ここから本文です
青天の霹靂
グレーテッド洗車倶楽部 第1083番目家臣にございます

初洗車

年が明けてからというもの、休みと天気の都合が合わず
なかなか実施できていなかった初洗車を本日行いました(^^)


今日は気温が上がり、かなり久々の洗車日和。
せめて真冬の一番寒い頃でも今日くらいであって欲しいものです・・・


イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3





そして、洗車後は今年参加予定のSSTR ツーリングラリーの
出発候補地探しに付近をウロウロしました。


このイベントは、自身で決めた太平洋側沿岸の出発地点で
バイクのバックに朝日が昇る写真を収めるというものがあり、
うまい具合に海が見渡せ、朝日が昇る東側に開けた場所でないといけないですが・・




なかなかベストなポイントがございました(^^)

イメージ 4





ここなら大型バイクでも歩道から広場に入って行けそうです。
深夜早朝に写真を撮るだけなら問題なさそうですね。

イメージ 5






地元にこんな綺麗に海が見渡せる場所があったなんて全然気付きませんでした。

イメージ 6





学生時代、よく遊んだ幕張が対岸に見えます。
朝日はこの方角から昇ってくるので大丈夫そうですね。

イメージ 7



イメージ 8






知らぬうちに、また新しい建物が建設中でした。
構造から見るに病院ですね。

イメージ 9






日の出を背に日没までに能登半島の千里浜を目指すと言う
コンセプトにバッチリな出発ポイントを発見できました(^^)

この記事に

日々、お寒うございますが・・・

今年も毎年恒例、年に1度、限界を超えて食べつくす全国ご当地どんぶり選手権へ
行ってまいりました(^^)


会場は東京ドーム。
電車に乗れない私は本来、時期も時期であり車で行きたいのがベストですが・・・
以前、ドームシティ駐車場を利用した時に3000円という法外な駐車料金を請求されたため
何年か前より、原付2種スクーターが定番となっております。
これなら、シティ競馬駐輪場に無料で停められるので、交通費0円です。

イメージ 1



イメージ 2



今回は平日限定前売り券を購入していたため、
チケットを買う手間が省け、スムーズに会場内へ・・・




催し物もみどころなのですが、
私は例年通り真っ直ぐどんぶり選手権会場へ(^^:

イメージ 3


イメージ 4





どんぶりチケットを購入し、いざ決戦の舞台へ!!
前々々日より体内の塩分濃度調整と胃腸の温存のため食事制限を設けていたため
完全空腹の状態です。

イメージ 5






イメージ 6



まず、やはり一杯目はこちらですね(^^)
一杯目と言うのは舌にも胃袋にも染み渡ります。

イメージ 7






上位定番どんぶりが軒並み連ねる中、
予選会にも出場しており、今回ダークホースとして来ていたのがこちらです。

イメージ 8



出雲炙りのどぐろ丼。
予選会で頂いた時は、さほどでもなかったように思えましたが、
あれから改良を重ねたのでしょう。
タレと炙りのどぐろ、温玉が見事にマッチして絶妙な一品でした(^^)
また、特筆すべきはお米です。
島根県産仁多米コシヒカリを使用しているそう。
今回、最もうまいと思えたどんぶりでした。

イメージ 9




島根は前々から行ってみたいと思っている地で、
今年の夏のツーリングで計画しているだけに、一層楽しみになりました(^^)

まぁ、現状行けるかどうかは天主様(いわゆる会社)のご差配如何によりますが・・・






昨年夏のリベンジも、一応達成しました(^^:

イメージ 10


イメージ 11








今、大河ドラマで全世界が注目の地元鹿児島も常連の黒豚丼です。
しかしながら、志布志は魚の方がうまいはず・・・?

イメージ 12





秘伝のタレと黒豚はたしかにうまい!!
うまいんですが、重いんですよね・・・

イメージ 13




今後、きびなご丼とか、錦江湾養殖のカンパチ丼とか出てくれないかと思っております。




その後も食べに食べ続け、
今年の記録は9杯。

どんぶりチケット1杯分余ってしまいました・・・(^^:


いやぁ〜・・・今年も喰った喰った。
しばらくはまた、ご飯に塩を掛けて食べる生活ですね。


この記事に

既に年を越してしまいましたが・・・・

昨年のラストのツーリングに、
伊豆山神社へ昨年1年間お世話になったお守りを返却し、
東伊豆を周遊するツーリングに行って参りました。


自宅は早朝の5時には出発し、今回は一般道を走行。
既に私がツーリングに出れる気温の下限を遙かに下回っており、
完全耐寒のライディングスーツはもとより、
ヒーター類完備のスカイウェイブの出動であることは言うまでもありません。

イメージ 1





超早朝出発が功を奏し、普段は神奈川中央バスの大軍団で占拠され
慢性的に交通マヒ状態の国道1号もバス運行前のため難なく通過しました。

イメージ 2





茅ヶ崎付近のコンビニまで一気に走りました。
都内ではさほど寒さは感じませんでしたが、
神奈川県内は氷点下の気温で、完全耐寒装備のジャケットも力及ばずです(^^:

イメージ 3





平塚付近で日の出を迎えました。
富士山が見え、とても綺麗でした(^^)

イメージ 4






小田原へ入りました。
渋滞皆無でここまでスムーズです。

イメージ 5






戦国時代は、この橋が架かる酒匂川より向こう側は小田原城の城域でした。
現在の小田原市街をすっぽり覆う巨大な城郭でした。

イメージ 6






国道135号を走行中。

イメージ 7






最初に訪れたのは、伊豆山神社です。

イメージ 8





ここには、2017年の1年間、私をお守りくださったお守り類やお札、
おみくじなどをまとめて返却します。

イメージ 9


イメージ 10




こちらが、お守り類です。
ほとんどが、ここ伊豆山神社で購入した物です。

イメージ 11




返却後は勿論、来たる2018年に向けて新たなお守りを購入しました。

イメージ 12





絵馬に2018年の安泰祈願も書き記します。
2018年こそは、波風経たぬ平穏な年でございますように・・・
そして凶運を退け、強運に恵まれますように。

イメージ 13





こちらが伊豆山神社からの眺めです。
今の季節は伊豆大島から東伊豆海岸線、初島も見えて良い眺めです(^^)

イメージ 14






参拝を終えたら、お次は食事に向かいます。
こちらは熱海市内の国道135号。
さすがは12月30日。道路はまったく動かない状況です。
なんとかバイクの機動力を発揮させて前へ進みます。

イメージ 15




通常ならば休日であっても、熱海市街さえ抜ければ渋滞は解消しますが・・・
この日ばかりは、このような渋滞が延々と伊東の先まで連なっておりました。



国道135号は伊東市街を抜けると片側1車線。
渋滞に延々とハマりながら、なんとか今日の食事処に到着。

イメージ 16





訪れたのは回転寿司「伊豆太郎」
今まで何度も前を通り過ぎてはいるものの一度も立ち寄ったことは無かったですが
食べログで見ると意外にも評価が高かったため、
年内最後には美味しいお寿司が食べたいと思い、今回初開拓です。

イメージ 17





こちらが、地魚盛りです。

イメージ 18





このお店で特筆すべきは、同じく地魚のブリです。
脂が乗っていて濃厚なお味。
今の時期のブリは最高ですね(^^)

イメージ 19


3皿もいただきました(^^)

イメージ 20


イメージ 21





今回のお食事のお会計は・・・

イメージ 22



お値段的には、この価格で美味しい地物の寿司が楽しめれば
まぁまぁ良いほうですね(^^)





食後は、この日、ツーリングが終わった後に訪れる友人のお店へ差し入れを買うため
伊豆高原にある物産店に立ち寄りました。

イメージ 23






小一時間ほど買い物をしたあとは、南伊豆へ向けて国道135号を南下します。

イメージ 24






私が走っている下田方向は空いていますが、
逆方向は赤沢温泉付近から延々と大渋滞。
これは帰路に着く時間はずらした方が良さそうです・・・

イメージ 25






途中、いつも立ち寄る尾ケ崎ウィングに今回も寄りました(^^)

イメージ 26



今回は伊豆大島以外にも御蔵島など伊豆七島の島々がよく見えました。

イメージ 27


イメージ 28







下田市街を過ぎると、1年で一番陽が短い今時期、もう夕暮れが近付いてきました。

イメージ 29





石廊崎駐車場へ到着。

イメージ 30


何処かで折り返そうかと思っておりましたが・・・
結局、石廊崎まで走ってきてしまいました(^^:





さて、ここまで来たからには先端まで行くしかありませんね。
石廊崎までの道は、既に閉店した商店街などは撤去され、
開けて歩きやすい道になっていました。
先端まで掛かる時間も短くなったように思えます。

イメージ 31


イメージ 32





歩くこと約15分
伊豆半島の南端、石廊崎に到着しました。

イメージ 33






丁度、日没の頃でした。ベストタイミングですね(^^)

イメージ 34





先日、訪れた南房総と同様
日暮れの時間帯と言うのに真冬とは思えないほど暖かいです。
ジャケット不要で20℃近くはある暖かさです。
移住したいなぁ〜・・・・

イメージ 35


イメージ 36






完全に陽が暮れるまでここにいました(^^)
2017年のラストツーリングに、素晴らしい夕陽が見れて良かったです。




石廊崎を散策後は、本日の温泉へ向かいます。
再び国道135号を伊東方面に戻り、約1時間程走ったところにある
赤沢温泉 DHCの湯に立ち寄りました。

イメージ 37


私が伊豆の温泉で最も推している場所の1つでございます(^^)

思えば今年に入って訪れるのは初めてでしたかね・・・
随分久々に参りました。




入館料金は、休日料金につきややお高め(^^:
ただ、温泉の内容的を考えれば納得できるお値段です。

イメージ 38





温泉に浸かる前に、腹が減ったので夕食を食べようと、
こちらの「赤沢勝手丼」なるものが目に止まりました。

イメージ 40

カウンターで好きな地魚のお刺身を丼に載せて食べると言うもの。
いつぞやの八戸の朝市のようですね(^^)


しかし、これが大失敗でした・・・



まず、ご飯が大盛りを頼んだはずなのに量が詐欺レベル。
しかもお刺身が一切れ250円など、いくら地魚とはいえありえない値段。
腹も減っていたので値段もよく見ないで載せに載せまくった結果

イメージ 39


気になるお値段は2700円なり。
はい。ボッタクリでございます(^^)



お味のほうはまぁまぁでした・・・
一応、地魚ではあるのでしょうが。
いくら味がよかろうとも、一杯の海鮮丼にこれだけの値段はあり得ないですね(^^:
輪島で喰う能登丼とかなら別ですが。




2017年最後のツーリングの最後の食事が
なんとも納得のいかないものになりましたが、
それでも、久々に赤沢温泉の素晴らしい湯とベストな眺望を堪能できたので
良しと致しましょう(^^)



温泉から上がったのは21時。
このあとは、真っ直ぐ、有料道路をフルに使って
亀戸にある友人のお店を目指しました。

こちらは、1月2日から箱根駅伝のコースとなる国道134号。

イメージ 41





首都高速1号羽田線。
この日は走り屋がかなり多かったです(^^:

イメージ 42





亀戸の友人のお店に到着したのは0時半頃。
丁度この時、大学時代の友人達が集まって忘年会をしており、
差し入れをお持ちしてお店で過ごした後、自宅へ帰ったのは朝4時半頃でした。



走行距離は430kmとなりました。

2017年も無事故・無違反で楽しいツーリングの1年でございました(^^)











この記事に

車両年末大掃除

浄土真宗(昔で言う一向宗)信者である私には全く関係のない行事ですが・・・
世間的にはXmasも過ぎ、

いよいよ年末まで6日の年の瀬となった本日。

今年1年も無事故無違反で楽しく充実した旅に貢献してくれた3台の
年末大掃除と正月飾りつけを行いました。


スカイウェイブ650LX
今年は出動回数は少なかったですが、不調も無くよく走ってくれました(^^)
来年は再びメイン機として、
5月のツーリングラリーや、夏に計画中の中国地方・山陰ツーリング出動予定です。

イメージ 1






今年は東北大遠征の大役を見事にこなしてくれた、
2005年製の長寿機 RV125EFI
走行距離45000km超ですがまだまだ元気でございます。
来年は和歌山県潮岬を考えております(^^)

イメージ 2





デミオも夏のBBQや遊びの皆の足としてよく頑張ってくれました。
納車から1年。磨きに磨いてかなり綺麗になりました(^^)

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7




年内のツーリングはあと1回。
伊豆山神社へお守り返却と東伊豆温泉ツーリングにスカイウェイブ出動予定。

年始は、
湯河原温泉と伊豆山神社初詣にRV125出動予定となっております。



この記事に

冬のツーリングのもう一つの定番避寒地である南房総に
プチツーリングに行って参りました(^^)

今回のツーリングの目的は、温泉に浸かること。
そして地魚の寿司を食べることです(最近、ほとんどそれが目的ですが・・・)


もう12月で、朝晩は氷が張っても雪が降ってもおかしくない凍てつく寒さ。
とあれば出動車両は勿論、グリップヒータ、シートヒータ、可動ウィンドスクリーン
完備のスカイウェイブ650LXとなります。


この日を含め私は大変珍しいことに3連休。
前々日は私の先輩 & 会社の後輩と映画を観に行き、
昨晩は先輩宅で夜中の3時頃まで遊んでおり、睡眠時間約2時間で起床。

疲労と睡眠不足で若干きついですが、渋滞を回避するため、
今回も早朝出発を選択しました。

これが功を奏したのか、湾岸線はスムーズに走ることができました(^^)
こちらは混雑のメッカであるららぽーと付近。

イメージ 1






千葉市街も渋滞皆無で快適に走行し、姉ヶ崎の国道16号バイパスへ。
休日の割には珍しいですね。

イメージ 2





まだ朝早いこの時間帯は寒く、折角道路も快調のため、
一気に富津金谷まで走って参りました。
このバイクに乗っている時は、走っている時の方が温かいです(^^)

イメージ 3





ここの食事処「かなや」の駐車場からは浦賀水道を行き来する船が見渡せます。
ちなみにこのお店、温泉は眺めも良く泉質もなかなかなのでお勧めです。
しかしながら、食事はお値段が高く微妙なので注意。

イメージ 4




金谷港に、かなや丸が入港です(^^)
久しく乗ってないですねぇ・・・

イメージ 5





ここでは小休止の後、すぐに出発しました。
本当なら朝食に、保田にある食事処「ばんや」で海鮮丼を頂きたかったのですが
生憎、営業が11:30からとのことだったので、時間も押してしまうので
そのまま館山へ・・・

イメージ 6





こちらは北条海岸。夏にはここを舞台に館山花火大会が開かれます(^^)
ここから海岸線沿いに洲崎、白浜方向へ走ります。

イメージ 7






やはり、あまりにも腹が減ったので途中のコンビニのイートインコーナーで朝食。
これで済ませました(^^)

イメージ 8






洲崎をぐるりと回り、平砂浦の房総フラワーラインを走行。
2月頃には菜の花が咲き乱れます。
先程までは寒かったですが、やはり南房総。
ここまで来ると黒潮の影響で風も暖かで小春日和です(^^)

イメージ 9






そして今回、ある種の目的地として訪れたのはこちら。
「たてやま温泉 千里の風」

イメージ 10





こちらの日帰り温泉でゆるりと過ごすのが今回の目的でございます(^^)

イメージ 11



イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14



丁度、11時の日帰り入浴開始時間で、お客さんも他には居らず貸切状態でした。

なので、温泉の中を撮影。
眺めがとても良く、開放感抜群の露天風呂が最高です。

イメージ 15


イメージ 16




しかし、入ってみて気付いたのですが・・・
前回、3月に来た時と明らかに泉質が異なっています(温泉の色が違う)



近隣の人魚の湯「海紅豆」などと同じ塩化物泉となっておりました。
恐らく、湧出量が少ない温泉脈で枯渇してしまい、
変えざるをえなかったのでしょうね(^^:

南房地域では珍しい上質な単純泉であっただけに残念ではありますが、
これはこれで体が温まる良い泉質なので、
景色も相まってゆっくり温泉を楽しむことができました。




湯上り後はテラスでゆっくりと・・・
なんと、2時間も温泉に浸かっておりました。
東京は極寒の頃と言うのに、南房総は外でもまだ十分暖かいです。
日差しは熱いくらいでした。

イメージ 17




伊豆大島が見えました。

イメージ 18




館内の様子。とても綺麗ですね(^^)
泊まりで来てみたいものですが、わたくしの経済力では・・・

イメージ 20


今回の目的は、温泉でゆるりと過ごすこと。
ここでは計4時間もの長い間過ごし、心も体もリフレッシュしました(^^)



再び出発する頃には既に陽が傾き始めてきました。

イメージ 19






お次に立ち寄ったのは野島崎です。

イメージ 21


イメージ 22




日暮れの頃でも、このあたりは南風で暖かいので、
岬のあたりまで散策することにしました。

イメージ 23





まずはこちら、厳島神社に参拝です。
野島崎へ来ると必ず立ち寄ります。

イメージ 24






そして、灯台方向へ。
夕暮れがとても綺麗だったのですが、
カメラのスペックが低くあまり綺麗に撮れていません(^^:
新しいのを買わないとですね。

イメージ 25


イメージ 26





房総半島最南端へも参りました。

イメージ 27


イメージ 28




丁度、日没です。
伊豆大島に陽が沈むのを見届けました。

イメージ 29



この時期らしい、とても綺麗な夕陽を見ることができました(^^)




さて、最後にもう一つのお目当ての寿司を食べに行きます。

国道410号を走行中。
下の写真は千倉付近。

イメージ 30





訪れたのは鴨川です。
まずはお店が閉まらぬうちに、お土産の干物を買います。

イメージ 31




房州のアジは身が脂が乗っていて大きく濃厚で最高です(^^)

イメージ 32





お目当ての寿司を頂いたのは、勿論こちら
昨年末に発見し、以来私の定番スポット入りを果たした
「地魚回転寿司 丸藤」です。

イメージ 33



鴨川と君津に展開しているお店ですが、
勿論、旬の地魚を頂ける鴨川に限ります。



本日の地魚です。

イメージ 34




こちらが、地魚食べ比べ。
入荷状況は日にちや時間によって刻々と変わります。

イメージ 35





そして、このお店の逸品である「おまかせ丼」
地魚の漬けが美味しいのですが、本日はサーモンととびっこでイマイチでした。

イメージ 36





光物三種。
アジは勿論地物で、とても美味しいです(^^)

イメージ 37





今回は遠慮することなく、ガッツリと腹いっぱい食べました。

そのお会計は・・・・

イメージ 38



だいたい、3000円台で収まることが多いですが、
やはり喰い過ぎましたね(^^:

それでも、こんな新鮮なお寿司が腹いっぱい食べられて5000円は安い。
築地や銀座で同じ量を食べればどうなることやら・・・

これが、地魚回転寿司の一番良いところですね。




帰路は鴨川有料道路から国道410号で房総半島を横断し、
袖ヶ浦でのみ休憩し、22時半頃に帰宅となりました。



今回の走行距離は293km
掛かったお金は給油代、温泉入浴代、食事代で約1万円でした。



やはり房総は自宅からも近く、走りも味覚も温泉も楽しめて、
しかも安く済むので良いところだなぁ
と改めて実感しました(^^)













この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事