atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

逃亡者

1993年作品、アンドリュー・デイヴィス監督、ハリソン・フォード、トミー・リー・ジョーンズ出演。

シカゴの著名な外科医リチャード・キンブル博士(ハリソン・フォード)は、富と名声に恵まれた順風満帆の人生を送っていた。 ある夜緊急手術を終えて帰宅してみると、家から見知らぬ片腕の男が飛び出して行き、中では妻ヘレン(セーラ・ウォード)が倒れていた。 虫の息の彼女はキンブルの腕の中で息絶えた。
しかし彼は容疑者にされ、シカゴ警察は初めから彼が犯人という方針の捜査をするのだった。 裁判での証拠は、妻が最後にかけていた電話だった。 リチャードと何回か叫び、死にたくない、この声が決め手だというのだった。
片腕の男が犯人だと主張するのだが、彼には死刑判決が出てしまった。
州立刑務所へ身柄を移送される護送車は、数人の囚人と一緒だった。 しかしその中の一人がいきなり呻きだし口から泡を吹き始めた。 慌てて前の座席から警察官が来ると、男は一転隠し持っていたナイフで警官を刺した。 すぐに別の警官がショットガンを出し、男は射殺されたが、別の囚人が飛びかかり、運転席に流れ弾が当たり、車は崖から転落をする。
息のある者は脱出するが、リチャードは医者ということもあり応急処置をするため鍵を外されるが、車が落ちたところは線路の上、前から列車が近づいてきていた。
警官や、動ける囚人たちはすぐに逃げ出すが、怪我をした囚人を見捨てられないリチャードは、その男を抱え上げて何とか脱出する。
列車と車がぶつかり、列車も脱線、大事故になるが、それに乗じてリチャードともう一人の囚人が逃亡した。
一方キンブルの逃走を察知した官憲は、ジェラード連邦保安官補(トミー・リー・ジョーンズ)を捜査の最前線に配置する。 傷を負ったリチャードは、途中で服を拝借し、なんとか病院にたどり着くと、裏門から侵入し、慣れた手つきで腹部の傷を縫い合わせ、病院でさらに服を着替え、救急車で脱出する。 髭も剃って一見わからなくするが、担ぎ込まれた一緒だった囚人に姿を見られ、彼の逃亡がわかってしまう。
ジェラードは救急車で逃げるリチャードをトンネルで追い詰めるが、彼は下水道に逃げ込む。 しかしさらにリチャードは、ダムの排水溝に追い詰められる。 万事休すと思った瞬間、リチャードは巨大ダムに飛び込むのだった。果たして彼の運命は…

元のドラマはテレビ版なんですね。そのリメイクとして映画化されたのですが、ハリソン・フォードと、トミー・リー・ジョーンズのおっかけっこが面白いですね。
有能な医者だけあって、常に先を読みながら逃げていく、逆にジェラードはとにかく、愚直に追っていく戦法。連邦捜査官ですから、脱走死刑囚を捕まえることに専念していくんですが、このダムのシーンの時にリチャードが無実を訴えたとき、ジェラードは「しらん!」というんですね。
真犯人を捕まえる役目ではないという強い意志の現れですが、その役目のシカゴ警察の無能さがどうしようもないんですね。
犯人は、実行犯と、それを指示した男二人ですが、それを突きとめるのもリチャード本人、なかなかタフな二人の男の物語です。

イメージ 1
妻殺しの汚名を着せられた

イメージ 2
キンブルは医師

イメージ 3
死刑判決を受けるが、事故で逃亡

イメージ 4
真犯人を探ることに

イメージ 5
犯人は片腕の男

イメージ 6

閉じる コメント(26)

10年位前だと思ったら
20年以上なのですね〜〜! ダムと
コーヒーを飲むボス警部(笑)

2015/3/13(金) 午後 8:46 [ リュー( ryu) ] 返信する

顔アイコン

> ばいきんダディさん
二人が今観ると若いですね。堅物のトミー・リージョーンズが何とも良かった。

2015/3/13(金) 午後 9:57 atts1964 返信する

顔アイコン

> ryaneさん
確かに今観るといろいろあらは見えますが、そんなことは気にならない良い出来ですね。個性豊かなチームが続編に繋がっていくところが良いですね。

2015/3/13(金) 午後 9:59 atts1964 返信する

顔アイコン

> エックスハイトさん
「追跡者」も結構面白かったです。
厳格で頑固者役がトミーにピッタリでした。

2015/3/13(金) 午後 10:07 atts1964 返信する

顔アイコン

> alf's momさん
これドラマにしたらスリリングでしょうね。どれくらいの連続物なのか?もちろん未見ですが、いまリメイクしたらどうなるんでしょうね。
映画だとコンパクトになっているんでしょう。

2015/3/13(金) 午後 10:08 atts1964 返信する

顔アイコン

> リュー( ryu)さん
昔刑事、今は宇宙人ですか。
堅そうな感じは変わりないですね(^^)

2015/3/13(金) 午後 10:09 atts1964 返信する

顔アイコン

ハリソン・フォード、なんか墜落しましたよねぇ?大丈夫なのかしら?(笑)トミーリージョーンズとの共演なんて夢のようですよね・・・2人とも、もっと”色物”行っちゃうのかと思いきや、やはりハリウッドの名優はひと味もふた味も違いますなぁ〜渋い!!

2015/3/14(土) 午前 2:41 takashimatsudairaplus 返信する

顔アイコン

> takashimatsudairaplusさん
もう今は何をやらせても安定感がありますね。
ハリソン・フォードはスターウォーズがありますから、スペースオペラで、トミーと共演なんてね(^^)

2015/3/14(土) 午前 6:45 atts1964 返信する

顔アイコン

これ、途中まで面白かったのだけど、最後のほうはつまらなかった記憶があるんですけど・・・
コメント欄では面白そうだから私の気のせいかしら?笑

ほんとハリソン、飛行機で墜落しちゃって容態は回復したのかしら?

2015/3/14(土) 午後 3:30 ベベ 返信する

顔アイコン

これは面白い作品ですよね。
何年たっても好きな作品の上位にいます。
私もドラマ版を観たいとは思っているのですが・・・
本当、DVDとかにならないかしら?

2015/3/14(土) 午後 3:30 [ ロゼ ] 返信する

顔アイコン

> ベベさん
テンポ感が最後まであると思いますが、べべさんが感じたのは、おそらくハリソン演じるキンブルが、逃げているのにそつがないからではないでしょうか?
余裕が結構ある逃亡者なんですが、それは彼の今までの仕事ぶりから来ると思います。
不時着は結構パイロットが見事だったという設定でした。まあありえないところが映画ですが(^^)

2015/3/14(土) 午後 10:42 atts1964 返信する

顔アイコン

> nekonekoさん
昔の原作ドラマ、見たいですよね。古臭いかもしれませんが、味わいがあるのではと思い、私も見たいです。

2015/3/14(土) 午後 10:43 atts1964 返信する

顔アイコン

おっさん世代はこの主役、キンブル博士はデビッド・ジャンセンでしたねぇ〜、まだテレビ画面もモノクロでしたっけ、、毎週緊迫の一時間でした。

2015/3/16(月) 午前 8:27 guch63 返信する

顔アイコン

> guch63さん
さすがにドラマは見ていない世代なんで(^^)120話あるんですね。
ものすごい視聴率だったと聞いています。

2015/3/16(月) 午前 8:46 atts1964 返信する

これも面白かった。

2015/3/17(火) 午後 5:41 [ 還暦とうさん ] 返信する

顔アイコン

> 還暦とうさんさん
2大スター共演でも、珍しい組み合わせでしたね。

2015/3/17(火) 午後 7:20 atts1964 返信する

顔アイコン

やっと記事を書きました。
TBよろしくお願いします<(_ _)>

2016/3/10(木) 午後 6:24 ryane 返信する

顔アイコン

> ryaneさん
追いかけるほうも役者がそろっていて、面白かったですね。
TBありがとうございました。

2016/3/11(金) 午前 8:13 atts1964 返信する

顔アイコン

映画版では、トミー・リー・ジョーンズの追跡が執拗でした。

TBお返しします。

2016/9/26(月) 午後 8:43 fpd 返信する

顔アイコン

> fpdさん
淡々通って行く、トミー・リー・ジョーンズに凄味がありましたね。
TBありがとうございました。

2016/9/27(火) 午前 8:29 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事