全体表示

[ リスト ]

最初、「岩隈久志はMLBで通用するのか?」というごく一般的なタイトルで行こうかと思っていたのですけど、それだとシャレにならないので変更しました。
 
先ずはおさらい。
 
11/1 MLBがポスティングでの入札可能選手として公示
 
11/8 オークランド・アスレティクスが独占交渉権を獲得
 
11/23 代理人の団野村氏がTwitterで交渉の難航を告白
 
12/8 独占交渉権の期限
 
※ 以下、MLBストーヴリーグの動き
 
11/23 FA選手への年俸調停申込期限日
 
11/30 FA調停回答期限日
 
12/6〜12/9 ウィンター・ミーティング(ルール5ドラフト)
 
12/9 保有権利のある選手に対する調停申込期限日(Non Tender FA)
 
 
もし、岩隈の交渉が破談となった場合、その原因として制度の欠落やケチ球団が交渉権を捥ぎり取ったからだという噂に関して、ここでは書く必要がありません。なので、他所でいっぱいルーモアしてください。結果として入札制度の改革やFA期限短縮など、法的に是正するのであればそれはそれで実のある動きに繫がることだとは思いますが、
 
規則・法律って、想定外の事が起きるとからきし弱いんですよね
 
第一、上に書いたMLBのストーヴリーグの動きに対し、日本人選手のポスティング交渉期間はアクションが速過ぎる気も。いや、ちょっと前まではそんなことも無かったのですが、この1〜2年間でストーヴの炎が燃え上がる時期がかなり遅くなってきているのを忘れてはいけない。昨オフでトップFAだったマット・ホリディの契約なんて、年明けの1/11でした。また、投手のトップFAだったのはジョン・ラッキーで、契約は12/16。何れもウィンター・ミーティングという、恒例のGM会議によって骨組みの固まった時期から年末ギリギリまで、ストーヴの炎が一気に過熱する時期まで交渉し続けることによって相場が上昇するといっても良いでしょう、ね。
 
そのトップ集団の動きに影響を受けるのが、第二グループと呼んでも良い集団。契約延長はともかく、新しい球団とテーブルに着く場合は希望条件によって交渉期間がとてつもなく長くなってしまう傾向が見られ、最悪メジャー契約を結べないケースも出るようになってきました。
 
今回の主役である岩隈は、その第二グループに存在していると思われる評価が下のURL。
 
 
全体で16位、先発投手に限れば8位という中々の高評価であると思います。
これで交渉も順調に進んでいれば万々歳といったところなのでしょうが、団氏の告白によるA'sの条件は4年1,525万㌦。年平均だと380万㌦くらいで、日本円だと3億ちょっと。これだと今現在、楽天球団から得ている年俸とほぼ変わらないので旨味が無い。寧ろ、一年待って晴れてFAとなってから再度テーブルに着いた方が条件を上乗せ出来る可能性は高いだろう。
 
対するMLB側の事情として、FA選手に対する相場が年々下がってきている。いや、格差が激しくなってきたというのが正解かな。昨年の市場で1,525万㌦というのは、全体で10位に相当します。
 
 
う〜ん、昨年は低すぎましたね。では、一昨年のデータだと、
 
 
順位は下がって18番目に位置することとなりますが、それでも岩隈の評価(16位)と比べると正常な金額にも見えてきます。もちろん、ここにポス・フィーを加えると3,435万㌦となり、トップ10入り間違いなしの案件となるようです。
 
だから、A'sの提示が取り立てシブチンという程でもないし、かといって岩隈にとって喜ぶべき条件にも見えてこない、まったく不思議な交渉経過です。
 
ここでもう一つおさらいとして、過去における日本人MLB選手のポス・フィー及び初回契約時のデータを載せます。
 
イメージ 1
一応、解かりやすいように青色が入札額、赤色が契約の総額としています。単位は千㌦ね。
まぁ、時代の変異と景気のことは抜きにして考えましょう。
 
ポイントとして見るのは、やはり投手で海を渡った井川慶と黒田博樹のケース。メーター振り切っちゃっている人は例外としましょう(笑)。今回の入札+契約の金額を黒田のケースと比較すると、いい勝負になっています。もちろん、単年では黒田の方が上回っていてしかも年齢的なものも違います。岩隈ならもっと高い評価を、という気持ちはわかります。
 
井川の場合、まぁ明らかに暴落していますが当時は松坂の入札と時期が重なっていたので、我々ファンも妥当な金額だと思い込んでいましたが、振り返ると相当な上積みがされていたと思います。しかし、この井川の入札額に対する契約額の比率が今回の岩隈の条件と非常に似通っています。大体8掛けといったところでしょうか。イチロー、石井一、松坂といった1,000万㌦を越えた入札額の出たケースでは、ほぼ同程度の金額で契約が結ばれています。
 
こうした事例を考えると、岩隈側が妥協出来るもしくは希望する額はポス・フイーと同等のものであると推察が出来ます。で、何故か年数は短い方が良いらしい。代理人としては、ここには載せませんでしたが川上憲伸と同じレベル(3年2,300万㌦、単年700〜800万)は出してあげたいと思っているんじゃなかろうか。ただ、ここに関しては市場が動きません。
 
さらにもう一つ、例えば交渉権を得たのがA'sではなくマリナーズだったとしても、ポフ・フィーの倍額ないしはそれ以上出す可能性は低いだろうと考えられるし、仮にマリナーズが川上の入団時と同等の金額を提示することが可能だったのであれば、彼の初回契約時相当のポス・フィーを準備していても不思議ではなかったのだと推察できるのですが、結果はご覧の通り。
 
結果、今回の案件は動くべき時期を間違えて、少なくとも市場を動かすことが可能であった入札時期にそれが出来なかった(入札球団を集えなかった)代理人、もしくは「誰かさん」の作戦が失敗に終わるかもしれないと、今の段階ではこう考えても良いでしょう。極端な言い方になりますが、11月から12月初旬に掛けて3,000万㌦以上の案件を早急に片付けなさいというのは、今のストーヴリーグでは非常に困難な仕事だと言えます。手を挙げても良かったのだけれども、組閣が出来ていない時期に入札なんて、と考えていた球団も多かったのでは。
 
すなわち、クリフ・リーよりも岩隈の方を優先しろ?っテ感じか?、です。
 
投手優位の年にポスティングを表明したもの悪い条件の一つかもしれません。1・2番手ならともかく、3番手以降なら自前で賄えつつあるという球団が増えてきました。
 
あと、日本の評論は稼動を甘く見過ぎ。岩隈は確かに日本ではトップクラスの投手ですが、今季の総投球数は3013球です。NPBでは10番目に位置しますが、MLBだと67番目となってしまいます。これもすなわち、3番手上の方という評価に繫がります。これが全てではないのは言うまでもないですが、重要なファクターの一つです。
 
ということで徐々に結論へと近付いてきた訳ですが、ここで思い出したいのは井川がポスしたオフで、まだ入団はおろか入札も行われていない時期にも関わらずファン感で「行って来ま〜す」と挨拶した件。まぁ、楽天は阪神ではないし、岩隈も井川ではないのでそう能天気なことにはならないと思いますが、つい4年前のことですから。
 
NPB球団サイドにとっても、例えばファン感でお披露目&別れの挨拶の場にしたいとか、カレンダーに載せる時期に間に合わせるために移籍先を早く決めて欲しいとか、もちろん自身の球団でも編成をし直す必要がありますから、色々支障が出てくるとは思いますけど、
 
基本的に動かずして莫大な純利益が転がり込んでくる巨大なビジネスなのですから、細心の注意を払った上で入札に臨むべきでしたね。
 
そう書いている内に、岩隈自身が残留との表明をした記事が出てきたみたい。
 
僕は日本人ですから。  だって。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(6)

恩返しなんだから・・あはっ(≧∇≦)ノ♪

行けばいいのにね〜
きゃきゃきゃきゃ(≧∀≦*)
まぁ1年通して投げれるとは思っていませんがぁ。。。。(^−^)ニコッ
横やりだとか書いてた記事もありますが・・・どうでもいいですけど妥当な金額なんじゃないでしょうかぁ〜
確かに時期も影響してるとは思いますけどねww
入札金額と+して考えたら、そんなもんでは?って思っています。
きゃきゃきゃきゃ(≧∀≦*)

2010/11/24(水) 午後 2:22 eru

顔アイコン

こういう交渉ってこうやって互いにハッタリをかまし合いながら、交渉期限ごろには歩み寄ってまとまるもんじゃなかったですかね。
代理人が団さんなので、そこんところどうかわからないけど。(交渉内容をつぶやき散らすのは信用をなくしそう。)
普通なら、まだこれからでしょう。

で、入札の時期なんてことは考えてもみなかったなあ。ただ、A'sにとっては補強ポイントは明確で、ほんとにベルトレに5年オファーする気があるならともかく、岩隈が最高額案件ということならあまり時期は関係ないような気はします。

2010/11/25(木) 午後 11:56 [ クリント投げおって ]

顔アイコン

ERUさん:実際問題、1年待てば今回の費用丸ごと自分の収入にすることは可能でしょうが、例の恩返しね(苦笑)。
万が一、怪我をしたら大変だしこれはこれで酷い取引だとは断言出来ないでしょうね。

とにかく、時期がタイムリーであったとしたらもう何球団かはプラスされただろうと思います。

2010/11/26(金) 午後 4:57 [ haus ]

顔アイコン

クリント投げおってさん:団氏もベテランの代理人さんですからね、何か勝算があっての暴露かもですね。普通は歩み寄りはあるでしょう。

A'sの補強ポイントは、全然わからんです。余分な先発を補充してデプスに繋げるというのもアリだとは思いますが。

2010/11/26(金) 午後 4:59 [ haus ]

アバター

こんにちは〜♪メーター振り切っちゃってたバブリーな06年の頃が懐かしいですわ〜(笑)
なるほど〜!私も当初のマスコミ報道の「A'sが妨害云々」をちょっと信じてしまった口です^^;
「日本人ですから」の意味がよくわからないのですが、「なめられちゃ困る」ってことですかね?^^;
でもその後の色んな情報を見てますと、なんとなく岩隈とアスレチックスは歩み寄るような雰囲気ですね。

2010/11/28(日) 午後 5:09 如月静

顔アイコン

如月さん:あれからMLB30球団で岩隈が必要且つ、資金の出せそうなところを考えてみたんですけど、オリオールズ、ドジャース、メッツ、ヤンキース、マリナーズ、ブリュワーズの6チームくらいじゃないかと。もちろんリーやパバーノみたいな大物FAと競争になる訳ですが。

それとポス・フィー+契約で4000万砲發離譟璽箸箸いΔ里魯丱屮蝓爾過ぎ去った今のMLBでは結構厳しいですかな。日本の情報は黒田、福留で止まっている点も誤解が生まれやすい性質でしょうね。

2010/11/29(月) 午後 9:37 [ haus ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事