atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

二ツ星の料理人

2015年作品、ジョン・ウェルズ監督、 ブラッドリー・クーパー主演。

美食の街パリの二ツ星レストランで腕をふるう料理人アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)は、傲慢さからトラブルを引き起こし、店から出ていく。
それから3年後、アダムはロンドンに現れた。 彼が向かったのは、ロンドンでレストランを営む友人トニー(ダニエル・ブリュール)の店だった。 トニーは彼が以前いた店のオーナーの息子、しかし問題を起こしてやめたアダムを雇う気にはなれなかった。 しかし彼は着々と、一緒に働くメンバーを集め始めていた。
そして彼が尋ねた中で、料理評論家のシモーネ(ユマ・サーマン)に、トニーの店に行くようお願いをする。 彼女の評価で、店の評判が左右される。 そこに現れたアダム、トニーは仕方なく彼に調理場を任せ、シモーネを納得させる料理を作るのだった。
トニーはもうアダムに店を任せる気になるのだが、アダムの前に現れたのは、ミシェル(オマール・シー)だった。 しかし彼の店をぶち壊したことのあるアダムは逃げ出すが、ミシェルはもう昔のことは水に流すと言ってくれる。 しかしとニーは、アダムに諸悪の根源の酒も女も断っているのかを確かめる。
新規オープンに当たって、トニー親子はアダムに条件を出す。 毎週金曜日にトニーの掛かり付けの医師・ロッシルド(エマ・トンプソン)を訪ね、ドラッグとアルコールに手を出していないか検査を受けるのだ。
そしてアダムは、屋台の店で働いていたデビッド(サム・キーリー)、喧嘩をして刑務所にいて出所してきたマックス(リッカルド・スカマルチョ )、そして他店で働いていたエレーヌ(シエナ・ミラー)を引き抜く。
そして新規オープンの日、意気込んだアダムは、精一杯の料理を作るため奮闘するのだった。 しかし、彼の思うようなものはできなかった。 アダムの思い描く料理、そしてスタッフに対しても癇癪を起こすアダムに、みんな付いていけなかったのだった。
一からやり直しをすることになったアダムたちだった・・・

三ツ星レストランというのが超一流ということは良く聞きますが、二ツ星でもとてつもなくすごいんですね。 この主人公のアダムは、おそらく普通にしっかり仕事をすれば三ツ星なんでしょう。 しかし少々素行に問題があるんですね。
癇癪もちで、パリでは酒とドラッグ、まあやんちゃの盛りでした。 すべて無くして飛び出した彼が再起を図る場所はロンドンの友の店でした。
トニーはちょっとアダムを愛しているんでしょう。 まあちょっとそういうシーンもありますが(^^)
監督はジョン・ウェルズ、「8月の家族たち」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12198991.html 「カンパニー・メン」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11315626.html
を見ています。
ブラッドリー・クーパーといえば 「世界にひとつのプレイブック」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10268543.html 「ハングオーー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9750346.html が代表作。
今作ではちょっと異質なシェフを好演していますが、私はエリーヌ役のシエナ・ミラーが良かったです。
まあ高嶺の花の料理でしたが。

イメージ 1
トニーの元に現れるアダム

イメージ 2
シモーネをトニーの店につれてくる策を

イメージ 3
しかし条件は酒やドラッグをしないこと

イメージ 4
集まるスタッフ

イメージ 5
意気込むアダム

イメージ 6

閉じる コメント(10)

顔アイコン

これ原題が”Burnt"と言うんですよね、、、何だか意味が判りませんでしたよ、、それに”アメリカン・スナイパー”の直後だったのでどうも調理人ってイメージじゃなくて、、(´;ω;`)。どっちかと言うと”幸せのレシピ”のアーロン・エッカートが作ったほうを食べたいかな??

2016/6/12(日) 午後 4:39 guch63 返信する

顔アイコン

> guch63さん
現代の意味はなんとなく彼を表す言葉ですね。過去形というのが意味ありげ(^^)
でも熱い料理が創造できますね。

2016/6/12(日) 午後 4:44 atts1964 返信する

原題は…ちょっと変わってますね.邦題は相変わらず酷い(笑).
たしかにブラッドリー・クーパーはシェフというのには違和感があるのですが、好演してました.トラバ返しさせて下さいね.

2016/6/13(月) 午後 8:41 チャコティ副長 返信する

顔アイコン

> チャコティ副長さん
原題のウェットと、邦題の陳腐さ(^^)
マッチョ料理の感じですが、シエナ・ミラーに惹かれました。
TBありがとうございました。

2016/6/14(火) 午前 6:48 atts1964 返信する

顔アイコン

こんにちは。
二ッ星でも充分だと思うのですが…。

オマール・シーが、復讐をずっと胸に秘めてあの職場で働いていたのかと思うと、…ライバル同士の感情のもつれって、根が深いのですね。

2016/6/27(月) 午後 0:36 [ こうりん ] 返信する

顔アイコン

> こうりんさん
そうそう、彼の復讐シーンがあっさり目に描かれていましたね。シーのイメージで極悪人にしなかったのか?
別作品では、悪役もやっているので、もっといやな役にしてもと思いましたし、そこは物足りなさにつながったと思い、ちょっと残念(^^)
TBありがとうございました。

2016/6/27(月) 午後 9:14 atts1964 返信する

顔アイコン

こういう料理題材の映画を観ると、高級フレンチでも食べに行きたくなりますが、最近は付き合ってくれる相手がいません(涙)。
ライバルが作ってくれたシンプルなオムレツも美味しそうでした。
TBさせてください。

2016/7/3(日) 午後 9:06 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

> あきりんさん
ああ、あのオムレツ、結構ジーンときましたね。良いライバルでした。
個人のラーメン屋ではありませんから、チームでやっていく料理店でしたね。いつの日か三ツ星になるでしょう。
TBありがとうございました。

2016/7/4(月) 午前 8:03 atts1964 返信する

顔アイコン

二つ星でも、ディナーは2〜3万円は軽くしますから・・・
本当に調理場のやる気度合いも違うのでしょうね。

そんなに払うのなら、高級焼肉で腹いっぱい食べたいな♪
焼肉屋で、そのくらい取られたことあります ( ノД`)シクシク

2016/11/13(日) 午後 8:35 [ ロゼ ] 返信する

顔アイコン

> ロゼさん
焼肉でそのお値段とは!相当いい肉なんでしょう(^^)
三ツ星が有名店だと思っていましたが、二ツ星も相当なのがわかりました。

2016/11/13(日) 午後 9:47 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事