京都のまつ

マルチアンプ駆動と精緻なタイムアライメントへのこだわり

まつの近況報告

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

石材をエンクロージャーの素材として製作したスピーカー・システム「STS-Limited」が、誕生してから1年が経過した。
イメージ 1

 リベロ邸の巨漢システムとは、まさに対照的ともいえるほどに4350のホーン・システムからダウンサイジングしたスピーカーとなったものの、重量については1台200kgを超えている。
 
 市販されている一般的なネットワーク型ハイエンド・スピーカーでは到達が難しい次元を目指し、デジチャンによる帯域分割によるマルチアンプ駆動で最高のポテンシャルを発揮できるエンクロージャー構造を持ったスピーカー・システムとして開発した。
  構想に最も時間をかけたウーファーについては、35年以上も定番としてきた38cmダブル・ウーファーを思い切って、28cm相当のシングル・ウーファー構成へと大転換した。
 これは、15畳程度のオーディオ・ルームには、38cmのダブル・ウーファーでは過大であることと、構成を変えないと高いレスポンスが確保できないとの判断から、コーンの硬性が高くてレスポンスも早く、fs23Hzと極めて低い最新のウーファーをエンクロージャーの共振を徹底排除した石材のエンクロージャーに収めることで、重低音までレスポンスの高い、かつ付帯音のない低音再生を目指したからである。
 
 開発にあたっては、まずは38cmウーファーをシングル構成に変更し、さらにヒロ・アコースティックと同型のAccuton22cmウーファー(C-22)で構想の可能性を探り、目指す低音の方向への確信を得られたことや、さらに優れたAccutonAS -250を国内で初めて入手出来たことから製作に踏み切ったのであった。重くて、加工が難しい石材での製作過程は、1年前のブログに掲載のとおり、容易ではなかったが、ウーファーの反動吸収とエンクロージャーの共振防止の両立を目指し、重量のある石板に直接ユニットを固定したウーファーは、期待していた以上のポテンシャルを発揮してくれた。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

 完成してからの1年間、スピーカーのレジェンド、佐伯多聞氏をはじめ、遠方からも様々なオーディオ・ファイルにも試聴して頂き、今までに聴いたことのない低音の質と、その低音の質の向上が再生音楽全体の質を大きく引き上げることを実感してきた。
 今まで、鮮度と臨場感表現の改善策は中高音にフォーカスしてきたが、大型システムについては、むしろ低音の質の向上こそが重要であると、大きく認識を変える結果となった。
 
 オーディオにおけるスピーカーは、最重要ファクターではあるが、当然に周辺機器とのコラボが重要であることは言うまでもない。
 このスピーカーが誕生したことで、よりソースの質の違いが明確に分かるようになり、必然的に様々な改善をすることになった。
 今までアナログ優位であった音源は、完全にデジタル優位に変わり、オーディオ・ルームから共振して音を濁らせる部材を撤去するなど、より部屋全体のノイズフロアーを下げるなどの対応によって、さらに再生音の臨場感が高まるなど、このシステムの持つポテンシャルを引き出す為に様々な微調整や再生機器のレベルアップを図るなどの試行錯誤をした結果、完成当初からすれば、さらにポテンシャルを発揮してきたと実感している。
 
 このようなアプローチから、ジャズ向きとかクラッシック向きというジャンルの壁は、以前から無くなってきていたものの、音源の良さを引き出せないソースは幾つかあった。しかし最近では、いよいよ無くなってきて、どの音源も無難にこなすレベルではなく、高い次元で音源の良さを引き出すレベルに到達したことを実感することが多くなってきた。
 これはシステムが、極めて忠実にソースを再生できるようになってきた証でもあると思っている。
 
 このように「STS-Limited」が完成してからは、小生の再生音楽への楽しみ方が大きく変わった1年でもあったともいえる。
 今までのサウンドは、どこかでオーディオ装置のフィルターを通して奏でられる音楽を聴いていたが、より演奏会場にいるような臨場感が得られるようになったことで、オーディオ装置のサウンドを楽しむ感覚からコンサートやライブを楽しむ感覚に変化し、より音楽に没入できる状況になった。
 
 どのような境地に到達しても、登ってくれば又、新しい景色が見えてくるものである。
小生も今年で古希を迎える年齢になったが、もう少しこのシステムの残るポテンシャルを引き出すためにチャレンジをしたいと思っている。

 拙宅でヘッドホンなどを使う場面は、マルチアンプ駆動のスピーカー・システムのサウンド・バランスを正確に把握して調整する場合などに使うことがある。
 ヘッドフォンもイヤホンとは形状は異なるものの、振動板は1枚のフルレンジで、最近の製品は新素材の振動板の採用に加え、ネオジウムの強力なマグネット・ドライバーの採用で、再生ユニットとしての性能も申し分もないことから、そこから聴くことが出来るサウンドも驚愕するものがある。
 
 ヘッドフォンの使用歴は、ゼンハイザー製を永年使ってきたが、現在では色付けの少ないSONYの業務用の定番モデルである「CD900ST」を使っている。
イメージ 1
 一方、イヤホンはスマフォがiPhoneの頃に付属のイヤホンを使って聴いていたが、OPPOのスマフォにしてから、大阪のイヤホン専門店で売れ筋のイギリス製Bluetoothイヤホン、RHAMA650」を購入した。
イメージ 2
 イヤホンを購入してしばらくはスマフォでYouTubeなどを聴いて、かなり高音質であることは承知していたのであるが、先日、OPPOのスマフォのSDカードにネットワークNASDELAからいつも試聴用に聴いているFLACの音源をコピーして聴いてみたところ、SONYのヘッドフォンでも再生が難しい、部屋を揺るがすような重低音の音源も難なく聴くことができたのことには驚いた。
イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
 イヤホンやヘッドフォンは鼓膜から至近距離ということもあって、バイノーラルという音場感覚ではあるが、部屋の反響や付帯音の影響も受けない。
特にイヤホンはヘッドフォンよりはさらに気密性が高いこともあって、重低音も含めてソースの音源に極めて忠実なサウンドを聴くことが出来る。
また、信号の電送方法もBluetoothでワイヤレス化されて、面倒なケーブルの取り回しからも開放されるので、予想以上に自由で使いやすい。
 
 一般的なスピーカーで、このヘッドフォンや、特に高性能イヤホンのサウンド・レベルを超えるには、半端なスピーカーでは太刀打ち出来ないレベルに到達していると感じる。
 
 冬場になるとオーディオ・ルームも冷えているので、予め暖房を入れておかないと聴くことも出来ないが、エアコンのファンノイズも気になるので、最近ではOPPOのスマフォをWi-Fi経由でNASに接続し、Bluetoothイヤホンで聴くことが極めて手軽で、しかも、かなり高音質で音楽を楽しむことが出来るので、このところすっかりマイブームになっている。
 
 SONYが開発したウォークマンから、アップルのipodへと変遷してきたハンディ・タイプの携帯音楽も、デジタル・ネットワーク・オーディオ環境の進化もあって、今やスマートフォンでも半端ではない高次元なサウンドを快適に聴ける時代になった。

 イタリアのハイエンド・スピーカー・メーカーであるALBEDOAcclara(アルベド アクララ)の試聴会に参加してきた。
 
イメージ 1

 ユニット構成に全てAccutonCell-Conceptのユニットを採用し、低音はトリプルの16cmウーファーをトランスミッションラインというバスレフ方式ではない排圧を活用する、極めてチューニングが難しいと言われている独特の低音再生方式を採用しているのが大きな特徴だ。
イメージ 2
 エンクロージャーの構造図は写真のとおりで、3つのウーファーの背面から出る奇数次高調波をエンクロージャー内のレゾネーターという吸音材を入れた領域で除去し、結構迂回した長い音道を通って後方のポートから再生されるとういう方式で、小口径で高い反応速度と重低音再生の両立を目指したスピーカーとのことである。
 またエンクロージャーは、不要振動を抑えるためにエンクロージャーの両側板に重量級の鉄板を固定した構造で重量も135kgもあり、小生の推奨コンセプトにも沿ったスピーカーであることから、是非聴いてみたいとの思いで試聴会に参加したのであった。
 
 試聴が始まって、Accutonならではのトランジェントの高いサウンドと、かなり下まで伸びた低音に納得したのであるが、同時に縦にスリムな形状にもかかわらず、以外と面で押すような印象のサウンドを感じた。
 
 いくつかの試聴曲が演奏される中で、ユニットのクロスオーバー周波数についての説明があり、ウーファーは400Hz、ツィーターは2400Hzとなっているとのことで、小口径のウーファーでもあり、ウーファーのクロスオーバーとしては妥当な設定と思ったのであるが、販売先のMCが、トランスミッションラインの後方のポートからも、「かなり上の周波数まで後方のポートからも出ています」との説明があり、是非一度聴いてみて下さいとの案内があった。
 そして、ムターのバイオリン演奏の後に、コンサートのリアルな再生をしていますと試聴会のMCから説明がなされたのであったが、参加者から「どう聴いてもリアルな音には聴こえませんでしたが〜」との不躾な発言があり、「まだエイジングが充分にできていないので〜」との苦し紛れの説明がされたのであるが、要は臨場感の表現という点では、期待値を下回っていたということから出た感想であったといえる。
 
 トランスミッションライン方式は設計が難しく、イタリアの音響専攻の大学教授も参加してSPの設計シミュレーションソフト社内開発をして製作したとし、低音のブーストアップ効果によって、かなりの重低音再生を可能にしているものの、やはり音道の長いポートから400Hzを超える音域が出ていることが、せっかくの臨場感再生を阻害しているものと思われる。
 
イメージ 3

 エンクロージャーには密閉型、バスレフ型があることは周知のとおりであるが、密閉型では一般的に音の濁りが少ない反面、重低音の不足や低音の圧迫感が否めないが、一方バスレフの利点を活かし且つ中低域の混濁感を少なくするためには、バスレフ・ポートから出る音域はできる限り指向性を感じ始める80Hz以上の音域の漏れを少なくする方が好ましいと改めて感じさせられた。逆に言えば、中低域の混濁感が多いと、面で押す様な印象になり、臨場感の表現は難しくなる傾向を、このスピーカーでも改めて鮮明に感じた。
 もっともスピーカーの開発者が、どの様なサウンドを目指して開発したのかにもよるが、このユニット構成とエンクロージャーであれば、もっとハイレベルな臨場感再生を目指して欲しかったというのが正直な感想である。
 
 小生は、このバスレフ方式の欠点ともいうべき問題の軽減の為には、中低音のクロスオーバー周波数は、できる限り下げ、ポートからの出音も指向性を感じる周波数帯域は抑えるのが望ましいと思っている。
 しかし、ネットワーク方式では、ネットワークが大掛かりになるというネックがあるが故に、小生はマルチアンプ方式にこだわって来たといっても過言ではない。
 本当に上質な低音再生の評価を得ることは容易なことではない。

NASのダウンと復旧

  先日、我が家のデータ保管用のNASがアクセス不能状態になった。
 
 我が家の写真や動画そして様々なドキュメント類などのデータ保管は、ほぼ10年前からパソコン内に保管するのではなく、ホームネットワーク上に接続されたNASに保管してきた。
 このNASは、ネットワークに繋がったパソコンが起動するとそれを検知してNASも起動する連動タイプのNASで、採り貯めた写真やビデオをパソコンだけでなく、OPPOなどのネットワーク・プレイヤーを介して写真やビデオ動画を見ることも出来るので随分重宝してきた。 
 
 このネットワークNASは、2基のハードディスクを搭載したRAID型のNASで、RAID1のミラーリングで運用してきた。
 この10年間で2度のディスク障害に見舞われたものの、ディスク交換後はRAIDの復元機能のお陰でデータ消失は免れてきた。
 ディスク障害発生時の交換用ディスクは、純正品ではNAS本体と同じくらいの費用がかかるので、廉価なディスクを調達して交換してきたが、RAID構成のディスクは一般的なディスクのフォーマットではないので、ディスクの交換作業には、ディスク・フォーマットに関する専門知識が不可欠である。
 先日、このNASが数年ぶりに障害を起こしたのである。
イメージ 1

イメージ 2

 これまでと同じディスク障害と思いきや、どうもRAIDコントローラの基板に不具合が発生したのか、全くアクセスが出来なくなってしまった。
 いくらディスクをRAID構成で2重化にしていてもコントローラに障害が発生すると、どうにもならない。
 おまけにディスクの一方も障害を起こしている様子で、全くのお手上げの状態になってしまったのである。
イメージ 3
 難儀なことにNASのディスクは、取り外して直接USBアダプター介してを接続しても、全くデータは読めないフォーマットなのである。
イメージ 4

イメージ 6
 NASそのものの修理依頼も考えたが、メーカーへ依頼するとデータ消去のリスクもあることから、RAIDコントローラー・ボードを購入して、復旧作業をトライすることも考えたが、過去の経験から認識できない可能性も高いので、色々調査した結果、正常なRAIDディスクから「復旧天使」というRAID1フォーマットされたディスクからデータを取り出すことが出来そうなことが分かったので試してみることにした。
 ほぼ1日かけて、何とかデータを取り出すことが出来たのは、不幸中の幸いであった。
イメージ 5
 2TBのハードディスクに保管している、高々700GBのデータ復元と保存に、復旧作業の検討開始をしてから3日間もの日数を要した。

 因みにこれらの復旧作業を外部委託すると、成功報酬と謳っているところが多いが、1060万円との回答であった。かけがえのないデータの復元であれば、依頼せざるを得なかったであろう。
  この様にRAID構成のNASが障害を起こすとその完全復旧には、半端では済まない事態に陥ることを実感させられた。
 RAIDの運用方法スタイルの中で、RAID5であれば、さらに復旧が難しく、ストライピングであれば復元は不可能であるので、RAID1のミラーリングで運用していたのが救いであった。
 今回のNASにおける障害を教訓にして、ネットワーク・オーディオ用のNASのバックアップ体制も含めて、新たなデータ・バックアップ体制の構築を検討することにした。

Spotify

小生はネットワーク・プレーヤーのコンローラーとして、LINNKAZOOを常用しているが、先般、世界最大と言われているクラウド型ストリーミング音楽配信サイトのSpotifyへの接続がサポートされたので加入することにした。
イメージ 1

 Spotifyの再生デバイスとしてネットワーク・プレーヤーを使うには、Premiumサービスを選択する必要がある。
 以前、同じストリーミング配信サイトであるTidalがサポートされたときに1ケ月間ほど試してみたことがあるが、日本の音源が極めて少ないことや日本国内では簡単に加入できないこともあって、お試し期間で終わった経緯があった。 
 今回、Spotifyを使って驚いたのが、JPOPなどの和製音源もナツメロ・クラスの歌手に至るまでの広範囲な音源が多いことである。
イメージ 2

イメージ 3
 そして、さらに驚くことに歌詞が表示される機能があり、しかも再生テンポに合わせて歌詞がスクロールアップしていくのである。
 通常のネットワーク・オーディオでは有り得ない歌詞を追いかけながらアルバムを聴く楽しみ方が出来る。
イメージ 4

イメージ 5

 日本でも、ようやくストリーミング音楽配信サイトが登場したことによって、ネットワーク・プレーヤー環境からすれば、CDからリッピングして保存したNASサーバーとクラウド上に存在するSpotifyに接続先を変えるだけで、再生装置の環境を何ら変えることもなく、4,000万曲もの圧倒的な数の音源を聴くことが出来るのである。
  
イメージ 6
 44.1kHz,16bitグレードの音源であれば今後、CDを調達しなくても十分に音楽を楽しめる環境が整ったと言える。
 CDリッピングした音源をSpotifyと比較すると、DELAの音源では転送スピードが1.4Mbpsあるが、Spotifyでは320kbpsということもあってか、若干鮮度が劣るが、充分なグレードのサウンドを楽しむことが出来る。
 
イメージ 7

 往年のオーディオ・ファイルは、まだまだCDやLPの音源媒体を手元に持っていたい諸兄も多い様であるが、音源媒体に所有欲のない小生にとっては、絶好の時代環境が整ってきたと思っている。

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事