atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

第9地区

2009年作品、ニール・ブロムカンプ監督、シャールト・コプリー主演。

28年前、正体不明の巨大宇宙船が突如、南アフリカ共和国に飛来した。 しかし、そのUFOは首都ヨハネスブルグ上空に浮かんだまま、まるで動こうとしない。 痺れを切らした南アフリカ政府はヘリコプターで偵察隊を派遣。 船内で彼らを待ち受けていたのは、不衛生で弱り果てたエイリアンの群れだった。 彼らは故障した宇宙船に乗った難民だったのだ。
処遇が決まるまで、エイリアンはヨハネスブルグにある第9地区の仮設住宅に住まわされることになる。 だが、言葉も通じず、野蛮で不潔なエイリアンたちが一般市民と折り合いがつくはずもなく、彼らは下級市民として蔑まれる。
何の進展もないまま月日が流れ、エイリアンの管理事業は民間企業マルチ・ナショナル・ユナイテッド社(MNU)に委託されることになった。 軍事企業でもあるMNUの傭兵部隊によって、力による平和が訪れるかと思われたが、MNUが彼らの世界に介入することはなく、第9地区はスラムと化していく。
市民とエイリアンの対立が激化したことを受けて、MNUは第9地区から郊外にある第10地区へ彼らの強制移住を決定。 第10地区は第9地区よりもさらに劣悪な環境だったが、MNUは彼らの福利厚生に興味はなかった。
立ち退き作業を始めるにあたり、MNUはヴィカス・ヴァン・ダー・マーウィ(シャルト・コプリー)を現場責任者に指名する。 事情を把握していないエイリアンたちから、承認のサインを無理矢理取りつけるのが彼の任務だった。
ヴィカスは突然の重要な役目を与えられ、抜擢されたと感じた。 そして彼はいきなりの責任ある立場にちょっと舞い上がってしまい、すべて撮影させ、エイリアンに高圧的に迫るのだった。
この第9地区には、エイリアンだけではなかった。 そこには黒人のナイジェリア・ギャング集団が潜伏している。 エイリアンを食いものにしつつ共存しており、食料を売り、賭博場を開き、エイリアン相手の売春を行ってもいる。 使用はできないもののエイリアンの武器には注目しており、彼らの単純さに付け込んで、大量の武器を安く買い叩いては保管している。 エイリアンの体を食べることで万病を癒し、エイリアンのように強くなれるという呪術的な信仰も発達させている。
ヴィカスは実はとんでもない役目を帯び、とんでもないところに入って行くのだったが、まだそれをしっかり認識していないのだった・・・

30歳になるかならないかだったニール・ブロムカンプ監督。 なんと若い才能を持った監督が現れたと思いましたね。 次作の「エリジウム」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10287883.html も劇場で見ましたが、この長編第1作も息子と鑑賞しましたし、今回公開の「チャッピー」に先駆けて、見直しました。 また息子も全編見ていました(^^)
エイリアンの難民、今までにない設定と、ドキュメンタリー方式での冒頭部分。 モキュメンタリー方式の撮り方から、ヴィカスに変化が出たところから物語になっていきます。
舞台となるのが南アフリカというところが、この作品の肝であり、エイリアンは“エビ”と呼ばれ最下層民として差別されているんですね。 実際、野蛮で、どんどん退化、劣化して行っているような設定です。
しかしこの後、ジェイソン・コープ演じるクリストファー・ジョンソンというエイリアンが、一方の主役となり、唯一知的な存在で、彼のみが本気でここを脱出する方法を知っています。 また彼には息子のエイリアンがいて、子供も優秀なんですね。リトルCJと呼ばれており、ヴィカスに何故か懐いて行きます。
もちろんこれは差別問題が背景にあり、ヴィカスの立場の変化を見ているのが一番面白いんですね。 最後の最後まで、人間を上位に置くヴィカスが最後取った行動、ここが一番グッとくるシーンでした。
ヴィカスのその後はどうなったんでしょう?「第10地区」という続編の噂があり、監督自身、話の構想はあるようですが、まだ実現する保証がないんですね。
傑作なだけに、慎重に作るならいい作品にしてほしいですね。

イメージ 1
会社内ではあまり優秀とは言えなかったヴィカスイメージ 2
この空間で停止して28年

イメージ 3
早速仕事開始のヴィカス、ワクワク感が顔に出ている

イメージ 4
体力的に少し優位なエイリアン

イメージ 5
しかしある液体に触れ、体に変化が出てきたヴィカス

イメージ 6
そしてある行動に

イメージ 7

閉じる コメント(21)

顔アイコン

こんばんわ。これ、何とも云えないリアリティがありましたね?エイリアンが妙に人間臭いというか、、、主人公の彼も素晴らしい演技力でしたね?

2015/5/24(日) 午後 6:37 takashimatsudairaplus 返信する

公開作品で観たのです。 TBなぜか・・しかしレビューを忘れて
いたみたいです(笑) エビくんの続編も出たのでは?

2015/5/24(日) 午後 7:11 [ リュー( ryu) ] 返信する

顔アイコン

これは初めて観たときにその設定の斬新さに感心しました。
そしてふざけているようで言うべきことをきっちりと押さえているところにも感心しました。
TBさせてください。

2015/5/24(日) 午後 8:41 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

> ベベさん
私も妙にリアルで、グロイエイリアンにちょっと引きました(^^)
でもどんどん人間臭くなっていくにつれて、思い入れが出てくるんですよね。
リトルCJが可愛かった(^^)

2015/5/24(日) 午後 8:44 atts1964 返信する

顔アイコン

> takashimatsudairaplusさん
始めはドキュメンタリー調の撮り方で、物語が進行していくと通常になる、そこがリアルに感じました。
監督の才能を感じました。

2015/5/24(日) 午後 8:46 atts1964 返信する

顔アイコン

> リュー( ryu)さん
続編はまだ見たいです。これはぜひ見たいし、どんな設定を考えているのかだけでも気になります。再見でも面白かったです。

2015/5/24(日) 午後 8:48 atts1964 返信する

顔アイコン

> あきりんさん
始めヴィカスがちゃらいんですよね。でも痛烈なしっぺ返しが来て後半は哀れなんですね。
人間模様と、差別が含まれたSFエイリアン物、素晴らしい作品だと思います。
TBありがとうございました。

2015/5/24(日) 午後 8:52 atts1964 返信する

顔アイコン

色々な要素が詰まっていて劇場で興奮した1本です^^
冒頭のおふざけモキュメンタリから、人類史の黒い部分のなぞり。アクションシーンからハートフルドラマと。そんな新鋭の彼も、ハリウッドのエイリアン=謎のねばねば体液は逃れられないのか、、、と笑った記憶が(笑)
TBよろしくお願いします<(_ _)>

2015/5/25(月) 午後 0:15 ryane 返信する

顔アイコン

> ryaneさん
冒頭のモキュメンタリで、前編こういう形なのかと思わせておいて、ちゃんとドラマ構成に変化して、ラストの盛り上がりも良かったですね。
やっぱり第10地区に移動したその後とか、CJ親子の再訪も見たいですね。
TBありがとうございました。

2015/5/25(月) 午後 1:26 atts1964 返信する

顔アイコン

これは傑作でしたね!
正直評判が良くなかったら劇場鑑賞候補にも入らない映画でしたけど、これは本当に傑作でした。
テーマも素晴らしいし、エンタメとしても素晴らしかった。
最後は涙でました、エビちゃんの行動に、せつな過ぎますね。
続編は作るなら慎重に作ってほしいですね、無理には作らなくてもいいかも。

2015/5/25(月) 午後 6:05 [ エックスハイト ] 返信する

> エックスハイトさん
確かに1作目がいいと慎重になりますよね。シャールト・コプリーがこの作品で大出世しましたが、この監督との相性が一番でしたね。ドキュメンタリー風のシーンの使い方が上手かったですね。
何回見ても面白くて深いですね。

2015/5/25(月) 午後 6:16 atts1964 返信する

これは評判がよかったのに劇場鑑賞もWOWOWでも見逃して、CSでずいぶん経ってから観ましたが、噂にたがわず、良い作品でした。
続編ですか〜〜。作らなくてもいいんじゃないかと思いますけれど、本作を超える感動をくれるのなら観てみたいかもですね。
TBお願いします。

2015/5/25(月) 午後 7:15 オネム 返信する

記事探したらなかったです。トラバできません。
どこかのまとめ記事に入れちゃってるのかも。
すみませんでした。

2015/5/25(月) 午後 7:17 オネム 返信する

顔アイコン

こんばんは。
これは映画館で観ました。コミックのような感じでいい映画でしたね。変なユーモアが
ありました。社会派エイリアン映画とでもいうのだしょうか。

2015/5/25(月) 午後 8:05 [ hisa24 ] 返信する

顔アイコン

> オネムさん
続編はすぐにでもの雰囲気でしたが、他作品を作っているなかで、噂になってしまいましたね。
監督として将来のある感じなので、いつの日か優秀な続編も期待します。
でもこの作品は、秀作ですよね。

2015/5/25(月) 午後 8:42 atts1964 返信する

顔アイコン

> hisa24さん
私も劇場鑑賞でしたが、こんな設定のエイリアン物は初めて見ました。“エビ”と蔑まされている自体、擬人化されてますよね。

2015/5/25(月) 午後 8:44 atts1964 返信する

顔アイコン

これは、何の予備知識も無く 観はじめたのですが
B級作品なのに「!」と言うほど面白かった作品です。
その後、ネットで調べたら かなりの好評価作品だったと知りました。
エリジウムも、そうですが・・・監督手腕を感じさせる作品ですよね。
チャッピーは、絶対に劇場鑑賞しようと思いつつ・・・
atts1964様の感想を見てからにしようっとw

2015/5/26(火) 午前 0:03 [ ロゼ ] 返信する

顔アイコン

> nekonekoさん
これは傑作でしたね!「チャッピー」を見る前に監督作品のおさらいと思って見ましたが(ブログ開始前で書いていなかったのもありますが)やっぱり面白い!
私も口コミで評判が良かったので劇場にすぐに行きましたからね。
チャッピーはラストが希望?があったかな。

2015/5/26(火) 午前 8:22 atts1964 返信する

atts1964さん、おはようさんです♪

面白い事は面白かったのですが、ツッコミどころ満載ですね。

2017/10/16(月) 午前 10:57 いみりん 返信する

顔アイコン

> いみりんさん
初メジャー作品ですから、発想力と舞台設定が優れています。

2017/10/16(月) 午後 0:07 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事