全体表示

[ リスト ]

日本ハムのダルビッシュ有投手(24)が6日、札幌市内の球団事務所で代理人同席の契約更改交渉に臨み、1億7000万円増となる年俸5億円でサインした。(中略)ダルビッシュは昨季までつけていた出来高払いをなくしたことで大幅増となった。また、昨年までは3年契約だったが、島田利正球団代表によるとダルビッシュ側の希望で今季は単年契約となった。交渉を終えた右腕は「無事に契約できてすごくすっきりした気分。ことし1年もまた頑張ろうという気持ち」と晴れ晴れとした表情で話した。
 昨季は防御率1・78で2年連続の最優秀防御率に輝き、222奪三振とともに両リーグトップの成績で2冠を達成。12勝(8敗)を挙げ、5年連続の2桁勝利を飾った。島田代表は「日本を代表する選手。成績も出している」と高く評価した。(金額は推定)
 
スポーツ報知より 1/7
 
本題とは逸れますが、hausさんがネット記事を貼り付けるときのソースは大抵が報知です。
なんか真面目な雰囲気を感じるんですよね。それと要らない表現も少ない気がするし、
読み易いです。
 
ということでダルビッシュ。5億円ですね。
 
それ以前に、「昨年までは3年契約だった」という情報は昨年までは見ることが
出来ませんでした。
 
丁度一年前にこんな記事を書いたこともありました。
 
「ダルビッシュの契約報道に納得がいかない 」
 
ここでは昨年の昇給が有り得ないほど低いものだったことに疑問を感じ、
複数年の可能性もあると推察していましたが、
それは正解だったみたい。
よって「多少は納得がいった」
 
しかし、FA絡みで複数契約が増え始めてからの契約更改ニュースは
正直いってつまらないですね。
 
ホンと、つまらない。
 
確かに、単年一発勝負だった時代と比べればFAありの、複数年ありの、
さらにはポスティングありので複雑怪奇になってきたことはあります。
MLBでは「年俸」はあまり話題に持ち上がらず契約総額に目が行きます。
 
市民の税金を一部負担している関係上、正確な申告(報道)が義務化している
MLBとは違い、NPBのそれは義務でないことも承知です。
 
「ファンが興味持っているから」という程度のサービスだということもわかります。
 
だからといって、つまらないと云ってはいけないということもありません。
 
なので、やっぱりつまらないです。
 
日本の野球がつまらないということではなく、
ニュースとして全然つまらないです。
 
もちろん、ファンの興味主導で契約更改している訳じゃありませんし、
「(選手が教えてくれなければ)仕方ないんじゃない?」という考えも出来ますが、
もう少し(契約内容の判明に対して)努力して欲しいと思うし、
どうして3年契約だったのか?ということと、
単年契約に戻したのは何故か?
ハム球団にはどの程度まで(年俸)を賄えそうなのか?
といった評論までを提供して欲しいと思うのですがね。
 
hausさんもざっと考えてみますが、
2007年にプロ3年目でMVPを獲得した直後に3年契約を提示した
ハム球団は相当賢いのではと見た。
ここでの(8億円)投資は、今となっては軽いものにも見えますが
当時から見れば(球団側に)ギャンブル性もあったし、
(メジャー流出の話題が)あそこまで盛り上がったことを考えると、
雑音封じの意味も含めて相当な効果があったと思われます。
 
で、今回の契約更改でダル本人が単年契約を希望との記述がありましたが、
これについてはメジャー移籍(ポスティング)か年俸のベースアップを視野に
入れた方向と見るのが素直な見解でしょう。
 
しかし、24歳で既に5億円を稼ぎ出してしまったダルビッシュに
ハム球団はどこまで投資することが出来るのでしょうか?
 
日本球界の日本選手に対する最高年俸額は佐々木主浩の6億5000万円だそうです。
MLBで900万㌦稼いできた直後の金額です。
 
仮にダルビッシュ本人がMLB行きを希望したとして、
今オフの岩隈のように折り合いが付かないまま破談というケースも発生したので、
球団としては「払いきれなくなったからポスね」というシナリオも組み辛くなってきた
ように思います。
 
当然、若ければ若い方が(提示額が)魅力的だというのはあります。
 
一方、NPBに留まるという選択肢もありますが、
これまではFA取得前までに年俸が払いきれないケースはイメージ出来ませんでした。
(FA時点で払いきれないというイメージのある選手はいた)
強いて挙げればイチローのケースでしょうか。
今までであれば、保有権利を有していることは球団側にとってのメリットしか
考えられませんでしたが、保有しているが故に球団の財政が圧迫されるかも
しれないという、MLBではよくある光景がNPBでも見られるかもしれません。
 
ただ、気の毒に思うのは「どうせダルはMLBに行くだろう」という見られ方です。
順調にキャリアを積めば積むほど身の置き方に頭を悩ませそうだからです。
 
金のことをとやかく言うのが嫌いだという人がいますが、
金はあればあるほど良いと思いますよ。
一般小市民からみれば5億も50億も変わらないかもしれませんが、
5億貰っている人から見れば50億は魅力的なんじゃないでしょうか。
会社興すのだって自由だし、政治家になってなれる(←金も必要だということ)。
もっと大きなことだって(金次第では)出来ることもある。
 
ファンから見た金とは、選手に対する評価や価値観ですよね。
 
その価値観や評価がしっかりと評論されないまま、
過去と未来が繫がらない時事的なニュースだけに留まっているのが
非常につまらなく感じるのです。
 
以上
 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

お久しぶりです。お元気でしたか?

彼にはこの金額は妥当だと思います。ただ、ご指摘のように日本の球団ではこれ以上は厳しいでしょうね。個人的にはダルには日本に、というよりパ・リーグに留まってほしいですが。

>金はあればあるほど良いと思いますよ
同感です。お金と生活のストレスは反比例しますからね。

2011/1/8(土) 午前 0:09 gs_*a*

顔アイコン

ジェロニモさん、こんにちは。こちらは元気ですよ!ちょっと寒いですが。

とうとう5億円かという感じですね。NPBのサラリーベースはMLBに煽られた影響も強いでしょうから、大分無理をしている印象を受けてしまいますよね。流出阻止したいのであれば10年50億とか、NPBでは法外な金額かもしれませんがどの道活躍することが(ほぼ)確定な投手ならばMLBでは提示出来ないような長期間だったら勝負可能な気もするんですけどね。あとは、チーム所属ではなくリーグ所属にするとか、とんでもないアイデアが窮地を救うかもしれません、と無謀なことが書いたりしてみます(笑)。

2011/1/9(日) 午前 9:25 [ haus ]

顔アイコン

>10年50億
10年後に彼はまだ34−5歳だからあながちありえない金額ではないかもしれないですね。ただ数年後に「5億=球界トップクラス」という図式が崩れていなければ、という前提ですが。

なぜかというとAロドの10年$250ミリオンも契約当時は「ばかげている」とまで言われたほどの超高額でしたがNYY移籍後にはこれに近い年棒の選手も増え(殆どNYY^^)、彼もより高額な年棒に契約し直しましたが(08年?)、メディアでは当初程は取り上げられなかったように思います。

2011/1/12(水) 午後 6:10 gs_*a*

顔アイコン

なので日本も5年も経てばどういった状況になっているかは未知数だと思うのです。ただ、本文にもあるように日本での最高年棒は大魔神の6億5千万だと思うのですが、これってもう7〜8年前の話なんですよね。つまり日本では球団経営や経済状態に何か革新な事が起きない限りはこのあたりの金額が限界って事なんだと解釈してます。MLBの中ではケチなA'sでさえEric Chavezには$10ミリオン前後の年棒を7〜8年払ってましたし、記憶に新しいようにあのNationalsでさえも名前は忘れましたが超大型新人とものすごい高額な契約しましたよね。要はもうこれ以上「払えない」日本の球団と、もっと払えるけどあえて「払わない」MLB球団との間には雲泥の差があると思うのです。

2011/1/12(水) 午後 6:12 gs_*a*

顔アイコン

長くなりましたが何が言いたいかというと、NPBは市場には恵まれています。特にセリーグは広島を除く5球団が巨大都市に本拠地を構えているわけですからMLBのようにできないことはないと思うのです。要は球団が本気でそこまで考えるかどうかの差ではないかと思います。

仙台や札幌ではちょっと厳しいかもしれませんが。ツインズやロイヤルズがいい例です^^)。

ダル、札幌に残ってほしいですね。来年はやっぱメジャーかな…

2011/1/12(水) 午後 6:14 gs_*a*

顔アイコン

ジェロニモさん:遅くなりました。
最近のMLBではよりピーク時を見極めた長期契約が増えてきたように思います。もちろん、FA行使の前にピーク時を迎える選手はそこで長期契約を結ぶか、それとも市場に出るために契約年数を抑えて時を待つかという具合に。チームに愛着を感じているなど、留まることを希望する選手にもある程度は対処できているように思います。

その点を踏まえると、ハム球団がダルビッシュに対して誠意を見せるタイミング(ここでの誠意はお金に変換)は正に今だと思うんですよね。それを断ったというのが今回のポイントの一つではないかと思います。

2011/1/14(金) 午後 5:54 [ haus ]

顔アイコン

その(球団側の)条件が一体どのくらいだったのか知りたいところですが、そこには球団側が将来的に不利益を出すかもしれないくらいの賭けは絶対に求められる状況といえるでしょうね。あのAロドでさえ、晩年は心配されるような契約内容(42歳で$20M)ですし、MLBからの影響が避けられない今のNPBのスター選手に対する報酬条件は、甘い汁が入っていないと市場に介入されてしまうこと間違いなしでしょう。

また、Aロド以外にも長期契約中に金額以上のパフォーマンスを見せた選手に対して、契約の見直しが行なわれるケースもありますよね。Arizonaに移ってからのDan Harenもそうでした。そういったオプションも条件に加えるとすれば、10年50億(確約)というのはダル本人が納得するかどうかはともかく、ファンが先行き(契約晩年)を不安視してしまうくらいの甘い汁に近いのではないかと思います。

スター選手がいるお陰で設け率が高くなる皮算用というのでは、MLBに持っていかれる確率も高くなってしまうということでしょうか。

2011/1/14(金) 午後 6:10 [ haus ]

顔アイコン

日本国内という市場については、少なくとも観客動員の点では大都市よりも地方都市の方が成功しているようですね。売上高に大きな影響を及ぼすのはTV放映権と言われているようです。また、これ以上の内需拡大は日本の経済状況からいって不可能に近いと思います。

いずれにしてもダルの去就は、.曄璽爛妊スカウント+球団側のギリギリ投資で残留 国内で資金力のある球団に移籍 MLBへ

というシナリオでしょうか、現時点では。

2011/1/14(金) 午後 6:15 [ haus ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事