atts1964の映像雑記

いろいろな映像作品について書き留めています。あら捜しの突っ込みは削除させていただきます。また他人を攻撃する方はご遠慮ください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

あと1センチの恋

2014年作品、クリスチャン・ディッター監督、リリー・コリンズ、サム・クラフリン出演。

6歳から幼なじみのロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は、ずっと一緒に青春を過ごしてきた、友達以上恋人未満の関係。 他愛もない話も夢の話も恋の話も、何でも共有してきた。 2人の夢は、この小さなイギリスの田舎町を離れ、アメリカのボストンにある大学へ一緒に進学すること。
お互い意識をし合いながら、なかなか恋人に発展しない二人だったが、パーティーの時にめでたくキスをすることに成功?するがその直後、ロージーは倒れてしまう。テキーラの飲み過ぎで意識を失ってしまうのだった。
ロージーはそのキスのことをすっかり忘れていたのだが、アレックスは脈が無いと思ってしまい、クラスメートのベサニー(スーキー・ウォーターハウス)と交際を始め、初体験の報告をロージーにしてしまうのだった。
一方のロージーはアレックスの報告にショックを受け、同じくクラスメートのグレッグ(クリスチャン・クック)と親しくなり、彼と関係を持ってしまうが、初めてだったグレッグは出したままのコンドームを膣に残してしまう。パニクったロージーはなんとアレックスに助けを求める動転ぶり、そんな二人だった。
アレックスは窮屈な街を出てボストンへ行こうとロージーを誘い、ロージーは夢であるホテル経営が学べるボストン大を受験し、なんと合格の知らせが届くのだった。
アレックスもハーバードに合格、ボストンに二人で行くことになるのだが、そんな時ロージーの体に異変が。 彼女は妊娠していたのだった。
グレッグの子であることは明白、どうしようか迷っているとき、親友のルビーに産んでから手放して、アレックスと一緒にボストンにけばといわれその気になる。
しかし我が子を見たとき、彼女はもう手放せなくなってしまうのだった。 そしてシングルマザーとして地元に残り、一人娘のケイティとの暮らしが始まるのだった…

これは劇場で見逃してしまった作品、ラブコメなんで迷っているうちに公開が終了してしまいました。
監督はクリスチャン・ディッター、日本未公開のファンタジー 「ビッケと神々の秘宝」という作品を撮っていますね。
主演のロージー役にリリー・コリンズ、「ミッシング ID 」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13298143.html では主人公の相手役でした。
そして相手役のサム・フランクリンは、「スノーホワイト/氷の王国」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14183895.html ではウィリアム王をやっていますし、「ハンガー・ゲーム」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12958617.html http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13127064.html http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13669268.html シリーズではフィニック・オデイル役を演じて重要キャストでしたね。
物語は本当に邦題通りのもどかしい二人の恋のお話です。原題は 「LOVE, ROSIE 」で、手紙の最後に着ける一言ですが、これでもいいですが、それではアイキャッチに不足してしまいますから、この邦題がベターかもしれませんね。
よく夢というのは1cm先にあると言います。 でもそれがわからないからこそ遠くに感じてしまい諦めてしまう。 恋もそういうもので、ロージーは何度も諦めてしまうんですね。 擦れ違いを繰り返し、長い時間がたってしまいケイティもいつしか成長してしまいます。
悲しい別れも多々ある人生ですが、ちょっと今まですれ違ってきた分、強引な結末に感じますが、それも良しとしてもいい雰囲気のエンディングを迎えます。
まあ気楽に観れるラブコメという部分とロージーの奮闘記ですね。

イメージ 1
小さいころからの幼馴染みの二人

イメージ 2
二人の夢はアメリカボストンに行くこと

イメージ 3
擦れ違いの中彼女は身ごもってしまう

イメージ 4
束の間のひと時、二人はアメリカで

イメージ 5
シングルマザーとして生きているロージー

イメージ 6

開く コメント(8)

開く トラックバック(4)

GANTZ:O 

2016年作品、川村泰監督、声の出演:小野大輔、M・A・O、早見沙織、池田秀一。

激しい戦闘が行われていた。 背の高いバケモノに立ち向かっている数人の黒のボディスーツを着た男女、やっとのことで倒すことができたが、その中で先頭に立って戦っていた男が命を落としてしまう。
高校生の加藤勝(声:小野大輔)はバイトの帰りを急いでいた。 今日は大事な日、ケーキを買ってひとり帰りを待っている弟のもとに急いでいた。 しかし、地下鉄で、両手に刃物を持った通り魔に襲われ死んでしまう。
しかし、命を落とした次の瞬間、彼はマンションの一室にいた。 そこにいたのは玄野(声:梶裕貴)というリーダーを亡くし、失意に沈む東京チームだった。
勝には何が起こったか理解ができないでいた。 ここはどこなのか? 自分は死んでしまったのではないのか? ここにいる奴らは誰なのか?
鈴木良一(池田秀一)という中年の男が説明をし始めた時、一緒に命を助かった大柄なやくざ者がいた。 周りの者の言う事を効かず暴れだしそうになった時、 そこにいた中学生の西丈一郎 (郭智博)があっさり男を殺してしまう。 これから始まる戦闘に足手まといになるからという事からだった。
その時転送が始まった。 目の前にある巨大な球体から命令が出され、サバイバルゲームを行う。 そのミッションをクリアするにはラスボスを倒さなければならないし、制限時間以内にクリアできなければ全員死んでしまうというのだった。
もう一人の女性は人気アイドルレイカ( 早見沙織)だったが、いつもは東京のどこかだったが、今回は大阪に飛ばされたのだった。 そしてそこには妖怪が恐ろしい数で現れ、街を壊し、人間を殺しまくっていたのだった。
そしてこれはニュースにもなり大阪の町は大混乱になっていたのだった…

実写版の 「GANTZ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9105676.html http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9105758.html は見ましたが、結構前のお話でしたね。
今回はフルCGアニメで再登場ですね。 原作を読んでいない私ですが、今作は 「ぬらりひょん編」 のお話で、大阪メンバーと一緒に戦う物語でした。
というか、何が大阪編なのかもわかっていませんが(^^)
実写版については、確かに面白い作品だなあと思いましたが、物語が進むにつれてちょっと小難しくなってしまったというのが印象でした。 1作目の冒頭の、ヘンな生物を次々に倒していくところが大変面白く、残酷描写も多く、エグイ中に快活さがありました。
その点これはあるミッションに特化しており、私にとっては面白かったですね。 そして、フルCGにしたことによって、演じる俳優の色がつかないのがかえってこの作品に関してはぴったりだと思いました。
そして、馴染みのある妖怪が、一斉に襲ってくるのがまた面白い。 「ゲゲゲの鬼太郎」 だと、人間に危害を加えないような妖怪も、今作では思いっきり危険な怪物と化しているんですね。 そしてラスボスの強いこと(^^)
この妖怪って確かに総大将と言われますが、こんな力があるのなら頷けますね。
これ、この1作限りなんでしょうか? また別の 「〜編」 があったら、見たいですが、あまり難しくしないで、1話完結的な作りにして数作作ってもいいんじゃないでしょうか?

イメージ 1
勝の帰りを待つ弟

イメージ 2
彼が気がつくとそこに大きな黒い球体が

イメージ 3
中学生の西

イメージ 4
転送された勝、大阪ですぐに戦いが始まる

イメージ 5
アイドルのレイカ

イメージ 6
中年の鈴木

イメージ 7
大阪で出会う山咲杏

イメージ 8

開く コメント(12)

開く トラックバック(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事