音顧値針 蓄音機 SPレコード 骨董 辺境の旅

温故知新してください! 音楽を顧みて針の価値を知る! そうです!蓄音機は最高!

全体表示

[ リスト ]

「台湾軍の歌」

イメージ 1

イメージ 2

灰田勝彦 「台湾軍の歌」 昭和15年10月 日本ビクター

「台湾軍の歌」を「台湾派遣軍の歌」と称してHPで記述している例もあるがこれはまったくの誤りであり、作詞「本間雅晴中将」、作曲大沼哲と記述しているが作詞「台湾軍報道部」、作曲山田榮一が正しい。
作詞「本間雅晴中将」、作曲大沼哲とはこの曲とはまったく別物の「光輝かがやく台湾軍」と言う曲である。
また、この曲とは別に同名の「台湾軍の歌」があるがこれは昭和7年台湾軍司令部参謀部(懸賞作品白坂義道作詞 長保征夫作曲)で作られた曲がある。

このSP盤レコードの音源はこちらへ掲載しております⇒http://blogs.yahoo.co.jp/axttony/18247079.html

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

おっしゃる通りでこの画面で音楽は聴けませんが、コロムビアから出ているCDは「黒潮しぶく・・・」が全く違います。購入して失敗しましたが、その後台北市の小学校同窓会で先輩が持っておられた戦後私的に自衛隊音楽隊のものが、灰田勝彦さんが歌ったものとおなじもので、これが「正調」です。インターネットの「台湾軍の歌」は殆どが間違っています。なぜビクターの正調がこのように変わったのかご存じの方がおられましたら教えて下さい。you tubeで音が非常に悪い(スピーカーからマイクで拾っているため)ですがこれが本当の
「台湾軍の歌」です。

2008/11/21(金) 午前 11:10 [ aki*uk*_ryo*p ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。 >>なぜビクターの正調がこのように変わったのか・・・多分この曲は戦時中台湾現地軍だけで歌い継がれていた為、また戦後楽譜等が入手出来なかったので旧台湾軍将兵からの口伝えによる採譜だったのが原因かと・・・! また当ブログ掲載のSPレコード原盤の音源聴取御希望でしたら再度当ブログへ音源UPしますが? いかがですか?

2008/11/21(金) 午後 3:29 [ axttony ] 返信する

顔アイコン

SP盤原音音源はこちらへ再掲載しました。⇒http://blogs.yahoo.co.jp/axttony/18247079.html

2008/11/23(日) 午後 7:09 [ axttony ] 返信する

顔アイコン

UPして下さりありがとうございました。三回に途切れてますが、これが正調、台湾軍の歌 です。これがゼンマイ蓄音機でなくレコードプレイヤーから直接パソコンに取り込んだ音でしたら、もっときれいに聞くことが出来ると思います。何処を探しても無いこのレコード、よく持っておられましたね、うらやましい限りです。

2009/4/29(水) 午前 11:29 [ aki*uk*_ryo*p ] 返信する

顔アイコン

大変日にちがずれてしまいましたが、この正調の「台湾軍の歌」灰田勝彦さんのものをプレイヤーから、PCに直接取り込んだ曲を聞かせていただけませんか?少々のスクラッチノイズはあって当たり前ですから気にしませんので、厚かましいですがよろしくお願いいたします。

2009/7/19(日) 午後 6:09 [ aki*uk*_ryo*p ] 返信する

顔アイコン

残念ですがステレオ、レコードプレイヤーなどと言う現世の代物は持っておりません・・・! カセットテープで宜しければ蓄音機から音声を直接録音できますが・・・? もしくはPCを持参して直接此方へお越しいただいて取り込まれても結構ですよ! 因みに秋田市です。

2009/7/20(月) 午後 3:02 [ axttony ] 返信する

顔アイコン

御要望に応え本日デジカメ動画収録音源完全版を掲載しました。⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/axttony/18247079.html どうかこれで我慢してください!

2009/8/1(土) 午前 10:37 [ axttony ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事