atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

2015年作品、マッテオ・ガローネ監督、サルマ・ハエック、ヴァンサン・カッセル、トビー・ジョーンズ、シャーリー・ヘンダーソン、ヘイレー・カーマイケル、ビビー・ケイヴ、ジョン・C・ライリー出演。

「不妊の女王」
ロングトレリス国の王妃(サルマ・ハエック)は、夫である国王(ジョン・C・ライリー)が見せてくれる余興ににこりともしなかった。 そしてその中の道化の女は妊婦だったことから、怒りだし部屋で荒れ狂うのだった。 彼女は子ができないのを深く悩んでいたのだった。
そこに現れたマントを被った不気味な男、彼はあることをすれば子を授かるというのだった。 ただそのためには犠牲を払うかもしれないと言うが、王妃は子を授かるにはなんだってかまわないと言う。
男が言うには、たった一人で湖の中に住む怪物の生き胆を取って、処女に料理をさせ、それを食べれば懐妊するというのだった。 国王は決死の覚悟で怪物を殺すが、自らも傷を負って死んでしまう。 そして処女の女(ローラ・ピッチアニ)に命令し、生き胆を大なべの中に入れさせ、それをほおばる王妃、しかしその時料理をした女も解任してしまう。 そして彼女は一夜のうちに懐妊出産をするのだった…

「二人の老婆」
好色をこよなく切望する王(ヴァンサン・カッセル)は留まるところを知らない。 女をかき集め、朝までとっかえひっかえ欲望を満たしてもまだ飽き足らない。
そんなある日、美しい歌声が聞こえてきた。 王はその美しい声に、さぞかし容姿も美しいのだろうと思い、城の窓から声を掛けるがフードをかぶった女は家の中に入ってしまう。
美しい声の持ち主は、人目を避けて暮らす老婆の姉妹(シャーリー・ヘンダーソン、ヘイレー・カーマイケル)の姉の方だった。 王はたまらず、その家を訪ねるが、醜く老いた顔を見せられない二人は、1週間待ってほしい、そうすれば美しい指をお見せすると約束をするのだった。
姉のドーラは必死に指だけでも 張りを取り戻そうとするが、結局赤くただれてしまう。 期限の1週間が過ぎ、王がやってくるが、たまたま指だけは綺麗な妹のインマの指を隙間から出し、その場を取り繕うが、今度は王は顔を見たいと懇願する。
そこでドーラは、決して暗闇でないと、会えないという条件を付けるのだった。 それでも王は了承し、ドーラは今度は体に張りを出すために、体を引っ張り接着をし、顔を隠して深夜に城に行く。
灯りをすべて消し、一晩ベッドを共にするが、我慢できなくなった王はとうとう彼女の顔に灯りを近づけるのだが、そこにいたのは醜い老婆だった。 衛兵を呼び、窓から掛け布団語と放り出されるドーラだった…

「夢見る王女」
まだ見ぬ大人の世界への憧れを抱きながら王(トビー・ジョーンズ)と城で暮らすハイヒルズ国の王女(ビビー・ケイヴ)。 王の前で必死に楽器を奏で聞かせようとする彼女だったが、王は一匹のノミを捕まえようとしていた。 やっとのことで捕まえ、部屋にノミを持って来た王は、なんとそのノミを飼いはじめるのだった。
王女は城の外に出ることを切望していた。 しかしそれは時が来たならと言い、なかなか彼女の願いは聞き入れられなかった。 時が来れば王位は彼女の物となるのだったが、もう少し時が必要だった。
そんな中王の飼っていたノミはどんどん大きくなってってしまい、犬くらいの大きさとなる。 しかし育ちすぎたノミはある日ついに死んでしまう。 その時王はある考えが浮かんだ。
戯れに、このノミを開いて革を吊るし、これが何の革か当てた者に、王女の婿にしようというのだった。
それを聞いた王国の男たちは挙って参列するが、飲みの革を当てる者はいなかった。 しかしそこに醜いオーガ(ギヨーム・ドゥロネ)が現れ、匂いからノミだと当ててしまう。 王女は華やかな城から連れ出され、鬼の住処で暮らすこととなってしまうのだった…

原作はナポリ王国で生まれたヨーロッパにおける最初の本格的な民話集 「ペンタメローネ(五日物語)」 という事で、おとぎ話の3編からなっています。 監督はマッテオ・ガローネ、初鑑賞ですが、一作前の 「リアリティー 」 は見てみたいです。
3つのお話はそれぞれ交互に展開されていきますが、3つの王国は交流があり、冒頭のロングトレリス王の葬儀にはほかの王たちも参列しますし、最後の即位式にも駆けつけます。
基本おとぎ話で、今作3編はダークな感じですね。 映画としてはダークファンタジーとなるでしょう。 そして各話に、魔法使いやオーガといわれる鬼とかが登場しますし、海の怪物、巨大なノミ、なあいろいろ登場しますね。 でも一貫して描かれているのは人間の欲ですね。
不妊の女王は、子供が欲しいあまり王の死も無頓着で、一緒に生まれた料理人の女の子を亡き者としようとします。 二人の老婆は王に取り入り容姿を隠しだまそうとします。 そして夢見る王女は、王の戯れに王女が犠牲となるんですね。
それぞれの欲が絡み合ったなかなか面白い作品でした。

イメージ 1
まったく笑わない王妃

イメージ 2
王は彼女のために海の怪物を

イメージ 3
その肝をほおばる王妃

イメージ 4
王に取り入れられようとする姉妹

イメージ 5
失敗して追い出された姉に近づく女

イメージ 6
ノミを飼い始めた王

イメージ 7
しかし戯れから犠牲になった王女

イメージ 8

この記事に

閉じる コメント(4)

...どもどもおコンニチはどす...
おコメ有り難3どす...m(__)m
NMB48紅白落選悔しい...

2016/11/27(日) 午後 0:49 [ KYO ] 返信する

顔アイコン

> KYOさん
選抜にいっぱいNMBを入れましょう!

2016/11/27(日) 午後 5:26 atts1964 返信する

顔アイコン

あんりゃ、、マッタク知らない映画でしたよ、、、やはり映画は奥が深いをを実感しました、、、(´;ω;`)。

2016/11/27(日) 午後 7:42 guch63 返信する

顔アイコン

> guch63さん
おとぎ話ですが、面白い映像になっていました。

2016/11/28(月) 午前 8:08 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事