京都のまつ

マルチアンプ駆動と精緻なタイムアライメントへのこだわり

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 リスニング・ルー厶の閉じられた音響空間においては、その部屋のサイズや建物構造などによって様々な音響上の歪が生じる。
 その代表的なものとしては、定在波や反射音、残響、構造体による共振・付帯音などがあり、無響室でない限り、一般的なリスニング・ルームでは、それらの複合音として再生音楽を聴いていることになる。  
 リスニング・ルームに求められる基本特性を向上させる為のルーム・チューニング材も多く登場している一方で、リスニング・ルームで発生する音響上の歪みを総合的に逆補正することを目的とした音響補正用オーディオ機器がある。
 この音響補正用の代表的な機器といえば、一昔前はトーン・コントロールやグラフィック・イコライザーであったが、今日では、DSPを活用したデジタル・フィルターによって音響上の補正するのが一般的になってきた。
 特にプロサウンドの世界では、今やDSPによる音響補正機能の活用・搭載は不可欠とも言える技術で、この技術の進化のお陰で、ライブコンサートや狭いカーオーディオの環境でも、いい音を聴く上で大きな恩恵を受けていると言える。
 この音響補正用機器は、リスニング環境で生じるアコースティックな歪だけだはなく、オーディオ機器の信号処理やスピーカーの周波数特性、位相変化など、原音再生における阻害要因を逆補正するのが目的である。
 その補正機能については、様々な歪みの状況を正確に把握する音響アナライザー技術と的確な補正をするためのイコライジング・フィルター技術の両面で評価する必要があるが、その手法についてはかなりの違いがある。
 コンシューマ・オーディオの分野では、AccuphaseDGシリーズ、オーストラリア製DEQX、フランス製TRRINOV、アメリカ製Dirac Audioなどの音響補正機器があり、小生も15年以上前から機会を捉えて様々な機器を借りて評価してきた。
 しかし、新たに開発したスピーカー・システムである「STS-Limited」以前のシステム環境では、何故か改善効果を実感するまでには至らなかった。
 音響空間やオーディオ機器で生じる歪を改善しているにもかかわらず、芳しくない評価になる原因については、以前から2つの要因があると考えてきた。
 一つには音響補正にはイコライザーのフィルターで、かなりの補正をかけることによって、その補正フィルターで群遅延歪が増大することから、効果と副作用の両面で評価する必要があること。
 もう一つには、補正の大半が200Hz以下の定在波の補正に加えられることによって、ウーファーへの過大なブーストアップが伴うが、その結果、低音の暴れと付帯音が増加し、ブーミーな低音が強調される側面があることと感じてきた。 
 そんな思いから、低音の付帯音がストーン・ウーファーによって大幅に減少したことを機に、定在波対策の効果を期待して再度、音響補正機器を試すことにしたのである。
予想したとおり、以前の評価とは様変わりの高評価となったことは、当ブログでも報告したとおりであるが、この結果を得て、スピーカーのレベルアップでは解決できない音響空間上で発生する課題を軽減すべく、TRINNOVST2-HiFiを導入することにした。
チャンデバ機能については、減衰スロープの96dB/octへのこだわりとS/N比の確保を考え、今まで通りAccuphaseDF-65を使うこととした。TRINNOV導入後、2ヶ月近くになるが、この間に様々な設定を試してきた。
イメージ 1
 このテーマで前回にブログで報告した以降に、パワーアンプの更改やツィータのレベルアップも行い、基本性能もかなり向上したこともあって、TRINNOVの導入前のサウンドを凌駕するのにはかなりの試行期間を要する結果となった。
 全帯域を補正することにこだわると、軽度な補正に限定しても群遅延増大の影響なのか、良い結果が得られなかった。
イメージ 2

イメージ 3
 
 様々な試行錯誤の結果、補正前後の特性画面では大きな違いはないようにみえるのであるが、200Hz以下の定在波領域のみを±5dB程度補正することで大きく臨場感が向上することになったのである。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
 
 永年、臨場感の改善には中高音が基本と考えてきたが、「STS-Limited」の完成による低音域の改善で、臨場感が大きく向上することを実感してきたが、TRINNOVによるリスニング・ルームの定在波の補正でも改めて実感させられることになり、改めて低音再生の重要性を認識させられる結果となった。
 200Hz以下のリスニング・ルームの定在波の影響を受ける低音域のみの補正だけで、大太鼓などの低音再生の力感が増し、実にリアルな低音を聴けるようになった。TRINNOVは実に多機能な設定が出来るので、今後も引き続きポテンシャルを引き出せるように使いこなしてゆきたいと思っている。

開く コメント(6)

 今まで使用してきたツィータは、ドイツのTheil& Partner社製25mm口径のダイアモンド・ツィータ「BD25-6-034」であったが、それを、セル・コンセプト仕様の30mm口径「BD30-6-458」に変更した。
 
BD25-6-034」の25mmダイアモンド・ツィータは、過去のユニット選別過程で、Scanspeakのベリリューム・ツィータに選抜で負けた経歴をもつユニットであった。
 
イメージ 1
 しかし、ユニットの選抜評価段階で使用していたのは、MDFのバッフル板に固定していたので、現在の6kgもある石材のツィータ用ベースに装着した環境で真価を発揮しはじめ、結果的にScanSpeakのベリリウム・ツィータから主役を奪還したのである。
 
イメージ 2
 BD-25は、ユニットの形状からも分かるように、樹脂製のハウジングに収まっており、そのハウジングの共振は質量の大きい石材のベースに取付けることで、ユニットの固有音が消え、ダイアモンドならではのトランジェントの高い高音域が聴けるようになり、評価を上げることになったと思っている。
 ツィータについては、ユニットの制震を配慮しないことが少なくないが、ツィータについても、改めてユニットを収める環境の重要性を認識する結果となった。
イメージ 3

 近年、Theil & Partner社は、セル・コンセプトという仕様で、マグネットの強化と共に振動板の駆動方法の見直しなどが行われ、ツィータの形状についても、かなり小型化されるなど、大きく仕様が変わったこともあって、いつか、「STS-Limited」へ採用したいと考えていた。
 
 BD-30になって振動板の口径が25mmから30mmになったことで、クロスオーバー周波数も1,800Hzまで下げられるので試聴をしてみたが、やはりダブル・ネオジウム仕様でツィータの能率もトランジェントが、良くなったことから、現在のミッドレンジとのコラボではレスポンスがツィータに追いつかない印象になることもあって、結局、BD-25のときと同じ2,500Hzに設定して使うことにした。
イメージ 4
 2,000Hz以下でバランスを取るには、さらなる強力なミッドレンジへのレベルアップが必要であろうが、その強力なミッドレンジは、既にT/Sパラメーターも公表されており、あとは輸入が可能になり次第、新たなミッドレンジのユニットを採用したいと思っている。
 そのミッドレンジを搭載の暁には、現在のストーン・スピーカー「STS-Limited」は、「STS-Ultimate」に命名変更する予定で、スペック的にも当初の開発コンセプトも完全に達成できるとものと期待をしている。
 
 今回、ツィータの変更に伴うチューニングは、先般TORINNOV-magnitudeの解析で把握した「平均音圧法」によってシステムの計測と調整をやり直してセッティングをした。
 この「平均音圧法」によるチューニングによって、計測・調整の完了とともに、ほぼ納得できるサウンド・バランスに纏めることができたのである。
 ツィータをBD-30に変更して間もなく、Tさんにこのバランスで評価をして頂いた結果、ツィータの音圧を0.8dB下げることで、さらにベスト・バランスになるという評価で落ち着いた。
 ±1dBまでは「平均音圧法」の誤差の範囲といえるもので、この調整方法の妥当性が、今回のユニット変更の機会を捉えて、自他共に確認できたものと思っている。
 永年、マルチアンプ方式の音圧調整を試聴用音源による聴覚による調整に頼ってき来たことを考えると、このバランスの可視化による音圧の最適化手法は、極めて大きな発見であると思っている。
 
 Tさんもわずか、0.8dBの見直しで、これ程に音楽表現が変わることに驚かれていた。
 
 この翌日にTRINNOV ST2-HiFiが我が家にやってきたが、充分補な能力を発揮させる状況に至らならない段階で、ダブル・ウーファーズの幹事長であるリベロさんが拙宅を訪問され、先日、発売された「Analog」誌をプレゼントして頂いた。
 
イメージ 5
 STS-Limitedを聴いていただいた感想は、リベロさんのブログの通りであるが、TRINNOVをオフにしたサウンドでも充分なサウンドを実感していただけたものと思っている。
 今後、TORINNOVについては、拙宅のリスニング・ルームにおいて、最適な補正テクニックを探り、別の機会に結果報告をしたいと思っている。

開く コメント(10)

真鶴邸 訪問

 New Fujiyama お披露目の5月26日に訪問の予定をしていたのだが、多くの参加者が見込まれていたこともあり、「遠路から音源を持ち込んでも、ゆっくり聴いていただけける時間がとれないでしょう」とのリベロさんの配慮もあって、10日のステラさんの持ち込みバッテリー電源「Stromtank」のデモ日にダブル・ウーファーズとも交流のあった京都在住のTさんとともに、リニューアルされた真鶴邸を訪問させていただくことになった。
イメージ 1

イメージ 2
真鶴には、20079月に初代Fujiyamaのタイムアライメントを調整すべく訪問させていただいて以来、12年ぶりの再訪問となった。
前回訪問時から、リスニング・ルームもFujiyamaのスピーカー・ユニットやホーン構成も大きくリニューアルされており、この大型のスピーカー・システムをTRINNOVALITITUDE」が、どの様にサウンド・バランスをまとめているかも期待しての訪問であった。
 
到着後、いつもハイエンド・システムを聴かせて頂く時に持ち込んでいる様々なジャンルの音源をチョイスして聴かせて頂いた。
久しぶりに聴かせていただく、このクラスの大型ホーン・システムは、広くて開放的な空間も相まって、拙宅のように市街地で密閉されたリスニング環境と異なり、予想した通りゆとりのあるサウンドを聴かせてくれた。
特にリベロ邸のリスニング環境は、窓から真鶴の海岸を眼下に見渡せる絶景の立地環境もあり、音楽鑑賞だけでは味わえないデラックスなリスニング環境は、なかなか味わえない理想的な雰囲気である。
 
サラウンド環境も含め、48枚もの振動板をもつNew-Fujiyamaの真価を発揮させるには、オーナーによる調整だけでは至難の業である。
TRINNOVという優れたサウンド・オプチマイザー・テクノロジーでもって、完成後間もない大型システムがリスナーを引き込む次元にまで纏まっており、その意味では、TRINNOV ALUTUTUDEありきのFujiyamaシステムと言っても過言ではない。
 しばらく、持ち込んだ音源で聴かせていただいた後に、ステラさんから持ち込まれた60kgもの重量がある大型バッテリー電源「Stromtank」のデモに入った。
イメージ 3 
 商用電源から切り離されたTRINNOVや光カートリッジの比較試聴では、歴然たる導入効果が認められたものの、やはり300万を超える電源のレベルアップ投資には勇気が必要だろう。
イメージ 4

大型ハイエンド・システムのサウンドを堪能した後は、これまた滅多に味わえないハイエンドなグルメとお酒を振る舞って頂いた。
イメージ 5

眼下の真鶴海岸の絶景は、あいにくの雨でかすんでいたのが心残りであったが、リスニング環境も含めてハイエンド尽くしの一日を過ごさせていただいた。
 
リベロさんお世話になり、ありがとうございました。拙宅への訪問も楽しみにしています。

開く コメント(5)

 TRINNOV magnitudeのチャンデバ機能の検証では、設定したクロスオーバー周波数によって、ウーファー、スコーカー、ツィータ間の正確なタイムアライメントと共に、ユニット毎の最適な音圧調整を自動で設定するのを目の当たりにしたことは、既に当ブログに掲載したとおりである。
 
 小生はデジチャンにおけるウーファー、スコーカー、ツィータ等におけるユニット間のタイムアライメントの調整については、TRINNOVに勝るとも劣らない調整テクニックを習得してものの、適正音圧の調整については、未だに聴感に頼る状態で、TRINNOVの調整アルゴリズムを何とか解明したいところであるが、その手法については公開されていない。
そこで、magnitudeを借りたときに、Accuphase DF-65と同様のバターワース型のフィルター・タイプによる24dB/octの設定値で、TRINNOVが自動で計測設定したアッテネータの設定値をDF-65に移植しておいたので、推定できる計測手法でその結果を検証してみることにした。
 
 TRINNOVのアルゴリズムは恐らく、ウーファー、スコーカー、ツィータの各ユニットからピンクノイズを再生させ、リスニングポイントにおいて、その一定時間の平均再生音圧を計測し、その平均音圧が各ユニットとも均等になるようにアッテネータの設定をしているのではないかと推測をしたのである。
 
しかし、この一定時間の平均音圧を計測する手段が拙宅にはない。
平均音圧の測定には通常、騒音計が使われるが、一般的な騒音測定の規格には、低域、高域を減衰させたC特性といわれる特性で平均音圧を測定する規格になっているので、今回の計測目的のように、フラットな周波数特性による平均音圧の測定には廉価な騒音計では使えない。
そこで、フラットな周波数特性の平均音圧を計測出来る機材を調査する中で、PHONIC製のPAA3X ハンドヘルド型のオーディオアナライザーが使えそうであることが分かってきた。
イメージ 1 
 最近このアナライザーはモデル・チェンジされ、フラットな周波数特性の平均音圧もキャリブレーションされた高性能なマイクが付属し、精度の高い計測ができそうなので調達することにした。
このハンディ・タイプのアナライザーは、以前からオーディオ・ファンにも知られた機材でもあり、昨年、スピーカーのレジェンドである佐伯多聞氏も拙宅の訪問時にもこの旧モデルを持参されていたのを思い出した。
 
PHONIC製のPAA3Xを購入後、DF-65に移植したmagnitude24dB/octの設定値で、各ユニットからピンクノイズを再生させ、リスニング・ポイントで平均音圧の計測をしたところ、小生の推測通り、ウーファー、スコーカー、ツィータとも、ほぼ同じ平均音圧を示したのである。
 この結果は、TRINNOVのチャンデバ機能における適正音圧の設定アルゴリズムが、各ユニットからの平均音圧を計測して設定していることを示していると言えるだろう。
 
 ピンクノイズの再生音圧は、結構な振幅の幅があるので、PHONIC製のPAA3Xの計測でもピークとボトムは無視して20秒間程度の平均音圧を計測することで、ほぼ適正音圧の特定が出来ることが分かってきた。
従来、リスニング・ポイントにおける周波数特性の計測によって、おおまかに調整してきたのであるが、数デシベルの凹凸があるので、大まかにアッテネータを設定して、あとは聴感で詰めるしかなかったが、平均音圧の計測による数値の可視化でほぼ、±1dBの範囲で設定値が絞れるというメリットは大きい。
イメージ 2 
 また今回の計測手法で、リスニング・ポイントにおける、ウーファー、スコーカー、ツィータの平均音圧は、カットオフの減衰カーブによって大きく変化することも分かってきたので、この新たな計測方法によって、DF-6596dB/octによる平均音圧を計測して、アッテネータの値を再設定し、現在もその音圧バランスでの妥当性を確認すべく試聴を続けている。
このバランスで、さらに臨場感が向上する結果となったことに、正直驚いている。
イメージ 3
 
タイムアライメントの調整については、カメラのフォーカスのように一点しかピントが合わないのと同様に、適正音圧の最適値についても、一点しかないのではないかと思わせる程の変化なのである。
これは、付帯音が極めて少ないストーン・ウーファーをベースにした「STS-Limited」ならではの変化かもしれないとも感じるのである。
従来は、3Wayマルチであれば、3Wayのトーンコントロール感覚でアッテネータの値を調整してきたが、このような感覚は初めてで、楽器の質感だけでなく、臨場感までが1ランク次元が上がったような変化なのである。
 
 当初、リスニング・ポイントでの平均音圧の計測と最適化のアルゴリズムには、TRINNOVも高域については、数デシベル下げているのではないかとの推測もしていたが、そのような兆候はなさそうである。
何故ならリスニング・ポイントで、各ユニットの平均音圧を同一レベルにすると、一般的には高域がきつく感じるのではないかとの思いがあったからである。
従来、様々な音源の試聴で時間をかけて決定してきたチャンデバのアッテネータの設定値も、この新たに習得した「リスニング・ポイントにおける平均音圧法」の計測で、極めて短時間で適正な値に調整出来るようになったと思っているが、この計測方法で設定したサウンド・バランスで、もう少し評価を確かなものにしたいと思っている。
これで、TRINNOVの力を借りなくても、デジチャンの設定については、同等の設定をすることが出来そうであるが、オーディオ・ルームにおける定在波などの補整については、TRINNOVに頼るしかないだろう。

開く コメント(6)

  今回、maginitudeを借りた目的は、小生が今日まで音響計測技術を活用して積み上げてきた、マルチアンプ方式のチーニングにおける「タイムアライメント」と「ユニット間の適正な音圧調整」をTRINNOVのアルゴリズムがどこまでの精度で自動設定するのかを検証することである。
 
 搬入されたTRINNOV magnitudeを目の前に置きながら、ケーブルの手配ミスでステラの橋隅氏の再訪問を待つだけで何もできないのも歯がゆいので、ステラに連絡して自力で最初から設定作業をすべく、計測マイクの延長ケーブルと操作マニュアルを送ってもらうことにした。不明な点はメールでサポートを願うこととして、自力で使い始めることにした。
 
まずはiPadにコントロール用の汎用VNCアプリをインストールし、ネットワークへの接続環境も整えて、まずは3Wayのデジチャンとして使うためのキャリブレーション作業に入った。
イメージ 1
 計測用のマイク入力や出力の接続環境の設定など、全てiPadのタブレットの設定画面からの操作で行う。
 DEQXはパソコンに専用のコントロール・アプリをインストールする必要があるが、TRINNOVの場合は専用のコントロール用アプリを必要とせずに、汎用のVNCソフトで直接コントロールできるのがよい。
TRINNOVのフィルターはFIR型で、バターワース、ベッセル、リンキッツ・ライリーの3種類からが選べるが、Accuphase DF-65のフィルターは、IIR型のバターワース・タイプの固定フィルターなので、DF-65と同じバターワース型を選択して設定作業を始めた。
 小生は永年、カットオフ・スロープを各帯域の重なりが少ない96dB/octにこだわってきたが、残念ながらmagunitudeのカットオフのスロープは最大24dB/octまでなので、最大に設定してキャリブレーション作業の信号音で高価なダイアモンド・ツィータを壊さない様、設定値の誤りがないか慎重に確認しながら作業を行った。
  結果、小生が数年の歳月をかけて磨いてきた調整作業を、片チャンネル当たり、わずか15秒程度のピンクノイズでユニット間のタイムアライメントと音圧差を計測し、最適値を設定してしまうTRINNOVのアルゴリズムには驚くしかなかった。
イメージ 8

イメージ 2
 チャンデバ機能のキャリブレーションを終え、ユニット間の遅延時間とそれぞれの帯域の音圧が1dB以下の単位で設定がされていた。
いつもDF-65で設定しているディレイタイムと音圧差の値に近いものの、かなりの差がみられるが、DF-65とはカットオフのスロープが異なるので、その妥当性は分からない。 
設定が終わり慎重に音出しの確認をしてから、magunitudeのチャンデバのAuto-Cariblationで設定された値でサウンドを聴き始めた。
magunitudeDACは一般的なDACチップではなく、PC用のintelCPUを使用したDAC機能であるが、ツィータに近づくと若干の残留ノイズが感じられる。
また、ノイズフロアーの低いオーディオ・ルームの環境もあって、若干のファンノイズも気になる。 
magunitudeのデジタル入力には一般的なCOAXIAL端子の装備がなく、TASCAM配列のDB25というプロオーディオ用の端子しかないので、本格的な試聴に入る前にTASCAM配列のDB25ケーブルを調達してデジタル入力でネットワーク・トランスポートに接続して試聴を開始した。
magunitudeのスロープが最大で24dB/octまでなので、DF-6596dB/octに比べ、鮮度が良くないのではないかと危惧していたが、あまり劣るような印象は感じられず、いつもの音源でしばらく試聴を続けたが、充分に各ユニットの音圧バランスの取れたサウンドと評価できる。
3種類のデジチャン用のフィルタータイプの全てにキャリブレーション作業を行って試聴したが、ベッセル型がもっとも良い印象をもった。
このサウンドの印象から、キャリブレーションの自動設定によるデジチャンとして、かなり高いレベルにあることが聴いてとれた。 
 後日、maginitudeのチャンデバの設定に関するキャリブレーションが正しく設定されているのか、小生の計測方法で検証してみることにした。
結果、インパルス応答によるタイムアライメントの観測では、インパルス波形写真のとおり、ほぼ完全に最適化されていることが確認できた。
イメージ 3
さらに一歩進んでクロスオーバー周波数でユニット間の位相差を確認したが、若干の位相差があることが確認できた。
小生はこの位相差をゼロになるように設定しているが、フィルターのタイプによっては、必ずしもゼロにするのが正しいのかどうかは議論の余地がある。
イメージ 4
もう一つの最適化のポイントは、ユニット間における音圧差の調整であるが、最近は特にその重要性を感じているところである。このバランスの如何によって、システムの音色が大きく変わるからである。
しかし、この音圧差の把握にかかる音響計測による最適化の手法については、今日まで見いだせないままで、様々な試聴用の音源を聴いて着地点を探るしかない状態なのである。
FFTによるオクターブバンドを活用して、粗い追い込みは実施しているものの、5dB程度の誤差が簡単に出てしまうが、TRINNOVでは1dB以下の単位で自動設定されている。
ユニット間の適正音圧の自動設定の結果については、小生も測定による検証のすべを持ち合わせていないので、様々な試聴用の音源を聴いて、納得できるサウンドに調整されていることを確認するしかないのであるが、充分に納得できるレベルに設定されていると評価できる結果である。
このユニット間の音圧調整にかかるTRINNOVのアルゴリズムについては、是非とも知りたいものだ。 
引き続き、作年借りたST2-HiFiでも試したオプチマイザー機能との相乗効果を試すべく、オプチマイザーのキャブレーション作業に入った。
イメージ 9

イメージ 5
今回は、時間の余裕もあったので、何度もキャリブレーションをし、その中で感じたことは、マイクの設置位置とわずかな設置角度の変化でも敏感にサウンドの印象が変わることがわかった。
単一の計測マイクからの情報だけではなく、計測位置の異なる4本マイクを使ったTRINNOV特有の計測ノウハウによるものであろう。
従って、オプチマイザーによる補正機能についても、マイクの設置位置や角度を慎重に見極めながら測定を何度も繰り返してみた。
イメージ 10
TRINNOVの優れているところは、マルチポイントで計測をして、複数個所の計測結果のウェイト付けが出来るところであろう。しかし、残念ながら今回はこの機能まで確認する余裕はなかった。
 1回の計測結果で、補正の範囲と深さを変えて何度でも逆補正のカーブを作り直すことができるので、何度も試してみたが、やはりあまり深い補正は違和感が出るので、上限を±5dB程度にするのが好ましいように感じた。
従って、補正値を深くしなくても良いように、なるべく素特性が良いことが望まれるのは言うまでもない。 
 magunitudeが自動設定したチャンデバとオプチマイザーのサウンド・バランスで様々な音源を試聴したが、特に定在波のうねりの大きい帯域の改善効果が大きく、ストーン・ウーファーの締まった低音がさらに改善され一段と引き締まったリアルな低音になる。
 オプチマイザー機能で諸特性が最適化された上で、さらにリスナーの好みや聴覚の違いも補うべく、グラフィックとパラメトリックの両方のイコライザー機能が装備されているので、自分のサウンド作りが出来るなど、極めて多くの機能をもっている。
イメージ 6

イメージ 7
  マルチアンプ方式のユーザーが自身の耳だけでチューニングしている諸兄が少なくない中で、小生は音響計測テクニックを活用して、今日までチューニングをしてきたが、TRINNOVのキャリブレーション技術の活用で、極めて短時間で高次元なサウンドに整えてしまうポテンシャルには脱帽するしかない。
 
しかしこれらのメリットを得るためには、TRINNOVに代表されるような高度な音響機材の機能を理解し、充分に使いこなす為のスキルが別途必要となってくるが、うまく使いこなすことで、さらに高い次元のサウンドを目指すための大きなツールになることは間違いない。
しかし一方では、機械任せの音作りになってしまうリスクもあることも承知しておくべきであろう。
ネットワーク方式のフィルターを構成する部品の性能もどんどん高性能化して、中途半端なマルチアンプ方式では、ネットットワーク方式に劣る結果にもなりかねない中で、今後TRINNOVに代表されるような技術を積極的に取り入れるべき時代に入ったことを目の当たりにした思いである。
 
TRINNOV magunitudeを返却後、現在では、magnitudeが計測した設定値をDF-65に移植して聴いているが、今まで小生が設定してきたバランスよりも、より音楽的なバランスが好ましいと感じている一方で、やはりカットオフのスロープは96dB/octが好ましいとも感じている。
しかし、改めてAccuphase DF-65の高いS/N比による透明度の高いサウンドにも捨てがたい魅力を感じるのである。

開く コメント(2)

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事