atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

ヘイル、シーザー!

2016年作品、イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン監督、ジョシュ・ブローリン主演。

1950年代、ハリウッドが “夢” を作り世界中に贈り届けていた時代。 ざんげ室に入って告白をしている男・エディ(ジョシュ・ブローリン)、彼は禁煙を破り数本タバコを吸っていたと告白している。 それも朝の4時にだ。
スタジオの命運を賭けた史上空前のスペクタクル超大作 「ヘイル、シーザー!」 の撮影が始まっていた。 多くのエキストラを使い、コストも莫大にかかっている。 さらにエディは、各宗教界の大物を招いて、表現上問題がないかと確認をしてもらっている。 なかなか4人の意見が合わないが何とか問題無しとなり一安心。 これで脚本通りいけると思った。 
撮影は一気に酒を飲み干すシーンが行われていた。 しかし不振な鼓動をするエキストラがいた。 そし てその男は、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)のカップに何かを入れていた。
乾杯をしてそれを飲み干すウィットロック、しかしその後彼は急激な眠気に襲われ、二人のエキストラに連れ去られてしまった。
またどこかで飲んだくれているか、女のところにいるかと思われていたウィットロックだったが、どこにもいないことがわかり、そしてしばらくして脅迫状が届くのだった。
スタジオが大混乱に陥る中、“スタジオの何でも屋”のエディは、身代金を用意し、ウィットロックの行方を捜し始める。 そして、お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込みながら 、エディは難事件に挑んでゆくが…

監督はコーエン兄弟、前作は 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12376215.html 、フォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィスをオスカー・アイザックが演じていましたが、ちょっと地味なつくりの作品でした。
今作は一転して豪華キャストになっています。 主役はジョシュ・ブローリン、彼の演じるエディは本当に何でもやらされる便利屋でしたね。 その割には時間に追われ、おそらく収入もそんなに高収入ではないんでしょうね。
作品中に彼のところに、他業界から引抜が来ることからもわかりますし、映画業界が、そろそろ迎える変革期、テレビの世界が近づいてきているのがわかりますね。
そして大物俳優にジョージ・クルーニー、さらにここは映画スタジオなんで、いっぱいスターがいるんですね。 
そして同時にいろんな映画を撮っている。 ミュージカル、アクション、恋愛もの、チャニング・テイタムのシーンがなかなかなんですが、ここの映画のちょっとしたエキスも楽しめる作品にもなっています。
作品はちょっとしたサスペンスなのかもしれませんが、笑いあり、歌あり、そして映画愛ありの作品でした。

イメージ 1
双子の記者のサッカーに捕まるエディ

イメージ 2
スキャンダルを起こしそうな女優ディアナ

イメージ 3
ミュージカルスターのバート

イメージ 4
ロープは天才的だが、大根役者のオールデンに監督が・・・

イメージ 5
そして誘拐されたウィットロック

イメージ 6

閉じる コメント(14)

顔アイコン

ォハョォ♪(つc_,- 。)oO○(・゚・☆目民☆・゚・)

2016/5/16(月) 午後 0:11 [ 変態怒悪魔 ] 返信する

> ★★ダンディな男前★★さん
こんにちは!
今日は出張(^_^)

2016/5/16(月) 午後 2:39 atts1964 返信する

顔アイコン

クスッと笑えるシーン満載でしたね。おちょくりながらも映画への愛が溢れていたと思います!
TBさせてくださいね。

2016/5/19(木) 午前 10:21 アンダンテ 返信する

顔アイコン

> アンダンテさん
監督ならではの映画愛を感じました。チャニングのダンスシーンは上手かった!
TBありがとうございました。

2016/5/19(木) 午後 0:01 atts1964 返信する

顔アイコン

こんにちは。
沢山のお楽しみが隠されていた作品でした。
もうちょっと一人一人のシーンが長くても良かったなぁ…、と思いまいたが。

2016/5/19(木) 午後 0:57 [ こうりん ] 返信する

顔アイコン

> こうりんさん
まああの尺で精いっぱい感がありましたね。もっと堪能したくなる作品でした(^^)
TBありがとうございました。

2016/5/19(木) 午後 1:06 atts1964 返信する

顔アイコン

ダンスシーンは、見ごたえがありました。

全く予備知識なしで見たので、やや混乱しました。

筋書きをしっかり把握していればもっと楽しめたかも。

TBお返しします。

2016/5/27(金) 午前 10:10 fpd 返信する

顔アイコン

> fpdさん
私もそうです。いったいいつの時代か、ここは一体、とだんだんわかってくると、味わい深さがわかる作品でした。
TBありがとうございました。

2016/5/27(金) 午前 10:47 atts1964 返信する

コーエン兄弟にしてはあまり毒気がなかったかも?(笑)
TBお願いします。

2016/8/1(月) 午後 8:36 [ リュー( ryu) ] 返信する

顔アイコン

> リュー( ryu)さん
あまりの大物の数々、シュールさはちょっと控えめでした。兄弟ならではの映画愛を感じました。
TBありがとうございました。

2016/8/1(月) 午後 9:34 atts1964 返信する

顔アイコン

クスっとできるギャグはいくつかあったものの、コーエン兄弟にしては退屈な作品でしたね
でも制作側や主演者は楽しんで作った映画のような気がします
トラバお願いします♪

2017/10/7(土) 午前 10:19 ベベ 返信する

顔アイコン

> ベベさん
あの時をコーエン兄弟がデフォルメした感じですね。
TBありがとうございます。

2017/10/7(土) 午後 2:09 atts1964 返信する

アバター

緊張感が全くないサスペンスでしたが、展開は面白かったです。
こういうのは俳優さんたちが自分のイメージを壊す様な役をやってたりするのが楽しいですね。
こちらもTBさせてくださいね。

2018/5/18(金) 午前 8:34 木蓮 返信する

顔アイコン

> 木蓮さん
サスペンスになるんでしょうかね(^^)?
奇抜な作品で、いつもはやらないだろうという役という面で、楽しく見れましたが、意味不明なところもありましたね。
TBありがとうございました。

2018/5/19(土) 午前 6:10 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事