ここから本文です
その混沌たる美学///日本のタブーを破壊する ---ゆりかごから墓場までご案内いたします---

書庫この人をみよ! ///奇人変人伝

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

ヤクザに電話シリーズ 神戸山口組二次団体一◯◯ (岡山) 2017年9月23日

24,066 回視聴
45 29 共有

「ヤクザのしのぎとは?どのように収入を得ているのか?」
「景気はどうなのか?」
「みかじめ料は、今もとっているのか?」
「振り込め詐欺をしているのか?」

 誰もが知りたいと思っていた、あの疑問、この質問!

素朴な疑問にヤクザが答える!(随分丁寧に)。


しかし、この”日本ヤクザ研究会”主催の親父さん、
かつては右翼団体やアレフにも電話かけ回っていたが、
10か月前からぷっつりとサイトの更新が止まてしまった。


ついに、刺されたのか?
ポアされたのか?



2017/09/23 に公開
神戸市で勃発した神戸山口組と任侠山口組の銃撃事件により、警察に指名手配されている菱◯◯◯が所属する◯◯会に電話した。

この事務所、ネットで調べたら会長の名前も菱◯であることが判明した。もしかして親子なのかと推測してしまうが、詳しい事は分からない。電話した時に聞けばよかったのだが。神戸で織田絆誠が乗った車に襲撃した際、神戸山口組側が車から降りてきた組員の◯木氏を鉄砲で撃ったらしい。

勝手な推測だが、神戸山口組側は織田を鉄砲でぶち殺してやろうと企んでいたのかも知れない。これによりやはり神戸側も鉄砲は持っている事が分かった。入手ルートは分からないが、恐らく外国からだと思われる。断っておくが、私まで撃たないように。電話の内容でも出てきたが、つい先日、弘道会の竹内照明が逮捕された。容疑は名古屋市内の飲食店からみかじめ料を取ったと言うことらしい。みかじめ料はどこの事務所も取ってるんじゃないかと思うが、警察は弘道会に厳しく対処する方針なのだろう。

この弘道会と言う組織、私の電話番号をすぐ着信拒否してしまう非常にふざけた連中でもある。また電話番号変えて電話してやるわ。電話番号と言えばつい最近、ネットに流出した情報により神戸山口組グループの電話番号がたくさん手に入った。今回電話した事務所もその内の1ヶ所である。なぜか電話番号だけ書いてあって、団体名が分からないところがいくつもあるので、これから1つずつ調べて行こうと思う。

その内の1ヶ所に神戸山口組グループの◯◯会と言う団体があるのだが、一回目の電話でいきなりこのシリーズの動画を見ていると言われてしまった。当然の事ながら、まだ電話していない事務所の人もこのシリーズは見ているはずだ。見るのはいいけど、ウチにかかって来るのはやだなぁなんて思ってる人もいるんだろうけど、かかって来たら運が悪かったと思って諦めて頂きたい。神戸山口組グループの皆さん、これからもよろしく。しつこく電話します。



【おぉたむすねィく探検隊 精神分析研究班】廃墟とその美、日本人の精神構造を考える会 特別チーム


ドキュメント2018 捜索ボランティア 尾畠春夫 2歳児発見までの道のり!


平和のダンス
尾畠春夫さん、凄い人だ。素晴らしい。中島みゆきの歌「地上の星」にもありますが、このような方を地上の星というのだと思います。ヒーローだと思います。無名で地味で黙々と人助けして、人の役に立つことに自分の命、エネルギーを使う人。ただそれだけで喜びや幸せを感じて生きる人。このような人こそ、本物のヒーローだと思います。テレビやラジオ、ネットなどのメディアではなかなか見つけにくい人。こんな偶然の機会にたまたま発見されることがありますよね。この方のように本物は表に出てくることは、偶然なのでそう簡単に見つけられないんですよね。この方の近くには神様がいるのではと思ってしまうくらいおだやかで話し方から表情から言葉使いからすべてが自然体に見える風貌をされています。偽物の偽善者に騙されている私たちですが、ヒーローは私たちのごく身近にいて、謙虚であまり目立つことは好まないんですよ。今日はいい方と出会えました。敬意を表します。感激しました。どうか、いつまでもお元気で生涯現役ボランティア活動をされますように心より祈っています。ありがとうございました。
一部を表示
山田太郎
警察はどんどん無能になっていくなあ。警察一個大隊より一人の70歳老人のほうが上とは。
秋蛇星
かつての見当たり捜査ができるような、嗅覚と経験を持った警察官がどんどん退職し、頭数だけそろえた素人集団になっているということでしょう。


捜索ボランティアの尾畠春夫さんは「師匠」と呼ばれていた。行方不明だった2歳男児を発見!

NEWS
2018年08月15日 13時46分 JST | 更新 39分前
捜索ボランティアの尾畠春夫さんは「師匠」と呼ばれていた。行方不明だった2歳男児を発見
徒歩で日本列島縦断、若いボランティアに「師匠」と呼ばれる。


    ハフポスト日本版編集部

山口県周防大島町で8月12日から行方不明になっていた2歳の男児が15日、無事に保護された。山中で男児を発見したのは、ボランティアで捜索に加わっていた大分県の尾畠春夫さん(78)だった。

AbemaTVより
尾畠春夫さん

報道各社のインタビューに応じた尾畠さんは、「小さな命が助かったと思った。本当にうれしかった。助かってよかった、助かってよかった。ただそれだけ」と語った。そして、2016年末に大分県で行方不明になった女児の捜索ボランティアにも参加しその時の経験が今回の捜索で生かされたことも明らかにした。テレビ朝日系「ワイドスクランブル」などで報じられた。

尾畠さんは、全国各地のボランティア活動に参加し、過去の朝日新聞でも何度も取り上げられている人物だった。活躍の軌跡をまとめた。

inRead invented by Teads

■ボランティアで由布岳の登山道の整備

大分県別府市で鮮魚店を営んでいた尾畠氏。40歳で登山を始め、58歳で北アルプス55山を単独縦走した。

尾畠さんはその頃より、ボランティアで由布岳の登山道の整備を始める。

月に7〜8回、30〜40キロの材料を担いで登り、崩れかかった登山道の整備をしたり、案内板を設置したりしたという。

■徒歩で日本列島を縦断

66歳で尾畠さんは鮮魚店を引退し、鹿児島県の佐多岬から北海道の宗谷岬まで日本列島を徒歩で横断する旅に出た。

2006年の4月1日に出発、7月1日に全行程3250キロを歩き、尾畠さんは無事ゴールを遂げている。毎日、朝夕に孫の声を電話で聞くことを励みにしていたという。

このチャレンジについて、尾畠さんは朝日新聞の取材に「生まれた日本を縦に歩いてみたかったのと、体力がどのくらい持つのか、動機は単純じゃ」と語っている。

ゴール後、同級生たちに祝福された尾畠さんは「目標を持ってやれば、出来るものだ」と笑顔だった。(朝日新聞2006年07月09日)

■東日本大震災・南三陸町でボランティアの「師匠」と呼ばれる

2011年の東日本大震災では、3月から宮城県南三陸町でボランティアとして活動する。町から依頼され、被災地で、人々が大切にしていた物を拾い集める「思い出探し隊」の隊長を務めた。

軽自動車で3日かけて被災地へ。日本列島縦断の旅で、テントを干していた南三陸町で親切にされた人を訪ねたことがきっかけとなったという。

2004年の新潟県中越地震の被災地でもボランティア活動に参加していた尾畠、若いボランティアからは「師匠」と呼ばれていたという。その後も大分と車で往復しながら計500日間支援に当たったという。(朝日新聞2011年04月27日)


■熊本地震でもボランティアに参加

熊本地震では、熊本県益城町でボランティア活動をしていた。既にこの時には「ボランティア歴25年」になっていた。

町が設置したボランティアセンターに「スコップやヘルメットがもっと必要」などと用具などについて助言。職員が「私たちにも初めての経験。言われて気付いたことがたくさんあって助かります」と話していたことが報じられている。(朝日新聞2016年04月25日)
視聴回数 119 回






0180815 制作 秋蛇星短編映画製作所ドキュメント2018 捜索ボランティア 尾畠春夫 2歳児発見までの道のり!捜索ボランティアの尾畠春夫さんは「師匠」と呼ばれていた。行方不明だった2歳男児を発見NEWS2018年08月15日 13時46分 JST | 更新 39分前捜索ボランティアの尾畠春夫さんは「師匠」と呼ばれていた。行方不明だった2歳男児を発見徒歩で日本列島縦断、若いボランティアに「師匠」と呼ばれる。 ハフポスト日本版編集部山口県周防大島町で8月12日から行方不明になっていた2歳の男児が15日、無事に保護された。山中で男児を発見したのは、ボランティアで捜索に加わっていた大分県の尾畠春夫さん(78)だった。AbemaTVより尾畠春夫さん報道各社のインタビューに応じた尾畠さんは、「小さな命が助かったと思った。本当にうれしかった。助かってよかった、助かってよかった。ただそれだけ」と語った。そして、2016年末に大分県で行方不明になった女児の捜索ボランティアにも参加しその時の経験が今回の捜索で生かされたことも明らかにした。テレビ朝日系「ワイドスクランブル」などで報じられた。尾畠さんは、全国各地のボランティア活動に参加し、過去の朝日新聞でも何度も取り上げられている人物だった。活躍の軌跡をまとめた。広告inRead invented by Teads■ボランティアで由布岳の登山道の整備大分県別府市で鮮魚店を営んでいた尾畠さん。40歳で登山を始め、58歳で北アルプス55山を単独縦走した。尾畠さんはその頃から、ボランティアで由布岳の登山道の整備を始めている。月に7〜8回、30〜40キロの材料を担いで登り、崩れかかった登山道の整備をしたり、案内板を設置したりしたという。■徒歩で日本列島を縦断66歳で尾畠さんは鮮魚店を引退し、鹿児島県の佐多岬から北海道の宗谷岬まで日本列島を徒歩で横断する旅に出た。2006年の4月1日に出発、7月1日に全行程3250キロを歩き、尾畠さんは無事ゴールを遂げている。毎日、朝夕に孫の声を電話で聞くことを励みにしていたという。このチャレンジについて、尾畠さんは朝日新聞の取材に「生まれた日本を縦に歩いてみたかったのと、体力がどのくらい持つのか、動機は単純じゃ」と語っている。ゴール後、同級生たちに祝福された尾畠さんは「目標を持ってやれば、出来るものだ」と笑顔だった。(朝日新聞2006年07月09日)■東日本大震災・南三陸町でボランティアの「師匠」と呼ばれる2011年の東日本大震災では、3月から宮城県南三陸町でボランティアとして活動していた。町から依頼され、被災地で、人々が大切にしていた物を拾い集める「思い出探し隊」の隊長を務めた。軽自動車で3日かけて被災地へ。日本列島縦断の旅で、テントを干していた南三陸町で親切にされた人を訪ねたことがきっかけとなったという。2004年の新潟県中越地震の被災地でもボランティア活動に参加していた尾畠さん、若いボランティアからは「師匠」と呼ばれていたという。その後も大分と車で往復しながら計500日間支援に当たったという。(朝日新聞2011年04月27日)■熊本地震でもボランティアに参加熊本地震では、熊本県益城町でボランティア活動をしていた。既にこの時には「ボランティア歴25年」になっていた。町が設置したボランティアセンターに「スコップやヘルメットがもっと必要」などと用具などについて助言。職員が「私たちにも初めての経験。言われて気付いたことがたくさんあって助かります」と話していたことが報じられている。(朝日新聞2016年04月25日)■夢は100歳での祖母山登頂尾畠さんは、夢は「100歳での祖母山登頂」だと答えている。ボランティアは「体力の続く限り続けたい」という。(朝日新聞2010年12月24日)




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5









イメージ 6

イメージ 7




イメージ 8




【西部邁の死生観と宗教観】

 西部邁の死生観に共感し自殺を手助けした疑いで警視庁捜査1課は5日、東京MXテレビの関係会社の番組のディレクター,埼玉県上尾市、会社員、青山忠司(54)と東京都江東区、会社員、窪田哲学(45)の両容疑者を自殺ほう助容疑で逮捕した。
 西部邁は10日前、毎日新聞の取材を受けた際に「数週間後には(自分は)生きていない」。神経痛で痛む腕をかばいながら、近年繰り返していた自らの自殺の話をした。しかし語りはあくまでも冷静。取材後は午前4時過ぎまでバーをはしごする元気さをみせていた。

「自然死というけども、その多くは病院死なのが現実。それが嫌だと自殺しかない。俺の最後の願望は“当然死”だね。ある年齢で、ある病状を抱え、いろいろとやり尽くした。警察に若干の厄介をかけたようだがどう考えてもあいつは当然死んだ、というね(笑)」

宗教と若者「オウム真理教vs幸福の科学」

朝まで生テレビ その4

限定公開
視聴回数 6,999 回
10 0 共有
2012/06/09 にアップロード
宗教と若者「オウム真理教vs幸福の科学」朝まで生テレビ その4

激論!宗教と若者「オウム真理教vs幸福の科学」朝まで生テレビ 麻原彰晃vs 田...

2012/6/1614:38:09

激論!宗教と若者「オウム真理教vs幸福の科学」朝まで生テレビ

麻原彰晃vs 田原総一朗、島田裕巳、上祐史浩、村井秀夫 アーチャリー、上祐史浩、池田晶子、景山民夫、西部邁

いったい誰が言っていることが、
もっとも、説得力がありますか?
http://blogs.yahoo.co.jp/autumn_snake_1995/61952333.html

http://www.youtube.com/watch?v=idMd7II0smM
http://www.youtube.com/watch?v=E94Ds3_xncQ
http://www.youtube.com/watch?v=ilqqBf4WEL8
http://www.youtube.com/watch?v=YSikuw-ADtw
http://www.youtube.com/watch?v=L1pLZtP2E0o
http://www.youtube.com/watch?v=vhK9JaKKIcg
http://www.youtube.com/watch?v=f9453rdbA6g
http://www.youtube.com/watch?v=AiyKOsv7WvA


司会: 田原 総一朗
進行: 渡辺宜嗣、美里美寿々[現田丸美寿々]

パネリスト:
栗本慎一郎(経済人類学者)
石川好(作家)
池田晶子(著作家)[2007年没]
村井秀夫(「オウム真理教」科学技術部長)[1995年没・刺殺]
麻原彰晃(「オウム真理教」代表)[2006年死刑確定]
上祐史浩(「オウム真理教」教化本部長)[懲役3年服役後出所アーレフ元代表]
杉浦実(「オウム真理教」編集局長)[アーレフ非上祐派らしい]
島田裕巳(日本女子大学助教授)
西部邁(著述家)
池田昭(中京大学教授)
下村満子(「朝日ジャーナル」編集長)
景山民夫(作家)[1998年没・自宅火災]
真杉文紀(「幸福の科学」指導局局長)
坂口頼邦(「幸福の科学」事務局部長)
小林健祐(「幸福の科学」事務局課長)
中島渉(小説家)
大月隆寛(東京外国語大学助手)



イメージ 1



【おぉたむすねィく探検隊 精神分析研究班】廃墟とその美、日本人の精神構造を考える会 特別チーム

【政府発表 緊急ニュース】頭上着弾注意!北朝鮮が夜間に日本へ向けミサイル発射!奥尻島付近のEEZに着弾《7月29日 0時06分》日本政府発表


北朝鮮が夜間に日本へ向けミサイル発射!奥尻島付近のEEZに着弾《7月29日 0時06分》日本政府発表

にしても、何ゆえにオウムソングと
北朝鮮てのは、
センスがぴったりなんだろね・・・・
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 4

イメージ 3


北朝鮮がミサイルとみられる飛しょう体発射 政府関係者

政府関係者によりますと、北朝鮮が、ミサイルとみられる飛しょう体を発射したということです。政府は、総理大臣官邸に設置している北朝鮮情勢に関する官邸対策室で情報の収集と分析にあたっています。

日本のEEZに着水の可能性

防衛省は、北朝鮮からミサイルが発射され、日本海の日本のEEZ=排他的経済水域内に着水する可能性があると発表しました。
政府は、北朝鮮がミサイルとみられる飛しょう体を発射したと見られることから、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している官邸対策室に関係省庁の担当者をメンバーとする緊急参集チームを招集しました。総理大臣官邸には、緊急参集チームのメンバーが次々と駆け付けており、情報の収集と被害の確認などにあたることにしています。
政府からの発表を受けて、国土交通省は28日午後11時53分に航空機に情報を伝え、注意するよう呼びかけています。
菅官房長官は、北朝鮮がミサイルとみられる飛しょう体を発射したという情報を受けて、このあと記者会見を行うことにしています。

政府関係者はNHKの取材に対し、「午前0時前に、北朝鮮がミサイルとみられる飛しょう体を発射し、日本の排他的経済水域内に着水する可能性があり、航行警報を出した」と述べました。

最近の北朝鮮のミサイル発射

北朝鮮は、去年、弾道ミサイル20発余りを発射したのに続き、ことしに入ってからも発射を繰り返してきました。

北朝鮮は、ことし2月にSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを地上配備型に改良した、新しい中距離弾道ミサイル「北極星2型」を発射し、3月は、中距離弾道ミサイルの「スカッドER」4発を同時に発射しました。

5月は、北西部・ピョンアン(平安)北道のクソン(亀城)付近から、新型の中距離弾道ミサイルの「火星12型」を発射して高度が初めて2000キロを超えたのに続いて、その1週間後には、ピョンアン南道プクチャン(北倉)付近から、「北極星2型」を再び発射しました。

さらにその翌週にも、東部のウォンサン(元山)付近から、海上の艦船も狙う精密誘導システムを導入したとする新しい弾道ミサイル1発を発射します。

そして、今月4日には、北西部のピョンアン北道クソン付近から、弾道ミサイル1発を発射し、北朝鮮はICBM=大陸間弾道ミサイルの初めての発射実験に成功したと発表していました。

また、弾道ミサイル以外のミサイルについても、5月に新型の対空迎撃ミサイルの発射実験を行ったと発表したほか、先月8日には、日本海に向けて短距離ミサイル数発を発射し、新型の地対艦巡航ミサイルの発射実験を行ったと発表していました。

関連・注目ワード

関連リンク

特集

スペシャルコンテンツ



【激闘】堀江貴文と豊田議員が直接対決!!

追加
 共有 
その他
視聴回数 146,868 回

豊田 真由子(とよた まゆこ、1974年10月10日 - )は、日本政治家、元厚生官僚衆議院議員(2期)、内閣府大臣政務官(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)、文部科学大臣政務官復興大臣政務官。無所属。学位修士ハーバード大学2002年)。元自由民主党女性局次長青年局次長・国会対策委員会委員等。

来歴

生い立ち

1974年[2][3]千葉県に生まれる。血液型A型[2]。3人姉妹の次女[2]船橋市立法典東小学校[2]桜蔭中学校[2]、桜蔭高等学校[2]に進学。1993年東京大学文科一類に入学[2]法学部第2類(公法コース)に進み、佐々木毅教授の政治学ゼミで指導を受けた[2]

官僚として

1997年、東京大学法学部を卒業し厚生省へ入省[2]。2000年に国費留学生として ハーバード大学大学院へ入学し、パブリック・ヘルスを学ぶ[4]。2002年に理学の修士号を取得した[2]
中央省庁再編により設置された厚生労働省にて、社会・援護局健康局などで勤務。2003年からは金融庁総務企画局にて課長補佐。2007年には、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に一等書記官として赴任した[2]。在職中、ジュネーブで長男、その後パリで長女を出産[2]
2011年に帰国し、厚生労働省の老健局にて課長補佐に就任した[2]東日本大震災の発生により、避難先や仮設住宅等における高齢者福祉政策等を担当した[4]復興が一向に進まない現状から、民主党政権の国家運営の実情に対し強い疑問を抱き、政治の世界に転身する決意をする[5]

政治家として

2015年10月9日、大臣政務官辞令交付後の記念撮影にて内閣総理大臣安倍晋三(左端)、内閣官房長官菅義偉(左から2人目)、外務大臣政務官山田美樹(右から2人目)と
厚生労働省を退官後、自民党埼玉県連の公募に合格。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙に埼玉4区から自由民主党公認で出馬し[2]、初当選した[6]。この時、豊田は足首を骨折していた[7]
自由民主党においては、厚生労働副部会長、厚生関係団体委員会・労働関係団体委員会・外国人労働者等特別委員会等にて副委員長、首都圏整備特別委員会の事務局次長、国家戦略本部の主査を務めた[8]派閥としては清和政策研究会に所属した[9][10]
2014年、第47回衆議院議員総選挙で他候補を大きく引き離して再選[11]。2015年10月9日に、第3次安倍第1次改造内閣内閣府大臣政務官(東京オリンピック・パラリンピック担当)、文部科学大臣政務官復興大臣政務官に就任。2017年6月22日、週刊新潮で秘書への暴言暴行について報じられ、同日に自民党へ離党届を提出する[12]

主張

2016年6月9日理化学研究所仁科加速器研究センターにて文部科学大臣馳浩(左)と

法制度

夫婦別姓
選択的夫婦別姓制度の導入に反対[13]

厚生労働

女性が活躍する社会の実現
安倍内閣が目指す「女性が活躍する社会の実現」のために、長時間労働の是正、有休・育休取得の促進、結婚・妊娠・子育て期までの切れ目のない支援、国民の意識の変革を行うことが必要であり、同時に中小企業の負担に配慮した対策も必要と考える[14]
持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律
外来の機能分化の推進、国民健康保

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事