Japanese Cyclotourismo Journal

From the birthplace of Shimano components and TOEI bicycles.

またまたまたメンテナンスの週末

2017年10月29日
イメージ 1

またまた台風来襲で伊佐沼バヴァルダージュの中止も決まった週末。土曜日は雨の降りだす前にひとっ走りしようと関戸橋に向かったが、着いてすぐに雨が降り出して撤収、輪行で帰宅するという冴えない出だしとなった。出かける先を失った午後は、懸案となっている原ランドナーの後変速機の補修作業をすることに。

イメージ 2

原ランドナーについているユーレー・アルビーは、長年の使用で摺動部が摩耗し、アーム部は変形して、サイクリング中のトラブル発生の懸念があった。同時期のアルビーのジャンクの手持ちがあるので、アーム部を移植し、支点のネジの締め合わせを行った。

イメージ 3

パンタグラフが完全分解できるこの時代のアルビーならではの修理だが、多くのネジでハブのコーンのような締め合わせが必要で、バラすのは10分ながら組み立てには2時間を要した。変形したメインボディとアームはさすがに使えないけど、部品取りした後のジャンクは引き続きストックとなり、あるのかないのかわからない出番を待つことに。部品単位、場合によってはコンポ単位での交換を余儀なくされる今のパーツと違い、昔のパーツはこうしてしぶとく生き続けるのである。性能的には関戸橋で買った100円のシマノアルタス変速機の方が比較にならないほど上だけど。(パナモリ・42㎞)

.


みんなの更新記事