atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

2016年作品、セドリック・ニコラス=トロイアン監督、クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、エミリー・ブラント、ジェシカ・チャステイン出演。

スノーホワイトと、ハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)の剣によってラヴェンナ女王(シャーリーズ・セロン)が滅ぼされた。
しかしラヴェンナとは一体どういう女だったのか? 彼女はある王国の女王だった。そして彼女には妹がいたのだった。
ラヴェンナの家系は生まれつき魔法を使うことができるのだった。 しかし妹のフレイヤ(エミリー・ブラント)は、その能力が未だ開花していなかった。 
心優しいフレイヤはいつしか恋をするのだった。 そしてフレイアは子供を産み幸せに暮らすはずだった。しかしある夜、夫が子供の寝室に入り込み、そこには子供が息絶えていた。 その瞬間彼女は怒り狂い、夫を凍らせて破壊してしまった。
そしてフレイアは城を出て、山間深く氷の王国を築くのだった。 さらに、軍を率いて周りの国を滅ぼし、子供をさらい、氷の王国で鍛え上げ、精鋭にしていくのだった。
愛とは無縁の国 “氷の王国” そこで鍛え上げられた少年少女は、フレイアだけに忠誠を誓い、彼女は実の子供のように彼らを重んじた。 そのなかで抜きん出た力を持ったのが、エリック(クリス・ヘムズワース)と、サラ(ジェシカ・チャステイン)だった。
しかしいつしか二人は愛し合うようになり、二人だけで結婚をする。 そしてここから脱走しようとするが、氷の女王は絶えず氷のふくろうを通して彼らの行動を監視していた。
仲間たちに襲われ、エリックは叩きのめされ川に捨てられる。 しかし彼は生き延びたのだった。 そして彼は氷越しにサラが殺されるのを見ていた。
7年後、姉ラヴェンナの死を知ったフレイヤ女王は、氷の王国軍を集結させスノーホワイトの王国にあった魔法の鏡を自分の元に奪い去ってくるように命じる。 フレイヤは、自身の魔力と鏡の魔力を掛け合わせてラヴェンナを蘇らせ、姉妹の魔力で世界を永遠に暗黒の力で覆い尽くそうとしていた。
そんなフレイヤの恐ろしい計画に気付いたエリックは、その陰謀を阻止するためかつて自分の故郷でもあった氷の王国に戻り、鏡を破壊しようと試みる。 だがそこに現れたのは、死んだはずの最愛の女性・サラ(ジェシカ・チャステイン)であった…

前作 「スノーホワイト」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14182483.html の続編ということだったので、てっきり主役はクリステン・スチュワート、監督はルパート・サンダースだと思っていましたが、なんと二人の不倫が発覚、二人共降板となってしまいました。
そのためでしょうか、まず前日譚から始まることになりましたね。 そこがまず意外な展開でした。 前作からのキャストは、クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、そしてニック・フロストでした。 そして今回は、エミリー・ブラント、ジェシカ・チャステインが参加、女優陣が豪華になりましたね。
物語はまず氷の女王誕生のシーンから始まります。 「アナと雪の女王」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11254895.html をどうしても想像してしまいますが、心を閉ざすってことは、“氷”ってことなんでしょうね。
ラヴェンナのよりどころだったのは鏡でしたから、彼女が復活するかどうかはこの魔法の鏡に関わってきます。 そして、鏡をめぐっての戦いが展開されますが、そこに王国との戦いもつながってきます。
キャスト変更はちょっと残念でしたが、その割には豪華キャスト投入して、頑張っていたと思います。

イメージ 1
二人は姉妹だった

イメージ 2
氷の王国の軍隊を築くフレイア

イメージ 3
サラは戦士に

イメージ 4
鏡をめぐって戦いに

イメージ 5
復活するラヴェンナ

イメージ 6


閉じる コメント(12)

顔アイコン

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

6月も宜しくね〜幸せな毎日を過ごしてね

2016/6/1(水) 午前 4:58 [ 変態怒悪魔 ] 返信する

顔アイコン

クリスは”トンカチ”を封印しているんですね?彼はメルボルン出身のオージーなんですよ。今、FOXのCMキャラでしてテレビを点けると毎回出て来ます、、、(*´∀`*)。

2016/6/1(水) 午前 6:24 guch63 返信する

顔アイコン

> ★★ダンディな男前★★さん
おはようございます。寒暖の差がまだありますね。

2016/6/1(水) 午前 8:20 atts1964 返信する

顔アイコン

> guch63さん
でも手にはしっかりと武器を持っていて、ソーっぽいですよ(^^)
彼の出自がわかる作品でした。

2016/6/1(水) 午前 8:21 atts1964 返信する

おはようございます(^-^)。

実はダークなおとぎ話では、アンデルセンが有名ですね。
いつもすばやい話題作のチェックには関心しますよ(ゝω・´★)

2016/6/1(水) 午前 8:50 ウルフオルフェノク 返信する

顔アイコン

印象に残ってるのは、2人の若者の活躍より、可哀想な「氷の女王」です。
TBしますね。

2016/6/1(水) 午前 9:04 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

> ウルフオルフェノクさん
意外に原作がダークな物ってあるんですよね。ただ日本人にしてみたらそう感じるだけで、現地にしたら当たり前の表現なこともあります。
日本の昔話も、怖い話がいっぱいありますし、脚色次第かもしれません。

2016/6/1(水) 午前 9:11 atts1964 返信する

顔アイコン

> ロッキーさん
そう、この作品は、氷の女王が不憫でしたね。アニメとは大違いでした。
TBありがとうございました。

2016/6/1(水) 午前 9:12 atts1964 返信する

顔アイコン

あまりに氷の女王の魔法などが”アナ雪”に似ていたので、この映画もディズニーかと思っていました(汗)。
セロンお姉さまの美しさに見惚れていました。
TBさせてください。

2016/6/26(日) 午後 10:37 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

> あきりんさん
今作は締めに登場でしたね。セロンの美しさと残酷さが良いですね(^^)
設定を大変更したようですが、しっかり仕上がっていたと思います。
TBありがとうございました。

2016/6/27(月) 午前 8:44 atts1964 返信する

キャスティング的には、一作目より結果、良かったんじゃないですか?
美女のレベルも3人そろって群〜とアップした感じでした!
その中でもシャーリーズ・セロンは別格の美しさでしたね…(^_-)-☆

2018/9/17(月) 午後 11:10 やっくん 返信する

顔アイコン

> やっくんさん
お話は続編なんですが、作風は変わりましたね。
これ単体ならば、ちょっと豪華になった感じはしますね。
TBありがとうございました。

2018/9/18(火) 午前 6:03 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事