ブログランキング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

五輪招致に関する統計

そろそろこのネタも終わりにしたいところですが(苦笑)、
この分だと次回の五輪でも東京が立候補した場合
ベタベタ口出ししそうな雰囲気になってきましたので、
私なりに統計を出して見ました。

こういったサイトを見つけました。
http://www.aldaver.com/votes.html

ドメインからして公式のものではないようですが、まぁ信用しましょうか。

今回の招致で疑問に思ったことや知識を蓄えていなかったこととして、

_甬遒粒催地はいずれも初当選していたのか?
一度開催した都市は二度目の誘致で不利になるのか?
2薪戮眈恵廚靴討眩ばれなかった不幸な都市はあったのか?
す駟名恵彗芭┐蓮幣弌

これらの疑問を主に戦後開催(1952年ヘルシンキ)から追ってみたいと思います。

一応、目安として

戦後以降の夏季五輪開催地決定回数     17回
東京以降の夏季五輪開催地決定回数     14回
ロス以降の夏季五輪開催地決定回数      9回      

戦前の招致活動は今の物差しとは明らかに異なると思いますので、今回は除外しました。
東京五輪は日本人にとってはわかりやすい物差しですね。
ロス五輪では商業主義が入り込み、以後の大会は招致合戦が激しくなってきたと言われています。


イメージ 1


それではまず最初のやつですが、東京五輪以降の開催地について何度目の招致で当選したか調べてみました。
アテネ、北京の例を見れば東京が連続して立候補する道理は見つかりそうです。
反対に、資金的な体力が無くなったからなのか、それとも他の理由からか
継続して立候補する都市は減少している傾向にあるようです。


イメージ 2


次は、一度開催した都市が二度目の招致を行った例です。東京を含めて4度ありましたが、
ベルリンは戦前開催ですので、ここは歴史を一度クリアして(戦争当事国という意味ではなく、
戦後復興という意味で)みておいた方が良いのではないかと思います。

となるとメルボルン、東京、モスコーの3都市。東京が連続して立候補すれば、
「戦後に一度開催していて再招致を2度以上行った初めての都市」ということになりますね。


イメージ 3

今度は複数招致したにも関わらず全て涙を呑んだ気の毒な都市です。
これを見るとマドリッドの情熱が覗えますね。
パリも意外と気の毒な歴史です。
ブエノス・アイレスは南米区域としてリオに先を越されてしまいました。

米国だとデトロイトの6回連続立候補という不滅の大記録が残っていますが、
この頃はアメリカだけで5都市が同時に招致と、今とは遥かに違う雰囲気
だったのでしょうか。

イメージ 4

最後は招致打率(笑)です。
念のため、ヘルシンキ大会以降です。
米国の数字は低いように見えますが、
ロス以降の大会だと.500の高打率をマークしています。

アジアは今後招致可能な国が増えることに期待ですね。

ターキー(トルコ)はアジア欧州どちらに入れようか迷いましたが、
独断で西アジアにしました。

欧州はちょっと細分化してみました。やはりというか、比較的小都市は苦戦していますね。
それにライバルが多いです。

中南米、アフリカ、オセアニアは豪州が良い打率でリードしています。ここもインフラ面は
切り離せませんが、サッカーW杯も南アフリカで開催することですし五輪もいずれはそのような
時代がやってくるでしょう。

最後は今回の招致委員を代表して、唯一のプロ野球経験者である古田元監督にご登場願いました(爆)。
今後の励みとして頑張って下さい(余計なお世話か)。


追記(05/10/09)

私が統計したものは、二次選考にまで残った都市のみだったようです。
リオについては前回、前々回と続けて一次選考で落選しましたが3期連続での立候補でした。
知識不足もありましたが、一部ご迷惑をお掛けしました。
以上を踏まえてご参考にされる方はどうぞ。


https://baseball.blogmura.com/major/img/major88_31.gif
にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
↑ロゴではなく、文字をクリックして下さい。お手数掛けます。
今年もプレビューを作ってみました。毎度形式が違うものになっています。

今回は普段目に掛からない傾向のあるスタッツを載せていますが、まずはそれについての説明をば。

Sc%・・・・生還率。出塁÷得点数にて計算。打力というか、運そのもの(笑)。

SBO%・・・・盗塁企画率。単打+四死球を盗塁企画数で割ったもの。

EXB%・・・・長打比率。安打総数に対する長打の比率。

HR/H・・・・本塁打比率。上と同じですが、本塁打だけ抜き出したもの。

K/BB・・・・三振と四球の比率。BB/Kではないぞ(笑)。


Pitch・・・全投球数。

IP/G・・・・イニング平均投球数

Max P・・・・一試合最多投球数

ST%・・・・ストライク獲得率


FB・・・・・ファストボール(主に4シーム)

CH・・・・・チェンジアップ

SL・・・・・スライダー

CT・・・・・カットボール

CB・・・・・カーブ

SFF・・・・スプリッター

今の段階ではまだ最終的な数字とはいえまでんので、Rシーズンが終了したら差し替えますので。また、球種についてはFangraphsから抜き出したものですが、結構イメージと違う部分があります。SFFだといわれている球種がCHだったり、シンカーの記述がなかったりします。これらは似たような軌道を描くボールをデータ処理したためだと思われるのですが、まぁどうでもいいんじゃないでしょうか(笑)。私もデータ以外では見た目で判断することも多いですし、球種の目安として使っていただければ良いかと思います。

打者の月間成績については特に秀でた部分に赤印をつけています。基準として、3割、20得点、7本塁打、20打点、7盗塁、1.000OPS以上となっています。

それと生還率とか、一見役に立たないスタッツかもしれませんが、全チームアップされたら是非比較してみて下さい。何か新しいものが発見されるかもです。

ということで、今秋もよろしくお願いします。


https://baseball.blogmura.com/major/img/major88_31.gif
にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
↑ロゴではなく、文字をクリックして下さい。お手数掛けます。
カムバック賞はあまり目立たない表彰項目です。一応、Wiki英語版に載っているものを見てもらっても、名前だけは知っていても実感の沸く人は結構オールドなマニア及びファンではないでしょうか。


私の感覚だと、2000年のBig Hurtからでしょうか。インパクトではクリス・カーペンターが一番あります。これもハッキリとした基準はなく、2004年まではスポーティング・ニュース社の選定で、2005年以降はMLB.comの記者投票ということですね。

よって、基準が曖昧なため「自分達でも選考出来るんじゃないか」と錯覚しましたので、当ブログオリジナルの「カルロス・ペーニャ賞」と一緒に追いかけてみましょう。

カルロス・ペーニャ賞(以下CP章)とは?突拍子も無いブレイクをした選手をことを指します。あれは忘れもしない2007年のファンタジーでの出来事。この年元デビルレイズとマイナー契約を結んだCPは、4月に4本塁打しその時点では若干のアピールがあったことも事実です。ただ、その段階では併用オーダーでスタートした選手だったので、ファンタジーでも獲得するチームはほぼ皆無といって良い程でした。

しかし、TEXレンジャーズのプロスペクト時代からパワーバットの評価は高く、あの「マネー・ボール」でも、ビリー・ビーンA'sGMが是が非でも獲りたいと思った程の選手でしたからね。ビーンはそのペーニャをジェラルド・レイアード(現DET)やライアン・ラドウィック(現STL)らと引き換えに手に入れた訳ですが、そのパワー感あふれる打撃とは裏腹に確実性の無い打撃に見切りを付けたのか、たったの半シーズンで三角トレードによる放出でタイガースに再トレードされます。2003年の119敗シーズンで初の規定打席に到達しますが、打率は.248と開花は見せず、結局2004年の27本塁打を最高にその後はジリ貧状態で、2006年シーズン開幕前でついにタイガースを解雇。その後、ニャンキース、レッドソックスと声は掛かるものの、出場数は18、打席は37と、メジャーの戦力とは懸け離れた存在となってしまいました。

そのペーニャを上手く拾ったのが元デビルレイズで、この年1塁をタイ・ウィギントンとスタメンを分け合っていたところ、あるレギュラー3塁手が故障DLに入った関係上、チームは一時的にウィギントンをサードに回し、1塁はほぼペーニャで行くプランを立てたのでした。そのペーニャを実験的、いやいや日替わり起用で獲得した私でしたが、あえなく4タコでペイアウト無し。当然だろーと思いきや、その後42本塁打を積み重ね合計46本。見事ALのカムバック賞に輝いたのに気を良くした球団側はペーニャに3年契約を提示。ペーニャはその期待に応えるように昨年は31発、今季も既に29発とその持ち前のパワーを遺憾なく発揮しています。

そのあるレギュラーとは、今季再び故障に見舞われ今回もまたとある選手の桧舞台を演出してしまいましたが、一体誰でしょう?

話を2007年に遡らせると、いくらペーニャが打っても所詮は一発屋(実際そうなんですけど、笑)なのでピークもあっという間に過ぎるだろうと、中々触手が伸びなかったことは確かです。似たような選手はゾロゾロいますからね。しかし、本塁打数だけでも半端ではないのにOPSは10割を超え、MVP投票9位、さらにシルバースラッガー賞まで獲得したとなると、大魚を逃がしたファンタジーリーガーにとって見れば実に惜しいことをしたものだと。

そして翌年は、カルロス・クエンティンが同様に爆発的なブレイクを起こし、死球骨折をするまではMVPレースのトップ集団にいたほどの活躍をしたものですから、急遽この賞を発案し設けた次第です。

ペーニャとクエンティンのブレイクの仕方は若干異なりますが、本格開花という点では共通点があり、その効力はファンタジーの順位を揺るがすほどの威力があったので、苦い思いをした人たちに対する嫌味&翌年への教訓として真剣に選考したいと思います。

選考にあたって、考慮したいのは成績はもちろんですが、「衝撃度」「活躍度」「苦労度」を考え、それぞれの特色を出してみたいと思います。さらに、打者だけではなく投手も選考に入れて参りたいと思いますけど、故障から這い上がるケースはこちらの方が多いはずなので、なんらかのハンディは付けてみたいですね。

尚、私の方で勝手にカムバックorCPと振り分けしますが、途中で意見による配置換えも有りにしたいと思います。そして、今回はノミネート分として、シーズン終了後に選考といきましょう。

それでは、恒例の文字数オーバーによる中締めとさせていただき、ノミネート選手は後記事にて。upは今日か明日になると思うので、見ている方はそれまでに充分妄想を膨らましておいて下さいね♪





https://baseball.blogmura.com/major/img/major88_31.gif
にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
↑ロゴではなく、文字をクリックして下さい。お手数掛けます。

前半戦CYP集計の結果

今回から集計内容を一部改変しました。順位の価値を一層深めるため、Cheap Win(CW)とTuff Loss(TL)をそれぞれ0.5ポイント分プラスマイナスします。これでさらにCYPの基準価値が高まりました。


☆☆CYPについて☆☆

先発投手のアウティングに対する結果をプラスマイナスし、その総合得点が最も高い投手がCY(サイヤング賞)に相応しいものだと考え、創作しました。現実には記者投票ということになっていますので、ここでは祭・ヤング賞とでもいっておきましょう(笑)。

☆☆各ポイントについて☆☆

勝利投手(Win)       +1   ご存知5回以上投げリードを保ち勝利した場合
敗戦投手(Loss)      -1   勝ち越し点を許したままチームが敗戦したとき
チープウィン(CW)     -0.5  QSの条件を満たせずに勝利投手となった場合
タフロス(TL)       +0.5  QSの条件を満たしたのに敗戦投手となった場合
クォリティ・スタート(QS)  +1   6IP以上3ER以下で降板した場合
ドミネイトピッチ(DP)   +1   6IP以上2ER以下1.00WHIPで降板した場合(※)
完投(CG)         +1   1試合全て一人で投げきった試合(雨天コールドを除く)
完封(SHO)         +1      無失点で完投勝利を収めた場合(同じくコールドを除く)
炎上            -1   投球回以上のER及びWHIP2.00以上で降板した場合

※は当blog独自の基準です。

プラス要素が6つの項目に対し、マイナスは3つとポイントは当然プラスの方に大きく傾いていきますがもちろんマイナス査定となる投手もいます。昨年の集計結果を見ても、最高がCC Sabathiaの62に対し(今年は駄目々々の鯖助ですなぁ)、最低はMiguel Batistaの-7であり、勝利数の幅(0〜25)よりもかなり広く捕らえることが出来、またERAやWinning Percentageといった順位の羅列状態とは違い、より勝利への貢献ポイントが明確に表されているといっておきましょうか。

先日、レッズのJohnny Cuetoが2/3IP9失点の大炎上をやらかしてしまい、ERAが2.69から3.45に跳ね上がってしまいました。防御率上ではリーグ屈指の好投手から並程度(よりもちょっと上か)の投手に成り下がってしまいましたが、敗戦数が1個以上増えることはありません。一般的には勝敗数よりも防御率の上が投手の力量を表すのに適しているといわれていますが、ERA上でのCuetoの価値はこの一試合だけで大きく下がってしまうのでは、それまで好投はなんだったのか?ということになってしまいます。一度火が付きだしたら止まらないというのもその投手の実力の一つではありますが、ERAは交代機にもかなり左右されます。また、悪いなら悪いなりに抑える投手もいれば好投と炎上の温度差が激しい投手もいます(究極はJonathan Sanchezでしょうな、笑)。

そういったアウティング毎の内訳がわからない今の記録価値はとても貧弱なので、このような価値を作ってみたのですが、云わば投手版RC(RC Create)といって良いかもしれませんね。まだまだ改変の余地はあると思うので、今後も理に叶うような材料が見つかれば試行錯誤の上で精度を増して行きたいとは思いますが、Kのファクターだけは絶対入れねぇ(爆)。

さらに、今回はサボリまくっているのによくここにきて下さる方々へ感謝の気持ちを込めて各リーグ約総勢180名分(先発5機会以上)の集計結果を公開します。

それでは情報が長いので各リーグ2記事分にてupしますので。




https://baseball.blogmura.com/major/img/major88_31.gif
にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
↑ロゴではなく、文字をクリックして下さい。お手数掛けます。
表題にも書いたとおり、ここのブログの売りでもあるスタッツ関連のエントリーを当分の間控えさせていただくことを正式に申し上げます。

理由はいろいろとありますけれども、前にも記事の中で書いたと思いますマイク・シャピーロGMの「情報は収集よりも分析に時間を掛けるべき」との言葉に倣い、過去のエントリーを今一度見直している最中なのですが、このブログ結構面白いッスね(大爆)。いやいや、そんなことじゃなくって今までに作ったデータをキチンと分析できているかなぁと振り返りもう一段ステップアップする必要があるなぁと、そこで感じた次第です。なんだか不穏な人間関係やギャラ問題で喧嘩別れまたはクビになったバンドメンバーが公式発言したようですが(笑)、そうした意向の元に運営しているブログといいますか、分析結果に対する表現力をもっともっと磨きたいなぁと思っております。

それと、過去とは比べ物にならないくらい数字の情報が入ってくる時代になりましたが、何処の誰々とは指しませんがスタッツを題材にして選手間の優劣や能力を意図も簡単に決めてしまう論調を見かけるようになったのですけれど、私のスタッツというものに対しての考えは、選手のカラーやプレー傾向及び貢献度を計るものとしては有効であり、まあ能力についても正しく扱われているものに対してはいい線行っているものもあると思います。しかしですね、それらは決して選手間の能力格差を明確に表すものではないと言えるのです。打率に関して言えば、.300の選手は一流で.250だと二流とかそいうったものはメディア論調であると思っています。何がいいたいのかというと、数字による格付けをしないと話が進まないで困ってしまうのは営利を伴うメディア産業の飯の種であって、私のような一般人種がそれに対し無理に同調する必要もないのではないかと、危惧を覚えてしまったのは確かに存在します。スタッツって文明の力みたいで便利なんですけどね、機能が性能を上回ることはないのですよ。あはは。

そうしたことから過去の自分のエントリーを見直してみても、やはり一流と二流の切り分けといいますか無用な格付けに言及したものがいくつか発覚し、納得の行かない心境に陥ったということです。

これまでのことを言い換えれば「飽きた」ということになりますが(大爆)、ここで私の一つ考えた格言を出すとするなら、

「数字は嘘を付かないが、数字に嘘をついて語れば何にも生まれない」

ということです。そんな堅苦しくなく考える必要もありませんけど、.250の選手を二流と断言する前にどうしてそのような数字が出来上がったのかは調べる必要があると思います。そうした選手がいざ、Pシーズンになって.400台の活躍をするとサプライズになってしまうのもメディア論調ですね。

もちろん、急激にそう思うようになった訳ではないですし、成績の悪い方々には極力笑いのツッコミで消化してきたつもりですが、一部の過去エントリーを書いた精神状態及び知識に対して心境の変化が起きているということをどうか察して下さい、ね。


ただし、現在更新中のデータ(鬼P、CYP)については責任を持って多分(笑)更新すると思いますし、記事に必要なデータは多少引用すると思います。

あと、topページには今年度のプレビュー一覧を貼り続けていましたがもうそろそろいいなと思いましたので、再読したい方は書庫の「2009MLBチームプレビュー」を開いてください。

それともう一つ、いい加減な更新状況にも関わらずブログ村への投票を随時または断続的に行って頂いている方へ。いつも本当に有難うございます。数が増えて順位も上がれば嬉しいのは違いありませんが、yahooブログの性質上、新作記事にリンクを張るのが少々面倒なものでして、そうしたことからtopページを固定してリンクするように設定しているのですが、そうした手間を踏んでもご協力頂いていることに対してお手数を掛けてしまっていることを申し訳なく思うと共に大変感謝しております。

https://baseball.blogmura.com/major/img/major88_31.gif
にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
↑ロゴではなく、文字をクリックして下さい。お手数掛けます。

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事