全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


ディケイド前半のロッキーズは一部のスター選手に過剰な投資を行う方法によりチーム強化を誤ったものの、その後急速に方向転換をしたお陰で2007、2009年と2度のポストシーズン進出など、チームを建て直すどころか球団創設以来の最盛期を迎えています。

高地クアーズ・フィールドで戦い抜くためには、長打力依存しか方法は無いと考えられていた中で、広い外野エリアをカバー出来る守備範囲と、グラウンドボーラー主体の投手陣をサポートする内野守備、更には打球の飛距離をやや縮める効果として加湿球(MLB機構も許可)を採用するなど、選手に対する投資効果以外にも様々な工夫や研究を重ねた成果が現れたものでした。

また、新旧交代の切り替えも早かったのが功を奏しており、2005年のシーズンでは野手陣の主軸を総入れ替え、2007年にはそれまでのドラフト戦略が成功したことが裏付けとなる「球団プロスペクトの最高評価」を得、そのチーム状態は年俸総額を制御しながら良い方向で維持しているといえるでしょう。特に、有望な新人が評判通りに活躍出来る環境や体制を整えているのは、地味な箇所ながらも非常に高い評価をされている球団です。


オール・ディケイド・チーム(野手)

イメージ 2

フランチャイズ・プレーヤーのトッド・ヘルトンを筆頭に、ラリー・ウォーカー、トロイ・トゥロウィツキー、マット・ホリディ、ギャレット・アトキンスら新旧のスター選手は文句無しで確定といきましょう。

残るは捕手、二塁、中堅。キャッチャーは中々にして人材難でしたが、優勝がかかったシーズン終盤やポストシーズンで勝負強い打撃を披露したヨービット・トレアルバを選びました。セカンドも直ぐにピンと来る人が思い浮かばず、2007年のレギュラーだった松井嫁頭央もいましたが、在籍期間の長いクリント・バームスに。打撃の波は荒い方ですが、時折り凄まじい活躍を続けたりしていました。

最後はセンターですが、ウイリー・タベラス、ホアン・ピエールに加え、ライトからブラッド・ホウプを回そうかとも考えましたけど、ちょっと懐かしい顔として2003年に打点王を獲得したプレストン・ウィルソンに決定。5ツールを持ち、素材を高く評価された選手でしたが晩年は早く訪れてしまいました。

野手は総じて成績が出し易い環境の中、比較的安定して選出することが出来ました。

オール・ディケイド・チーム(投手)

イメージ 3

誰もが認めるというエースは存在していませんでしたが、その中でもジェフ・フランシス、アーロン・クック、ジェイソン・ジェニングスは健闘したなぁという印象で、前者2名については複数年契約を結び現在でも先発の軸としてチームに在籍しています(フランシスは昨年故障で全休)。

彼等に共通しているのは、真っ直ぐのスピードよりもチェンジアップやシンカーなどの沈むボールを得意としていることでした。これも、チームが方針として立てたグラウンドボーラー集めの一環でもあり、その傾向は2007年のジョシュ・フォッグや昨年のジェイソン・マーキーにも同じことがいえました。

一方ではウバルド・ヒメネスのように、直球主体のピッチングでもありながら被本塁打の少ない豪腕タイプにもキチンと目を光らせており、以前と比べればバラエティに富んだ陣容が組めるようになってきています。先発最後の一名は、クローザーも兼ねて活躍したショーン・チャコ〜ン♪。若い頃はかなり期待を集めていましたね。

ブルペンで最も印象的だったのは、チームで初めて2年連続で30セーブ以上をマークしオールスターにも出場したブライアン・フェンテス。抑えとしては調子の波が激しい投手でしたけれども、一度は降格したクローザーのポジションを奪い返した実績もあります。そのフェンテスと抑えの座を争っていたマニュエル・コーパスは2007年のシーズンに至極安定したピッチングを披露。将来のクローザーを見込まれて3年契約を結びましたが、以後停滞したのは残念なことでした。最後の一人は、ディケイド前半でクローザーを務めたホセ・ヒメネス。こちらは4年連続でチーム最多セーブを記録しています。


タイトル&アワード

イメージ 4

ウォーカー、ヘルトンといったところは、打撃ばかりではなく守備も優秀で、その中りが高価な契約金額にも結びついていることは明らかではありますが、打撃タイトルやGG賞を見てもお解りの通り、好守共に評価も非常に高いものでした。その他についても、90年代ほどではありませんが打者タイトルは7人もの選手が獲得しており、チームのカラーと本拠地の特性を現しています。ウィルソンやヴィニー・カスティーヤの打点王などはこのチームならではというインパクトもありました。今後、この系譜を引き継ぐのは誰か?というのにも興味が走ります。

このチーム状態があと何年か続けば、オールスター出場選手も増えていくことでしょう。

ディケイドMVP

イメージ 5

ロッキーズ一筋13年間のヘルトン以外にチームMVPは考えられません。今尚、素晴らしい打者でもあり一塁手です。投手はディケイド最多イニングのクックを選びました。肺血栓を患いながらも見事にカムバックし、現在もエース格の働きをしています。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

チーム創設の時に本拠地がこの環境でってのは無茶だと思ったんですが
ここんとこ(特にこの2〜3年で)そこで行われている野球が
工夫の甲斐もあって普通にまとまってきちゃったようですよね。

いいことなんですけどねえ。
変テコなチームも好きな私としては微妙な気分です。

2010/1/17(日) 午後 4:37 [ 道作 ]

顔アイコン

道作さん:訪問とコメントありがとうございます。
確かに球団創設のあの凄まじいスコア内容が懐かしいですね。タイトルホルダーを一度に何人も(というよりも、この球団でタイトル獲ってしまった訳ですが)抱えられるチームはそうは無いでしょうから、打線が停滞したら浮上の兆しも見えないと思っていたのですが、してやられたという感じです。

変テコなチームは少なくなりましたねぇ。タイプとしては少し違いますが、今ではミルウォーキーにそんな臭いが漂います。

2010/1/17(日) 午後 9:46 [ haus ]

hausさん、こんにちは!
よく月刊スラッガーで目にする「ヘルトン9年約1億4000万ドルの契約は不良債権」
確かにディケイド後半の成績からすれば仕方ないですが、強打者揃いの一塁手で4年連続シルバースラッガーを受賞した2000〜03年の4年間については文句のいいようがなかったと思います。
史上8人目のシーズン200安打・100打点・100得点・100四球を達成し二冠王も獲得した2000年。史上初の2年連続100長打を達成しキャリアハイ49本塁打を打った2001年など。
もちろんバッティングだけでなくファーストの守備、特にキャッチングでの貢献はロッキーズの若き内野陣も大いに助けられたでしょう。
こんなヘルトンがいたからこそ2度(2007年・2009年)もポストシーズンに進出することができたと信じているので、ディケイドMVP=ヘルトンというよりも背番号17番を球団初の永久欠番に認定してもらいたいとも思っています。
ちなみに現役メジャーリーガーでパケットが最も好きなプレイヤーはキャリア一筋ロッキーズのヘルトンとキャリア一筋ブレーブスのチッパー・ジョーンズです!

2010/1/18(月) 午後 0:11 パケット

顔アイコン

個人的には、このチームはウチと同期なので、割と気にするチームですね。
hausさんのおっしゃる通り、このチームは理想的なチームに出来上がってきましたよね〜。草創期の頃とは大分違う色のチームになりましたけど、キライじゃないです。こういう色も。
同期の立場から見て、ただ一つだけ羨ましいのがヘルトンの存在。そのキャリアから見ても、まさに『Mr.○○』と呼ぶに相応しい存在ですし、パケットさんもおっしゃっているように球団初の永久欠番も間違いないでしょう。でも、ウチにはそういった存在はいない…。資金難による放出がなければ、コナインにはそんな感じになれそうな存在でしたし、D.リーやローウェル『兄貴』あたりにもそんな資格があったと思います。ちなみにカブレラには、何故かそんな空気は感じませんでしたがね(苦笑)。
ウチのファンをやっていて、この点だけは不満な点ですね。この球団運営ではある意味仕方がないところなんですが。とりあえずペイロールは増額するようですし、H.ラミレスにはそんな存在になって欲しい…と切に願う次第なのです。

2010/1/18(月) 午後 6:20 [ - ]

カーズには打のツートップもいるけど、投のツートップ(カーペンター、ウェインライト)がいるから契約結んでいる間は大丈夫だと思います。
ミルウォーキーのほうが打のツートップの感じが出てて危険なかおり。

2010/1/19(火) 午後 7:38 [ n00*1* ]

顔アイコン

パケットさん、こんばんは。
そのSlugger誌の件ですが、確か先月号ではしっかりと懺悔もとい訂正されていました。ヘルトンさんもこれで浮かばれることでしょう。
私は寧ろ、今のバッティングが凄く気に入っています。彼が出塁すれば前後の打順から何かしらの攻撃パターンが生まれるので、打線の繋がりがとても良いのですよね。トゥロとかスチュワート、カルゴンみたいな才覚ある若者を従えてのチームリーダーはとてもカッコ良い存在です。

2010/1/19(火) 午後 10:24 [ haus ]

顔アイコン

Marlin25さん:若手の育ち方が凄く良いですもんね。それに庭が広い点を見事に逆活用してディフェンシヴな良いチームを作ったと思います。お宅の若手は出る気満々で頑張っているようですが(苦笑)、こちらは何時まで残るのかなぁと興味深々です。
FLAの顔というと、どうなんでしょうねぇ?私の記憶ではデストラーデからクリフ・フロイドの間をワープしてしまっているので(苦笑)、インパクトとなると今のディケイドからになってしまいます。

2010/1/19(火) 午後 10:30 [ haus ]

顔アイコン

n00*1*さん:カーズの話題は順番が来てから書きますね。

2010/1/19(火) 午後 10:40 [ haus ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事