ホーンスピーカー導入備忘録

エール音響の重量級ユニット導入記です。最近はホームシアターやってます。
ちょっと更新が遅れました。
1月6日(土)じゃじゃおさん邸にて初聴き&新年会を行いました。
お伺いする前、浦和むさし乃にて昼ご飯をいただきます。
イメージ 1
T中さんが朝早くから並んで待っていてくださいました。
イメージ 2
本日のうな重は、和匠鰻 新仔鰻重4,500円プラス税のみのご提供
ちょっと高い気もするが、これだけ並んでいるのだからうまいのだろう。
ま、正月だからそんなものか・・・
店に入ってから20分ぐらいして運ばれてきました。
イメージ 3
店のお姉さんが
サンショは入れないで食べたほうが美味しいですよ〜”とのアドバイス
味は うめぇな・・・ 臭みもなくサンショを入れなくても十分イケます。
肉厚でふわふわやわらかです。こんなウナギは初めて食べました。
満足です。 
安い鰻を複数回食べるならば、この店に一回のほうが良い!ですね。また来ましょう。
という事で昼から贅沢な鰻食べ、サケ呑んで幸せです。
ほろ酔い気分でじゃじゃおさん邸に向かいます。
イメージ 4
じゃじゃおさん邸到着、何しに来たんだ!ああんっ・・・とネコがこちらを見てガンつけしています。
イメージ 6
音を聴かせていただきます。新しいセットも入り、
さらに磨きがかかっています
イメージ 5
みなさま集中して聴きます。自分は心地よい音で眠くなってしまいました。
イメージ 7
ライティング効果もグレードアップし、艶めかしい雰囲気を醸しています
イメージ 8
リアプロ4Kでビリージョエルなんかも見たりします。
アッというまに数時間経ちました。という事で近くのすし屋で新年会です。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
カキ食べてアンコウ鍋食べて うわっというかんじで満足です。

イヤ〜 今回はかなり満足させていただき、もうお腹一杯という感じです。油っぽいギトギト系が無かったので、ヘルシーです。

大人っぽい贅沢をしちゃった感じがします。

今年度もオーディオ趣味道をさらに極めるために驀進いたしますので。皆様ご指導・お付き合いの程、宜しくお願いいたします。 


この記事に

開く コメント(10)

 先日の訪問時.U田さんに”クルマ好きなんですよね〜”
なんて話していたら30日に大黒で寄り合いがあるので行きませんか?
などとお誘いがありまして、いそいそと行ってきました。
イメージ 1
首都高はがら空き、天気快晴で最高のシチュエーションです。
更に富士山まで良く見えちゃっています。
絶好のデート(ドライブ)日和ですね。
イメージ 2
U田さん愛車の911で法定速度+αで
あっという間に大黒PAに到着です。
イメージ 3
まだ朝9:30です。
イメージ 4
既に結構集まっていて、アチコチに様々なグループがいます。
イメージ 5
空冷ポルシェ集団
イメージ 6
ミニ集団
イメージ 7
マッスルアメ車集団
イメージ 8
フランス車集団
イメージ 9
フェラーリ・ランボ集団
イメージ 10
ベンツクーペ集団
イメージ 11
スバル集団
他の車集団とちょっと違い、クルマ販売店店頭の雰囲気なんですよ。かっこいいんですけれども、何でですかね?
同じようなクルマ・きっちりと並んでいるから?
イメージ 12
ベンツ124
イメージ 13
このグループは500Eのエンジンフード開けて中を見ていました。

どの車も磨き上げられていてピカピカです。
オーナーの愛情がビンビンに感じられます。

しかし、昔のようにストイックなチームな感じではなくて来たいときに来て適当に帰る感じで皆さまユル〜イ感じです。

また、結構年配の方比率が高いように見受けられました。
どなたもが目を輝かせ、とても楽しそうです。

自分的に気になったクルマ
イメージ 14
BMW Z8
ボンネット超なげ〜
イメージ 15
ロータス ヨーロッパ
ちっちぇ〜! こんなに小さかったっけ?
イメージ 17
500E フェンダーの張り出しはヤッパリ凄いですね。
イメージ 18
もっと太いタイヤ履けますね。
イメージ 16
AMG C63
速いオーラーがゾワゾワとただ寄ってきます。

どれもカッコイイな〜
男の子心を思い出してしまいました。
昔、小学校か中学校の頃スーパーカーに憧れたころを思い出しました。そういえばAMGハンマー見てこういう凄い車があったのか!とド肝を抜かれたんだったけ。
ヤナセの新聞一面広告の切り抜きを壁に貼っていたことがありました。

オーディオも楽しいですが、アウトドアのこういうイベントも楽しいですね。
年末 楽しい経験をさせていただきました。

やべぇ 火が付きそうだ・・・

そういえば本日フェラーリディトナを2台見かけました。(別の場所で赤黄)
このクルマ全世界で少ししかない超稀少車なのになんで2台も見かけるんだろ、東京ってホント ラビリンスですね。

この記事に

開く コメント(6)

2発目、昨日の事です。
こちらも先日お伺いできなかったT中さん邸です。
以前からお伺いしたいと思っていましたが、ヒデさんよりT中さんが来月引っ越しをされるというのでお伺いをさせていただきました。
イメージ 1
既に皆様のブログにて既報の通り、
オンキョーGS−1を核としたシステムです。
チャンデバはアキュフェーズのDF−45 を使用した4ウエイです。
アンプは
低音(MFBウーファー NEC A−10X)
中低音(GS−1 アキュフェーズM−8000) 
中高域、高域(GS−1 ゴトウユニットSG-188BL アキュフェーズA−20)

クロスオーバーは
Sub Low=40Hz96db/oct
Low Mid=Pass ←→400Hz  24db/oct
Mid High=400Hz  24db/oct←→Pass
Super H=14kHz  96db/oct だそうです。
要は400Hz24dbで切った2ウエイ(GS−1)に96dbスロープのスーパーウーファーとスーパーツイーターを足した形みたいですね。
この辺のノウハウがチャンデバを使用した田中邸マルチウエイシステムのキモというところでしょうか。

プリは粗調整用にパッシブアッテネーター 
プレーヤーはOPPO BDP−205です。
イメージ 2
その他、アカペラツイーターやいろいろな機器で部屋はいっぱいです。
イメージ 3
515Bなんかも2セットもあったりします。
イメージ 4
チャンデバも EC-1 DF−45 F−25 があります。
苦労の跡が見えます。
やはりマルチはチャンデバ選びで決まっちゃいますよね!
イメージ 5
ツイーター陣
巨大なマグネットのゴトウユニットSG-188BLが鳴っています。
ベリリウム振動板だそうだ。
イメージ 6
今後の出番待ちに備えるゴトウユニットの中高域ドライバ 
これもベリリウム振動板 良い音が出る感のオーラーがビンビンに漂ってきます。これだけ大きなサイズだと出てくる音はユニットの存在を感じさせない。”より自然な音”になってくるんですよね。
イメージ 7
サブウーファーはダイヤトーンの46cm
このユニットを自分でMFBに改造をしたそうだ!
f0の壁をとっぱらうために作ったそうです。実際重低音まで楽に再生しています。
でろ〜んとした重低音でなく、グッと制動された重低音が出ています。
イメージ 8
当日は生田の会の面々(M田先生、F枝さん、&小澤さん、)と一緒にお邪魔させていただきました。
イメージ 9
さて、出てきた音ですが、システムは大きなものですがものすご〜く
滑らかな音で繊細、しかもワイドレンジでした。
GS−1はオールホ−ンスピーカーなのですが、全然ホーンくさくありません。素晴らしい音です。マンションのためにリスニングボリウムは大音量ではないのですが、とても聴きやすい、スケール感も十分、
T中さんが長い間時間をかけて少しずつ追い込んでいった感じです。

みなさまこの音に大いに刺激された感じです。
実際、自分もめちゃくちゃエンジンがかかりました。

自宅に戻った後、さっそく自分の音を出したのは言うまでもありません。
貴重な経験をさせていただきました。コレ、設置環境が変わったら音が変化しちゃってまた追い込んでいくの大変でしょうね〜・・・

引っ越しをされる前に聴けて良かったです。
脳内データーベースにしっかりと刻み込みましたよ!

さあ、あしたから年末休みだ! 
今年は正月は仕事が入っていないので
オーディオ三昧で行きましょう。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事