ここから本文です
R249のブログ
AMA SUPER BIKE!

書庫全体表示

トヨタの社長さんが

イメージ 1




終身雇用は難しい…



と、おっしゃったのは、5月の初め。




あの、トヨタ自動車が…




と、思った方も多かったと思いますが…





先日ホリエモンの動画を見ていて、ホリエモンの説明に関心しましたので、ブログに書いているのですが…




ホリエモン曰く、車なんて、ハブモーターとバッテリー、制御コンピュータがあれば出来てしまう〜




そうすると、恐ろしい程部品点数が少なくなる。




系列の部品会社含めて、産業革命に匹敵する社会変化がある時代になる可能性大。






かつて、時計がそうだったように…

イメージ 2




精密な機械式時計は、スマホの中の時計に、精度、機能全て負けますし、GPS時計なんて、日々の健康管理迄やってくれます。





イメージ 3

こういう車こそ車…



とか思う輩は、全体から見れば、圧倒的少数派。




スープラ復活して、ニュル走るCM流しても時代の流れは変えられない。





今常識の産業構造内で生きていく事は今後リスクにしかならないのかも知れません。




んで、今流行りなのは、「起業」ですよね。初期投資の掛からない企業。
ソーシャルメディアに情報をアップする、アフィリエイトで稼ぐ…

も、以前のインチキ臭いのから、ガチでアクティブに情報を発信しながら稼ぐ…


に変化している。


例えば、どんなに美味しいラーメン屋企業しても、提供出来るラーメンの杯数で、ビジネスの規模が決まる。



情報発信ビジネスは、コンテンツを一つ作れば、ゼロから1000万迄、ビジネスの幅が全く違う。



だから、現代社会に於る企業って、情報発信ビジネスがおおいと思うんだけと、
んじゃ、なんの情報を発信すればいいの?





最近思うのは、今まで、その道では、門外不出的な情報を簡単にYOUTUBEにアップして、再生回数が伸びる的な人が多いと思うし、成功の法則になっていると思う。




極論を言えは、手品のタネあかし動画とか、マジシャンからすれば絶対アップしない内容だけど、そういうのもアップされている。



私の趣味、バイク弄りも、沢山の動画があり、バイク屋さんを困らせていると思う。





昔なら、バイク屋さん達だけの修理のノウハウとか、平気でアップされてるしね。




ランニングも、競合陸上部とか、オリンピック選手のコーチング理論とか、普通にアップされている。




こういう、その道を極めないと手に入らなかった情報をその業界人が惜しげもなく、白日の元に晒せば、再生回数はうなぎ登りになる事と思う。



もし、その通りに出来なかったとしても、
知っている事が満足感に繋がる…




私も、ランニングで痛くなった箇所を、グーグル先生で調べ、痛くならないランニングフォームと、身体のメンテナンスの仕方などネットで調べるようになってから、一気にケガが少なくなり、ベースタイムも上がりました。





ある意味、これって、既存の産業に対する下克上だよね。






その道の大手企業も、
「社内SNS禁止」








とか、言っていたら、間違えなく、その会社は、5年で潰れるよ。




私に限らず、20年以上その道で働いてきた人間なら、その道の有益かつ、一般の人が驚く内容なんて幾らでも持っているだろう〜


それを社内の共有財産化して、世の中に配信していくくらいの
頭の柔らかい経営者がいる会社が生き残るのでは?




個人ノウハウ(会社で付けてもらったのも含む)をYOUTUBEに上げる…



新しいビジネスモデルと思うのだか…

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事