オーディオ エージェント

ヴィンテージオーディオを楽しみましょう。いつの間にか6年目を迎えました〜。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

<オークション:b116381952 CROWN IC-150Aクラウンプリアンプ Ends 5月9日22時7分>

- CROWN IC-150A -

●ヤフオクにて、クラウンのあのIC-150Aを見つけました。CROWN社は、その実力で今でも高い評価を得ている米インディアナ州にある業務用音響機器メーカです。1947年にRubyとMooreによりIREC(International Radio and Electronics Corporation)として創業、当初はオープンデッキも作っていました。1975年にIRECのスペルが長すぎるということで、CROWNに社名変更しています。チャンネルディバイダーや民生用アンプなどを開発していた時期もありましたが、2000年にハーマンインターナショナルグループの傘下に入り、現在ではプロ用パワーアンプ専門メーカとなっています、D-45が現役ですねぇ。
 CROWNのアンプは以前からJBLとの相性が良く技術力の高さでプロから信頼の高かったブランドですが、日本では商標の関係でAMCRON(アムクロン)というブランドで販売されています。プロ専門メーカなのですがきまぐれでIC-150のような民生オーディオ用のRCA端子主体のプリアンプを製造していたこともあり、その性能は名機といわれるオーディオ機器を軽く凌いでいると言われています。しかし、残念ながら音のことしか考えていなかったようで、デザインを良くして高く売ろうという気配は感じられません。デザインは無骨で味気なく、気品あるリビングに合う高級感あるデザインではありません、音はすばらしいのですが。
 で、そのきまぐれというのが今回のプリアンプなのですが、1970年にIC-150として発売、1974年にIC-150Aとなり\193000で、1983年まで販売されていたはずです。Aが付くことでパネルの雰囲気が若干変わり、前面にヘッドフォンジャックとAUX3の入力端子が追加されましたがツマミの配置は変更ありません。

●IC-150Aはクラウンのプリアンプとしては最も有名といえる名機です。アンプの型名の由来となっているのがオペアンプICを使ったプリだからということ。確かに回路図を見るとオペアンプだけのシンプルなプリアンプです。
 ただですねぇ、150と150Aの回路図を見比べてみますと違いがあって、Aがついただけではなさそうなんです。しかもIC-150のときのフォノにはオペアンプLM301Nの記載はありますが、回路図はディスクリートで構成されていてあれ?って感じ、ラインのオペアンプにはモトローラのMC1439Gが使われていて、これはタコ足と呼ばれる缶タイプのICです。150AではフォノにはLM301N、ラインには1回路FET入力オペアンプLF356Hが用いられています、マニュアルには8PINのDIPの形で掲載されていますが実際には缶タイプも使われていたようです。
 しかもそれだけではなさそうで、時期によって使われているオペアンプの型番に違いがあったり、150Aは基板自体も6〜7種類あるようなんです、150では回路図は3バージョンありました。そもそもオペアンプはモノによって数千円〜百円位まで価格に開きがあるので、オーディオ用は最高価格のものかと思っていましたが、どうもそうでもないようです。1回路18Vで型格仕様が合えばどのオペアンプでも良いのでしょうが音は変わってしまうでしょうね、新しいところではバーブラウンのOPA134などで解像度を上げてみるなど好みの音に改造するとか、図太いオリジナルの音を追及するかとか、、これは意見の別れどころになりそうです。また、経年変化でコンデンサやボリュームのガリが出てる場合も多いです、このボリュームは米CTS製で今でも購入可能、1000円弱とそんなに高くありません、ギーターアンプなんかに良く使われています。
 f特は3〜100kHzと広帯域で、歪は20〜20kHzで0.05%以下と低歪、SN比95dBと高性能機です。音楽的にも優れた音質は現在でも愛用者が多く現役で多数活躍、修理記事なども抱負にあります。国内ではそれなりの価格で見かけますがUSでは大変安く、信じられないコストパフォーマンスです。重量は9.1kgとわりと重く、電源系がしっかりしている様子が伺えます。120V仕様ですが150Aは100Vに変更できます。125Vの場合ステップアップしないでそのまま使うとリレーが誤動作するようです。

●低域での力感があり、からっとしたサウンドで往年のALTECやJBLとの相性はいいようです。Jazz向きってことでしょうか。SNも高く解像度もそこそこあって、がしっかりとして音の芯が強いのが特徴。細部にこだわらずに大づかみにぴしっと決める傾向があるので、解像度を求めるならより新しいSL-2などの方が良いようです。クラウンのプリアンプは、IC-150からSLシリーズ、PSLシリーズとなるにつれ、だんだんと音がクリアになる傾向にあり、図太さより繊細さが増してきているようです。
 Jazzの好きな方で図太さが欲しい方には150Aはお勧めの逸品でしょうねぇ。

●価格は開始価格が\79500と高額なため0BIDです。ヤフオクやイーベイでは150、150Aがいくつか出品されていますが、この出品者の画像がとても綺麗だったので使わせていただきました。
米国ですと$200あたりですが、日本ですので\4万が相場、\2万で即買いと勝手に値付けいたしました。今回はケースなしですが、かっこいいウッドケースもあります。やっぱり画像は大事だなぁと痛感しました、一見してとても綺麗で品質が良く音も良さそうに見えます。
それにしても日本と米国でかなり価格差のあるアンプですねぇ。

★↓クリックお願いします にほんブログ村 ブログランキング★
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事