全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
7勝7敗で迎えた千秋楽、7-7同士と7-7/8-6対戦を今度は十両と幕内で比較してみました。
 
 
1970年から1979年まで
7-7同士     68人(十両)  24人(幕内)
7-7/8-6対戦  76人(十両)  92人(幕内)
 
 
1980年から1989年まで
7-7同士     60人(十両)  57人(幕内)
7-7/8-6対戦  73人(十両)  107人(幕内)
 
1990年から1999年まで
7-7同士     81人(十両)  61人(幕内)
7-7/8-6対戦  60人(十両)  115人(幕内)
 
2000年から2010年まで
7-7同士     114人(十両)  96人(幕内)
7-7/8-6対戦  49人(十両)    77人(幕内)
 
これも上位力士に甘いといいますか、十両と幕内力士に対する取組には
明らかな違いを感じます。特に1970年代での幕内は、一場所辺りの7-7対戦率が
0.4番で、7-7/8-6対戦の方は1.5番と3倍以上もの開きがありました。
 
比べて十両の方は厳しい取組が多い結果となっています。
こんなにも違いの出る取組を作っていたのは、何か意図でもあったのでしょうか?
 

開く コメント(0)

今回は、7勝7敗で迎えた千秋楽にて、
7勝7敗同士が対戦した取組数と8勝6敗の力士と対戦した取組数の
比較をしてみます。
 
 
1970年から1979年まで
 
7-7同士      92番(15.59%)
7-7/8-6   168番(28.47%)
 
 
1980年から1989年まで
 
7-7同士   117番(19.53%)
7-7/8-6   180番(30.05%)
 
1990年から1999年まで
 
7-7同士   142番(22.76%)
7-7/8-6   175番(28.04%)
 
 
2000年から2010年まで
 
7-7同士   236番(33.43%)
7-7/8-6   120番(17.00%)
 
取り組み数の横にある%は、全7勝7敗力士数との比率です。
これは関わった力士の人数を出しているものですから、
実際の取り組み数は、7-7同士の対戦に限って半分となります。
例えば、1970年から1979年までの77同士取り組み数は46番となり、
7-7/8-6取組の約1/4程度になってしまいます。
 
2000年から2010年にかけてようやく、118/120となり
ほぼ同数の対戦が組まれるようになってきたということですね。
 
これを見てもお解りの通り、現役の力士達は過去と比較しても
過酷な勝負を(取組表自体から)負っているということになると思います。
 
   
 
 
 

開く コメント(0)

八百長問題が発覚して以来、興味が沸き、過去40年分の<7勝7敗後千秋楽での勝敗>を調査しました。一応、趣味感覚での独自調査であり、集計作業の甘さから精度に若干の不備がある「だろう」ということをご承知おき下さい。
 
先ずは、「ヤバい経済学」にも載っていた、7勝7敗と8勝6敗の対戦成績から。
 
1989年1月から2000年1月まで
取組196番  160勝36敗  勝率81.63%
 
「ヤバ経」では79.6%と書かれていたそうですが、少し誤差が出てしまいました。というのも、hausさんが集計したものの中には、4勝2敗幕下力士との対戦も加えているので、数字は当然違ったものになります。尚、星を4つばかり敗戦の方に移動すると156勝40敗となり、勝率は丁度79.6%
となります。
 
続いて、1970年からも大体10年単位で勝率を探ってみることにします。
 
1970年1月から1979年11月まで
取組169番  144勝25敗  勝率85.21%
 
 
1980年1月から1989年11月まで
取組181番  150勝31敗  勝率82.87%
 
 
1990年1月から1999年11月まで
取組176番  142勝34敗  勝率80.68%
 
 
2000年1月から2010年11月まで
取組122番  79勝43敗  勝率64.75%
 
 
最後の2000年代のみ、11年間の記録となっています。
くれぐれも独自調査ですので、個人で楽しむ以外の目的(引用、転載)などはお避け下さい。数字に不備が発覚した際、このページ内で都度修正することがあります。
 
とはいえ、大体の察しはつきました。
 
これ以外にも、力士別勝率など集計がほぼ終了していますので、頃合いを見て更新して行こうと思います。
 
 
 
 

開く コメント(6)

速攻で登録したリーグのドラフトが昨日深夜に開催。パブリックといっても、一応Competitiveなので手応えのあるリーグであって欲しい。
 
し・か・し、パブリックでありながらも何故か知っている人が2名もいた。これは面白そうだと思いつつ、今年も指名順は上位に来ず(9番目)。これだとトゥロ、ロンゴリアは獲れないどころか、ブラウンまでのラインも確保が困難。該当ランクのカノーは避けたいし、他も自分にとっての一位指名に相応しい選手が見当たらない。最初から試練の予感。
 
以降は指名順を追いながら。
 
<Round1>
 
プーホ⇒トゥロ⇒カルG⇒ハンリー⇒Mカブ⇒Doc⇒Aゴン⇒ロンゴリア⇒ブラウン⇒ヴォット⇒カノー⇒チェイス
 
結果は好転した。Docをジャンプピックするチームが出現。加えてAゴンも前に来たので、ヴォットかブラウンを選択できるようになった。今までの考え方ならIFを固めておきたいところであったが、昨年のシルバースラッガー受賞者を見ても解かるとおりOFの強打者が足りないという予想も立て、ブラウンを選択。これがOPSやOPBのあるリーグならヴォットに向いていたはず。何はともあれ、まずは目出度し。
 
<Round2>
 
ライト⇒クロフォード⇒ハミルトン⇒ユーク⇒TEX⇒社長⇒Cリー⇒Aロド⇒ハワード⇒リンスコ⇒ウェインライト⇒ジマーマン
 
1位がOFだったので、ここは当然IFの強打者に狙いを定める。当初の考えではジマーマン、TEX、フィルダー(ハミルトンは選択肢から外れる)。理想は3位でユークをというところなのだが、33番目に残っているはずもなく、となると1Bか3Bのどちらかはグレードダウンしてしまう可能性がある。昨年に引き続き、3Bは人材薄の傾向を感じているのでジマーマンを予定していたが、直前になって「後の指名でも1Bか3B、どちらでも選択可能なように」と、ユークを持ってきた。その後、立て続けに投手が4人も指名される事態となり、3位でリーの芽も無くなったのでこれは結果良し。
 
<Round3>
 
ホリディ⇒マウアー⇒ボーティスタ⇒レスター⇒ポージー⇒金さん⇒レイエス⇒ケンプ⇒フィルダー⇒ユバルド⇒ペドロイア⇒秋
 
今場所もとい今ドラフト最大のサプライズが。なんとフィルダーが残っていた。これは1、2巡目で1Bを獲得したチームが他ポジションを埋めるために避けたものと捉える。投手の指名が早く動いていたのも理由の一つかも。とにかく、ブラウン・ユーク・フィルダーの実績3人組みで主要ポジションを固められたのは実に大きい。ポージーは全体29位で持っていかれてしまった。
 
<Round4>
 
ヴィクターM⇒クルーズ⇒ゴリさん⇒グレインキ⇒アッグラ⇒カーショウ⇒フィリップス⇒鯖さん⇒
プライス⇒ヘイワード⇒ヴァーランダー⇒J.J.
 
ここでの狙いはもちろんグレインキ。ラウンド的にも有利だがSP乱獲情勢に巻き込まれてしまうかどうか少し心配。結果は無事捕獲。ヘイワードは仕方ないか。因みにここまで投手13人(48人中)。
 
<Round5>
 
マッカチェン⇒マリアノ⇒イチロー⇒モルノー⇒ロールさん⇒Asカブレラ⇒モラレス⇒マッキャン⇒Bウィルソン⇒マーモル⇒ジーター⇒ダン
 
ここまで順調に進んでいるので、ここはマッキャンの一点買いとしよう。全体56位でなら然したる心配も要らないだろうと、思いきや間際で持っていかれる。これはかなり悔しかった。方向転換するゆとりもなかったので、6位で取れるかどうかわからなかったウィルソンをゲット。モルノーとかダンとか、ここで1Bを確保するスペースはあったことに。
 
<Round6>
 
ハメルズ⇒レイトス⇒ネフタリ⇒ハンソン⇒アレクセイ⇒ウィークス⇒ドリュー弟⇒イーシアー⇒アプトン弟⇒コネルコ⇒ペンス⇒ワース
 
 このラウンドまでにOF、1B(3B)、1B、SP、RPと来ているので打者でも投手でもどちらでもという展開になってきたが、どうしてもSP乱獲が頭から離れず投手に絞る。残っている中で上位からハンソン、ヨバニ、リリアーノ、ケイン、ウィーバー。(チーム内で)2番手という扱い上、簡単に壊れたり荒れたりしてもらっては困る(と妄想)。投手は思い入れが無いと獲れないので、一生懸命思い入れた結果ハンソンとする。心残りしたのはケイン、ウィーバー。ところでアプトン弟がここまで放置。
 
<Round7>
 
バックホルツ⇒マギー⇒Cサンタナ⇒Aラミ⇒リリアーノ⇒クーズマノフ⇒リオス⇒ケイン⇒スタントン⇒ソリア⇒ヨバニ⇒ヘイレン
 
そろそろツール系(HRかSBを稼いでくれる)OFが欲しくなってきた。昨年美味しい気分を味合わせてくれたリオスが欲しい。このラインで20HR30SBの選手は価値が大きい。ドラフト状況でも後手に回っている様子。しかし、二歩手前で浚われ無念。では、スタントン行こか。
 
<Round8>
 
ウィーバー⇒ベル⇒Mヤング⇒ロイ⇒大工⇒金的ヤング⇒ブルース⇒ベケット⇒プラド⇒Jサンチェス⇒ハート様⇒盆
 
ここでロイをスルーする気にはなれない。これでSPはグレインキ、ハンソン、ロイとなり、鉄板では無いがまあそこそこ戦えるであろう。打者がまだ4人なので早急に埋める必要あり。
 
<Round9>
 
ソート⇒ケイヒル⇒バトラー⇒Kロド⇒Fコルデロ⇒アプトン兄⇒Bアンダーソン⇒ヴィクトリーノ⇒Bロバーツ⇒ハフ⇒MAX⇒スタッブス
 
埋めたいポジションはCかそろそろ2B。ソートならこの位置でも良いかなと思っていたら、真っ先に獲られてしまう。で2Bにしたが、ロバーツかゾブかで最後まで迷った。安定性なら前者、発展性は後者という感じで個人的にはHRもSBも伸びるタイプが好きなのだが、今年はゾブにポジションユーティリティの魅力が無いのと恐らくOF起用なので出場機会に若干の不安がある。ということで、リードオフ固定のロバーツにした。
 
<Round10>
 
Cヤング⇒レイノルズ⇒Tハドソン⇒ガードナー⇒ビリングズリー⇒ジャコビー⇒サイズモア⇒Kジョンソン⇒ナポリ⇒ゲレーロ⇒ゾブ⇒フィギンス
 
スラッガータイプと違い、脚力系OFは豊富なのが2011シーズンの特徴。後になってボージャスとかモーガンとか獲ればあまり怖くは無い。しかしガードナーだけは別。ピンストライプを着ていてもガードナーだけは好き。このラウンドでは2Bが多数開放。指名も段々と個性的に。
 
11位以降は自チーム指名のみ
 
<Round11>  エルビス
 
ちょっと路線を変更してSSを確保。エルビスが成長してくれれば・・・
 
<Round12>  キンブレル
 
クローザー2枚目。賭け。
 
<Round13>  バンガーナー
 
今年のイチ推し。絶対に獲られたくないと思っていた。
 
<Round14>  ベルトラン
 
魔が差した。契約最終年なので期待して良いかも??
 
<Round15>  Bライオン
 
昨年終盤のセーブ荒稼ぎの好印象で。なんだかんだいって実績アリ。
 
<Round16>  モンテロ
 
捕手はあらかた持っていかれてしまったので、最後の方で良いやと思ったりもしたが、ここは慎重に行ったつもり。
 
<Round17>  リンド
 
絶対にリバウンド来る。と思っている。
 
<Round18>  ダンクス
 
SP5枚目。このくらいは確保しておかないと投高打低シーズンが再来した場合対処出来ない。
 
<Round19>  Tウッド
 
バンバーガーと並び、若手の期待株。ダンクスを獲ったので万が一外してもセーフ?
 
<Round20>  Nウォーカー
 
3Bはユークで大丈夫なんだけど、それだと開幕が迎えられないので。上手く行けばアベレージ系IFとして重宝するかも。
 
<Round21>  キャップス
 
クローザーは全て掃けてしまい、誰も見向きしなかったか?ネイサンが戻ってくるまでに多少稼いでくれれば儲けモノ。
 
<Round22>  西岡
 
2B、SSのバックアップとして。脚が使えれば貴重な戦力となるが。
 
<Round23>  Kドライベック
 
空きスロット用として誰でも良かった。
 
 【結果・ポジション別】
 
 C モンテロ
1B フィルダー
2B ロバーツ
3B ユーク(暫定)
SS エルビス
OF ブラウン
OF スタントン
OF ガードナー
UT ベルトラン
UT リンド
BN ウォーカー
BN 西岡
 
SP グレインキ
SP ハンソン
SP ロイ
SP バンガーナー
SP ダンクス
SP Tウッド
SP ドライベック
RP Bウィルソン
RP キンブレル
RP Bライオン
RP キャップス
 
【総評・打者】 
 
パワー、スピード共に一定量は確保できたのではと思う。アベレージを戦う上での準備もまあまあの出来。ポジション的にはC、SSが後手に回る。また、UTの2枚目にもう少し強いカードを加えたかったがそれは動いていくということで。結果として83点。
 
キーマン:スタントン、モンテロ
 
【総評・投手】
 
質量はなんとか揃えた。SPは4枚くらいは残って欲しい。そうでないと後の追加も厳しいので。RPはキンブレルのところが賭けになっているが、キャップスの指名である程度は補填出来たと思っている。結果76点
 
キーマン:グレインキ、バンガーナー、キンブレル

開く コメント(3)

開く トラックバック(1)

野手について、6巡目辺りから段々感じてくることは、ランクといっても序列ではなく期待値として見た方が良いと思う方がベターではないかと。いつまでも序列に拘っていては、当りを見つけ出すのは困難だし、またポジション編成など戦略を練る必要もある。要するに、視野を広げて指名に望むべし。
 
イメージ 1
 
73、Bウィルソン・・・彼がデビューして以来、初めて保有しなかったシーズンが去年。非常に淋しい思いをした。全ての環境に恵まれたセーブ王の本命。
 
74、レイトス・・・昨年はお試しピックの後、シーズン前にDropして悔しい思いをした。シーズン後半に負けが込んだが良い薬となったに違いない。
 
75、ソリア・・・クローザー専任となって4年目を迎え、未だ大きく崩れた試しがない。チームの星勘定からしてセーブ数は望めそうにないと思えるが、実際には稼ぎ捲くっている。
 
76、Mヤング・・・トレード騒動の最中。仮に残留して1Bの属性が付いてもファンタジー的にはあまりメリットが無い。
 
77、スタッブス・・・スピード&パワーのみに特化した若手OFと見られている。打順はリードオフもしくは下位に座る見込み。これも博打性が高いエントリー。
 
78、ヴィクトリーノ・・・毎年安定してSBとRを稼ぎ、そこそこの長打も供給してくれる。去年と今年の位置が適正と思う。
 
79、リリアーノ・・・大器。ファンタジー的にも人気の高い投手。ただ、年間通して安定した数字を残すタイプというより、ゲーム単位で爆発力を発揮する。
 
80、ヨバニ・・・昨年はランクが高すぎたので回避したが、それは一応正解。希望としては全体100位前後の方が獲りやすい。
 
81、アプトン兄・・・2008年頃の2B属性がついた時期が最も美味。40SBは大きいが、打率回復なくして復活とはいえない。
 
82、ウィーバー弟・・・Kレートが急上昇したのでもっと上位に食い込むかと思っていた。昨年はRシーズンの稼動が激しかった分、Pシーズンはお休みしたので安心?
 
83、ケイン・・・そろそろ勝ち運との巡り合せが訪れそうな気がする。故障に最も無縁な投手。
 
84、アルバレス・・・Yahooのランクって、前評判もそうだけどユーザーの心理とかを上手く調べているなぁと思う。正にハイリスク・ハイリターンの形。
 
 
普通に考えればウィルソン。但し、ここまで残っている可能性はゼロに近い。投手ならヨバニよりもウィーバー、ケインの方が面白い。アルバレスも魅力的なんだが、3Bということでバックアッププレーヤーとしてならリスクは低く見積もれそうかな。
 
最後、8巡目に4名プラスして丁度100人。
 
イメージ 2
85、ベル・・・チームの勝利パターンからして理想的なクローザー。しかし、そう何年もドミネイト出来る力量には思えないが。
 
86、スタントン・・・Cサンタナ、アルバレスと比較して博打性はそう高くない。OFなので代替性は高い。よく見たらプロジェクションで33HRは無茶大きい。
 
87、Cヤング・・・昔は多大なる期待を掛けたものだが。打率が伸びないのは一つのハンディ。
 
88、ジャコビー・・・70SBすれば価値はグーンと上昇する。SLG及びOPSはちょっと高く見積もり過ぎでは?
 
89、レイノルズ・・・好材料に乏しい。ただし、一昨年のようなことをやられるとリーグ全体の順位にも影響を及ぼす可能性が。
 
90、ヘイレン・・・僅か一年で評価下落。リバウンド傾向が掴めれば美味しい位置になるのだが。
 
91、プラド・・・打率偏重傾向のIFが高評価というのも落とし穴に見えるが、パワーナンバーが増す可能性はあると思う。
 
92、ドリュー弟・・・安定性の無い成績のため、ランクもアップダウンが激しい。ダブル&トリプルの多い打者なので、OPSのあるリーグでは有利。
 
93、ハート・・・・最高で56位にまで上り詰めたことがあるも、走れなくなれば価値はそう高くない。適正位置。
 
94、ロイ・・・4本柱の最下位。有難うさん。
 
95、金的ヤング・・・何とも化けそうで化けた例が無い。バットスイングが早い分、自打球に注意。
 
96、盆・・・これままで最も評価の難しい年となった。走者を背負うと脆い点が露わに。
 
97、コネルコ・・・実際にはそれほど年寄りでもないが、数字の上積みを期待する声は少ない。もう少しRBIが欲しい部分はある。
 
98、Kジョンソン・・・ノンテンダーされたのにキャリアハイ。評価は大きく分かれるところ。
 
99、エルビス・・・昨年は優良債権だと思っていたが、HRゼロは厳しかった。脚力はともかく、打撃に関しては一皮向ける必要がある。
 
100、コルビー・・・エドモンズタイプのCF。OPS優秀。
 
 
スタントンはOFの一番手としては厳しいが、二番手なら安心して懐に置けそう。また、この時点でヘイレンかロイは確保して置きたい。コルビーもデフォ位置まで残っていたら欲しい。あと、気になるのはプラドとKジョンソン。AVE系のIFは昨年ポランコを獲って割りと快適だったので、1人くらいは混ぜて置いた方が良いかも知れない。
 
100位以降も気になる選手はいるが、それはドラフトが終わってからのお楽しみ。
 
 
 

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事