過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

五輪招致に関する統計

そろそろこのネタも終わりにしたいところですが(苦笑)、
この分だと次回の五輪でも東京が立候補した場合
ベタベタ口出ししそうな雰囲気になってきましたので、
私なりに統計を出して見ました。

こういったサイトを見つけました。
http://www.aldaver.com/votes.html

ドメインからして公式のものではないようですが、まぁ信用しましょうか。

今回の招致で疑問に思ったことや知識を蓄えていなかったこととして、

_甬遒粒催地はいずれも初当選していたのか?
一度開催した都市は二度目の誘致で不利になるのか?
2薪戮眈恵廚靴討眩ばれなかった不幸な都市はあったのか?
す駟名恵彗芭┐蓮幣弌

これらの疑問を主に戦後開催(1952年ヘルシンキ)から追ってみたいと思います。

一応、目安として

戦後以降の夏季五輪開催地決定回数     17回
東京以降の夏季五輪開催地決定回数     14回
ロス以降の夏季五輪開催地決定回数      9回      

戦前の招致活動は今の物差しとは明らかに異なると思いますので、今回は除外しました。
東京五輪は日本人にとってはわかりやすい物差しですね。
ロス五輪では商業主義が入り込み、以後の大会は招致合戦が激しくなってきたと言われています。


イメージ 1


それではまず最初のやつですが、東京五輪以降の開催地について何度目の招致で当選したか調べてみました。
アテネ、北京の例を見れば東京が連続して立候補する道理は見つかりそうです。
反対に、資金的な体力が無くなったからなのか、それとも他の理由からか
継続して立候補する都市は減少している傾向にあるようです。


イメージ 2


次は、一度開催した都市が二度目の招致を行った例です。東京を含めて4度ありましたが、
ベルリンは戦前開催ですので、ここは歴史を一度クリアして(戦争当事国という意味ではなく、
戦後復興という意味で)みておいた方が良いのではないかと思います。

となるとメルボルン、東京、モスコーの3都市。東京が連続して立候補すれば、
「戦後に一度開催していて再招致を2度以上行った初めての都市」ということになりますね。


イメージ 3

今度は複数招致したにも関わらず全て涙を呑んだ気の毒な都市です。
これを見るとマドリッドの情熱が覗えますね。
パリも意外と気の毒な歴史です。
ブエノス・アイレスは南米区域としてリオに先を越されてしまいました。

米国だとデトロイトの6回連続立候補という不滅の大記録が残っていますが、
この頃はアメリカだけで5都市が同時に招致と、今とは遥かに違う雰囲気
だったのでしょうか。

イメージ 4

最後は招致打率(笑)です。
念のため、ヘルシンキ大会以降です。
米国の数字は低いように見えますが、
ロス以降の大会だと.500の高打率をマークしています。

アジアは今後招致可能な国が増えることに期待ですね。

ターキー(トルコ)はアジア欧州どちらに入れようか迷いましたが、
独断で西アジアにしました。

欧州はちょっと細分化してみました。やはりというか、比較的小都市は苦戦していますね。
それにライバルが多いです。

中南米、アフリカ、オセアニアは豪州が良い打率でリードしています。ここもインフラ面は
切り離せませんが、サッカーW杯も南アフリカで開催することですし五輪もいずれはそのような
時代がやってくるでしょう。

最後は今回の招致委員を代表して、唯一のプロ野球経験者である古田元監督にご登場願いました(爆)。
今後の励みとして頑張って下さい(余計なお世話か)。


追記(05/10/09)

私が統計したものは、二次選考にまで残った都市のみだったようです。
リオについては前回、前々回と続けて一次選考で落選しましたが3期連続での立候補でした。
知識不足もありましたが、一部ご迷惑をお掛けしました。
以上を踏まえてご参考にされる方はどうぞ。


https://baseball.blogmura.com/major/img/major88_31.gif
にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
↑ロゴではなく、文字をクリックして下さい。お手数掛けます。
調子に乗ったついでに五輪関連パート兇任后幣半弌法

2016年夏季五輪招致に失敗した石原慎太郎知事は
「フルーツにならなかったけど、苗を植えた。どう育てるか積極的に考えていくべきだと思う」
と語りました。

なるほど、「物書き」の慎太郎さんらしい例えですね。
五輪招致のマインドと重ねるとまさに「パッションフルーツ」です。

では、私もそれに肉付けして差し上げましょうか。

「慎太郎さん、フルーツの苗を『何処に』埋めたんですか?」

日当たりの良いところですか?悪いところですか?
まさか、アスファルトに隙間に埋めたんじゃないでしょうね?

私はこう考えて見ました。

「慎太郎さんが埋めた場所は超高層雑居ビル(そんなのあるか)の屋上。
確かに日当たりだけは良い。
しかし、人工的に水をあげないといけない環境。
数年後に経済情勢が災いしてビルは廃墟に。
エレベータも止まってしまった。
水を与えるには極めて困難な場所となってしまった」

最後は笑えない展開になってしまいましたが、
苗を植えた場所だけは本当に重要なことだと思います。
しかもその苗は人工的に実がなる時期を遅らせることが出来ると想定してみましょう。

それは今回の方針及び活動を2020年五輪招致でも行うべきなのか。
それとも、時期を見合わせて体力温存を図るのか。

結論は簡単には出ません。

「環境」をテーマに訴えた東京が次回の招致までに問題に取り組み、アピール可能なくらい
実証出来れば今回以上の評価を得られるのではないでしょうか。
やって見せないと始まらない訴えでもありました。

しかし、2020年の候補地としては枠組み的な考えで欧州の方が有利だといえますね。
早速ローマが名乗りを上げようとしています。

ローマねぇ、その前にオレの盗まれたスーツを返してくれよ!(爆)


あと、恥ずかしながら私、決定日までに都が立てた予算150億円ほどの金額を全然知りませんでした。

昨日はお袋が家に来ていたので、食事をしながら五輪の話題に触れてみたところ、

haus「東京は環境問題って、なんかイメージ違うんだよな」

袋「あんた馬鹿ねぇ!それしか訴えるものがないんだよ。まったくもう、150億も無駄にして」

150億が責任問題になるかどうかは世論次第とも考えられますが、

ここでも私は考えて見ました。

「東京やシカゴは300億積まないと招致出来ないんだよ。
(経済的に)リオと同じ土俵にしてはいかん」

ちょっと乱暴ですね。でも、東京は次回も招致しようか?と検討する猶予がある分、
まだ金銭体力があるのではないかと思いました。リオが落選したら次回の招致活動は
いつになるのでしょうか。

話を2020年に戻します(戻すといっても未来のことなんですけど、笑)。

いくらなんでも3度目の招致活動は出来ないでしょう、当分の間。

絶対に失敗は許されない筈です。

今回のようにプレゼンの効果を過剰に期待しては成功への道は依然険しいと思うのですが。

そのプレゼンですが、例の15歳の少女が登場する場面で

「日本のお茶の間のみなさんにはまったく受けないかもしれません」

滅茶苦茶受けているんですけど(苦笑)。

外国人向けとしながら、完全に茶の間ウケを狙っているとしか思えません。

こういった場ですので、決して彼女を傷つけるようなことはしたくありませんが、

五輪開催決定地でサプライズ
   ↓
茶の間で話題騒然
   ↓
マスメディアに問い合わせ続出
   ↓
見合わせたように取材班突撃
   ↓
民間テレビ・新聞などでフィードバック
   ↓
世論の反応でNHKが動き出す
   ↓
今年話題の人として紅白の審査員決定(爆)


こうしたシナリオをついつい描いてしまう私って、本当に性悪ですね。
彼女は選ばれただけです、念のため。

しかしですね、プレゼンの爽快感や慎太郎さんが語った「力学」の問題だけが
残ってしまっては本当の検証は出来ないと思うのです。
「力学」と発した慎太郎さんは、まるで北京五輪の星野監督のようでした(苦笑)。

それを「見えなくても、見せなくても」実行してもらいたいですね。


そういえばバマっちのプレゼンは全然やる気なかったと思うんです。

「シカゴで開催したら犬の散歩途中にでも見に行くからね〜♪」

みたいなこと言いましたか?

鳩ちゃんも相変わらず目線が金魚みたいに泳いでましたね(笑)。

幸ちゃんは演説しなかったのかな?


最後はスポーツと政治を切り離した上で愛敬込めて語ってみました(笑)。





https://baseball.blogmura.com/major/img/major88_31.gif
にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
↑ロゴではなく、文字をクリックして下さい。お手数掛けます。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事