AUTOREVE DIARY

アウトレーヴ代表N・Aの 聞いてもらいたい独り言

全体表示

[ リスト ]

〜N子のロシア紀行〜

はーい(^_^)
お待たせしました〜っ!
『ロシアで見たクルマ達の写真』
少し前のブログで公開しましたが、
今回は私がロシアで感じたことや見たもの聞いたことを
お伝えしたいと思います(*^_^*)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バスルームがきれいな色だったのでまず一枚w
イメージ 1
ホテルの朝食では酸味のある黒パンがとっても美味しかったです
イメージ 2
〜なぜ私がロシアのサンクトペテルブルクへ行ったのか〜
何度かここでお伝えしていますが、
私の絵のHP(https://www.pontdereve.com/を見てくれている人のほとんどがロシア・サンクトペテルブルクの人だったということ。とにかくサンクトペテルブルクに行かなければ!という強い気持ちでした。
イメージ 3
が、、ロシアへ行くにあたってはビザが必要だったり、
航空券やホテル代はどのくらいなんだろうと不安だったり、
言葉が心配だったり、ロシアって?というなんとなくの恐怖感もあってすぐには行動に移せなかった数ヶ月間。
でもね、実際に行ってみると
夜中でも女性が一人で歩けるほど安全だったんです(^_^;)
驚いたことはまだまだたくさん・・・

イメージ 35
〜驚きシリーズ〜

☆ロシア(サンクトペテルブルク)は
他の国の人が少なく、ほとんどがロシア人?みたいな感じですw

☆街はどこを歩いてもゴミが一つも落ちていません

イメージ 4
☆男性が女性に愛情表現をしなくなったら離婚!
みたいな感覚だとかで(笑)離婚率が非常に高いw

※ロシア正教は離婚禁止だけど・・・(^^;;アレッ(^^;;
イメージ 5
カラスは真っ黒ではなくグレー模様が入ってます(^^)
(どこにでもいるこの鳥は日本でいうカラスなんだってさ)
イメージ 6
国立であれば大学まで授業料無料なので
経済的な理由で大学に行けない人はいません。
イメージ 7
病院も国立病院であればすべて無料
なので経済的な理由で治療・入院できない人もいません。
イメージ 8
おまけ:ロシアでは電子レンジの使用が禁止されているそうですネ
(マイクロ波が人体に悪影響を及ぼすという理由)

そこも国によって違いすぎる不思議に疑問・・・
イメージ 11
多くの人の宗教はロシア正教だそうですが
ロシア正教って?
調べれば調べるほどわからない事が多いロシア正教。

最近では子どもの時に洗礼を受けずに
そのまま大人になる人も多いとか。

イメージ 9
☆ロシア正教の教会には椅子がない!
anna:椅子がない方がさっと行けてさっと帰れるからいいのよ!
私:ま、そうね!
イメージ 10
孔雀石や瑠璃が贅沢に使われていて
絵画のほとんどがモザイク画
イメージ 12
イースターの前日夜22:00位から翌朝まで
ミサが行われるとのことだったので
行ってみる予定だったけどワタシ、
ちょっとのつもりが朝まで眠ってしまった(残念
イメージ 13
具体的に何がというわけではないのだけれど
謎めいていることが多く
いろんなことが興味深い国であり
ただ本能で、「また行きたい」と思いました^ ^
イメージ 14
ソ連時代に教会を破壊して作った駅がいくつかあり、
↑この駅もその中の一つ。
イメージ 15
☆地下鉄と言っても深さは90mもあるので
長〜いエスカレーターを下りたら
さらに長〜いエスカレーターに乗って地下へ地下へ・・・
イメージ 16
☆聞いていた通り、ロシアの地下鉄駅は美術館のよう
電車に乗らずにいつまでもふらふらしていたくなるような空間でした
イメージ 25
☆電車もシンプルだけど
車内もスッキリ!
なんと電車内には広告が一切ないのだ!!!

anna:広告やCMのように
無理やり読まされる(見させる)モノは不快なの

補足→annaはロシア人女性です
イメージ 17
たしかに広告はどこにもない・・・
イメージ 23
乗り換えの際にも広告が貼ってある場所は一切なし。
イメージ 24
これ本当に駅なの?という感じ。
天井も床もすべてが美しく、
日本を含め他の国の駅との大きな違いを感じました

イメージ 18
で、私の今回の本題はというと
自分が描いた絵を持ってギャラリー巡りをすることです。

事前に調べた3つのギャラリーを訪問し
絵の展示をしてもらえるかの交渉です。

それにはロシア語が話せないと絶対に無理ということで
通訳さん(anna)を依頼。

通訳の条件は女性であること。
それだけをお願いしていたので
どんな人が現れるのか不安でしたが
annaで良かった〜♩

イメージ 19
それにしても
今回の旅では何度 涙しただろう
イメージ 20
1つ目のギャラリーは抽象画の展示は一切していないどころか
毎月決まった金額を支払って展示してもらうという仕組みとのこと。

annaがいろいろと聞いてくれている横で絵を抱えて立つ私でしたが、
自分が描いた絵を持ってこうしてサンクトペテルブルクにいる現実を考えていたら感動で涙が流れてくるのでした。

どうしたの?というannaに
ありがとう!という私w

イメージ 21
この時点で
もうなんだか充分な気持ちになっていましたが

イメージ 22
二つ目のギャラリーへ
残念ながら住所を見ながら訪ねて行ったものの
移転のため閉館になったばかりでした

最初は、ギャラリーに行く時以外はannaがいないし
ワタシ大丈夫かなぁ(^^;;と不安だったけれど
(思ったよりロシア語がしゃべれないのは厳しい状況だったためw)

でもせっかくここまで来たしっ!
一人で街を歩いたり
エルミタージュ美術館やロシア美術館にも行ってみることに。

イメージ 26
エルミタージュ美術館はとても広いけれど
人が集まっている場所は決まっていて、
人がいない場所に行ったら私が存在する音しかしないのですw
イメージ 27
ロマノフ朝時代の王宮の一室で
一人いろんなことを考えたりしたら
何かおもしろいことが頭に浮かぶかも・・なんて(^_^)
イメージ 28
でもね、この場所は『人がいないけどいる』みたいな(⌒-⌒; )
フワッとした空間でちょっと怖かった・・笑
イメージ 29
そしてこちらはロシア美術館
昔のミハイロフスキー宮殿。
イメージ 30
壁に直接絵を描くとは!
これいいな〜♩私も帰ったらやろう!

どちらかというと私はロシア美術館の方が好きかな。
私の場合、作品なんて見てもよくわからない。
歴史ある建物の中でタイムカプセル感を味わうのが好きですね。

イメージ 31
トルストイってこんな人だったんだ〜
これを描いた人の名前は忘れましたが
右手に結婚指輪をしているから
トルストイはロシア正教だったんだな♩とか

毎回ブログの最後に『今日の言葉』として載せている名言で
トルストイの言葉は頻繁に使うので親近感(笑)
イメージ 32

天井までこんなだ(*^_^*)
今の住宅では考えられないけれど
時を重ねても残る芸術(建物)って憧れます
イメージ 33
さて、3つ目のギャラリー
このギャラリーは
ロシア出身画家の作品だけの展示と決まっているとのこと。

でも私のHPを喜んで見てくれました。
いくつかの作品をとても気に入ってくれたりして

色彩は大きく違うけれど私の絵と似たような絵を描く
ロシアの画家の作品を見せてくれたりして、
1時間以上いたのかな〜(*^_^*)

イメージ 34
ここでも最初と最後に感動の涙でした
ありがとう
イメージ 36
↑やっと登場です↑
私の絵と通訳のanna^ ^
イメージ 37
3つのギャラリーに行ってみたものの
大きな手応えはなく、それをannaが心配してくれる
イメージ 38
でも私はとても満足していました
行動に移しチャレンジしたことは
私にとって大きな力になっていたのです。

イメージ 39
二人でお茶をしながらロシアと日本のことをたくさん話した時間。

ロシアはバレエが有名で
3歳からバレエを始めて17歳になり
バレエ団の入団試験を受けるたくさんの子の中で
入団できなかった子の多くが自殺。
そんな話も聞きました・・

CMに流されない
広告に流されない
有名だという言葉に流されない
本当に自分に必要なモノ、
好きなモノを見極める力が必要だという話もしました。

世界的に有名なバイオリニストに朝の通勤時間帯の駅でバイオリンを弾いてもらったところ、立ち止まったのは子どもだけだった話も心に残りました。

人が入らなくなったバレエ劇場の新しいオーナーは
バレエのことを何も知らなかったのでたくさんの人が反対したけれど
人脈が広く社交的だったこの新しいオーナーによって
この劇場は今までにないほどの観客を集める劇場になった話など

annaと話す時間があっただけでこの旅に感謝だったのです

イメージ 40
お腹空いたしどっかでご飯食べよう!と向かったのは
何を食べても美味しいというロシア料理のお店。

ここは地元の人しか来ないアットホームなレストランで
annaもよく家族で食べに来るとか。

でもよく見ると壁には・・
オーナーの趣味で数人の画家の絵を飾っています。

私はannaに聞きました
「ここで私の絵を見てもらえないかな」と。

annaは快くお店の方に聞いてくれました。
すると、絵を見たスタッフがオーナーに電話をし
オーナーを呼んでくれたのです。

待つこと30分以上・・・

イメージ 41
オーナーのErenaさん:
ロシアは冬が長く、鬱になる人も多いのよ。
こんな色彩の絵は見たことがない。
あなたの絵をここに飾らせてほしい!
あなたの絵はサンクトペテルブルクの人たちを元気にしてくれるわ。

私は感動し号泣しました

いつかこんな色彩の絵を日本からたくさん運んできてもらってNorikoの個展をしたいわ!とも。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私の絵を遠くサンクトペテルブルクから見てくれている人が
このお店に立ち寄ってくれたらと思うと
少しの恩返しができたようにも思えました。

イメージ 42
もちろん絵がロシアでも売れてくれたなら
さらに私の芸術活動は広がるけれど、
完全に販売目的のギャラリーだけではなく
私の絵が行くべきところを改めて考えさせられる時でした

何のために描くのかということも。。。
イメージ 43
街では至る所で楽器を演奏する人がいてとっても賑やかだったな♩
中でも私が一番気に入った人はこの人↓^ ^

https://youtu.be/ip02TrGd-mc


最後まで読んでくれてありがとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


閉じる コメント(10)

顔アイコン

ロシア紀行、楽しく拝見させて頂きました。
行動力に脱帽。
annaさんとの出会いが一番の収穫かも。 削除

2019/5/27(月) 午後 10:19 [ joi***** ] 返信する

顔アイコン

あら!ちょっといい話ww

ロシアに対する見方が凄く変わったし、雑味のない「水出しコーヒー」みたいなスッキリ美しい街並みがとてもキャッチーです。

昨年末から、SNSで知り合った「自称ロシア人女性(超美人)」とメールのやり取りをしていましたが

「渡航するのにお金が足らないから援助して!私の口座を教えまぁ〜す」

って来て、なるほど、ロマンス詐欺か・・・と確信してやめたけど、騙されついでにロシアに興味を持った僕には凄く刺激のあるブログだわ!(笑)

もっと見たい!!

2019/5/29(水) 午前 11:50 [ とこぶし ] 返信する

顔アイコン

そのレストランに行ってみたい 削除

2019/5/29(水) 午後 7:18 [ hirarin ] 返信する

顔アイコン

> joi*****さん
長い文章読んでくれてありがとう!
うんうん annaと出逢えて良かった(^_^)
ちなみにannaのお父さんは俳優なんだって。

2019/5/29(水) 午後 9:13 autoreve2005 返信する

顔アイコン

> とこぶしさん
しばらく笑いが止まらなかった・・・
楽しい話をありがと(笑

昨夜、めったにテレビを見ない私が久しぶりにテレビをつけたら
ちょうどロマンス詐欺の話をやってたのw
こんなことあるわけないし。。と思いテレビを消したんだけど
今とこぶしさんのメッセージ読んで
本当にあるんだ!!!と笑えた・・・

annaが言ってたけどロシアの女性は男性といる時
絶対にお金を出さないんだって。
出すと失礼でもあるんだって。
だけどね、もう会いたくないと思った時はお金を出すのよ♩とw

2019/5/29(水) 午後 9:21 autoreve2005 返信する

顔アイコン

> hirarinさん
本気?(^^)
来年ロシアツアーしましょうか?(^^)本気で。。

2019/5/29(水) 午後 9:23 autoreve2005 返信する

ロシア、サンクトペテルブルク‥。
漠然と想像していた街や人やお店を沢山教えてくれてありがとうございます!
やっぱり素敵な所でした。

2019/5/30(木) 午前 0:19 [ alpinegarcons ] 返信する

顔アイコン

> alpinegarconsさん
良かった(^_^)
こうやってみんなにも楽しんでもらえて良かった(^_^)
行ってよかった(^_^) 削除

2019/5/31(金) 午前 7:59 [ アサオカ ] 返信する

顔アイコン

なかなか濃い旅をしてますナ!

2019/6/2(日) 午前 11:44 [ sho*ko*sai ] 返信する

顔アイコン

> sho*ko*saiさん
次回の旅は希望者を募って
クルマ関係の観光を含めた旅をしたいなぁって思ってます(^.^) 削除

2019/6/3(月) 午前 9:23 [ アサオカ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事