安中古城住宅団地:4区画を値下げ??市 /群馬

 安中市は、市土地開発公社が保有する同市板鼻の「安中古城住宅団地」内の4区画(243?271平方メートル)を値下げ販売すると発表した。 市によると、同団地は県企業局が造成し分譲したが、同公社が公共事業の代替用地として95年に6区画を購入。98年に一般向けに1272万?1361万円で分譲を始めたが、2区画しか売れなかった。残った4区画は04年に価格を26%引き下げたが売れず、今回さらに12%引き下げ、827万1000円?889万5000円で売り出す。 購入の申し込み資格や条件も大幅緩和し、従来の▽3年以内に住宅を建築▽5年間の転売?賃貸の禁止??の条件はなくした。「本人または2親等以内の親族が、自ら居住する住宅」などの条件は残した。 岡田義弘市長は「公社は金融機関から融資を受けて土地を購入している。売らなければ利子負担がかさんでいくので、価格すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事