atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

8月の家族たち

2013年作品、ジョン・ウェルズ監督、メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ出演。
 
ベバリー・ウェストン(サム・シェパード)はジョナ(ミスティ・アップハム)という、メイドを雇った。 彼女には、一室をあてがい、食事の世話と、妻・ヴァイオレット(メリル・ストリープ)を病院に連れて行ってもらうことを頼んだ。 ネイティヴアメリカンの彼女は真面目で従順だった。
2階からヴァイオレットが降りてきた。 ろれつが回っていない感じで、ベバリーやジョナに絡み始める。 疲れた表情のバベリー。 彼は言う 「自分はアルコール中毒で、妻は薬中毒だ」
バーバラ(ジュリア・ロバーツ)のところに電話がかかってきた。 妹の三女アイヴィー(ジュリアンヌ・ニコルソン)からだった。 父が行方不明になったという知らせだった。そしてバーバラは、別居中の夫・ビル(ユアン・マクレガー)と娘のジーン(アビゲイル・ブレスリン)と一緒に久しぶりに実家へと向かう。
近くに住んでいるアイヴィーはもう家にいた。 そして叔父のチャーリー(クリス・クーパー)と妻でヴァイオレットの妹のマティ・フェイ(マーゴ・マーティンデイル)が到着する。 そしてその後に来たのは、次女カレン(ジュリエット・ルイス)と婚約者のスティーブ(ダーモット・マローニー)だった。
家族たちは、またしばらくしたら帰ってくるのではと楽観的なことを言うが、なぜかヴァイオレットはもう帰ってこないようなことを言うのだった。
母・ヴァイオレットは、重い病・口腔癌を患っているが誰よりも気が強く、いつでも真実を言うのが正しいと信じている毒舌家。 一方、美人で聡明、母親譲りの気質を持ったバーバラは、夫の浮気と娘の反抗期に悩んでいた。 何事にも不器用なアイヴィーは、結婚もせず、地元に残って両親の面倒を見る毎日。 婚約者を伴ってきたカレンは、ある不安を抱えていた。
しかし父の消息はほどなく分かった。 誰も乗っていないボートが見つかった。 そして父の変わり果てた姿が見つかったのだった。 自殺か事故かわからないが、バーバラは悲しみで立てなくなってしまう。
そしてほどなく葬儀が始めるのだった。 しかし問題を抱えた家族たちは、そんな父の葬儀の後、だんだん気まずく なっていくのだった…
 
豪華俳優陣の競演。 さぞかし賑やかで、華やかな家族が出来上がるのでは? いやー何とも痛い映画でした。
冒頭から、父の告白のようなナレーション、すでにこの老夫婦は病んでいるのです。田舎町にたった二人で住んでいるアルコールを手放せない男と、癌を患って食事のように薬を飲み続ける妻。
すでに末期的な状態です。 そして三女は近くにいるにしても、基本二人きりの生活、もう崩壊しているんですね。
親たちだけでなく、娘たちの生活も問題点だらけ、特に長女のバーバラは、気が強く事あるごとに威圧的になってしまいます。 ちょっとのことも我慢できない性格、これだけでも辛いですね。
この後叔父夫婦の一人息子が遅れてやってきます。 なんと“リトル”・チャールズ・エイケン役はベネディクト・カンバーバッチなんですね。 まあどこから見てもダメ男、意外な役でしたが、実はこの彼が大きなカギを握っていたんですね。
この作品は感動作ではなく、今までなんとなく隠されていた家族たちの触れてほしくないことが、父の失踪、死亡からすべてが浮き彫りになっていくという悲しく辛い作品です。 救いもなくひたすら傷痕だけ残して作品は終わっていきます。 寂しい物語ですね(G)
 
イメージ 1
聡明で美人だが、妥協を許さない長女・バーバラ
 
イメージ 2
良く似た母・ヴァイオレット
 
イメージ 3
父の死の報が入った
 
イメージ 4
父の葬儀が終わり3姉妹が揃う
 
イメージ 5
そして食事の前に
 
イメージ 6
バーバラ夫婦の現状を言い当てるヴァイオレット
 
イメージ 7

閉じる コメント(18)

この映画はもうレンタルできるのでしょうか?
公開時はどうにも騒々しい映画のようで食指が動かなかったのですが、DVD化されたら観たいと思っていました。
カンバーバッチさんのヘタレぶりに大いに興味をそそられます。

2014/9/27(土) 午前 9:07 じゃむとまるこ 返信する

顔アイコン

こんにちは。

父の失踪、死亡と家族が関係して家族の崩壊を描いた作品なのですね?
家族たちの触れてほしくないことが何なのか気になりました。
豪華な俳優達の出演だけに暗く病んだ家庭の崩壊を演じる辛く悲しい表現力ってのも見所かもしれませんね?

2014/9/27(土) 午前 10:36 [ 青い鳥♪ ] 返信する

アバター

こんにちは☆
ベネディクトは、注目の俳優さんです。
この作品でも、彼の存在感が重要でしたね。

よろしければ、TBよろしくお願いします。

2014/9/27(土) 午後 0:49 [ yutake☆イヴ ] 返信する

じゃむとまるこさん
DVD発売直前ですから、レンタルもまもなくでは?すごい贅沢なキャストですが、3姉妹と強烈な母とのぶつかり合いが痛い物語です。カンバーバッチの演技は面白かったです。

2014/9/27(土) 午後 2:50 atts1964 返信する

青い鳥さん
辛い物語ですが、みいってしまいます。最後に明かされる事実が実に辛いんですよ。感情にぶつかり合いの迫力も見ものです。

2014/9/27(土) 午後 2:52 atts1964 返信する

イヴさん
そうなんですよね。彼の存在感が重要でしたし、物語の大きな衝撃部分でしたね。
TBありがとうございました。

2014/9/27(土) 午後 2:55 atts1964 返信する

顔アイコン

豪華キャストが気になって、チラシを持って帰った記憶があるのですが、いつの間にか公開されていたようで見逃してしまいました。
ちょっと悲しい物語のようですが、いつか見ようと思います。

2014/9/27(土) 午後 3:38 [ エックスハイト ] 返信する

顔アイコン

エックスハイトさん
キャストは凄いです。でも豪華さよりも、感情の高ぶり、ぶつかり合いが凄いですよ!

2014/9/27(土) 午後 6:46 atts1964 返信する

アバター

舞台版はもっとエンディングが暗いという噂です。
これブラック・コメディになる様ですが、笑えないですよね。
でも見応えはありました。
こちらもTBさせてくださいね。

2014/11/10(月) 午後 11:17 木蓮 返信する

顔アイコン

木蓮さん
これ舞台だと迫力あるでしょうね!震えが来るくらいじゃないでしょうか?
さらに暗いエンディングだと、見終わった後、辛そうですね(^^)
TBありがとうございました。

2014/11/11(火) 午前 7:49 atts1964 返信する

顔アイコン

本当に、重くて痛くて・・・でも見入ってしまう作品でしたよね。
役者さん方の演技も光ってかなりの秀作だと思いますが、
どんより暗くなってしまいます・・
TBお願いします(^^)

2014/11/28(金) 午後 7:22 [ ロゼ ] 返信する

顔アイコン

> nekonekoさん
確かに観終わった後の暗さは…
でも、姉妹たちと母のバトルの迫力が凄かったですね。
TBありがとうございました。

2014/11/28(金) 午後 8:16 atts1964 返信する

身内を亡くしたあとというのは家族の問題が噴出しやすいときではあるようです。私の夫は僧侶なので、そういう修羅場みたいなものをたくさん見ているそうです。どこの家庭にも問題の一つや二つはあるでしょうが、ここまで痛い家族にはなりたくないものです。
こちらからもTBお願いします。

2015/4/8(水) 午前 11:14 オネム 返信する

> オネムさん
まさにうちの祖母が亡くなったときには、そういうことが
起きました。映画ほどではなかったですが。私の世代に影響がなければと思います。
TBありがとうございました。

2015/4/8(水) 午後 1:43 atts1964 返信する

顔アイコン

サム・シェパードが老いてしまっていたのに吃驚としました。
TBお返ししますね。

2015/7/6(月) 午後 8:46 [ ひろちゃん2001 ] 返信する

顔アイコン

> ひろちゃん2001さん
本当にそうですよね。でもそれはリアルな配役になっていましたね。
TBありがとうございました。

2015/7/6(月) 午後 9:36 atts1964 返信する

顔アイコン

fpdさんのところからきました。壮絶な家族のお話でした。特にメリル・ストリープとジュリア・ロバーツの母娘の毒舌に圧倒されました。TBさせてくださいね。

2017/9/18(月) 午後 10:02 シーラカンス 返信する

顔アイコン

> shi_rakansuさん
舞台劇でしたね。映画でこれをやると、結構きつかったです。
TBありがとうございました。

2017/9/19(火) 午前 8:14 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事