簡単に乗り継ぎが出来ます。

写真に写っているのがBTSスクムウィット線パヤータイ駅です。

イメージ 19
BTSスクムウィット線パヤータイ駅

と言うわけで、さらに市内中心部へと向かうため、BTSスクムウィット線に乗り継ぐのでチケットを買います。

イメージ 20
BTS 自動券売機

これが、BTSのチケット。一般的な再使用可能な磁気チケットです。

イメージ 21
チケット

ホームへ上ると列車がやってきたので、これに乗車します。

イメージ 22
BTSスクムウィット線パヤータイ駅 ホーム

途中のサイアム駅でシーロム線に乗り換え。

サイアム駅はバンコク・スカイトレインの中心駅、なおかつバンコクの交通網の中心でもあり、バンコクの中心の一つであるので、連日賑わっている駅です。

スクムヴィット線とシーロム線の2線が乗り入れ、同一方向なら同じホームでスムーズに乗換えが可能です。

イメージ 23
サイアム駅にて

シーロム線に乗り換え、3駅先のチョーンノンシー駅にて下車。

イメージ 24
チョーンノンシー駅

この後に向かった先は・・・

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

お〜今年はパターン化した行動ではなく新しいことに挑戦されているようで興味シンシンです!
バンコクは香港よりも個人的にはおもしろいところだと思っています。飯も安くてうまいですからね!
バーツを両替しすぎたようですが、また何度も訪れれば全然問題なしです!

2011/4/8(金) 午前 6:55 [ FFP ELITE ] 返信する

顔アイコン

スワンナプームは広いですね!!
やっぱりアジアのハブと言われるだけあります。

電車のチケットが韓国の地下鉄のチケットと似てますね。

2011/4/9(土) 午後 11:17 [ shimpei ] 返信する

顔アイコン

てっきり香港まで行かれるのかと思っていましたが
この後の行動が楽しみです。
エアポートリンクができて便利になりましたよね。
7000バーツあればナイトライフも十分に楽しめますね(笑)

2011/4/10(日) 午後 0:08 けみぴー 返信する

タイに初入国とは意外でした。

エアポートリンクが開通してからは、まだバンコクに行ってないので次回は多分利用するかも。
一人旅には良い移動手段ですよね。

2011/4/10(日) 午後 9:30 ク・ホリン 返信する

▲FFP ELITEさん
はい、タイには初入国しましたよ。前からいってみたいとは思っていたけど、やっと実現しました!

3日間の滞在ではちょっと両替しすぎたかなぁ〜と市街地に出てそう思いました。

2011/4/10(日) 午後 11:34 Atsushi 返信する

▲shimpeiさん
とにかく広い空港ですね、隅から隅まで歩くのは結構大変かも。

韓国の地下鉄のチケット、似ているんですね、今度韓国に行く機会があれば意識してみます。

2011/4/10(日) 午後 11:36 Atsushi 返信する

▲けみぴーさん
今回はバンコクまでです。エアポートリンクは気軽に移動できるからいいですね。

ナイトライフを楽しむのなら7,000Bぐらい持っていても逆に足らないのかもしれませんね。この後の行動は、後の記事に出てきますので。

2011/4/10(日) 午後 11:38 Atsushi 返信する

▲ク・ポリンさん
でも事実です(爆)

一人旅では鉄道アクセスが一番気軽に利用できると思っています。

2011/4/10(日) 午後 11:40 Atsushi 返信する

顔アイコン

いろいろな国を訪問しているのに、タイが初めてとは意外ですね(笑)
先日、エアポートリンクを初めて利用しましたが、鉄道でアクセスできるのはありがたいです。

2011/4/17(日) 午前 0:47 [ super star ] 返信する

▲super starさん
タイはかつて乗継のみで来た事はありましたが、入国は初めてでした。やはり、鉄道で市内へアクセス出来るのは大変ありがたいです。

2011/4/17(日) 午後 11:41 Atsushi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事