atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

あと1センチの恋

2014年作品、クリスチャン・ディッター監督、リリー・コリンズ、サム・クラフリン出演。

6歳から幼なじみのロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は、ずっと一緒に青春を過ごしてきた、友達以上恋人未満の関係。 他愛もない話も夢の話も恋の話も、何でも共有してきた。 2人の夢は、この小さなイギリスの田舎町を離れ、アメリカのボストンにある大学へ一緒に進学すること。
お互い意識をし合いながら、なかなか恋人に発展しない二人だったが、パーティーの時にめでたくキスをすることに成功?するがその直後、ロージーは倒れてしまう。テキーラの飲み過ぎで意識を失ってしまうのだった。
ロージーはそのキスのことをすっかり忘れていたのだが、アレックスは脈が無いと思ってしまい、クラスメートのベサニー(スーキー・ウォーターハウス)と交際を始め、初体験の報告をロージーにしてしまうのだった。
一方のロージーはアレックスの報告にショックを受け、同じくクラスメートのグレッグ(クリスチャン・クック)と親しくなり、彼と関係を持ってしまうが、初めてだったグレッグは出したままのコンドームを膣に残してしまう。パニクったロージーはなんとアレックスに助けを求める動転ぶり、そんな二人だった。
アレックスは窮屈な街を出てボストンへ行こうとロージーを誘い、ロージーは夢であるホテル経営が学べるボストン大を受験し、なんと合格の知らせが届くのだった。
アレックスもハーバードに合格、ボストンに二人で行くことになるのだが、そんな時ロージーの体に異変が。 彼女は妊娠していたのだった。
グレッグの子であることは明白、どうしようか迷っているとき、親友のルビーに産んでから手放して、アレックスと一緒にボストンにけばといわれその気になる。
しかし我が子を見たとき、彼女はもう手放せなくなってしまうのだった。 そしてシングルマザーとして地元に残り、一人娘のケイティとの暮らしが始まるのだった…

これは劇場で見逃してしまった作品、ラブコメなんで迷っているうちに公開が終了してしまいました。
監督はクリスチャン・ディッター、日本未公開のファンタジー 「ビッケと神々の秘宝」という作品を撮っていますね。
主演のロージー役にリリー・コリンズ、「ミッシング ID 」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13298143.html では主人公の相手役でした。
そして相手役のサム・フランクリンは、「スノーホワイト/氷の王国」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14183895.html ではウィリアム王をやっていますし、「ハンガー・ゲーム」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12958617.html http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13127064.html http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13669268.html シリーズではフィニック・オデイル役を演じて重要キャストでしたね。
物語は本当に邦題通りのもどかしい二人の恋のお話です。原題は 「LOVE, ROSIE 」で、手紙の最後に着ける一言ですが、これでもいいですが、それではアイキャッチに不足してしまいますから、この邦題がベターかもしれませんね。
よく夢というのは1cm先にあると言います。 でもそれがわからないからこそ遠くに感じてしまい諦めてしまう。 恋もそういうもので、ロージーは何度も諦めてしまうんですね。 擦れ違いを繰り返し、長い時間がたってしまいケイティもいつしか成長してしまいます。
悲しい別れも多々ある人生ですが、ちょっと今まですれ違ってきた分、強引な結末に感じますが、それも良しとしてもいい雰囲気のエンディングを迎えます。
まあ気楽に観れるラブコメという部分とロージーの奮闘記ですね。

イメージ 1
小さいころからの幼馴染みの二人

イメージ 2
二人の夢はアメリカボストンに行くこと

イメージ 3
擦れ違いの中彼女は身ごもってしまう

イメージ 4
束の間のひと時、二人はアメリカで

イメージ 5
シングルマザーとして生きているロージー

イメージ 6

閉じる コメント(8)

今の季節にピッタリの映画ですね。楽しかったです。
TBお願いします。

2016/10/17(月) 午後 8:46 [ リュー( ryu) ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
この映画見ましたよ。
お互いに惹かれあってるのにすれ違ってばかりでほんと見ててイライラしましたがラストはいいい結末でほっとしました。見ながら自分も若い頃を思い出して甘酸っぱい気持ちになりながら見て楽しめる映画でした。

2016/10/17(月) 午後 8:47 [ 青い鳥♪ ] 返信する

顔アイコン

> リュー( ryu)さん
本当にここまでじらすのかの恋でしたね。
TBありがとうございました。

2016/10/17(月) 午後 9:07 atts1964 返信する

顔アイコン

> 青い鳥♪さん
本当に人生をいろいろ体験した最後にやっとでしたね。
まあ深みのある大人の恋が成就と言うところでしょうか?
あれで悲劇だったら怒りますよね(^^)

2016/10/17(月) 午後 9:09 atts1964 返信する

すれ違いだらけの恋って、定番のラブストーリー.あぁやっと…の感じが安心出来ますよね.本作ギンレイには来なかったですね….トラバさせて下さいね.

2016/10/17(月) 午後 10:26 チャコティ副長 返信する

顔アイコン

> チャコティ副長さん
ギンレイ向きの作品でしたが。結構いろんなシネコンでセカンド上映をしていたせいでは?
ちょっと遠回りしすぎた感じも(^^)
TBありがとうございます。

2016/10/18(火) 午前 6:10 atts1964 返信する

顔アイコン

ゲジ眉な(笑)リリー・コリンズちゃんの可愛らしさでもった作品だと思います
わき役としては、赤毛のお友達が親切でよかったですね

トラバお願いします♪

2017/11/3(金) 午後 7:35 ベベ 返信する

顔アイコン

> ベベさん
可愛い作品、じれったい作品でしたね。
確かにあの眉毛が印象的でス(^^)
TBありがとうございました。

2017/11/3(金) 午後 9:25 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事