atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

2013年作品、イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン監督、オスカー・アイザック主演。
 
1961年、NYのグリニッジ・ヴィレッジ。 ライブハウスで歌うフォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィス(オスカー・アイザック)。 彼の歌声は、独特の響きがあり、聞いているものには確かに響く。 歌い終わると、客たちの反応は良い。
彼は今まで二人でやっていたが、今はソロになっている。 歌い終わると支配人のジム(ジャスティン・ティンバーレイク)は客の反応が良いと言い、裏に客が来ていると言われる。 裏口から出てみると、帽子をかぶり顔は暗くて見えないが、男が話しかけてきた。 そしていきなり殴られ蹴られた。いったいなぜ?
まだマスコミもレコード会社も成長途上にあった1960年代。 ニューヨークにあるグリニッチ・ヴィレッジのミュージック・シーンは活気に満ちていた。 シンガー・ソングライターのルーウィンはここのライブハウスで歌い続けているが、なかなか売れず、音楽で食べていくことを諦めようかとの思いが頭に浮かぶこともある。
今日の寝床はゴーフィン(イーサン・フィリップス)の住んでいるマンションだった。 もう彼はいなかったのでお礼をメモ書きにして、荷物を持って出ようとした瞬間、飼いネコも一緒に出てきてしまった。 オートロックで締まってしまったので、一緒に行くしかない。 電車に乗って、彼が所属しているレガシーレコードに、レコードが売れた分のギャラを貰いに行った。しかしなんかはぐらかされて、ギャラは貰えずじまいだった。
この猫をどうしよう、そう思ったルーウィンは歌手仲間の二人組のジム(ジャスティン・ティンバーレイク)とジーン(キャリー・マリガン)のデュオ宅に向かう。
しかしジーンから衝撃的な話を聞く。「私、妊娠したの」ルーウィンの子だと言われる。 たった一度間がさしたときにできたというのだ。 もちろんジムには言っていない。 そこで、金を工面しなくてはならなくなった。
その夜トロイ(スターク・サンズ)が泊りに来た。 彼は軍役期間だが、休みの日に歌いに来たのだった。 ジムとジーンと3人での歌声は綺麗だった。その夜ルーウィンは床で、トロイはソファで寝、翌朝起きて、二人が話をしているとき、猫が逃げてしまった。 ゴーフィンに忙しくて返せないからちょっと待ってほしいとすぐに連絡するが、困ったことになった。
中絶の金がなく、猫も無くした、八方ふさがりのルーウィンにジムから仕事の依頼が来る。 そしてそこで出会ったアル(アダム・ドライバー)からシカゴに行くなら同乗するか?と誘われる。 そうシカゴにはレガシーレコードの社長が、レコードを送ったという大手のライブハウスがあるのだ。
そこの支配人・バド・グロスマン(F・マーリー・エイブラハム)に会いに行くことを決めるルーウィンだが・・・
 
コーエン兄弟の作品を見るのは初めてですね。 いつか見ようと思っていた作品は多いのですが、なんとなくそのままになっていました。
今回ギンレイで新作の今作がかかったので見れた次第です。
レコードがかかり始めたこの時代、フォークソングが上っていく時代ですね。 ラストシーンに若き日のボブ・ディランが映ります。 そんな時代だったんですね。 ルーウィンのモデルは、1960年代グリニッジ・ヴィレッジのフォーク・シーンの中心的人物だったフォーク・シンガー、デイヴ・ヴァン・ロンクということです。
これから歌で生きて行こうという若い歌手たちの歌声は綺麗なんですね。 口パク?生歌?正直わからなかったんですが、どうやら生歌みたいですね。 サントラを聞かねば!
しかし物語は、何から何までうまくいかない、売れないシンガーの話なんですね。 どうして彼はソロのなったのか? この後出てくる太った同乗者に彼が打ち明ける話が、彼の闇の部分を映し出します。
キャリー・マリガンが唯一清涼剤のような可愛さを発揮していますが、ルーウィンに浴びせる言葉は、可愛い顔してよくそこまで、と思ってしまいます(^^)
救いのないどんよりとした話ですが、対照的な歌声の美しさが対比となっており、独特の世界を醸し出している作品でした。(G)
 
イメージ 1
猫がついてきてしまった
 
イメージ 2
私妊娠したの
 
イメージ 3
ジムとジーンのデュオ
 
イメージ 4
アルに話を聞く
 
イメージ 5
シカゴまで行くことになった男
 
イメージ 6
そしてもう一人
 
イメージ 7
そして
 
イメージ 8
そして今日も
 
イメージ 9

閉じる コメント(14)

この映画、映像美に痺れました。
コーエン兄弟は好みがありますね〜、私は「ビッグ・リボウスキ」ですっかり信者になりましたが、友達はダメだったようです。

2014/11/12(水) 午前 10:08 じゃむとまるこ 返信する

顔アイコン

> じゃむとまるこさん
物語としては、もがいている男の辛さが充満していましたが、映像の綺麗さと、今回は各歌い手の生歌と、上手さが際立っていますね。
数本、監督作品を見てみたいですね。

2014/11/12(水) 午前 10:25 atts1964 返信する

ああいう古いお店で500マイルだの
村上春樹氏の本のフォークソングライブに聞き入りたいです。TB。

2014/11/12(水) 午後 7:10 [ リュー( ryu) ] 返信する

顔アイコン

> リュー( ryu)さん
物語は辛かったですが、あの60年代のライブハウスは良いですよね〜
TBありがとうございました。

2014/11/12(水) 午後 7:57 atts1964 返信する

顔アイコン

こんばんは。
フォークシンガーのお話なんですね?
音楽が楽しめそうな映画なので興味深いです。
くわえタバコの写真がカッコイイですね^^)

2014/11/12(水) 午後 8:11 [ 青い鳥♪ ] 返信する

顔アイコン

コーエン兄弟の映画は独特すぎて、大嵌りした映画と全く受け付けなかった映画と私は両極端な感じになってますね。
この映画は初めて知りました、いつか見てみようと思います!

2014/11/13(木) 午前 7:24 [ エックスハイト ] 返信する

顔アイコン

> 青い鳥♪さん
お話は男としてどうかと思いますが(^^)歌声、ハーモニーがめちゃめちゃ綺麗でした!
サントラダウンロードしようと思ってます。

2014/11/13(木) 午前 7:41 atts1964 返信する

顔アイコン

> エックスハイトさん
確かに作りが独特な個性を感じました。
そろそろクリスマス作品を見始めるころなんですが、確か監督作品にあったようなので、今年はチョイスしようかと思っています。

2014/11/13(木) 午前 7:43 atts1964 返信する

顔アイコン

アメリカンのフォークもあったんだなあと驚きました。カントリーとかジャズやロックは馴染みがあるけどね。
才能あるサイテー男という感じでしょうか。
後から認められるタイプなのでしょうね。
トラバお願いします〜

2014/11/20(木) 午後 9:10 ベベ 返信する

> ベベさん
才能あるサイテー男でしょうね(^_^)
でもそれは、アーティストとしてはありですよね。本人は辛いでしょうが、物語は面白くなります。
サントラをダウンロードしましたが、聞き応えありますよ♪

2014/11/20(木) 午後 9:39 atts1964 返信する

アバター

雰囲気はあるんですけどね、感情移入は出来ませんね。
ロードムービーっぽいところは好きでした。
こちらもTBさせてくださいね。

2015/12/24(木) 午後 10:32 木蓮 返信する

顔アイコン

> 木蓮さん
これがコーエン兄弟のタッチなんですかね?
初体験の監督作品でしたが、嫌いではない雰囲気でした。
TBありがとうございました。

2015/12/25(金) 午後 4:23 atts1964 返信する

顔アイコン

映像美、きれいな音楽、良かったですよね。

ニャンコに、もう少し愛を!と思いました・・・
車のドア閉めた時「えっ!」って声でちゃいましたw
TBお願いします m(_ _)m

2016/2/22(月) 午後 9:01 [ ロゼ ] 返信する

顔アイコン

> nekonekoさん
猫愛は足りなかったですね〜
でも、こういう世界観は好きな作品でした。
TBありがとうございました。

2016/2/23(火) 午前 8:34 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事