ここから本文です
その混沌たる美学///日本のタブーを破壊する ---ゆりかごから墓場までご案内いたします---

書庫唐山健志郎 株式投資道場

すべて表示

日経平均はついに20000円のもみ合い圏を突破。新展開へ。  2015年の20000円から急落し、2016年に2番底を打って出直した格好の日経平均だったが、2016年末と今年に入り20000円の値固めを時間をかけこなしてきたことからしこりが取れ、上値を目指しやすくなっていた。非常にチャートとしてはよい形状であり、上放れは時間の問題と思わせたが、ついにもみ合い圏を上放れた。短期的には調整があろうが、さらに上値を目指すことは間違いない。押しは買い。  10年足で見ると、ようやく2弾上げ序章。ここは強気で。ちなみにアベノミクス云々は全く無関係。世界的に株価は上昇局面にあり、むしろ出遅れていた日本株にようやく資金が回ってきたという認識である。株価上昇を安倍が利用し喧伝している構図が浮かび上がる。チャートを見てすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • すばる書房 に電話をしてみた。以前雑誌「ポエム」で連載をした原稿料が殆ど未払いになっている。約二十万円ほど請求すると、社長は「 経理は人に任せてある。知らぬ存ぜぬ 」をくり返すばかりで全く誠意がない。小さな会社で知らぬはずはない ...すべて表示すべて表示

  •  見知らぬ街を彷徨い歩き、何の前触れもなく立ち尽くし、網膜に一陣の絵を描いて消えた光景。住宅地の中に忽然と姿を現す赤錆色の町工場。  時としてこのような光景に日暮 ...すべて表示すべて表示

  • 誰もが車を買う際に安全性も考慮しているはずだ。 しかしながら、一体どういうエビデンスに基づいて安全性を判断しているのだろう?実は安全性を客観的に判断できる材料があった! これを知らないと恐ろしい車を買い、さらに ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事