atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

天空の蜂

2015年作品、堤幸彦監督、江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵出演。

1995年8月8日、『ビッグB』開発に携わったヘリ設計士・湯原(江口洋介)は、妻の篤子(石橋けい)と息子の高彦(田口翔大)を連れて、錦重工業小牧工場に見学に行った。 ここは守衛から厳重な管理が敷かれている。 それは自衛隊からの依頼を受けた機器の建造に関わっていることからでもあった。
同僚の山下の家族も来ていたが、湯原の家族は何かギクシャクしていた。
湯原は、何かいつも足で壁をけっている高彦を思いっきり叱ってしまう。 高彦は山下の息子の恵太と一緒に、外に出てしまい、入ったところはビッグBの格納庫だった。
湯原は、妻と息子と別居しようとしていた。 それを 山下に話していた時、妻が部屋に戻ってきて、高彦が戻っていないかと聞いてきた。 その時、ビッグBが動き始めた。 そしてその中に高彦と恵太が何故か乗っていた。
急いでビッグBを追いかけ、格納庫から二人に飛び降りろと叫ぶ湯原、恵太はなんとか飛び降りたが、高彦は飛び降りそびれてしまう。
ビッグBは遠隔操縦によりハイジャックされたのだった。 犯人から犯行声明が届く。 ビッグBは原子力発電所『新陽』の上空で静止。 『天空の蜂』を名乗る犯人は全ての原発の破棄を要求、さもなくば爆発物を大量に積んだヘリを『新陽』に墜落させると声明を出した。
ヘリの燃料が尽きるまではわずか8時間。 ビッグBの機内には子供が取り残されており、湯原と原子力発電所設計士・三島 (本木雅弘)は子供の救出と日本が消滅しかねないこの恐るべき危機を打開するために奔走する。 しかし政府は原発破棄に難色を示していた。 タイムリミットが迫る中、見えざる敵との攻防が始まる・・・

原作:東野圭吾、監督:堤幸彦、映像化困難と呼ばれたというこの作品、今の技術ならではということなんでしょうか、それとも、原発問題が声高に言われる時代になったからでしょうか。
なかなかいろんな問題をはらんだ作品でした。 原子力発電所にこだわる国政、電気の方が人命より重いという本末転倒の考え方が色濃く描かれていましたね。
現実の世の中は、原発再稼働の方向へどんどん進んでいます。 復興はどこまで進んでいるんでしょうか? 電力会社は、原発再稼働できないなら 電気代をどんどんつり上げていくと、国民、企業に圧力をどんどん書けて行くんですね。
ただ原子力発電所というのは、動いている間は、そこそこのコストなんでしょうが、もし廃炉になった時のコストを積み上げていくと、まったく違う計算になるんですね。
物語は、まずサスペンスなんで、犯人は誰かということから始まり、どうして犯人はこの事件を起こしたのか、そして真犯人、共犯は、という展開になって行き、推理サスペンスとしての面白さはありますが、ここに隠された大きな日本の原子力問題、そして自衛隊の在り方、功績も描かれています。見応えがあるだけでなく、考えさせられる作品ですね。

イメージ 1
タイムリミットは8時間

イメージ 2
同じ会社のふたり

イメージ 3
自衛隊の活躍により、助け出された高彦に

イメージ 4
2人の出会いは

イメージ 5
そして落下を止めるべく

イメージ 6



閉じる コメント(22)

顔アイコン

今日観てきました。なかなか複雑な展開で見応えありました。
TBしますね。

2015/9/14(月) 午後 7:47 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

> ロッキーさん
原子力産業問題は、推進派と、否定派、どちらもやっていることは一緒のような感じな面もありましたね。
TBありがとうございました。

2015/9/14(月) 午後 8:37 atts1964 返信する

顔アイコン

観てるあいだはハラハラしつつも、んなわけないだろうって展開もありですが。
観終わったあとに、いろいろ複雑な思いがわきあがって考えさせられる映画だったな〜って。うん、力作ですよね。

2015/9/15(火) 午後 9:55 [ わかめ ] 返信する

顔アイコン

> わかめさん
確かにこんな簡単に、ヘリジャックできるのかと言うところはあるんですが、震災前に予言的にここまで書けるのは大したもんですね。
問題点をえぐった感じは良かったですね。
TBありがとうございました。

2015/9/16(水) 午前 7:22 atts1964 返信する

当時としての原作の素晴らしさは十分判るのですが、20年経った今にドラマ化するにはもう少し脚本を練る必要があったのじゃないかと思いました.もっとすっきりさせたいですね.でも、アクション面や役者的には熱演がみられて満足でもあります.トラバさせて下さいね.

2015/9/17(木) 午後 5:35 チャコティ副長 返信する

顔アイコン

> チャコティ副長さん
役者として本木君が最近素晴らしいですね。彼が全体を引っ張り、綾野剛君が、持ち味を出していました。
TBありがとうございました。

2015/9/17(木) 午後 5:38 atts1964 返信する

顔アイコン

たしかに、原発による電力コストには廃炉費用を組み込むべきだし、少なくとも福島原発事故の対策費は原発電力コストに加えて計算するべきだと思います。他の発電のコストの何(十)倍?
TBさせてください。

2015/10/5(月) 午後 2:23 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

> あきりんさん
もしかすると、火力とは比較にならないほどの借金を子々孫々日本は残すことになると思っていますが。
誰も言わないことですが、関係者はみんな知っています。
TBありがとうございました。

2015/10/5(月) 午後 4:40 atts1964 返信する

震災後の今なら、もっと違う作り方ができたのかなと思わないでもないですが…。
ピンと来ない配役もあったり、作品としてはもう一歩だと感じました。

TBお返しさせてくださいね☆

2015/10/28(水) 午後 9:13 なぎ 返信する

顔アイコン

> なぎさん
このキャストにしたのはなにかいろいろ障害があったのかな?そう感じながら見ていました。
作品としてそこそこなんですが、少し緩和したような作りに感じたのは、シビアな内容だからかもしれませんね
TBありがとうございました。

2015/10/29(木) 午前 8:16 atts1964 返信する

顔アイコン

大変ご無沙汰しております。
この原作は震災が起こる16年前に書かれたらしいですが、まるで原発事故を予言していたかのようでしたよね。

川内原発の再稼働が物議を醸していますが、考えさせられる内容でしたよね。引き続きトラックバックはしていきますね♪♪ 削除

2015/11/10(火) 午前 0:38 [ ミスターシネマ ] 返信する

顔アイコン

> ミスターシネマさん
お久しぶり!
確かに書かれた時代が凄いですが、日本の原発路線は、安全性が不十分というのは、昔から専門家の間では言われていたんですよ。
個人的には仕事で、20年前からそういう関連の事をしているので、災害時にアメリカではこうしているという話を聞いていましたから。
今回の再稼働も、結局見切り発車なんですよね。
いずれまた大災害が起こるかもしれませんし、廃棄物の問題は何一つ解決していないんですがね。
TBありがとうございました。

2015/11/10(火) 午前 7:55 atts1964 返信する

顔アイコン

今の日本に非常にマッチした作品でしたね。
原発を肯定も否定もせずに我々に問いかける内容が絶妙でした。
TBお願いします。

2015/12/22(火) 午前 7:02 かず 返信する

顔アイコン

> かずさん
これが結構前に掛かれた原作というのが、凄いと思いましたね。原発のリスクは、テロが現実になればなるほど怖いですがね。
TBありがとうございました。

2015/12/22(火) 午前 8:42 atts1964 返信する

顔アイコン

本当に昔の作品というのが、すごいですよね。
今の映画化は、いろいろ考えさせられる部分もありますが、
見ごたえのある作品だったと思います。
TBお願いします m(_ _)m

2016/2/22(月) 午後 11:26 [ ロゼ ] 返信する

顔アイコン

> nekonekoさん
原発を攻撃するという事は、30年前から落合信彦が小説に書いていました。
まあ設定は中東でしたが、日本でもこういうことが起こる可能性が高いですね。
TBありがとうございました。

2016/2/23(火) 午前 8:37 atts1964 返信する

顔アイコン

震災後では原発の考え方自体が変わっているのでずれた感じですね。
TBお返しします。

2016/5/18(水) 午後 7:26 [ ひろちゃん2001 ] 返信する

顔アイコン

> ひろちゃん2001さん
ラストシーンのとってつけたようなのも、気になりましたね。
やはり昔の作品を映画化するのは、難しいですね。
TBありがとうございました。

2016/5/18(水) 午後 9:36 atts1964 返信する

顔アイコン

1995年にこの原作を書いた東野圭吾は凄い!
そして、福島東電の原発問題、再稼働問題、
このタイムリーな映画化には、驚嘆です(@_@;

2017/1/22(日) 午後 10:58 やっくん 返信する

顔アイコン

> やっくんさん
確かにあの時代にこの作品は衝撃ですよね。ただ、誰も言わなかったリスクは確かに存在していましたし、大地震が引き金になるとは、本当に自然は怖いですよね。
TBありがとうございました。

2017/1/23(月) 午前 8:03 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事