ブログランキング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ ]

イメージ 1

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。

2008年夏至の日、6月21日(今日)夜、8時から10時の2時間、みんなでいっせいにでんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。ある人は平和を、ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、ただ2時間でんきを消すことで、ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を地球上にひろげていきませんか


昨日、我家の娘が近所のおじさんに貰ったキャンドルです。

今夜はこれを使って夕食をとります。普段は「早く食べなさい」と子供達をガミガミ叱っている自分ですが、今日だけはゆっくりと団らんしながらカレーライスをいただこうと思っています。

100万人といわず、もっと多くの人達が参加すれば良いのにな。


訂正:今晩はカレーライスではなく、餃子のようでした(爆)。

==========

22時前ですが、晩御飯の時間(19:00)に合わせてキャンドルナイトを行ったので、21時過ぎには照明を付け無事、終了しました。

最初はロウソクの明かりだけだと流石に暗くて、食べ辛かったのですが、段々と慣れてきました。ただ、普段以上に団らん出来るかな?と思っていたのに、暗い分子供達は食事に集中してしまったようで、普段よりも早く終わってしまいました(苦笑)。

小学生の長女と次女は、地球温暖化については本当に不安だといっていました。次女に至っては「もっと昔(の時代)に生まれたかった」とまでいいました。そうすれば、地球温暖化の心配などする必要がなく、安心して生活できるとでも思ったのでしょう。それに対し、父親である自分は「パパの時代でも核戦争の危機があったし、おじいちゃんの頃はそれこそ戦争真っ只中の時代だったんだよ。どんな時代でも不安はあったし、今戦争がなくなりつつある平和な時代になったからこそ、人間は環境問題に目を向けられるようになったんだよ」と、7歳の子供にもわかるよう、言葉を選んで説明しました。

食事が終わってからは、子供達が歌を歌ってくれました。最近、我家で流行りの「風になる(映画:猫の恩返しのテーマ)」「カントリー・ロード」ですが、一応自分がギターで伴奏しました。

その後、3人の子供を連れて夜道を散歩することにしました。風がとても気持ち良く、川原の土手を歩いていると虫やカエルの声が聞こえてきました。途中、神社でお参りをして帰りました。

自分が想像するに、今の子供達は大人が思っている以上に環境問題のことを真剣に考えていると思います。もちろん、大人になるまでに心境の変化は当然あるものの、地球温暖化が進めば進むほど幼い頃に受けた教えをきっと思い出すことでしょう。そして、消費に対するブレーキが中々利かない今の大人達よりも地球温暖化についてはより当事者になる確率が高い分、不安は大きくなってくるに違いありません。

だから、自分達で出来る限り消費にブレーキを掛けることが大事であり、それを段々を増やすことによって温暖化防止に繫がることを教えてあげたい。そして、協力していきたい。

それが親として、大人としての責任かなって思います。





なんと、ランキングに参加してからたったの8時間程でメジャーリーグ関連ブログの第8位まで上り詰めました。

これはちょっと信じ難いというか、INアクセスが一挙に80まで増えたのですが、このブログ村の掟(!)によると、1IPに付き1日1回しかカウントされないようで、そうなると自分を含めて(もちろん)80人以上の方々にご協力いただいたという次第です。さっきは生意気なこと書いちゃってごめんなさい。

尚、ランキングは週間クリック数で順位が決まるそうなので、日にお1人1クリックしていただければ明日以降、さらにランクが上昇する可能性がありますので、引き続きご協力、ご愛顧の程お願い申し上げます。

でもまぁ、MLB.Liberties 出張所さん女王様、そしてブルックリナイトさんといったMLBブログ界(!)をリードする方々を凌駕するブログだとは全然思っていませんので、無理して1位を狙う意味も無いですし、人気が欲しかったらとっくに日本人奉りコーナーでも作ってますから(爆)、今後も野球ファンがドン引きするようなスタッツと記事を書いてまいります。


それと、ランキング加入後に初めてここを拝見される方用に当ブログのオリジナルスタッツだけ紹介しておきます。


パワー、制球共に完璧なアウティングだった先発投手の回想とデータ一覧です。今シーズンよりスタートし、毎月更新(予定)。


クラッチヒッターをデータで解析。塁上の走者を何打席で1人生還させるか?1試合で何度?塁上に走者を置いた場面に出くわすか?そんなデータを2007年度からスタート。


通常のQS(クォリティスタート)からさらに発展させ、「これで負けたら打線の責任」とまで言わせるくらいのハイクォリティなアウティングを2007年からデータ化。


投球数制限に悩む、松坂大輔の弱点を暴く?メジャーと日本での先発投球数のデータと、史上初(?)米日混在ランキングの発表。



好投を追いながらしっかりと炎上も追っています。


これは2006年度NPBのデータを元に、何故?20勝投手が出現しないのかを検証。そして、20勝投手出現プランを6回に分けて掲載しています。


とりあえず、こんなところ。


それと最後に引き続きというか、Yahoo!ブログ内で仲良くさせていただいてる方はもう充分なので、例のファンポチ☆とかいってファン登録増やす目的でコメント残したり、お気に入り登録するのはご勘弁下さい。それがウザイんだよな、一番。〒受けに入っているゴミチラシよりもウザイ。自分も最初は見てもらいたい一心でポチりましたが、あの機能は本当に気に入っているのか、それもただのサクラ稼業なのかさっぱりわからん。

今、ここでリンクしているブログは、こちらからファンだったり面白いと自認するものばかりですので、興味があればそちらへもどうぞ。疎遠になった方、興味を失ったブログは適宜、リンクから削除させていただいてますので、どうかご勘弁下さい。

開く トラックバック(1)


アクセス主導のブログでは決してありませんが、とりあえず始めてみました。どれだけ順位が上がるのかわかりませんけれども、このブログを定期的に読んでいる方及び参考にしている方は上のバナー<じゃなくてリンク文字>をクリックしなさい。って、かなり横柄な態度ですが(苦笑)更新の途絶えているブログやMLBを謳っているのに無関係なお茶の間ブログよりもランクが低いのは許せないので(爆)。

全然、人にモノを頼む姿勢じゃないなぁ。大丈夫かぁ〜?

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事