全体表示

[ リスト ]

栗駒山スキー

栗駒山スキー

日程:2019416日 晴れ、五合目付近は強風
参加者:7
行程:集合 桂一丁目 シベールの杜(発6;30) → 旧いこいの村駐車場(着8;06)旧いこいの村駐車場(発8;30) → イワカガミ平(着9;50 発10;00) → 1300m地点(着11;00 → イワカガミ平(着11;30 昼食 発12;00) → 旧いこいの村駐車場(着12;45)  くりこま荘で温泉入浴くりこま荘(発14;00) → 桂一丁目 シベールの杜(着15;40
記録内容:
41011日にかけて南岸低気圧の襲来で、季節外れの雪が仙台市内でも56㎝積もり、散り始めの桜も寒そうであった。この天候で栗駒山にも20cm位の降雪があったようで、山スキーにとっては期待が膨らむ状況になってきた。週間天気予報も16日は晴れマーク。
 
シベールの杜に予定時刻に全員集合して、S号、U号の2台で東北道を北上し、若柳金成IC経由で旧いこいの村駐車場(850m)に到着。既に1人が駐車場で山スキーの準備中であった。駐車場付近でもまだ10m位の積雪で、雪の量は申し分ないようである。イワカガミ平(1120m)までの道路は除雪中で4月26日頃に開通予定との事。
イメージ 1

 
ゲート付近から道路を歩く部隊5名とシール部隊2名に分かれて、イワカガミ平を目指して登り開始。強風が時折吹いてくるが、木々の中かさほど気にならない程度であった。
イメージ 2

 
40分後に合流し、スキー部隊5、歩き部隊2名でイワカガミ平を目指して雪面を歩く。雪はまだ締まっていなくツボ足、アイゼンでは足が抜かるんで歩くのが大変なようである。駐車場からイワカガミ平までは、シールを付けた方が直線的に歩けるので時間の短縮になる。
イメージ 3

 
イワカガミ平の駐車場付近ではまだ除雪中で、3.0m位の積雪がありレストハウスまでの除雪には4〜5日は掛かりそうであった。この地点で風速10m程度の強風が常に吹いており、これからのルートは遮るものが無いので、強風を心配しながら10分休憩し、スキー部隊5名だけ山頂目指して出発した。高度を上げる程風は増々強くなってきて、1300m地点で引返す事を決断し、これから戻ることを無線連絡。

シールを外してイワカガミ平に向けて滑降開始。積雪はまだ十分であったが雪の状態はいまいちで、思った方向にスキーは向いてくれない。全員何とか30分でレストハウスの屋根から歩き部隊が出向かえてくれているイワカガミ平に無事辿り着く。ここで昼食して駐車場に向けて下山した。
イメージ 4

 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事