atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

仁義なき戦い 代理戦争

1973年作品、深作欣二監督、菅原文太主演。

昭和三十五年四月、広島市最大の暴力団村岡組の第一の実力者・杉原(鈴木康弘)が、博奕のもつれから九州のやくざに殺された。 杉原の兄弟分打本組々長打本(加藤武)はこの時、きっちりと落し前をつけなかったために、村岡組の跡目をめぐって熾烈な抗争が起こることになった。
広能(菅原文太)は、スクラップ工場の警備の役をしながら、小さな組を率いていた。 しかし小さいながらも、人脈は広く、村岡組とは強いパイプを持っていた。 山守(金子信雄)はそこに目を付け、村岡組の跡目に野心をもち、広島に顔の利く広能を強引に山守組傘下に復縁させるよう長老の大久保(内田朝雄)に根回しをする。
返事を保留していた広能だが、舎弟の不始末で資金的に穴が開いてしまい、結局山守の組に戻ることになる。
一方、打本も、村岡組の幹部江田(山城新伍)と共に広能と兄弟盃を交わし、更に日本最大の暴力団、神戸の明石組へ広能を介して盃を申し入れた。そして、打本は明石組々長明石辰男の舎弟相原(遠藤辰夫)と兄弟盃を交わした。
一方、神戸の明石組は同じ神戸の巨大組織・神和会との抗争真っただ中だった。 それは神戸にとどまらず、西日本全体に飛び火していた。 特に福岡で起こった抗争には、明石組幹部・岩井組組長・岩井信一(梅宮辰夫)が出て行き、逮捕されてしまう。
そして両組織とも広島に狙いを定めていた。 ここを取った方に軍配が上がると思っているのだった。
そんな時、村岡組長(名和宏)が体調悪化のため引退をすることになる。 そしてその後目になんと山守が着くことになるのだった。
ここからまた大きな火種が発生するのだった・・・

今作から、副題の通り、今までの広島という抗争地から、神戸も巻き込んだ一大抗争に発展していきます。 まあ前作から神戸の匂いはぷんぷんとしていたんですが、そこに加藤武演じる打本の存在が別の意味でクローズアップされてくるんですね。
村岡組という広島の最大組織の頭が取られるという大事件に、普通なら弔い合戦で、ナンバー2が陣頭指揮を取り、大抗争になるんですが、彼は今で言うインテリやくざの走りだったんでしょうか?
でも当時は、バチバチの時代でしたから、そんな生ぬるい実業家ヤクザは敬遠されていくんですね。 でもこういう人間は集金力がある、だからなかなか殺されないんですね。
そこへちょっかいをかけるのがこれまた世渡りが上手い山守、そして生粋の任侠の広能とはやはり相容れない関係になっていきます。
また今回から、小林旭が登場して、役名も字が違いますが“アキラ”なんですね。 そして成田三樹夫と山城新伍と、幹部形成していきます。
でも強面の3人も、ちゃんと周りを見ているんですね。
神戸も明石組と親和会と2大派閥がありここも広島の勢力図に関連してきます。
そして広能は、相変わらず呉でスクラップ業をしているんですね。 ちょっともどかしいんですが、この辺は史実に沿っているんでしょう。
5部作の3作目ですが、実は次作で決着の予定だったそうです。

イメージ 2
村岡組ナンバー2の打本が腰が引けていた

イメージ 1
しかし周りは武闘派ぞろい

イメージ 3
広島の地盤を狙う山守

イメージ 4
呉で小さいながら組を持つ広能

イメージ 5
大久保のとりなしで、打本と手を結ぶ広能

イメージ 6

開く コメント(10)

開く トラックバック(1)

真夜中のゆりかご

2014年作品、スサンネ・ビア監督、ニコライ・コスター=ワルドー主演。

刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)は、通報を受け同僚シモン(ウルリク・トムセン)とともに乗り込んだある一室で、薬物依存に陥った男女と育児放棄された赤子の衝撃的な姿を目にする。そこにいたトリスタン (ニコライ・リー・コース)は以前彼が逮捕した男で、アンドレアスは全くトリスタンを信用していなかった。
部屋に入ると、自分のした糞尿で体中まみれている赤ん坊が泣いていた。 すぐさま彼は抱き上げ体を洗う。 一緒にいた女・サネ(リッケ・メイ・アンデルセン)は赤ん坊を返してと弱々しく言うが、彼は女に赤ん坊をなかなか渡さなかった、渡したくなかった。 そして二人をすぐに連行して薬物検査をする。
アンドレアスは湖畔の家で妻のアナ(マリア・ボネヴィー)や生まれたての息子とともに暮らし、幸せを感じていた。 彼の子供と同じくらいのその赤ん坊を見ていられなかったのだろう。
二人の子供のアレクサンダーは、夜泣きをする。 子育てで、アナがが疲れているだろうと、彼は車に乗せてあやしに行く。 車に乗せるとスーッと寝てしまうからだった。
普段は優しい妻なのだが、突然キレたように叫ぶことがある。 その時も優しく抱きしめるとすぐに落ち着くのだが。
トリスタンとサネは釈放された。 今回は薬物反応が出なかったし、虐待というまでには至らなかったからだったが、アンドレアスは納得がいかなかった。
息子のアレクサンダーの夜泣きは、毎日続いていた。 今夜はアナが外にベビーカーで連れて行った。
同僚のシモンは、一人暮らし、家庭が上手く行かず、荒れた生活の一人暮らしだった。 たまに酒場でトラブルを起こすこともあり、そんな時はアンドレアスが彼を迎えに行く。
そんなアンドレアスとアナの夫婦に、悲劇が起きる。 いつも夜泣きをするアレクサンダーが息をしていない。 アンドレアスが必死に人工呼吸をするが、もう赤ん坊は亡くなっていた。 すぐに救急車を呼ぼうとするが、アナは子供と引き離したら自殺をすると叫ぶ。
通報を止め、彼はアナに睡眠薬を飲まし、ある行動に出るのだった…

冒頭の、糞尿まみれの赤ん坊がまずショッキングなんですね。 育児放棄というか、このどうしようもない二人の所にいればほどなく赤ん坊は死んでしまうんでしょう。 
トリスタンはどうしようもない男で、SEXと薬しか眼中にない。 はっきり言ってどうしようもない男で、親として全く資格のない男です。 そんなトリスタンに支配されているサネ、しかしほんのわずか母性を感じるところがあります。
一方対照的な3人の幸せを感じるアンドレアスとアナですが、こちらの赤ん坊が死んでしまうんですね。 でもアナの不安定さが実は冒頭から描かれているんですね。
この後アンドレアスの取った行動が悲劇をどんどん加速させていくんですが、彼に同情を禁じ得ませんね。 しかしやってはいけないことはダメなんですね。
ニコライ・コスター=ワルドーは今話題のドラマに出演しているそうですが、なかなかいい男で、主役が増えていくんではないでしょうか? 
デンマーク作品ですが、ちょっと推理物の面もあり、なかなか切ないんですが面白い作品でした。 母親になって強くなる人もあり、そうでない人もいる、考えさせられますね。(G)

イメージ 1
幸せな3人

イメージ 2
でも夜泣きをするのでその都度外へ

イメージ 3
どうしようもない二人のトリスタンとサネ

イメージ 4
酒場で荒れるシモンを助けに行くアンドレアス

イメージ 5
しかし息子の死に苦悩するアンドレアス

イメージ 6

開く コメント(12)

開く トラックバック(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事