ホーンスピーカー導入備忘録

エール音響の重量級ユニット導入記です。最近はホームシアターやってます。
oppo 4Kプレーヤー UDP−205の音があまりのも良いので
何か新しいソフトを探そう、という事でネットを調べていたところ
アマゾンで面白いものを見つけました。


ブルーレイオーディオが何と7割引きで千円ちょっとで購入できます。
まだあるので欲しい人はお早目にどうぞ!

おおこれはバーゲンだという事で何も考えないで安いのを全部購入してみました。
イメージ 1
全部で34枚+後日納品2枚=合計36枚です。
ジャンルはクラシック、ジャズ、ロックとバラバラです。
ラインナップはいわゆる”鉄板銘盤”というものが多いです。
イメージ 2
クラシック
イメージ 3
ジャズ
イメージ 4
ロック他
いずれも千円チョイでハイレゾ音源が購入できるので安いものです。
といってもこれらの音源は既に持っているものも多く、お得かはわかりませんが買っちゃいました。

なぜ最新のフォーマットハイレゾ音源が安売りされているんだろう?


結局”配信”に先を越されちゃったんですよね。
Blu-ray Audioは映画と違い、根付かず売れなかったみたいですね。
そりゃあコピーができる”配信”とガチガチプロテクトのブルーレイだとおのずと結果は明確にわかります。
残念ですがDVD−AUDIOと同じ運命を歩みそうな感じです。
米国Amazonにもラインナップがあまりされていません。
3年も持たなかったのでは?

今になって考えるとBlu-Ray Audioのメリットって何だろう?
盤は25Gも容量があるのにマルチサウンドも画像も入っていない2chのみでPCMのみならず圧縮されたDOLBYやDTSも入っている。
何か不思議です?
(DVD−AUDIOのほうがサラウンドや映像が含まれていました)
bru-ray音源にしか入っていない音源があったら売れたかも?

また、日本ではブルーレイがかかるプレーヤがハイエンドにはないので受け入れなかったのではないのか?も一つの原因と思います。
ハイエンドプレーヤーはSACDまでですよね。

自分の場合は今回UDP−205が発売されたので渡りに船です。
ハイエンドではありませんが、
DVD−AUDIO、Blu−Ray Audio、SACD等何でも掛かります。

しかも出てくる音はハイエンド並みの音なのでCP抜群です。
マルチ音源も再生できます。

今後、同じ音源でもCD、配信、DVD−AUDIO、SACDなどの様々なフォーマットがあるのでどのような音の差がでるのか興味があるので比較して楽しみましょう。

土曜日は夕方からメグの会のイベントに参加しました。
イメージ 5
お題はTOPWINGの”青龍”というカートリッジ プレーヤー その他アクセサリーの音を聴くです。
イメージ 6
佐々木原さんに説明をしていただきます。
青龍”の音ですがグッと力強くヌケの良い、非常にクリヤーな現代的な音です。
DENON DL103と比較したのですが全然違いました。103のほうが団子な感じで歪みっぽいです。青龍・・・中々良いカートリッジです。
イメージ 7
一番驚いたのがコレです。
Telos Audio  Telos Quantum Acoustics Diffuser
環境のあまり良くないメグの中でもはっきりと効果が分かりました。
シューマン共鳴波を出す機器という事ですが、電源を入れると静かになり、音が聴きやすくなります。落ち着くというのかそんな感じです。
リクツは分かりませんが何かすごいアクセサリです。
寝室に置いたらリラックスできるのかな?試してみたいな・・・

金額は12万円との事、(ちなみに台湾本国定価は600ドル)、同じコンセプトのアコリバは3万円なのでちょっと高い感じがしますが・・・

中々面白かったイベントでした。

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

夏休みその1は今日で終了です。
その間、音を聴き、絵を見、アマゾン見てアッという間に過ぎ去りました。
趣味三昧でリフレッシュできたと思います。
月曜日にじゃじゃおさんがUDP-205の出来の確認しにがてら遊びに来ました。数時間見て聴いていただき、その足で田口音響ライブに伺います。
イメージ 1
まずはエールの部屋。
このところすばらしく良い音が出ているのでいい感じです。
じゃじゃおさんとも話したのですが、エール音響というのはグッと力のある音ではなく、超繊細な音が当たり前のように出るトランスデューサーだという事だという事です。
ただし、ぶっといサックスなんかもさらっと当たり前のように美音になってしまって、癖のあるジャズなんかは聴いていてちょっと面白くありません。(そういう曲は隣で爆音で聴きます)その代り、しっとりボーカルなんかは息使いや、リップノイズが艶めかしく再現されます。
よって自分が良く聴くバラード系の歌謡曲や夜のムード歌謡なんかは最高です。素晴らしい音です。
じゃじゃおさんによると”母音”が強く出るスピーカーと”子音”が強く出るスピ--カーの差みたいです。
もちろんエール音響は国産なので”母音系”です。
エール音響+テクニカルブレーン+SONYと”国産”であり、
上善如水ですからねぇ・・・
これはこれで海外製にはない音の魅力があります。
イメージ 2
隣の部屋でUDP−205で等身大の初音ミクを見ていただきます。
そんなことで数時間見てもらい、新木場に向かいます。
イメージ 3
ライブは7時からなので少し時間があります。
駅前の焼き肉居酒屋で一杯やります。(3杯くらいか?)
暑い日でした。店を出たとたん大汗出そうなのでタクシーで田口さんのところに向かいます。
イメージ 4
釣り人は鳥を知らない”というライブです。
イメージ 5
エレベーターを降りたら鳥が出迎えてくれました。どんな音がするのだろう?
イメージ 6
道具が置いてあります。木魚や鈴等の仏具っぽいものもあります。
なんとなくどういうライブか想像できます。
イメージ 7
1ドリンク付きです。”雪の茅舎”の生酒だ! コレのみやすくて美味しんですよね!という事でいただきました。
イメージ 8
ライブの内容も現代音楽系だったために椅子に座ったら眠くなってしまいました。はっと気付いたら終わってました。なかなか充実した時間です。

本当に(気温が)暑い日でした。

この記事に

開く コメント(2)

oppo UDP−205で再生した冨田勲のイーハトーブの音が素晴らしいので2チャンネルだけでなくマルチチャンネルソフトを再生したらどうだろうと思い、再生してみることにしました。
イメージ 1
昔、DVD−AUDIOが出た時に購入したソフトがたくさんあります。
SACDマルチチャンネルソフトも買いました。写真以外にもありますがどこにしまったか忘れました。とりあえずこれだけ見つけました。
イメージ 2
サラウンドトラックもちゃんと考えて作ってありますね。面白い
イメージ 3
QUEENはミュージックビデオも入っていました。

イメージ 4
おお チョ〜懐かしい ボヘミアンラブソティだ! 
そういえば少年の時にSONYのMTVをよく見たなぁ・・・
画像は汚いが音声は96/24なのでハイファイです。
こんなにグルグル音が廻るんだ?ちょっと驚きです。
イメージ 5
エバンゲリオンのDVD−AUDIOもあります。
音良いです。
イメージ 6
SACDマルチチャンネルは絵がないので少々寂しいです。
音はDSDなので滑らかです。
イメージ 7
こちらはブルーレイソフトのほうです。やっぱり絵があったほうが良いですね。初音ミクも見れます。
イメージ 8
こんなのもあります。浜崎あゆみのBDオーディオ
購入してから一回しか見なかったのだが改めて見直してみました。
いいね・・・
イメージ 9
live in JAPAN のBDオーディオです。
この画面だけです。

UDP−205の音があまりにも良いので過去のソフトを引っ張り出して聴いています。それだけインパクトがあります。

楽しくて仕方がありません。すげぇ機械です。



この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事