橋専科のBLOG

新旧美しい橋・土木遺産・親柱のオブジェ・地蔵燈籠道標がある橋・名前がユニークな橋・人名のついた橋・歴史を物語る橋など。

全体表示

[ リスト ]

滝宮橋

 橋名:滝宮橋
 道路名:香川県道282号(旧国道32号)
 川名:綾川
 住所:香川県綾歌郡綾川町滝宮
 種類:上路開腹アーチ橋・桁橋(5径間でアーチ橋部は3スパン、西側桁橋部が2スパン)
 橋の材料:鉄筋コンクリート
 規模:長さ91,50m、幅5,5m(アーチ部支間22,50m、桁橋部支間12,0m)
 歩道の有無:川下側(後付)
 竣工月:昭和8年(1933年6月5日)
 高松と琴平を結ぶ交通の要所に架けられた、戦前では香川県内唯一の開腹アーチ橋であり、凸型のモルタル製の凝った意匠が連続する高欄があり、橋の両端に花崗岩の親柱が各アーチの天端上の高欄のもやや小さな親柱が配されている。親柱は灯籠をアールデコ調にアレンジしたような形状で門前町であり金毘羅街道の宿場町である滝宮の特性が良く反映されている貴重な橋です。
  平成23年度選奨土木遺産認定
 文はウィキペディア&香川県立図書館蔵香川県教育委員会著『香川県の近代化遺産』&綾南町誌などより転載しました。
 写真は2010年5月6日・2010年5月12日・2012年7月23日撮影
 場所は、ワイワイマップ『橋(Bridge)専科map』にスポット投稿します。
 周辺観光スポット 滝宮公園(桜)、滝宮天満宮
 
琴平方面から
イメージ 1
 
高松方面から
イメージ 4
 
西南の親柱
イメージ 5
 
東南の親柱
イメージ 6
 
川上側(旧あやばし跡・川床欧穴奇岩)
イメージ 7
 
川下側(府中湖)
イメージ 8
 
アーチ橋部分
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
桁橋部分
イメージ 2
 
イメージ 3
 

閉じる コメント(4)

顔アイコン

80歳近い橋、蔦が絡み歴史を感じさせます〜
土木遺産なんですね〜建築様式珍しいですよね〜
ナイス!

2012/8/22(水) 午前 6:41 ひとりしずか 返信する

顔アイコン

ひとりしずかさん、古い橋がだんだん少なくなって来ていますのが残念です。今年も金毘羅の大宮橋が架け替えられました。石積みの橋脚も無くなりました。
この橋も風化が酷いので無くなるかもしれません。
ナイス!ありがとうございます。

2012/8/23(木) 午前 9:44 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
欄干や親柱が特徴的でいいですね! これだけ立派な親柱が取り付けられているということはやはり重要な道路の橋として架けられたのですね。
横にある歩道が少々残念ですが・・・まあ橋の役目としては仕方ないですね。

2013/2/26(火) 午後 8:03 [ 磯祇 ] 返信する

顔アイコン

磯祇さん、金比羅街道の中間地点で宿場町であったようで意匠にも凝ったのでしょうね。灯篭の役目もあったのでしょうか。

昔の街道の脇に歩道用の橋も架けられたのですが、少し離れていて使いかってが悪かったようです。

2013/3/3(日) 午後 4:39 [ ロッキー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事