atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

2016年作品、三宅喜重監督、織田裕二、吉田羊、原田泰造出演。

バラエティ番組の放送作家をしている三村修治(織田裕二)は12本ものレギュラーを抱え、忙しい日々を送っていた。 彼は身近なことを何でも笑いに持って行こうとする、バラエティ番組には欠かせない存在で、このテレビ局とのかかわりも20年になる45歳だった。
妻の彩子(吉田羊)は専業主婦、家庭のことはばっちりこなし、家庭菜園が好きで、野菜なども育てているし、息子の勉強も見ている。 修治は何の心配もなく仕事に没頭できるのだったが、妻からは風船見たいと言われていた。 いつもふわふわしていなくなるからだった。
ある日、体に異変を感じ、腰のあたりに痛みを感じた彼は検査を受ける。 そして、末期のすい臓がんで、ステージ4bで余命6ヶ月と宣告される。
修治はいきなり人生の期限を通告され途方に暮れるが、1日でも長く延命し家族と静かに過ごすという最期の過ごし方ではおもしろくない。 放送作家として、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で “楽しい” に変えて来た修治はそんな思いから、家族に遺す “最期の企画” を練り始める。
専業主婦の妻は小学生の息子・陽一郎(込江海翔)を抱え苦労するだろう。 また、気丈そうに見えてもろいところがあるので、何とかして笑顔にしてあげたい。 そんなことを思っていたとき、結婚相談所の看板を見かける。 修治は、 自分がいなくなっても妻が前を向いて進めるように、妻の結婚相手を探すことにする。
婚活市場を勉強し始めた修治は、一緒に番組をしてきたタレントの俵屋三幸(小堺一機)から、新しい番組の話を聞かされる。 その企画をしている片岡喜子(森カンナ)に頼み込み自身も、お見合いパーティーに潜入するのだった。
そしてその主宰者でやり手の女社長が、元仕事仲間の知多かおり(高島礼子)だった。 気心が知れている彼女に、修治は思い切って自分の考えをぶつけるのだった。
さすがに息をのむかおりだったが、落ち着きを取り戻すと、修治の最後の企画に協力することを約束し、さっそく彩子に会った男性をリストアップし始めるのだった。 そして現れたのは、真面目で誠実なインテリア会社社長、伊東正蔵(原田泰造)だった。修治の、まさに命がけのプロジェクトが始まる…

この作品は、テレビでやったんですね。 樋口卓治という放送作家の書いた小説で、2014年にウッチャンが主人公で舞台化され、翌年にBSプレミアムでドラマ化。
この時の木村多江とのコンビが、今公開中の 「金メダル男」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14512333.html でも夫婦になっていますね。
監督は三宅喜重、私は過去3作全て見ていますが、一番は 「阪急電車 片道15分の奇跡」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/5096445.html かな? もちろんほかの作品も良かったですが。 監督は関西テレビの社員なんで、今作も関西テレビが製作参加していますし、いろんなシーンに関テレが使われていますね。
闘病記というより、いかに楽しく人生を終えられるか? というテレビマンの幕引きを描いた作品、しかしそれは自分一人ではできなかった企画でした。
しかし、多くの癌を題材にした作品ですが、やはり同じ癌でもその種類がだんだん絞られてきているなあと感じますね。 ある程度、延命できそうなガンと、なかなか治療しづらい癌、その中の一つがこの膵臓がんであり、癌が進行すると多臓器、そしてすぐに背中の骨まで達するという恐ろしい癌。 全摘もできない箇所で、厄介な癌なんですね。
うちの家内も当初は胃癌でしたが、すぐにここに転移していましたからね。 その後は痛みとの戦いでしたから、これは周りの者の苦痛も大きかった。
見るたびに、心の痛みを感じる癌との戦いの映画ですが、何か最近こういう映画が国内外ともに多くなってきたことを感じますが、これはなにかあるんでしょうかね?

イメージ 1
幸せな3人だった

イメージ 2
しかし習字は彼女にある相談を

イメージ 3
伊東に妻を嫁がせようと

イメージ 4
しかし病気がばれてしまう

イメージ 5
「彩子のことを頼むな」・・・

イメージ 6

閉じる コメント(6)

顔アイコン

これは私号泣しそうです。。。
自分が死んでいくのに、生きてるうちから相手に再婚相手探すなんて、未熟者人間には無理です。
てか、え?atts1964の奥様も。。。?

2016/11/11(金) 午前 6:25 [ チワワラバー ] 返信する

顔アイコン

> チワワラバーさん
膵臓って人間の弱点の部分の一つですね。うちの妻も胃から転移して少し取りましたが、すぐに神経、骨に。
激痛との戦いでした。
ステージ4bでは普通は骨に行っているんで、もう歩くのさえキツイと思いますが、それを押して笑いに変えるのは、不可能に近い。
でもそれだけ愛の深い作品ということでしょう。

2016/11/11(金) 午前 8:21 atts1964 返信する

顔アイコン

奥さんは胃がんでしたか・・・
泣けたけど、現実に妻の再婚を考えるなんて、できそうもない。
TBします。

2016/11/11(金) 午前 10:17 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

う〜ん、、、、タイトルにはとても惹きつけられますね、、でもどうも身近の問題に重なると、、辛いですね。客観的に見れるうちは大丈夫なんですが、、

2016/11/11(金) 午前 10:38 guch63 返信する

顔アイコン

> ロッキーさん
できっこないところをするのが放送作家?お話はイタイんですがやっぱり涙が出てきます。
TBありがとうございました。

2016/11/11(金) 午後 5:29 atts1964 返信する

顔アイコン

> guch63さん
まあさすがに映画に闘病物はつきものなので、そろそろ客観的に観れるようになってきています。
逆にリアルかそうでないかがわかってしまう(^^)

2016/11/11(金) 午後 5:30 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事