□■ピアニスト ラプソディー■□

たくさんのやさしさ、おなじくらいたくさんのしなやかさ、そのまえにたしかなつよさ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1
 
いや〜〜あちい〜〜〜
 
そろそろピアノ部屋へ避難するかな・・・
 
みなさま、この猛暑、いかがお過ごしですか?
 
どうぞご自愛くださいね、
 
甲子園の球児たち眺めて、エネルギーもらって、
 
さて、もう1記事、いきます!
 
(ってか 伴奏譜 見る気が まだ起きないのでgdgd・・・・)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンサートを終えて、
 
ふとインタバルが出来た、
 
 
 
ので。
 
 
 
ちょっと自分を考えた。
 
そして、
 
そやな。そうよな。と、思った。
 
 
で、
 
 
もう、決まってるやん、と。
 
 
 
 
レーシック(近視を手術で矯正するやつ)の
 
適応検査に行ってきた。
 
 
 
 
   余談、なかなか、疲れた。
 
 
 
 
ドライアイだったり、角膜が薄めだったりしたので、
 
再検査になってはいるけれど、
 
近日のその再検査の結果が悪くない限り、
 
ちかいうちに、あたくし、レーシック手術しようと思います。
 
 
 
 
こわいけどね。
 
あたしっていう人、決めたみたいなんでね。。。。
 
 
 
 
 
 
 
それとね・・・
 
語学、やりたい、、と思ったけど、そのあたりから
 
義父の介護、そして病・・逝去、同時に義母の・・(省略
 
ほんとうに、時間がどうしようもなくてね。
 
 
 
 
でもね
 
11月にひとつ大きなミッションを抱えて
 
昨年の自分よりバージョンアップしてない自分ってのがゆるせなかったのね
 
 
それでやっぱり学習中。
 
でも会話はどないするん?
 
 
で。
 
 
 
 
 
ロゼッタストーンをポチしちゃいました。
 
明日あたりには届くはず。
 
ドイツ語です。
 
いまは文法書でまさに独学中。
 
 
 
 
 
 
流行ファッションは体形財政センス他、多角的にご縁が無いけど(爆
 
 
 
レーシック、そして、ロゼッタストーン。
 
意外と大胆にサクっと決めたわ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分はディフェンシブだなと、、
 
それもゴールキーパーみたいなんじゃなくて、
 
なに守ってるかもわかんない冴えないディフェンスでポジションはベンチ(爆
 
 
 
 
そんなふうに自分で自分のことを評していますが
 
 
 
今回、思いました。やりたい芝生さえ見つけられたら、
 
あたし、攻撃的ミッドフィルダーくらいには、なれるかもしれへん☆
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
伴奏のほう の 芝生 はえてきたかな・・・
 
そろそろ お尻に火がつくので!
 
 って本番13日やし(ぉぃ)
 
練習、いってきます〜〜〜!
考えていることを、書いておく、書いてゆくのは、自らの思考をまとめるうえでもとても大事だと思う。
 
つらつら書く(迷惑よね、読んでくださる方、ごめんね)そのまえに、
 
あらかじめ書かねばならないであろう、よっこらしょ(爆、
 
 
 
わたしは、、主力2政党のどちらよりでもないし、現政権には批判も肯定もしない、
 
現首相早期辞職に対してはかなり懐疑的ではあるが、それは、業績を評価しているというよりも、
 
替わったとて、よりベターな人材が居るわけでもあるまいに、と考える所以が大きいかと。
 
浜岡をとめてしまったあの突進力は脱帽して拍手、いまも評価するけれど。
 
 
 以下は、
 
くま氏が仕事その他の、専門的な会合の関係で聴いてきて わたしに話してくれたこと。
 
 (どういう御方の発言か、どういう場での議題か、
 知りたい方は鍵付きでコメントお残しください。
 普段から交流のある御方にはお伝えにあがります)
 
 
 
 
 
 
 
福島原発は、
 
いま逆算すると、とにかく被害をださないようにするためには、
 
「地震発生から3時間後には海水抽入すべきだった」のだそうだ。
 
 ※原子炉内の水量が毎秒○センチずつ減ってゆくetc.そういう細部は省略する
 
 
 
かの地が大津波を受けた時刻を考慮すると、引き波から2時間あったかどうか、であろうから、
 
「3時間以内に海水を注入すべき」というのは、まったくもって無理であった、というべきであろう。
 
よほど人類の最高の叡智をもった陣頭指揮が居ない限り。
 
そういう人材が、通常いないがために、組織やマニュアルがあらかじめ形成されるのであろうし、
 
正直なところ、その後のニュースを回想しても、処置・作業上で、
 
到底の百乗で無理だったろうなと、思う。
 
 
 
 
じゃぁ議論が終わりかというとそうではなくて、
 
そもそも、無理だったのだ、というのが、問題であるのだ。
 
 
 
1基4000億円の原発に海水を注入するという決断など、
 
3時間以内(実質もっと短時間)で、
 
T電の1社長に----1個人には---、、まず、出来ない、出来得ないのだそうだ。
 
そもそも無理な判断なのだ。そもそも。
 
こんなにも危険なことが、わかっていながらであっても。
 
 
社長が関西に居てもヘリに乗ろうとして失敗してても本社執務室に居ても無理なのだ
 
      余談・奈良の遷都祭のスポンサーで、それでシャチョーさん奥さん連れて奈良に来てはりました。汗
 
会長であっても要職者一同であっても同様であろう。
 
 ましてや今回は、複数の炉、・・・何兆円もの問題である。
 
 
 
 
だからこそ、こういうときには国が介入するような仕組みになっているのだそうだ。
  
であるが、その仕組みが働いてなお、現状なのだから、天を仰ぐばかり、というか、
 
あらためて、原子力と核を“書き分ける”だけで、中身は同じだと思い知らされるばかりである。
 
 
   ※ 核、の平和利用を、原子力、と呼び変えてきたのだったと思う。
      けっこうグレーゾンなので逃げておく
 
 
 
 
その結果が、いま。である。
 
どうなってゆくのだろう。
 
 
我々が、チェルノブイリ、と口にするときの心理的なものが、
 
外国の方々がフクシマ、と口にする時のそれと同じなのだ。
 
外国の新聞ではフクシマ・ショック、と呼ばれているのをご存じだろうか。
 
 
 
 
 
 フクシマ出身でーーー20数年後、たとえば国際結婚しようとする若者がいたら、
 
 
・・・・どうだろう・・・。かなり難しい展開になると思う。
 
 
そうなったとき、すべての人が、
 
実際のところはフクシマはチェルノブイリとは違うのだ、と納得してくれるなら、問題はない。
 
だけど頭で理解して納得できないことは世の中に多々ある。
 
 
 
______
 
広範すぎる問題を提案するつもりはないけれども、
 
無知なわたしの呟きを綴るので、すこし赦してほしい。
 
 
T電の1社長には無理な判断、だから国が介入、
 
と言っても、
 
国ってそんなにも頼もしいのだろうか
 
こんなにもコロコロと、国の首相が代わり、大臣が入れ替わるような国で、
 
原子力の有事の際に介入、処理できる力が、
 
そのたびにそのたびにそのたびにきちんと継承されていってるとは到底思えないのだが・・。
  ↑
  3回リピートしたけど妥当でしょ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 _______
 
 
本題に戻る・・・・聴いてきたこと、つづき
 
非常に残念なことであるが、2点。
 
まず一点、多くの避難者、退避勧告地域を出している、
 
その原因となった放射性物質は、おそらく、ベントの実施の際に放出され拡散したものであろうこと。
 
次に一点、
 
海のほうへ風が吹いていた時期にベントをすべきであった、
 
あとから検証すると、貴重なその機会を逃してしまったと言わざるを得なかった、
 
風向きが、山⇒海、の、その時間帯に、首相がヘリで視察に来ていたのであったということ。
 
 
 
結局、せめて適切な風向きの日時まで、炉の圧力は待ってくれず、ベントせざるを得なかった。
 
 
 
 
じゃぁ首相が視察に来ていなかったならばベント可能であっただろうか?
 
それこそ水かけ論であろう。
 
そもそも首相は、しかるべき説明があればその視察そのものを検討しただろうから
 
しかるべき説明ができる能力が人や現場に欠けていたという結論が妥当かと。
 
 
 
 
 
_______________
 
 
 
レバ、タラ、を濫用しても意味はないのだけど、
 
むずかしいことになったなぁと、素人ながらに、思う。
 
福島市の友人が居る。近況を人づてに聴いている。先など見えない。
 
 
 
 
 
 
原発、原子力発電、というのは、すなわち、原子力の研究開発とイコールなのだそうだ。
 
無知な あたしが、くま氏に尋ねて帰ってきた答えが、
 
原子力発電は、原子力研究そのものとちゃうか?ということ、らしい。。。(日本において。)
 
 
 
「脱・原発するべきだわ、でも原子力の研究開発はアリよねー(携わる研究員も万と居るし)」
 
という考えは、矛盾している、らしい。
 
両者は同一、両者は切れないのだ。
 
ここで思い出すべきかと思うけれど、原子力、と呼び変えているが、
 
核開発なのだ。
 
 
 
「脱原子力発電」を決めちゃったドイツはものすごい方向転換をしたということになる。
 
研究者の単位まで倍率をあげると、頭を抱えている人がたくさんいるだろう、
 
なかには、在り処(国)を変えることを考える人もいるかもしれない。
 
 
 
それは国の財産の流出であろうけれど、
 
ハイリスク・ハイリターンの一言で説明がつく。
 
 
かたやフランスでは
 
原発から廃される温水を利用して農耕を営んでいたりする。
 
まさに共存。
 
正直に言うと、それはすこし、あたしには理解に苦しむ感覚である。
 
 
 
 
 
 
 
 
にっぽんって、はいりすく。はいりたーん。を負うのだろうか。
 
共存してゆくのだろうか・・・。
 
どうなるのだろうか。
 
あたしの脳みそでは、ちょっと、まだ、はかりかねる。
 
 
 
けど
 
 
 
にんげんらしく いきて暮らしてゆく ために 
 
どこまでハイテクノロジーが 必要なのかな
 
 
 
そんなことを言ってたら。そんなふうに エセ後ろ向き発言してたら。
 
世界は拡がらないどころか ちぢんでゆくのかな
 
宇宙エレベーターなんて 手が届かなくなるのかな
 
 
 
宇宙にエレベータで行ける時代までは 
 
あたし生きないだろうなと思うけど
 
そのころの地球は 
 
放射能汚染で立入不可なエリアがあるのかもしれないな
 
宇宙から写したら 円形脱毛症みたいな個所 あるのかもしれないな
 
 
 
 その、地球の円形脱毛症みたいな箇所が
 
日本にあったら 悲しい けど 
 
その可能性は結構ある、
 
いまはつまり、そういうことなんだな。
 
 
 
 
 
 
そのいち おわり
 
そのに は 韓流のこと 某局のこと 短く書くつもり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                                              らぷそでぃ
 
 
今日は午後から出かけるのだけど、
 
乾くだろう・・と見越して、シーツを、洗った☆
 
 
 
 
このあいだ買ったばかりの、ベットのシーツやもん。
 
それなりに
 
スペシャルなお洗濯ミッション ←アホ
 
 
わかってもらえると思うねんけど。
 
 
 
_________
 
 
 
暑いけれど 心地よい風も吹く今日の関西、
 
 
さっき、「ぉぃシーツよ順調に乾いているかい」と
 
カーテンをからげて、物干しを眺めたら!!!
 
 
 
 
 Σ( ̄Д ̄;)
 
 
  Σ( ̄Д ̄;) 
 
 
 Σ( ̄Д ̄;)
 
 
 
 
 
 
 
あたしの、
 
ピンクのシーツに、
 
 
セミが!
 
とまってる〜〜〜!!
 
 
 
 
 
それがどないしたん?というゲストは、
 
らぷ子から手裏剣がとんでくるから眉間のあたり注意やで。。▼ ̄(∞) ̄;▼
 
 
 
 
セミやで!!!
 
シーツと一緒に風に揺られてるん、セミやで!!!!
 
 
 
 
 
 
羽アリなら、ゆるす。
 
だが、セミは あかん。
 
 
 
 
 
 
あたしにとって、
 
セミは
 
夏、どこかの木立で 鳴いててくれたらいい、
 
それだけの、虫やねん。。。。んーべつに御姿おがまなくていいねん。。
 
夏の背中にとまって鳴いてて切ないわーと 晩夏には詠むけど、
 
それとこれとはイチジルシク別問題やねん。
 
 
 
 
 
 
 
・・・ちょっと脱線していい??
 
著しく、っていう熱意を イチジルシク てカタカナに込めたんだけど
 
 
 
なんだか、イチジク食べたくなったわ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正直言うと、
 
あのフォルム、あの目玉、あの羽、あの重量感、
 
いろいろ、苦手やねん。。。センス悪いと思うねん・・・
 
 
 
その、セミが!!!
 
 
 
あたしの、シーツに!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だれの許可得て とまっとんねん。
 
そこはあんたのおる場所 ちゃうで!
 
 
  (`◇´*) ムキョー
 
 
と、即効 追い払おうとしたものの・・・
 
 
 
 
 
(`◇´*)ノ   ムキョー
 
 
 
(`◇´*)ノ   ムムム
 
 
 
 
 
 
 
(`◇´*)ノ    ムキョれないかも
 
 
 
 
 
(`◇´*)・・。。。。。。
 
 
 
 
 
(`◇´*)....,,,,
 
 
 
 
 
 
手で払うの、いややねん。。。。
 
 
 
 
あたりをみまわし、コレダ!と、布団叩きを手に取り、
 
 
めっちゃへっぴり腰で 
 
シーツの、裏側から←引退前のタイソンみたいな弱気
 
 
 
みどるぱんち!
 
 
 
 
 
セミ君は、臨終間近の、あの独特の独特の飛び方で、
 
 
サンルーフの屋根や隣の家の壁に 
 
ボチッボチッと衝突音を立てながら、飛んで行きました。
 
脱線しますけど、
 
セミってアホみたいにどこそこに衝突しますけど
 
あれ、やめてほしくないですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふぅ・・・(*-_-)
 
 
 
 
 
 
 
数十メートル先で、またどこかにとまってそうな予感、、、
 
 
そして今日の夕方あたりには、
 
おなかを天にむけてアスファルトの隅に転がってそうな予感・・・・
 
 
 
 
 
 
 
というわけで
 
 
七日目かもしれないセミにプチ殺生をいたしました。
 
 
 
それでもな、
 
やっぱり、
 
 
 
セミ君、
 
あたしのシーツにとまらんとって。
 
 
ゆるされへんで。
 
 
 
 
それからな。
 
キツいこというけどな。
 
七日目になっても、
 
空飛んでたモノの矜持ってもの、あるやん?
 
 
あたしの目の高さよりも、高い所に、とまっとって!!!!
 
物干しざお以下なんてアカン。 厳禁やでっ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と、書いたところで、テレビに節電のCMが流れて、
 
ふと、いらん妄想をば・・・(* ̄д ̄)°°°
 
 
発電に協力的な虫が いるとしたら
 
それはセミのような気がする・・・。
 
あの衝突音一回で豆球くらい灯るんちゃう?
 
 
 
                                                  思いっきり脱線したけど
 
書きたいこと書いて もう記事終わるから
 
別に本線に戻らんでええし
 
ってことは 脱線とちゃう(ちがう)ねぇ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
らぷそでぃ

相反する二篇

.
 
 
 
人をあてにしては いけない
そう 学ぶ出来事があった 
また あった

甘い考えだったと たしなめる、 
子どもな自分を、大人な自分で。
だけどつらかった 

わかんないんだもん

人をあてにしてはいけない
この"学び"って
たくましいの?
それとも
さびしいの?
 
いまから
自分を振り絞って訴えてしまうから 
きいてほしい
わたしは、

わたしのことを 
あてにしてくれるだれかも 
すこしは いるような

そんなせかいでないと 暮らせない。

わたしは。わたしは。
 
 
 
 
 
 
 


イメージ 1
 


 
 
 
 
 
 
かみさま
つよくなるチャンスを手にしても
そのまえに あたし
かたくなになってしまいそうです
 
つよくなる道と
かたくなになる道は
途中まで同じで

打たれ弱い自分でも
 
その二叉路だけは
 
まちがえたく ないん です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すみません。こんな日もあります。
どちらも心底、本音です。

どうせ書くなら幸せな二篇がいい。
折れると祈るの漢字が似ている、
そんな馬鹿げた幸せの詩を書くほうがいい。
明日はそうします。二篇うまれるようなそんな日にしよう。
 
 
 
 
 
 
 
らぷそでぃ
                                                                       

日々の数え方

イメージ 1
 
 
 
持病の薬は2種で2錠
 
毎夜、お口に放り込む。
 
儀式にもならない どうってことない 
 
作業と化して 所要は数秒
 
 
だけど昨夜に限っては
 
 
  
 
薄い銀紙を破りながら
 
昨日 服用してから もう、、一日・・経った と
 
やりきれなさに 深く陥る。
 
 
進んで ゆ く まいにち
 
進んで ゆ かない じぶん
 
 
 
 
 
一日。
 
貴重なはずの一日。
 
夜に その中身を疑う。
 
好くはないと わかっているけど
 
目に見えて片付かないものに 充足感を覚えるのは難しい
 
 
 
 
 
忙しいなぁと思う
 
そのくせ逃げてるなぁとも思う
 
 
 
 
 
カレンダーの四角い枠を 
 
となりへ 数センチ移動する
 
線の越えかた
 
日々の数え方
 
持病の薬を含みながら 
 
そこを数えるのは よそう
 
もっと幸せな挨拶があるじゃないかと思うから
 
 
 
 
今日へ おやすみなさい
 
明日へ おはよう
 
今日の出来事を すべて門内に招き入れ
 
明日逢う物事へ 扉をあけてゆく
 
 
 
 
持病の薬も ね
 
ホラ 見方によっては
 
ラムネみたいでしょ
 
 
 
 
幼いころは
 
こんなこと考える 夜 を 
 
 
 
知らなかったな
 
 
 
日々の数え方
 
ああ そうか
 
 
「あしたは ○○ちゃんと あそぶやくそく してん!」
 
あのころの日々の数え方は そうだった
 
 
 
 
そうなんだろうな
 
それなんだろうな
 
そこなんだろうな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                                       らぷそでぃ
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事