ここから本文です
AWAがん対策募金よりお知らせです。
7月10日(月)に読売新聞東京本社より、AWAがんの活動状況の取材がありました。

取材内容
・徳島北高校の出前講座
・患者支援〜給食費の一部負担〜の
 支援を受けられた患者さん2名と対談
 石井町 直心庵にて
・AWAがん事務局

イメージ 1

この記事に

NPO・ボランティア団体 ポスター展示会に出展

☆常設展示 沖洲マリンターミナルビル1F
      とくしま県民活動プラザ出入口周辺
☆巡回展示
【松茂町】徳島阿波おどり空港
   平成29年 8月 6日(日)〜  8月20日(日)

【阿南市】よんでんエネルギープラザ阿南
   平成29年 8月29日(火)〜  9月15日(金)

【つるぎ町】貞光ゆうゆう館
   平成29年 9月26日(火)〜 10月 5日(木)

【徳島市】徳島県庁1F 県民ホール
   平成29年10月11日(水)〜 10月25日(水)

【小松島市】トレビ(小松島商工会議所会館)
   平成29年11月 7日(火)〜 11月21日(火)

【徳島市】徳島市シビックセンター(市民ギャラリー)
   平成29年12月 1日(金)〜 12月 8日(金)

【鳴門市】キョーエイ鳴門駅前店
   平成29年12月19日(火)〜 12月28日(木)

この記事に

平成29年7月12日(水)に鳴門市明神小学校 体育館にて、がん検診率向上のための出前講座を行いました。
 
【講話の内容】
兼松院長が作成した『がんのなぞQ&A』を使用。
がんが徳島県の死因第1位であること、がんができる体の説明、がんの正体。
がん検診が大切であること。
たばこの話。大人になったら吸わないように。

【趣旨】
がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。

【対象】
6年生 47名

【内容】
1.講話『がんにならない為に』 兼松病院 院長 兼松晴彦氏
2.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

イメージ 1

この記事に

徳島北高校 出前講座

平成29年7月10日(月)に徳島北高等学校 多目的ホールにて、がん検診率向上のための出前講座を行いました。
 
【講話の内容】
・木村秀院長先生の講話
日本人の死因。
がんはなぜ怖いのか?
正常細胞との違いとがんの進行度。
たばこから受ける影響とがんの因果関係。
がんを防御するにはがん検診が有効。
色々ながん検診があり早期発見のために有効な手段。

・米川孝宏氏の講話
オストミー協会とオストメイトの意味。
自らが装着者であること。
がん宣告を受けてから現在までの体験。
早期発見・早期治療が大切。
大切な方へがん検診を勧めてほしい。 

【趣旨】
がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。

【対象】
1年生 320名

【内容】
1.講話『生活習慣とがん』 東徳島医療センター 木村秀氏
2.講話『検診の大切さ』 日本オストミー協会徳島支部 米川孝宏氏
3.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

イメージ 1

この記事に

「がん検診と介護予防で健康寿命をのばそう!」

 日本人の日本人の死因第1位を占めているがん。成人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人が亡くなっているといわれ、高齢期になるほど急激に増えていきます。
しかし、自覚症状のない早期に発見して治療することで、治る可能性も高まってきています。
 がんの治療は、検診での早期発見が大切で、がんになりやすい高齢期こそ定期的な検診が重要となります。
 がんを体験した川理事だからこそ伝えられる大切な言葉があります。講演会で自分自身の健康について考えてみましょう。

日時:7月25日(火) 13:30〜15:00
会場:健祥会 アンダルシア2階(徳島県阿南市羽ノ浦町中庄大知渕8番地1)
講演:「がん検診を受けましょう」
   「人生の最終段階について、元気なうちに考えてみませんか?」
講師:NPO法人AWAがん対策募金 理事 川 陽二

イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事