ここから本文です
R249のブログ
AMA SUPER BIKE!
トヨタの社長さんが

イメージ 1




終身雇用は難しい…



と、おっしゃったのは、5月の初め。




あの、トヨタ自動車が…




と、思った方も多かったと思いますが…





先日ホリエモンの動画を見ていて、ホリエモンの説明に関心しましたので、ブログに書いているのですが…




ホリエモン曰く、車なんて、ハブモーターとバッテリー、制御コンピュータがあれば出来てしまう〜




そうすると、恐ろしい程部品点数が少なくなる。




系列の部品会社含めて、産業革命に匹敵する社会変化がある時代になる可能性大。






かつて、時計がそうだったように…

イメージ 2




精密な機械式時計は、スマホの中の時計に、精度、機能全て負けますし、GPS時計なんて、日々の健康管理迄やってくれます。





イメージ 3

こういう車こそ車…



とか思う輩は、全体から見れば、圧倒的少数派。




スープラ復活して、ニュル走るCM流しても時代の流れは変えられない。





今常識の産業構造内で生きていく事は今後リスクにしかならないのかも知れません。




んで、今流行りなのは、「起業」ですよね。初期投資の掛からない企業。
ソーシャルメディアに情報をアップする、アフィリエイトで稼ぐ…

も、以前のインチキ臭いのから、ガチでアクティブに情報を発信しながら稼ぐ…


に変化している。


例えば、どんなに美味しいラーメン屋企業しても、提供出来るラーメンの杯数で、ビジネスの規模が決まる。



情報発信ビジネスは、コンテンツを一つ作れば、ゼロから1000万迄、ビジネスの幅が全く違う。



だから、現代社会に於る企業って、情報発信ビジネスがおおいと思うんだけと、
んじゃ、なんの情報を発信すればいいの?





最近思うのは、今まで、その道では、門外不出的な情報を簡単にYOUTUBEにアップして、再生回数が伸びる的な人が多いと思うし、成功の法則になっていると思う。




極論を言えは、手品のタネあかし動画とか、マジシャンからすれば絶対アップしない内容だけど、そういうのもアップされている。



私の趣味、バイク弄りも、沢山の動画があり、バイク屋さんを困らせていると思う。





昔なら、バイク屋さん達だけの修理のノウハウとか、平気でアップされてるしね。




ランニングも、競合陸上部とか、オリンピック選手のコーチング理論とか、普通にアップされている。




こういう、その道を極めないと手に入らなかった情報をその業界人が惜しげもなく、白日の元に晒せば、再生回数はうなぎ登りになる事と思う。



もし、その通りに出来なかったとしても、
知っている事が満足感に繋がる…




私も、ランニングで痛くなった箇所を、グーグル先生で調べ、痛くならないランニングフォームと、身体のメンテナンスの仕方などネットで調べるようになってから、一気にケガが少なくなり、ベースタイムも上がりました。





ある意味、これって、既存の産業に対する下克上だよね。






その道の大手企業も、
「社内SNS禁止」








とか、言っていたら、間違えなく、その会社は、5年で潰れるよ。




私に限らず、20年以上その道で働いてきた人間なら、その道の有益かつ、一般の人が驚く内容なんて幾らでも持っているだろう〜


それを社内の共有財産化して、世の中に配信していくくらいの
頭の柔らかい経営者がいる会社が生き残るのでは?




個人ノウハウ(会社で付けてもらったのも含む)をYOUTUBEに上げる…



新しいビジネスモデルと思うのだか…

イメージ 1

全国マラソンランキングでましたね。



ワタクシは、対象大会は、福知山、勝田と走って、勝田の3時間28分で拾われていました。



今年は、3時間10分台、999位以内目標…






3時間10分台で、999位以内に入れるかは、ランナーズ読んでないから不明。




暑いので、RUNもRIDEも熱中症注意ですね!
バイクでは、昔から良く通ったツーリングコース秩父界隈…


そこでフルマラソンしてしまうと云う大会です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


高麗神社から、芦ヶ久保迄、累積高低差1413メートルって、ランニングと云うより山登り…


フルマラソンベストタイムから1時間足し位になるらしいので、練習と割り切って、4時間30分位目標にしました。


イメージ 4

イメージ 5



高麗川迄は結構近くて電車で2時間かかりませんでした。

7時に高麗神社について、準備運動〜ウェーブスタートしたのは、8時位〜



7.5キロの最初のエイドまでは、激坂登り一辺倒…( ;´Д`)



早速、奥武蔵の洗礼を受けます。



それからは、遥か下界を見ながら、アップダウンの繰り返し…




せっかく登ったのに下るの勿体ないわ〜






とか思いながらも、下りで呼吸整えないと
激坂で昇天してしまう…




下りは、自分が白樺の木になった感じで、心地よく地面から反発もらって走れるんですが、登りは歩くのに毛が生えたスピード…



10キロのエイドでは、早速、ランチパックや、アンパンを貰います。



多分、世界一美味しいランチパックだわ。






身体に速攻で吸収され、また登り地獄…




顔振峠〜高山不動尊〜登っては少し下り、




峠道をアウトインアウト〜




登りは、15キロ位から一緒に走った若いランナーとチキンレース…( ;´Д`)





半ば、意識もすっ飛んで、登りは捨てて、下りは重力を利用して転がり落ちる…





若いランナーは、小柄だから下りが若干遅い、登りは、やや彼の方が早い…




刈場坂峠のエイド前の下りで突き放し、
今回新設になったコースに入ります。



下りで気持ち良く下っていると、喘きながら登ってくる先行していたランナーとすれ違います…




あ、これ、



下りきって登らせるヤツだ…




下り、早く終わらないかな…



2キロ位下りきって、また刈場坂峠まで激坂登り…




ようやく登り切って、30キロ、刈場坂峠エイド…





ここから35キロの県民の森エイド迄は緩やかな登り…



足も上がらなくなり、若いランナーにも抜き返され、またまた30キロの壁か?



と、思いましたが、身体は足攣りもなく
怠いながらも動いているので、淡々と登りに登り、35キロの県民の森エイドに〜





エイドでうどん食べて、エイドの係りの人に、これから7キロ、ゴールまで、下りだよ〜\(^o^)/





と、励まされ、急坂を下り、下り、下り、どんなに下っても終わらない下り。






前のコーナーに吸い込まれる、先行するランナー〜





あ、バイクで峠攻めてる感覚に似てる…




ブレーキング遅らせて、コーナー…




ではなく、前モモの筋肉でブレーキかけないように、体幹で衝撃吸収、飛ぶようにして、坂を下る。



いや〜面白いわぁ〜




坂も終わりかける所で、追いかけていた2人のランナーを差し切り、ガーミンみたら、サブ4出来るんじゃないの?





イメージ 6

イメージ 7



で、芦ヶ久保小学校にゴール〜




3時間47分で、サブ4達成。





イメージ 8




凄く面白く、エイドも最高、手ぶらで走れるフルマラソン…





来年も出るぞ〜





イメージ 9



芦ヶ久保で、ツーリングのバイク達…






お前は、こちら側の人間ではなくなったのか…





いいえ、両側を知った人間です!






生身の自分の身体で峠攻めるのも面白い。





芦ヶ久保から、秩父にでて、


イメージ 10



温泉入って、お土産買って〜




イメージ 11




なんか凄い西武特急乗って〜




イメージ 12

酒飲んで、寝落ち〜




楽しい休日。



不思議にあまり身体にダメージなく、
少しは強くなったかな?
またまたランネタですみません。



今日も、絶好のバイク日和でしたが、息子の剣道もありまして、自分の時間が出来たのは、18時過ぎ…





先週の、奥武蔵グリーンラインチャレンジでぶっつけ本番で履きました、スケッチャーズ GO RUN RAZOR3ですが、平地でのパフォーマンスはどうか?

イメージ 4





と、いう事で、5キロ閾値走をしてみました。

イメージ 1

イメージ 2



こんな感じで、水戸街道千葉〜茨城の県またぎ5キロコースですが、前半はアップダウン、後半は、橋上の風もあり、20分は切れませんでした。



昨日、30キロペーランした疲労もありましたので、サブ3.5のアラ50のオッさんが履いてこのぐらいのパフォーマンスがでます。



因みに重さは…

イメージ 3




ナイキのZFFKは…


イメージ 5



役、56グラムの差。





フルマラソン約36000歩、56グラム✖36000は、約2000キロ、



約2トン、余計に足に負担がかかっている。シューズの重さはフルマラソンには大きな武器。




奥武蔵グリーンラインチャレンジでも、足全然疲労感なし、足攣りも全くなし。





感じとしては、ペガサス35を軽くした感じ。






あと、安定性は、GT2000よりある。
ナイキのズームフライ系の足首痛めるかも感とは対極。






全くぐらつかない、







ただ、反発は、ZFFKと比較して、あまり無いので、ZFFKの方が、シューズに助けられて前に進む感じはあるかな…




ターサーの反発あるけど、足壊すよ…




みたいな感覚はなし、足にはとても優しい。奥武蔵の下りも思いっきり反発もらって下っても、足に負担なかったし、クッション性は抜群だと思う。






値段も、ヴェイパーフライの半分以下、ZFFKの特売価格と同じ。軽さと、クッション性、安定性、スピードも出せる、アッパーのフィット感も良い。




スケッチャーズ=子供向け…




とか、全然間違っている。




今シーズンはこれで行こうかな〜




バイクで例えると、CBR600RRをアップハンにした感じか…
様々な情報が容易く手に入るこの世の中〜




ゴールは同じでも、プロセスは真逆な事って多々あって…





情報が溢れているからこそ、自分にとって有益かつ、目標を最短距離で達成する情報ってなに?




とか、仕事柄考えるんですが…




例えば、某雑誌のネ○ケンさんと、ナシ○本さんの云うライディングテクニックは真逆で、もっと言えば、浅○スピードさんは、逆操舵入れろ!
とか言いますよね…






それと同じで、市民ランナー界でも、様々なランニングフォームの情報が溢れ、半ばビジネス化しているんですが…








この本で、完結すると思う。

イメージ 1






目からウロコをだわ〜




イメージ 2




子供向けだけど、中高大と陸上部経験なしの大多数の市民ランナーは、イロハのイが誰からも教えてもらってないんだよね…




バイクの場合、教習所で、操作の基礎は学ぶでしょ?






走るのって、誰でも出来るんだよ。




でも、効率良く、速く、疲れず走るって、殆どの人ができない。






バイクは、イロハのイを教習所で教えてくれないと、路上で、バイクを扱えない。





このマンガ、少し高いけど、記録を伸ばしたい市民ランナーは、た○読みでもいいから読むべし。新刊だから今なら本屋にあるよ。




と、云う事で、昨日の奥武蔵グリーンラインチャレンジは、また別にアップします〜




バイク海苔の方々には、関係の無いネタが多くすみません〜

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事