ここから本文です
元・農業高校日記
さて、これからどうしましょう

書庫全体表示

 あけましておめでとうございます。昨年末は、フィンランド旅行をした際に訪問したサンタ村のサンタさんにお願いした”サンタさんからのお手紙”が届き、温かい気持ちになれました。
 
 お子さんのいる友人にも、もちろん独身の友人にもサンタさんからのお手紙は喜ばれました。

(友人には内緒にしていたので、突然のサンタさんからのお手紙に喜びもひとしおだったよう。友人のお子さん達は「なんでサンタさん、日本にいる僕たちの事わかるの?」と不思議がっていたとか。)

イメージ 1

 また、年末には私の以前勤めていた学校の卒業生の親から贈り物を頂き、感謝。その卒業生の実家は農家さん。ご夫婦で無農薬でお野菜やお米、小麦を作っているんです。そのご夫婦の育てたもち米や小麦で作ったお餅やおうどんを頂き、これ以上ない素晴らしい贈り物に、感激しました。

 その卒業生は、姉妹二人共学園の卒業生。誠実で心優しい生徒さんで、姉妹二人とも、私にとってはとても尊敬できる、可愛い生徒さんでした。

 その農家さんには、担任していた生徒一人が、一週間の農家実習でお世話になり、またもう一人が、反省実習でお世話になったんですよね…
 その当時の事も懐かしく思い出されて来ました…。

 私が退職後も、私を思い出して贈り物を送って下さる方がいる事に、感謝と人生での人と人との出会いの不思議さを感じました。(私の事なんか、忘れている保護者も、たくさんいるでしょうし実際、気に食わない教師だと言って来た保護者も多くいたのです…。)

 新年が明けて、驚いたことがありました。それは、人の人生はいつどうなるのか、わからないという事。

 私が以前働いていた県で、仲良くしていた他校の女性の先生がいました。私が退職後も、メールでやり取りし、私にとっても信頼できる素敵な友人であり、教師でした。

 その先生から年明けそうそうメールが。今まで15年以上、働いて来た教師という仕事を辞める決意をしたとのことでした。

 そうとう今の勤務校が大変なようで、何回かメールで大変なご様子はうかがっていたのですが、本当に素敵な方だったので、こんなに一生懸命に頑張って来られた先生が辞められるとは…。

 実際、本当に教師って、ストレスの多い大変な職業なんですよね…。実際、私も人が好きで教師という職業についたのですが、退職する時には、すっかり人嫌いになってしまったのです。

 自分を、自分の人生を大切にした生き方をして行きたいと私も思っています。その友人先生の新しいスタートを私も心から応援したいと思いました。

 PEIに行ったことで、中学生の頃読んだ『赤毛のアン』をもう一度読み返しています。松本侑子さんが訳した『赤毛のアン』はとても面白い!『赤毛のアン』には、シェイクスピアなどの有名な本や詩の文章がたくさんちりばめられているんです。アンのセリフにも…。

 『赤毛のアン』のアンの素敵なセリフを紹介したいと思います。私も、今この人生の曲がり角に来ているんですよね…。これは、アンが名門大学に合格したにも関わらず、マリラの視力が弱っている事を知り、PEIに残り、マリラと生活していくことを決意した時の言葉なんです。

 『いま曲がり角にきたのよ。曲がり角を曲がった先には何があるかは、わからないの。でも、きっと一番良い物に違いないと思うの。』

  • 素敵な言葉の贈り物、福来野頂きました
    こんばんは、ちびこさん。

    拝読させて頂き、この最後の台詞から福来野は金子みすゞさんの
    作品を想い出しました。

    「このみち」と言う作品です。
    ありがとうございました。

    福来野

    2018/1/5(金) 午後 8:25

    返信する
  • 追伸
    お願いがあります。この歳までモヤモヤしている故事、諺に
    「棚から牡丹餅」と言うのがあって、何を調べても「棚から落ちて来た
    牡丹餅が・・・と、書いてあります。
    棚の上に埃まみれの牡丹餅が口に運良くはいって、何が
    嬉しいのでしょう。思いがけないいい事があった時に言うらしいの
    ですが、ご存知でしたら本当の語源を教えて頂けないでしょうか。

    宜しくお願い致します。

    福来野

    2018/1/5(金) 午後 8:31

    返信する
  • 顔アイコン

    > 福来野さんへ

    コメント、ありがとうございます。金子みすずの詩も教えて頂きありがとうございます。

    すぐにみすずさんの詩が思い出されてくるとは、福来野さん素晴らしいですね。


    「棚から牡丹餅」の語源について、福来野さんのユニークな視点に驚きました。

    語源は、福来野さんのおっしゃる通りです。他の語源を私は聞いたことがありません。

    多分なのですが・・・・・

    \里了なので、当時は冷蔵庫などもなく、多分この牡丹餅もそれほど古い物ではなく、ちょっと前に誰かが隠した物なのではないでしょうか。また、お皿か葉っぱにくるまれていたのでは、無いでしょうか?

    古い埃まみれの牡丹餅ならこんなことわざにはならないでしょうし…。

    当時は、甘い物はとても貴重なものだったので、ちょっと古くて固い牡丹餅でも喜ばれたのかもしれません。

    多分、このような幸運を表すことわざになっているので、埃まみれの牡丹餅ではなく、食べる事ができる喜ばれる牡丹餅だったのだと思います。

    [ ちびこ ]

    2018/1/5(金) 午後 9:52

    返信する
  • おはようございます、ちびこさん。

    早速、お返事頂いて感謝です。
    お正月のお餅からとんでもない事をお願い致しましたが、
    快く受けて頂いて、本当にありがとうございました。

    福来野

    2018/1/6(土) 午前 8:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事