ホーンスピーカー導入備忘録

エール音響の重量級ユニット導入記です。最近はホームシアターやってます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
MFD高橋さんから”ついに中古が出たよ!”と連絡があり、待ち望んでいたブツを導入しました。
イメージ 1
MODEL1710SBLです。このツィーターはカタログモデルではなく特注の”スペシャル+ベリリウムモデルです。
イメージ 2
現在使用している大きな17は計測してみると13000ヘルツしか出ていなかったため、イマイチ糞詰まり感がありました。よって適当なスーパーツィーターをかねてより所望しておりました。JBLの045などを合わせてみましたが、045が強く出過てしまい適合しませんでした。

イメージ 3045を外して早速セットしてみます。17BLですので口径も同じだし、振動板は隣のやつと同じベリリウム振動板です。ですが、ホーンがちょっと違います。
イメージ 4
接続は隣のツィーターとパラですが、0.5μFのマイカコンをカマせます。0.5μF、インピーダンスが8オ−ムだから-6dB/octで20Kですね。
音の空間感や余韻を出すスーパーツィーター使いです。
イメージ 5
ホーンのアップです。YLのDシリーズと似ていますね。
イメージ 6
ちなみにこちらは隣の17002BLです。
イメージ 7
早速音を出してみます。本当ならば大きな45と17の間に入れたかったのですが、やってみたらマグネットが引っ付いてしまってどうにもなりません。一回引っ付くとものすごい磁力くっついてしまい、引き離すのが大変でした。よって一番隅に置く事になりました。この位置でも磁力が働き、ヤバい感じです。
FW800の陰に隠れてしまい、聴こえないんじゃないかなと思っていたのですが、音は恐ろしく変化しました。

余韻やヌケが全然変わりました。ギスギスした感じがなくなり、ふわ〜んとヌケます。なんて上品なんだろう・・・

これは素晴らしい !

長年オーディオやってて良かったと思いました。
本当にいいおとだなぁ・・・
天国の音にまた一歩近付きました。

さあ 次のステップだ!
イメージ 8
ヒント 6台です・・・

開く コメント(8)

昨日まで四日市に出張だったため、お久しぶりの更新です。
仕事は一段落付き、本日は振休を取り,OPEN時にお伺いできなかった音吉MEGへランチをしに行きました。

吉祥寺にいったらまずココにお邪魔することにしてます。
イメージ 1
ココは良い品物が置いてあり、心トキメクものが結構あります。
イメージ 2
本日、ヒジョウにトキメイタのがコレです。心打ちぬかれそうになりました。
イメージ 3
CP−3820です。ユニットはオーディオラボオガワさんで補修済!。
超安いですね。ペアだよ! 
ガウス HF−4000 5831 鉄板です。このユニットは昔持ってましたが、超ブットイ中音でコレに1502なんてつけてド爆音で鳴らすと天国に行けます。JBL375なんてメじゃないです。
欲しいですが、うちにはこの前買ったALTECがあるじゃない!また、
こんなでっかいスピーカーをウチに置く場所なんてないじゃない!
名残惜しいですがパスします。

もうこういうSPの価値をわかっている人も少なくなってきたのですね。
という事で後ろ髪をひかれながら店を後にしました。
イメージ 4
という事で12時にお邪魔します。
イメージ 5
12時からランチタイムです。
イメージ 6
オーナー柳本さんが出迎えてくれました。
イメージ 7
店内は昔のMEGと比較して広くなった感じがします。柳本さんの話ではナナメ使いと大きなテーブルをなくしたことが効いているそうだ。

質屋のジャズが心地よく鳴っています。
居心地の良い空間です。

高橋さんと一緒にお邪魔したので数種類のランチをいただいてみました。
イメージ 8
もう手を付けてしましましたが、西国分寺カレー
最初は甘いですが、あとから辛さが来ます。おいしい・・・
イメージ 9
ペペロンチーノ ベーコンがアクセントです。ニンニクが控えめで上品な味です。
イメージ 10
チーズピザ ポテトが入っていて具だくさん、ボリュームいっぱいです。
これにツマミを少し取ってギネスビール お腹いっぱいです。
イメージ 11
エプロンが結構似合っていますね。ごちそうさまでした。満足しました。
柳本さんの隣のキレイどころは奥様です。夫婦揃って能力3倍というところですかねぇ・・・素晴らしいです。

自分的にはピザがお気に入りでした。
今後のご繁盛をお祈りいたします。

次回はライブやオーディオの会の時にお伺いしようと思います。
イメージ 12
お土産に特製マグカップをいただきました。
オーディオルームに記念に飾っておきましょう。

開く コメント(12)

Io−dataからfidataの廉価版といえる新しいNASが出たよとのことで
導入し、fidataなどと音の比較をしてみました。
イメージ 2
型番は Soundgenic 「HDL-RA2HF」 2THDDタイプです。
結構ちっちゃいが、かなりの重量級です。
生意気に”Hi−Res Audioマーク”がついています。
良い音がしそうな予感がします。
イメージ 3
裏は電源IN、LANポート、USB端子が2つです。あと電源SWです。
イメージ 1
外付HDDを横にした感じですが、筐体に高級感があっていい感じです。
最初、感じたのが異様な”重さ”です。かなり制振されているんだろな・・・
イメージ 4
付属のACアダプタはDC12V2Aタイプ単電源です。
こちらも一般的な市版HDDのACアダプタよりちょっと高級な感じがします。

価格は3万5千円とfidataの10分の一 一般的な外付HDDの約3倍と

なかなかいい価格帯を狙っています。AUDIO用のNASとしては安価ですね。
イメージ 5
LAN端子を接続して電源入れたらあっさり認識されました。ipadで

fidataの時に入れた専用ソフトMagicalfinderを立ち上げたらSoundgenicも見れます。

イメージ 6
ちなみにこちらはfidata、まったく同じ画面でやんの!
イメージ 7
まずは最初にやる儀式としてシステム設定からファームウエア更新をしてみましたが、
イメージ 8
Ver1.0で更新はされていませんでした。オッケーですね。
イメージ 9
で、早速音の比較をしてみます。
比較したものは安い順に
①RockDiskNext+2TB HDD
②今回のHDL-RA2HF 2TBHDDタイプ
③DELA N1 3TB×2 HDDに取り換えたやつ
DELA N1 1TB×2 SSDに取り換えたやつ
⑤fidata 2TB×2 HDD
上記5機種を選びました。
電源を入れたばかりなのでまだ音は落ち着いていません。
評価としてはまだ安定していないので皆様の想像にお任せしますが、
買ってきて開封し。接続しただけの状態でも

結構つかえるじゃ〜ん

というのが感想です。
電源が一般的なACアダプターがついていますのでこの辺に音質改善の余地がありそうと思います。
今回付属品のLANケーブルはあくまでも”付属品”なのでこれは使用しないでいいケーブル(NAS本体より高いやつ)を使用してみました。
イメージ 10
次回は強力な電源(アナログ電源5Aおよびスイッチングパワーサプライ10A)を使ったらどのように音が変わるかをやってみたいと思います。

開く コメント(2)

先日のじゃじゃおさんのブログにアップされていますが、(ポタ研)
KORGの次世代三極管を是非とも自宅で聴いてみたかったので一緒に購入をお願いしました。
という事で早く聴いてみたいのでじゃじゃおじゃおさん宅へ取りに行きます。土曜日(17日)の話です
イメージ 1
じゃじゃおさんは早速セットアップを行い、システムに組み込んでいました、へ〜 こんな音なんだ・・ 結構いいじゃん!
我が家(自宅)だと、どんな音するんだろ? 興味深々です。
イメージ 2
Nutubeは結構優しいクリヤな音です。明日は自宅でガチに聴きましょう・・・
イメージ 3
という事で日曜日です。今日はガチで聴きます。
まずは開封です。
イメージ 4
箱の中には基板、ケース、付属品の部品等が入っています。
一応キットという事なので部品という形態をとっていますが、基板は完成品および調整済み。よってケースに組み入れるだけのキットです。
ボリウムを外す六角レンチは封入済み。用意するのはプラスのドライバだけです。電池はついていないので9V電池(006P)2個用意します。
10分もかからずできました。
イメージ 5
基板を見たらMUSES02がついていました。この石、結構高いんですよね。へ〜 こんな石がついているんだ・・・
イメージ 6
とりあえず電池入れてスイッチオンしてみました。
おおっ・・・ 光ったよ!
イメージ 7
電池が入った状態でケースに組み込みます。
サイズが分からないためリモコンを横に置いて撮影です。
表から表示が見えます。サイズは結構大きいですね。
イメージ 8
仕様です。TPからの調整値が記述してあります。調整済みですのでこれは参考程度でしょう。
イメージ 9
部品配置図、基板上で部品の組み込みは無いので、参考程度ですね。
イメージ 10
回路図までついていました。コレがあると結構便利ですね。
改造上等!  どんどんやってチョ〜ダイ、てな感じですかねぇ...
イメージ 11
早速、音を聴いてみます。
ソニカのLINEOUTに接続し、まずはヘッドフォンアンプとして聴いて、その後、バッファーアンプにして音を出してみました。比較に使用した曲は金井克子の”他人の関係”です。
お〜良い音ですね。しかし入力ゲインの調整が結構シビアでちょっと大きいとすぐに歪んでしまいます。

電源は①9V電池 ②12VのACアダプタ ②18VのACアダプタを使用してみます。
イメージ 12
回路図と特性図から80Vまでですが電解コンデンサの耐圧が25Vなのでじゃじゃおさんの言う通り、20Vくらいが適当かな?と思います。
電圧上げるとゲインが上がるのね。

さて電圧の異なるアダプタを使用してみたところ、以下の差がありました。
①006P電池×2 ちょっと大きなレベルが入ると歪み、何か頼りない感じです。直列シリーズ接続ですので18Vですが何か変だな?
②12V ACアダプタ  さらっと爽やかな感じ、空間感は出るが、力強さがない、ネバリがない感じですかねぇ〜
②18V ACアダプタ グッと力強さが加わります。歪みなくなっていい感じです。糞詰まり感が出てしまって制動しすぎな感じでしたが、コンセントをひっくり返して逆相にしたらバランスが取れて良くなりました。

総括
まだ電源を入れたばかりで結果ではありませんが、
Nutubeをバッファーアンプとして入れるととても聴きやすくなります。
余韻、奥行き等とても心地良いです。

音の傾向としては、今のところ”カマボコ”っぽい音ですかねぇ〜
オイシイ帯域を美しく聴かせます。
”ガチ”で演奏者のすべてを聴いてやろうというリスニングには向かない感じですが、音を聴きながら本を読むというようなシチュエーションや
五月蠅いアンプと組み合わせるとクリヤで艶っぽくいい音になると思います。クリヤーでさっぱりとしたいわゆる三極管っぽい音がするのは驚きでした。

これから暖まったら音はどう変化するはわかりませんが、
今後やってみたいことは
①電源電圧を24Vにしてみる。
②スイッチングパワーサプライでは無くアナログ電源でやってみる。
③暖まったらどんな音に変化するのか。

回路図も有るし、キットだし、改造はなんでもOKなので楽しみですね。

近いうちにやってみましょう。

おしまい。

開く コメント(5)

先週のことですがmfd高橋さんから”スゴいケーブルが出来たので聴いてみないかい”と連絡がありました。
ウチはすでに現在のところ最高と思える”テレガートナー”のLANケ−ブル導入済みで他にDELAcat7のケーブルもあります。
イメージ 1
ウチは中核の場所に使用しているのは3本ということで持ってきてもらったのがコレです。
長さは50cmで、コネクタはテレガートナーと同じのしっかりとしたものでした。
ちなみに金額は0.5mは@10万 1mは@15万だそうです。
イメージ 2
現状はテレガートナーDELAをケーブルを使用して無線LANルーターに接続しています。
イメージ 3
ルーターはNECのwarpstar8700Nというやつです。2010年製で結構長く使用しています。使用できているので現状特に不満はありません。
天板がちょっと熱くなっています。当時一万円くらいだったかな?
イメージ 4
dcs networkbridgeNAS2台(DELA・fidata)及びハブへは比較的高価なケーブルを使用しています。
イメージ 5
ハブはバッファローの業務用のものを使用しています。
ハブから下はPCやトリノフその他たくさん接続されています。
ここぞというときはハブへのケーブルを抜いて、その空いた端子にトリノフのLANケーブルを接続して、ガチに聴きます。
ここで持ってきた mfd LANケーブル に交換してみました。
変更した場所は
①networkbridge⇒ルータ間
②fidata⇒ルータ間
③DELA⇒ルータ間
の音に直接関わると思える3箇所です。
その他 ケーブルは3本あるのでNASの内部ハブ機能を使用してデイジ
ーチェーンでも接続してみました。
イメージ 6
0.5mでちょうど良い感じですね。最高の音を出すにはケーブルは短ければ短いほど良いというのが自分の持論です。
イメージ 7
ルーターにも接続します。
イメージ 8
接続後使用していないケーブルを外してガチで聴きます。
 
一聴(5秒)してすぐにわかりました。こりゃ いいね ! 
出てきた音は現状(テレガートナーやDELA)で使用してきたものと比較して以下のようにかわりました。
 
・音に力強さが加わり、重心が下がった。
・もっさりしたところが無くなり、透明感が上がった。
・音像が3次元的になった。
・ネットワーク音源操作ソフトのレスポンスが向上した。
 
いままで結構良いLANケーブルを使用してきたのだが、
” 上には上がある ”ということですかね?
 
たかが50cmのケーブルなのですが、音が変わったり操作レスポンスが向上したりするのはなぜか納得いきません。デジタルですよ!
0と1のデータですよ!
 
でもつまらない理屈をゴネていても仕方が無く、確かに変化したのは現実です。
自分的にはナンノや聖子・明菜がさらに感情豊かに歌い上げるようになったので満足です。エール音響が朗々と唄っています。絶好調です。
速攻導入決め、3本お買い上げとなりました。
 
残念ですがテレガートナー、DELAは2軍落ちとなりました。
 
デジタル系はあまり音が変わらないと思っていたのですが、イヤイヤそんなこと無いですね。
 
今回LANケーブルを変えたのですが、ボトムネックがなんとなく見えてきました。
世間ではハブだ!ハブだ!といってオーディオ専用ハブが発売されていますが、実はIPアドレスをコントロールするルータの性能が結構効いているんじゃないかと思い始めています。
次は”無線ルータ”に手をかけてみようと思っています・・・

開く コメント(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事