atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

全体表示

[ リスト ]

2018年作品、ジュリアス・オナー監督、ググ・ンバータ=ロー、デヴィッド・オイェロウォ、ダニエル・ブリュール、ジョン・オーティス出演。

世界のエネルギー資源は5年以内に枯渇されると言われていた。 宇宙ステーション 「クローバーフィールド」 は、危険な実験を行うために設計されて完成した。 実験室にあるシェパード粒子加速器が、宇宙飛行士によって起動することができれば、無限のエネルギーを生み出すことができるということなのだが。
エヴァ・ハミルトン(ググ・ンバータ=ロー)は、宇宙ステーションの乗組員として誘われる。 彼女は火事で子供たちを亡くしていた。 夫・マイケル(ロジャー・デイヴィース)と相談した結果、エヴァは乗員することを決めた。
宇宙ステーションの乗組員は、何度も起動実験を試みるのだが、なかなか成功できなかった。 そして早くも、2年もの歳月が流れようとしていた。 エネルギーの消耗で、起動を行えるのは残り3回となってしまう。 エネルギーが無くなれば、宇宙ステーションはもう無用の長物になってしまうのは明らかであるとともに、どこかの惑星の引力に引き込まれることで、破壊されてしまう。
地球のテレビでは、この実験が何か得体のしれない、怪物もしくは悪魔を呼び寄せるのではないかと示唆されていた。 そう語るのは本の作者だが、でもそれは一種の都市伝説の類と思われていた。
今度こそ成功すると信じて、乗務員はシェパード粒子加速器を起動する。 今回は順調に出力が上がっていき、ついに50%を越え、明るい表情が乗組員に現れるが、オーバーロードが起こり、激しい閃光が窓から見えはじめる。 加速器からは火災が発生し、乗組員は消化にあたらねめればならなくなる。 酸素漏れや、温度が滅茶苦茶になったため、宇宙ステーションを修理し始める。
司令官のキール(デヴィッド・オイェロウォ)は、乗組員に修理を命じ、エヴァに地球との通信を頼みるが、地球との反応がない。 地球の存在がつかめなくなってしまったのだった。 乗組員は自分たちが地球を破壊したのではないかと思いはじめる。
さらにコンパスでもあるジャイロがなく、現在地も分からず、ヴォルコフ(アクセル・フェリー)は、来た時にあったことを覚えていた。 そして何か顔に違和感も感じ始める。 そして、マンディ(クリス・オダウド)は持ってきていた大量の虫がいないことに気づく。
絶望的な状況の中、キールはステーションの維持を優先とするが、乗組員との口論は続くのだった・・・

いきなりネットフリックスで放送が開始された、あの作品の3作目ですね。 前2作 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11934621.html  https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14228636.html とどう繋がっているのか? それは見ていくとだんだんわかってきますが。
監督はジュリアス・オナー、監督2作目のようですが、デビュー作は未見です。
主演としてはググ・ンバータ=ローでしょうね。 「美女と野獣」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14886729.html 2017年版に出演していました。
そしてキール役でデヴィッド・オイェロウォ、「グローリー/明日への行進」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14945607.html に主演をしていました。

物語は、地球での資源の消費により、とうとう枯渇してしまうところまで追い込まれたところから始ります。 その解決する手段として開発された宇宙ステーション、そしてそこに搭載されたのがシェパード粒子加速器何ですね。 これが正常に稼動すれば、今のエネルギー問題がすべて解決されるということなんですが。
この作品でも、地球の各国から選ばれた人選のクルーが乗り込み、国の枠を超えた取り組みをしています。 しかし、断末魔の地球では、国家間の緊張が高まっているんですね。
宇宙ステーションなんで、地球との交信、家族とのやり取りは通常のように行われています。 しかし巨大で無限のエネルギーなんてあるんでしょうか? 人類生存の究極のテーマですが、これは多大なリスクを伴うようですね。
昔PSのゲームで、「ディノクライシス」 というサバイバルゲームがありましたが、現代社会に恐竜が出現するゲームでした。 いったい現代にどうして? それは作品中に登場する “サードエナジー” という、この作品でも人類究極の無限エネルギー開発によって、太古の生物がやってきてしまうという物語になっていました。
この作品も、どうやら多次元で異変がおき、パラレルワールド、そしてもっと恐ろしいものが出現していくという感じですね。
今作は、1作目の謎解きの部分もあるようです。 衝撃のラストが、シリーズっぽいんですが。

イメージ 1
夫と離れ宇宙ステーションに来たエヴァ

イメージ 2
なかなかうまく行かない実験

イメージ 3
残り少ないトライで異変が起きる

イメージ 4
そこでさまざま異変が

イメージ 5
それは地球でも

イメージ 6

閉じる コメント(2)

顔アイコン

Netflix とは、斬新な手を使ってきましたね。
結構、SFとしてはtyんと出来てましたね。

2018/3/11(日) 午後 0:11 ぱいさん 返信する

顔アイコン

> ぱいさんさん
謎が明かされる重要な作品でしたね。
TBありがとうございました。

2018/3/12(月) 午前 6:31 atts1964 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事