Japanese Cyclotourismo Journal

From the birthplace of Shimano components and TOEI bicycles.

全体表示

[ リスト ]

2012年4月22日
イメージ 1
 
本日の那覇はお昼過ぎまで雨が降ったりやんだりの生憎の天気でした。1Kのアパートで大した娯楽もない部屋で一気にプジョーのレストアを進めてしまいました。Rigidaの27インチシブイチリムとミシュランワールドツアーの嵌め合せは良好でタイヤはすんなりと収まりました。ブレーキレバーは最後まで迷いましたが、効きを重視して、DURAに先行して最初のSLRとなった105第2世代のエアロレバーに。SILVAのクリーム色のバーテープを巻いて完成です。早速雨の上がった那覇新都心に連れ出してみました。
 
イメージ 2
イメージ 3
 
その第一印象ですが、フレームスケルトンが結構詰まっている割に、ゆったりした乗り心地でした。性能的に特筆すべきものはありませんが、シマノの変速セットとHGコグは与えられた仕事を着実にこなしてくれますし、ブレーキもエアロレバーで引けば効きは十分です。ワールドツアーの乗り味は重いという方もありますが、必死に走るのでなければ許容範囲かと。ポタリングとか街中の移動手段に重宝しそうなキャラクターですが、このプジョーじゃないと、というシチュエーションが思いつかないのも事実です。あ、マスプロ車ミーティング用にいいかも。
 

閉じる コメント(4)

顔アイコン

80年代のプジョー、復活ですね〜。
こちらのプジョーは1週間にネジ1個分位しか進んでおりません(^^;
乗り味もフレームがヘタっているので、何だか分からないモノかと思います。

27インチなんですね、何度かトライしたのですがドロヨケが装着できずにウヤムヤ状態です。

2012/4/23(月) 午後 7:31 [ みっきー ] 返信する

顔アイコン

みっきーさん
それでも諦めずにレストアに奮闘するプジョーの魅力とは?わかり易いガイシャの”ブランド”以上のものはまだ私には見つけることができません。一度は丸一日必死こいて乗って、その価値を見極めてみます。そしてプジョーが絶滅したのが必然でないことを確認できればと思います。

2012/4/23(月) 午後 10:56 [ austintexas ] 返信する

顔アイコン

街中で乗るには、充分な自転車ですね。
変速レバーがどこにあるんだ?と画像を探してしまいました。(笑)

スキンサイドになるだけで、クラシカルさがきわだちますよね。

2012/4/27(金) 午後 4:11 [ royal_naru66 ] 返信する

顔アイコン

royal naru66さん
確かに街中で乗るにはいいけど、サイクリングはどうでしょう。27インチはETRTO表記で630と700Cよりさらに大きく、タイヤも太いから、かなり慣性を感じる乗り味ですよ。

2012/4/28(土) 午前 10:50 [ austintexas ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事