ホーンスピーカー導入備忘録

エール音響の重量級ユニット導入記です。最近はホームシアターやってます。

全体表示

[ リスト ]

GWも終盤になってきました。あと2日です。
今年のGWは色々なイベントがあり、とても充実しました。
今後、ブログにて上げようと思っていますが、昨日のイベントが面白かったのでまず上げます。
これはMFD高橋さんのお誘いで、5月4日にY田さんと一緒に高幡不動にあるスフォルツァートに行って新製品「DSP-Pavo」やその他のラインナップを聴こうというイベントです。
昼メシを立川にある”無庵”というソバ屋で食べてから行動開始です。
イメージ 1
中々有名な店だそうで人気があり、予約が必要な店みたいです。
実は店主(写真の人)が高橋さんのお客で、ジャズが好きで店内はいい感じでJAZZが流れています。
イメージ 2
マッキン275、JBL2インチドライバーなどと、ぶっとい音が出てきそうなセットです。とても上品な音お客様の会話の邪魔な音にならないくらいの音量で空間を満たしています。
イメージ 3
こんな店で昼間から、ソバをつまみに一杯・・・ 贅沢ですねぇ
イメージ 4
そば味噌 自分はこれが大好きです。これを舐めながらそば湯割り焼酎
もう最高です!
イメージ 5
にしんの甘露煮 新タケノコの若竹煮などと絶品料理をいただきます
締めは辛み大根そば これでさっぱりとして向かいます。

イメージ 6
スフォルツァートは高幡不動の駅から数分くらいの場所にあります。
小俣さんに出迎えていただき早速試聴に入ります。来週からミュンヘンショウだそうで準備が大変なところにお邪魔させていただきました。

イメージ 7
試聴室はルーム・イン・ルームの完全防音構造で素晴らしい環境です。
イメージ 8
色々な音を聴かせていただきます。
イメージ 9
説明を受けます。
イメージ 10
これは「DSP-Pavo」の海外バージョンでミュンヘンショウに持ち込むそうだ。日本製のようにディスプレーやクロックインがついていないが内部の基板はソノママ「DSP-Pavo」らしい。国内向けのほうが多機能ですね。
イメージ 11
製品になる前の「DSP-Pavo」 ずいぶんしっかりと作ってあります。
巨大なトロイダルトランスがハバを効かせています。電源はアナログでスイッチング電源じゃないのね!
イメージ 12
高価なES9038ProがLR各一個合計2個も使われています。
これでモトが取れるのか! 位金がかかっています。
イメージ 13
左が「DSP-Pavo」右が「DSP-Vela」の基盤内部の違いを聞きます。
イメージ 14
「DSP-Vela」の電源部プロトなようだがほぼ一緒との事6トランスかい!
聞けばすべての電源を別系統にしたそうだ! すげぇな!!!
まさに”正攻法”ですね。

さて出てきた音は
今回聴いたのは「DSP-Pavo」 「DSP-Vela」 の2機種を聴いたのだが
「DSP-Pavo」結構いいじゃん!という事です。
もちろん150万と37万を比較するのは失礼ではあるがどちらの機種も
DACとしてES9038Proを使用しています。9038を使用している機器すべての事だが、緻密な音で音源に入っている情報はすべて出てます。音は同じですが、やはり上位機種のほうはすべてが上です。何というか余裕が違うというのか大人と子供というのか上位機種は上位機種の音がします。ただ同じ9038を使用しているのでハードル(しきい値)は相当高いです。価格の差以外には

接続するクロックに猛烈に反応する。
 クロックが良いと「DSP-Pavo」でもかなりのレベルに追い込めます。
 付属のオマケクロックだと元気になる感じですが、結構良いクロックに
 してみたところ ”おおっ” という音が出ました。
 もちろん「DSP-Vela」クロックにリニヤに反応するので、音の変化
 が面白いです。しかも相当上品です。
 ES9038を使用したプレーヤーでクロック遊びができる機種はかな
 り数が少ないので面白いと思います。
 実際、今回のコーディネートしていただいたMFD高橋さんは
 ”ミイラ取りがミイラになった”感じで相当心動かされていました。
  最後に”コレ注文しま〜す” と何と

 「DSP-Velaの特注バージョン」 をオーダーしました。

百戦錬磨のオーディオのプロ(高橋さん)が心動かされるのはそんなにはない事ですね。
 
イメージ 15
という事で実りのある試聴会でした。面白かった。
イメージ 16
ここまでやったんだぞ〜!!と ドヤ顔の小俣さん。
ステージは地面からの立ち上げ、床下には電源類が集約されています。
まさに理想のリスニングルームというかスタジオですね。
素晴らしい部屋です。

イメージ 17

試聴会の後は立川の料理屋にて美味しいディナーでした。

楽しい休みを満喫しています。・・・

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

こんにちは。

内部写真ら詳しいレポートご苦労様でした。

三角柱のようなルームチューングッズ、さらには内部部品のOSコンデンサー、WIMA社の赤いフィルムコンデンサーなどまるで海外メーカーのようなチョイスを興味深く拝見しました。

同じDACでこちらのネットワークオーディオ製品とESOTERIC P-0で同じ音源を比較させていただいたことがあります。
この時はさすがに物量のP-0の方に理がありましたが、これからはネットワークオーディオはますます盛んになりますね。

2018/5/5(土) 午後 3:44 [ 長谷川平蔵 ] 返信する

うちのガキが帰京中で行けませんでした。
ネットワークプレーヤ部とDAC部が分離できればトリノフを挟めるのですが、そういう仕様ではないようですね。

2018/5/6(日) 午前 0:24 [ uchida ] 返信する

顔アイコン

> 長谷川平蔵さん

じわじわと長い間盛り上がって行く海外と違い、日本では瞬間湯沸かし器のようにあっという間に盛り上がり、瞬く間に覚める。ネットワークオーディオはもう下火だそうです!
oppoが無くなった今、これからの業界を引っ張っていくキーアイテムが必要ですね。「DSP-Pavo」は面白い機種だと思います。音も良く、何より一生懸命作ってあります。小俣さんに聞いたらこの金額ではちょっとやりすぎたかな?くらい手が入っているそうです。自分もOPPOを持っていなかったら確実に”買い”だと思います。ここが大メーカーではないガレージメーカー(失礼!)の痒い所に手が届くところだと思います。

2018/5/6(日) 午後 3:24 audiovideo_fan 返信する

顔アイコン

> u田さん
楽しかったです。高橋さんの購入した 「DSP-Velaの特注バージョン」が出来たらまたイベントをやるそうなのでその時に合流しましょう。小俣さん歌謡曲大好きですよ!

2018/5/6(日) 午後 3:28 audiovideo_fan 返信する

顔アイコン

こんばんは。先日は有りがとうございました。

内部、随分とコンデンサーが多く、電源平滑、ノイズ対策をしている基板ですね。

DACは集積度が上がるについて周辺回路が少なくなりますが、その分デジタル・アナログの分離や複数電圧を使うので、気をつけているのでしょうね。

2018/5/7(月) 午前 1:31 [ 西やん ] 返信する

顔アイコン

> 西やんさん
回路について小俣さんから説明を受けましたが上位も下位もほぼおなじです。でも価格差の違いはココが違うんですよねぇ〜と素人でも納得する説明を置け、そうなんだとこちらも理解できました。
小俣さんは面白い人でした。

2018/5/7(月) 午前 6:19 audiovideo_fan 返信する

これは気になる比較試聴ですね。羨ましい!
velaは無理ですがPavoは私も気になってます。高橋さんの特注velaはお店に置かれるのでしょうか?完成したらお聞かせいただきたいです!

2018/5/7(月) 午前 11:17 [ umzw ] 返信する

顔アイコン

> umzwさん
Pavo 結構いいですよ! クロック遊びも出来ます。
Velaは6月中にはMFDに入るそうです。是非聴きに来たら良いですよ。

2018/5/7(月) 午後 4:24 audiovideo_fan 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事